仮面ライダーディケイド|ヒーローヴィジョンVOL.31&フィギュア王No.132

遅くなりましたが、ヒーローヴィジョンVOL.31フィギュア王No.132仮面ライダーディケイド情報です!

ビックリするようなネタバレはないです。

小野寺ユウスケは、女性刑事の八代藍(演:佐藤寛子)が大好きで、彼女のために戦うピュアな一面を持つ。
更新しました>小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ(演:村井良大)
新記事>八代藍(演:佐藤寛子)鳴滝(演:奥田達士)
田﨑竜太監督は、1・2・3話を監督されているようです。
次元転換開放機である変身ベルト「ディケイドライバー」に「ライダーカード」を装填し、2次元に封印されているカードのエネルギーを3次元に解放。 これによりディケイド自身や他のライダーに変身する。
・・・実際に映像で観るとよくわかりますよねw
光写真館の背景ロールが出現すると、ロールと同じ世界に士や夏海たちを運んで行き、建物の外観と士の服装は世界に合わせて変化する。
・・・これも、1話でわかりましね(^^)
フィギュア王は、平成仮面ライダーが特集されてましたv(^◇^)v

1話のテロップより、↓クリーチャーデザイン、音楽、ナレーション、撮影、ナレーションを追記しました。
仮面ライダーディケイド:スタッフ
カメラは松村文雄さんでしたね~ いのくまさんは戦隊に戻ったのかな??

「ヒーローヴィジョンVOL.31」は、また別のことで騒ぐ予定なので、近々再び参上します(*^~^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク