<ネタバレ>仮面ライダーキバ14話~18話&ドッガフォーム

「フィギュア王 123」買って来ましたw 仮面ライダーキバ14話~18話のみどころや、14話初登場のドッガフォーム、おもちゃ情報など・・・キバは6ページ程度ですが、ん~~~かなり盛り上がってますね~♪♪

ネタバレですのでご注意くださいね。

1986年、「素晴らしき青空の会」はついにイクサシステムを完成。
会長の嶋がその装着者に任命したのは次狼(ガルル)であった。
その次狼からイクサナックルを奪った音也はイクサに変身、
ガルルとなった次狼に戦いを挑む。
一度は敗退したガルルが次に打った手は、他種族のモンスターの力を借りることだった。
戦いの行方や如何に?

他種族のモンスター=ラモンとリキってことですよね。

ラモン(バッシャー)と力(ドッガ)の2人は、テントを張って
急ごしらえのマッサージ店を作り、生業としている。
ファンガイアの目から逃れると同時に、人間社会で目立たないように生きていくための手段だが、
この店もまた、過去編の新たな舞台となっていく。

ラモンとリキは目立たないように生きていたのに、次狼の策略に加担するようになるのでしょうかね・・・??

ゆりの母親を殺したファンガイアは、薔薇とチェスのルークを模したマークがあしらわれた
革ジャンを身に着けていた。
15話からは、ゆりの宿敵とも言えるこのファンガイアが登場。
過去編を、そして現代編をもかき回すことになる。
しかもこのファンガイア、ウルフェン族とも因縁があり・・・。
「ケタ違いだ。そしてイカれている」
と次狼(ガルル)から評されるその実力とは?

うわぁっ!薔薇男もう出ますか!!!現代編をもかき回すってことは、過去編で決着がつかなかったわけですよね・・・。
糸矢に続くレギュラーファンガイアとなるのか?

<14話 脚本:井上敏樹 監督:田村直己>
若者の夢に向う力を踏みにじるファンガイアに、渡の怒りが爆発。
過去編では、音也からイクサナックルを奪い返すべくゆりが行動に出るが、
次狼もまた策略を張り巡らせており・・・。

<15話 脚本:井上敏樹 監督:長石多可男>
渡は心優しい不思議な青年と出会う。
記憶を無くしていた青年は「大ちゃん」と名付けられ、渡の家で面倒を見ることに。
過去編では、凶暴なファンガイアが派手な殺戮を繰り返し・・・。

<16話 脚本:井上敏樹 監督:長石多可男>
「大ちゃん」はある定食屋を手伝うことになるが・・・。
パワードイクサが初出動!
過去編では、ゆり、そしてガルルの因縁の相手であるファンガイアとの間に、
怒りの激闘が展開する!

<17話 脚本:米村正二 監督:石田秀範>
渡はアーチェリーの訓練に励む女性・倉沢と知り合いに。
過去編では、音也がある少女の専属コーチをゆりから依頼される。
それは天才ヴァイオリン奏者として話題のマミだった。

<18話 脚本:米村正二 監督:石田秀範>
ファンガイアとの戦いに迷う渡。
一方、ファンガイアを追う名護の行動はエスカレートしていき・・・。
過去編では、音也がコーチをしていたマミがオーディションに挑むが・・・。

15話で長石監督が満を持して参上!お待ちしてました~♪
 17、18話の脚本は米村さん・・・。

過去編の薔薇男は、現代編「大ちゃん」のようですね~~渡の家で面倒見るって・・・結構あの家にはファンガイアが訪問してますよね(^o^; パワードイクサーは16話!!

遂に14話から登場するドッガフォームの必殺技ドッガ・サンダースラップ

ドッガの力は強大で、カテナ(封印の鎖)を開放するにはカテナウインチと呼ばれる強力な調整具が使われる。このウインチを手動で緩めることで拳を開き、魔皇石(トゥルーアイ)を出現させるという仕掛け。
トゥルーアイの強大な魔皇石は、相手の力を封じる力を持つほか、その弱点や記憶などを解析する力も合わせ持つ。ハンマーの拳を握った状態で落雷のエネルギーを蓄積、続いて横に握ることで敵の目前に拳のオーラ(ファントムハンド)が出現、これにつかまれた敵はそのまま粉砕される


装着変身 仮面ライダーキバ (ドッガフォーム)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. monk より:

    久々の米村氏の脚本が楽しみです。
    電王では作風が合わなかったけど、キバの作風は合うんじゃないかと思います。

  2. onemu より:

    >monkさん
    全部井上さんが書くのかと思ってたのでちょっとビックリでしたが・・・。米村さんうまく繋げてくれるといいですね~v