「劇場版 仮面ライダー鎧武」感想(ネタバレなし)&初日舞台挨拶ニュース記事まとめ。

劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE
初日7月19日&本日7月20日と、2日連続観てきました!!
「劇場版 仮面ライダー鎧武」のネタバレなしの感想と、7月19日の舞台挨拶のニュース記事をまとめておきます。

スポンサーリンク

劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!

いやぁ パラレルと思いきや!TVシリーズと連動してましたね~
紘汰と数名がTVシリーズのキャラで、ほか大勢はサッカーの世界のキャラ。このキャラの微妙な違いに味がありますね。 細かいところが、1度目より2度目と色々見つかるので(^^)何度も行きたくなります!w
サッカーのシーンは第37話「バロン・サッカー対決 夏の陣!」でも見れますが
サポーターの方々の応援が本格的で、ホンモノみたい~!!
「ザックJAPAN」なんてボードも見ましたよw  ホイッスル担当の方(審判?)は、仮面ライダーWのラーメン屋さん(ラインプロデューサー)でしたよね??
紘汰が、またまたバック宙や、宙返りからのキックとか、凄いアクション連発!!!
そのあとの鎧武の凄いCGのキックが目立たないくらいです(^O^)
サッカーに詳しければ、もっと違った楽しみ方もできたかもですが。
ウチは全くサッカーわからず、そこは残念でした・・・。
裕也や初瀬ちゃん、シドがまた見れたし。
チームバロンのアジトや、呉島邸での兄弟会話が懐かしい~!
マジですか。そうきますか( ̄▽ ̄;)!! な驚きの描写が続いて
鎧武が、ドリアンや、ドングリや、いろんなアームズにチェンジするシーンも普通に楽しみにしていたのですが  結構コレが意味深というか・・・切なさもあり・・・。
紘汰が闇になるところは、衣装やメイクはそのままで。目力やちょっとした動作だけで闇を表現してて。なんかめっちゃカッコよかった~!!
紘汰以外でも。 闇演技はなかなかよかったなぁ 悪は魅力的(*^ー^*)
久しぶりの龍玄!!! ミッチ氏。映画では???
久しぶりの貴虎・斬月・真!!! サッカーの世界では、まさかの○○○!!ん~そういうことか
危機一髪のところに。 ターザン キターーー!みたいなw 相方との関係が気になるところ(^O^)
○○の正体にビックリ(((゜Д゜;))) 
TVシリーズのファンとしては、このまま○○のままでもいい気もしたのですが・・・。w
仮面ライダーたちが一同に会して、同時変身するシーンは感動ですね!!!
必殺技が意外~!!! まさか、○○○が○○○になるなんて!!何かもったいない~!(≧▽≦)
黒影が2人いるので、どっちがどっちかか?確認しながら見るのが楽しかったです(^O^)
戦闘シーンでは。 バロンの超絶バイクテクニックや、鎧武とマルスの騎馬戦は、見応えありました!!
アレがTVシリーズの未来の描写だとするなら、アノ人はどういう位置付けなのか???
エンドロールは、いつもとちょっと違ってて。 主題歌の歌詞をじっくり聞けましたが
色々想い出しつつ TVシリーズのこれからを想像して みんなのことを考えてたら
1度目も2度目も 泣きそうになりました・・・。
あっ。2014年12月に「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦2014」公開決定告知されましたね!\(゜◇゜)/
YOUR SONG (CD+DVD) 鎧武乃風

「劇場版 仮面ライダー鎧武」初日舞台挨拶

丸の内TOEIで行われた舞台あいさつには
佐野岳さん、小林豊さん、高杉真宙さん、志田友美さん、松田岳さん、白又敦さん、松田凌さん、久保田悠来さん、佃井皆美さん、吉田メタルさん、金田治監督
劇場版ゲストの中山雅史さん、片岡愛之助さん と 総勢13名が登壇!!


ゴン中山、ライダーファンの熱気にビビる – シネマトゥデイ

2人は憧れの『仮面ライダー』への出演に喜びを隠せない様子で、レギュラーキャスト陣もそんな彼らとの共演を楽しんだよう。片岡との共演について佐野が「一緒に演技ができるのがめちゃくちゃうれしかったですね。(片岡の芝居を)裏のモニターでずっと見ていました」と切り出すと、駆紋戒斗役の小林豊も「迫力がビリビリ伝わってくるんです。こちらも負けちゃいられないと思いますよね」と笑顔を見せる。
 また、中山からサッカーを教えてもらったという小林。ファンの間では運動神経にちょっぴり難あり、と知られているだけあって、ドヤ顔で「僕はサッカーをやったことがなかったけども、教えていただいて少しずつうまくなっていく実感があった」とコメントする姿に、会場からは拍手とクスクス笑いが起こっていた。

