侍戦隊シンケンジャー|完成披露試写会・舞台挨拶/松坂桃李、相葉弘樹、高梨臨、鈴木勝吾、森田涼花、相馬圭祐、唐橋充、伊吹吾郎、中澤祥次郎監督

侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」の完成披露試写会が29日開催されました。
舞台挨拶のニュース記事がアップされていますのでご紹介しますねw
登壇者:松坂桃李、相葉弘樹、高梨臨、鈴木勝吾、森田涼花、相馬圭祐、唐橋充、伊吹吾郎、中澤祥次郎監督
●侍戦隊シンケンジャー:3D劇場版完成 レッド「飛び出すのが楽しみ」2D版は別バージョン(まんたんウェブ) – 毎日jp(毎日新聞)

シンケンジャーを見守る家老の日下部彦馬を演じる伊吹吾郎さん(63)は「(シンケンジャー役の)若者6名が若さをふんだんに出している(映画)。この作品を足場に巣立っていく若者がこれからいろんな作品に出るべく、今まで以上に応援してやって欲しい」と役柄さながらのスピーチを行った。
邦画史上初のフルデジタル実写3Dとあって、シンケンレッド/志葉丈瑠役の松坂さんは「いまから僕らがどれだけ飛び出すんだろうって気になってしょうがないです。みなさんも僕らがどうやって飛び出てくるのか楽しみにして」と話し、シンケンピンク/白石茉子役の高梨臨さん(20)は「エンディングでメンバーの春夏秋冬の衣装の早着替えがある。一瞬で着替えてしまうので、誰を見るか決めて。できれば人数分見に来て欲しい」とアピールした。中澤祥次郎監督は「2D版はちょっと中身が違うので、そちらも見て欲しい」と話した。

何と!3D版と2D版はちょっと中身が違うんですね~ 両方見なくちゃです!!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=531
松坂桃李、相葉弘樹らが『侍戦隊シンケンジャー銀幕版』完成披露舞台挨拶に登壇 | 映画/DVD/海外ドラマ | MOVIE Collection [ムビコレ]

唐橋は、「飛び出るのではなく、奥行きを感じられるそうです」とツウな発言。監督もそれに同意するように「(飛び出すのではなく)奥行きのある作りを意識したので、そこら辺を楽しんでいただければ」とコメント。
相葉は、「本編から外れるのですが」と言ってから、監督の方を見て「言っても大丈夫ですか?」と確認。「どうぞ」という監督の言葉に安心したような表情を浮かべ、彼のとっておきの見どころについて、「仮面ライダーディケイドと一緒に、前説のような感じで3Dメガネの解説をしているので、そこを楽しんで!」と教えてくれた。

仮面ライダーディケイドとのもう一つのコラボ!「3Dメガネの解説」も楽しみですね♪
お客さんも、侍戦隊シンケンジャーも、3Dメガネ装着!
●松坂桃李「-シンケンジャー」舞台あいさつ<サンケイスポーツ
●「侍戦隊シンケンジャー」フルデジタル3D!解説する唐橋充に、共演者頭上がらず!<シネマトゥデイ

劇場版から初参加したシンケンゴールド・梅盛源太役の相馬圭祐も「劇場版からだったので(撮影で)すごく緊張しましたが、3Dメガネで味わう、飛び出す緊張感を楽しんで」とユーモアたっぷりに呼びかけ。

動画アップされたら、またご紹介します(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク