戦闘少女 血の鉄仮面伝説:感想/【動画】メイキング(杉本有美、森田涼花、高山侑子)

戦闘少女 血の鉄仮面伝説(監督:井口昇、西村喜廣、坂口拓) 先週シアターN渋谷で観てきました! オフィシャルサイト
戦闘少女 血の鉄仮面伝説
渚凛:杉本有美さん(ゴーオンシルバー)、佳恵:森田涼花さん(シンケンイエロー)
そして、明日公開の「超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」にも出演されている、玲:高山侑子さん!
3人とも知的生命体ヒルコとして変身したりするのですが
わたしは血がシャワーのように出たり体が切り刻まれたりするシーンに気持ち悪くなりながらも
ドラマ部分&アクションも見所満載! 面白かったです!!
佳恵役の森田涼花さんは、居るだけでいい!みたいな感じw 存在感すごくて
玲役の高山侑子さんは、ずっとクールなのに、ちょっとだけ優しい表情をする・・・その目がとても素敵で
杉本有美さんは、もう~カッコよすぎですw
↓ 戦闘美少女3人のメイキング(ネタバレ多いです) ↓



いやぁ~ 3人ともホント素晴らしいですね~
あと、凜の父親役は津田寛治さん、坂口拓さんも白塗りで女性(?)役アクション恐っ!って感じ。坂口拓さんのアクションは、なんか痛いんですよね リアルと言うか
坂口さんが井口さんを痛めつけるシーンは、かわいそうになってきて・・・もうヤメテっ!!って思って横見たら、連れは大笑いしてました(・・;)
我謝レイラニ(加藤美佳)さんも出てたり
「仮面ライダーW」35話「Rの彼方に/やがて怪物という名の雨」36話「Rの彼方に/全てを振り切れ」のゲスト・島本凪役(鳥のお姉さん):和川未優さんが、杉本有美ちゃんをいじめる女の子役で出てました!
公開劇場はいまのところ
シアターN渋谷 5/22(土)~6/18(金)
池袋シネマロサ 5/22(土)~5/28(金)
愛知・シネマスコーレ 5/22(土)~6/4(金)
大阪・シネヌーヴォ 6/5(土)~
広島・横川シネマ 6/5(土)~
福岡・天神シネマ 6/5(土)~
岡山・シネマクレール丸の内 6/26(土)~7/2(金)
神戸アートビレッジセンター 7/3(土)~7/9(金)
京都みなみ会館 7/7(水)~7/13(火)
とこれから始まるところも多いですね。
井口昇監督は、今年になって何かいきなり入ってきたのですが
きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』 スペシャル・ムービー・エディション [DVD]
きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』 スペシャル・ムービー・エディション [DVD]
ドグちゃん役:谷澤恵里香さんは、仮面ライダーWの39話&40話にゲスト出演!
ロボゲイシャ [DVD]
ロボゲイシャ [DVD]
片腕マシンガール [DVD]
片腕マシンガール [DVD]
片腕マシンガールの八代みなせさんは、「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」のヒート・ドーパント役!
っと、何か 仮面ライダーとも繋がってきて、「電人ザボーガー」には嬉しい方が出演するようだしw
井口昇監督、大注目してます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. よっしい より:

    こんばんは^^
    戦闘少女ご覧になられたんですね~!
    有美ちゃんとすうちゃん見たさに行こうかどうしようか迷ってるのですが…
    如何せんスプラッタやら残酷描写がもう大の苦手なのでちょっと無理っぽいかなあ;;
    ストーリーとかも凄く面白そうで気になってはいたんですけど;;
    メイキング見ました^^
    3人共かっこかわいいですね~><

  2. KAZU-H より:

    こんにちは。
    自分も同県・名古屋【シネマスコーレ名古屋】へ
    5/28(金)・6/4(金)後夜祭に参加しました。特に6/4(金)は、井口・西村両監督に加え島津健太郎さん(雷電役)とヒルコガールズの耳から手が生えるお宝ヒルコの(役は忘れましたが)加藤夢望さんも来られ(坂口監督は映画の撮影真っ最中との事で残念でした。)、上映前後に「戦闘少女」のご苦労話等終了時が深夜1時(開始夜9:40)でしたが、設定が真夏の話だったらしいですが途中で諦めたらしいです。撮影が2月という事で皆薄着でまるで罰ゲーム、又雷電についても始めは、CGで変身する予定が予算で削られて、アナログ(あれでまたイイ感じで◎)最期の坂口も7時間吊られていたそうです。(CGでなく、実際造形した物だそうで、刃物片方15キロ?だそうだったと)制作話をとにかく聞いていて、ある意味罰ゲーム。それを感じさせない。シリアス・笑いと楽しかったですね。最後は、4方のサイン会も有いい宝もになりました。(プレゼント会ですぅちゃん達3人のサイン入パンフがあり当てたかった)
    後井口監督で最新作「電○○○ーガー」についてもこの日2日前に打ち上げだったそうで、秋完成、来年公開予定だそうです。他にもあったんですが、監督達が怒られるという事で(秘密)
    DVD「戦闘少女」が出たら買って細く見直したいと思います。
    また、終電が無くなったので、そのままファミレスで過ごして始発で「超電王・E.BLUE」へ2日で全く逆の女子高生役を演じた高山侑子ちゃんを観てそれぞれに感動を感じました。

  3. onemu より:

    >よっしいさん
    有美ちゃんとすうちゃんは凄くイイしアクションもストーリーも面白いんですけどね。残酷描写は結構キツメです・・・。 わたしも苦手ですが何とか耐えれましたw よっしいさんはどうなのかなぁ?血抜きでお願いしたいですよね~
    >KAZU-Hさん
    坂口さんの変身がCGではないというのはパンフレットで知ったのですがビックリですよね!w
    夜祭お疲れさまです!終電なくなっちゃったんですね・・・。サイン入パンフおめでとうございます(^^) 井口組はサービス満点ですよね~ わたしもドグちゃんで見送ってもらって感動しました。
    「電○○○ーガー」は来年公開ですか♪♪ 楽しみです!!

  4. KAZU-H より:

    こんにちは。
    井口監督作品の劇場版「電人ザボーガー」について、Yahoo!ニュースに写真付で出てました。
    2010年(秋頃)完成、2011年春公開。※この情報は、名古屋での「戦闘少女」後夜祭で知りました。
    出演についても主人公・大門(演:板尾創路)、青年時代の大門(演:古原靖久)、大門の父(演:竹中直人)、敵ボス(演:柄本明)手下(演:山崎真実)等
    正直、出演者についても後夜祭で「ザボーガー」の打ち上げで上映された映像をスタッフさんの盗撮(?)映像を観て驚きながら後夜祭に来られた他の皆さんと興奮しました。
    映像を観てリメイクではありますが、ビジュアル、デザイン等昔のままでありました。まだ特殊効果が無い物なのでこれから最新技術が加わりまた違った「ザボーガー」になるのではと思います。
    ニュースによると作品は、2部作だそうです。
    簡単ですが、後はYahoo!ニュース又は他でも出てると思いますからそれぞれの情報記事を