ゴン中山「仮面ライダーGONをやらせて頂きました!」劇場版で片岡愛之助とシリーズ初出演! | テレビ関連ニュース [テレビドガッチ]

自身もサッカー好きという佐野は、「僕はサッカー選手を目指した時期もあったので、今回の撮影は財産になりました」と撮影を振り返っていた。一方、自身もライダー派だったと語る片岡は、ライダーとの共演に「生で見てもかっこいいなと思って嬉しかったですね。手慣れた変身を前にドキドキしました(笑)」と。また、今作では、”これまで謎に包まれていた秘密が明らかになる事”のもみどころのひとつ。これに絡めて中山からは、「僕は元Jリーガーだったんですが、勝負の日は赤いパンツを履いていました!」と笑顔で自身の秘密を明かし、会場をさらに沸かせていた。

「仮面ライダー鎧武」初日に全ライダー集結 本人役ゴンもレギュラー入りに虎視たんたん : 映画ニュース – 映画.com

「ライダーにあこがれ、出られるのなら何でもやる」という意気込みで出演したのがゴンこと中山。「仮面ライダーGONです」と自己紹介したが、実際は本人役で「キックの場面があって、僕が何回失敗するかによって皆に迷惑がかかるというプレッシャーがすごかった」と撮影を振り返った。
それでも、「そんな僕を使ってくれてありがとう」と金田治監督に感謝。そして、来年の劇場版では”スガオナンダーマサシ”で出ます」とレギュラー入りに照準を合わせていた。

【2014-07-22追記】
東映にレポート公開されました! 『劇場版 仮面ライダー鎧武 / 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE』初日舞台挨拶レポート! | 東映[映画]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. SICファン より:

    私もネタバレなしで。
    ラピス(冠)と紘汰(鎧武)、こうきたかぁ~というのが、一番の感想です。
    ライダーの姿でサッカーをこなしてしまうスーツアクターの方々には尊敬の念を禁じ得ません。スゴい!
    金田監督は大人数の乱戦・乱闘アクションがお好きですね。力が入っていて見応えがあります。
    鎧武のマルスとの初戦で普段とは違うフルーツでアームズチェンジするシーン、未登場のジンバーメロン登場の絶好中の絶好の機会だと思ったのですが、残念でした。
    折角なので、パイン、イチゴ、マンゴーの出番も作ってくれればよかったのに、とも思いました。
    燿子のポジションがよいのが意外でした。貴虎を差し置いて準主役級。
    ○○○が○○○になっての必殺技は確かにもったいなかったですね。
    シンプルなエンドロールもよかったです。マルス&冠を含めて14人ライダー。武神鎧武とフィフティーンも入れると結構な数になりましたね。
    W以来恒例になっていた劇場版にしか登場しない究極フォーム、MOVIE大戦まで持ち越しでしょうか。
    公開時期の関係からか、TVのラストへの期待を膨らませる展開でしたね。
    午前中S.H.F.ロボライダーを買って昼食後午後に映画館に行ったのですが、午前中に主題歌CDも買っちゃいました。

  2. 通りすがりのヲタ より:

    戦闘シーンは騎馬戦と戦争のシーンの異様なまでの迫力が印象深かったですね。
    サッカーのシーン、前半までだったなぁっと思いきやクライマックスでまさかの大どんでん返しが(^・^)(笑)、OOOの技はある意味ではFFRに見えなくもない・・・(強引か笑)、しっかしラストのアーマードライダー共闘に呼んでもらえなかった凌馬とシドって・・・・(笑)、ポジ的に悪者だからかぁ??そんな事いったらミッチなんて現在進行形で悪の道をいマッシグラー・・・(背後から撃たれた)。
    全体的な印象としてはやはり来るべき最後の戦いを前に紘汰が決意を新たにするとい感じでその後に流れたEDも静かなスタッフロールの中にアーマードライダーを一人ずつ写す余韻の残る終わり方でしたね。
    まぁ薄々予感はしてましたが(笑)今年の年末もMOVIE大戦決まったなぁ(笑)(^^)、時期的にまだ明かせなかったとはいえ片方は無論鎧武で、もう片方は・・・!

  3. houga より:

    遅ればせながら、本日鑑賞してきました(本当は20日に見に行く予定でしたが、映写機の故障で上映中止という事態に…)。
    感想は一言でいうなら、面白かったです!
    チームバロンのアジトや、呉島邸での兄弟会話、シドの台詞、ブラーボのとあるシーンなど、TV本編を見た方にとってはかなり懐かしいシーンやシチュエーションがあちこちに出てきましたね。
    鎧武のアームズチェンジはドングリやドリアンでありながらかなりドラマチックに描かれていてとてもよかったです(SICファンさんがおっしゃったようにメロンエナジーロックシードを入手していながら、ジンバーメロンにチェンジしなかったのはちょっと残念でした)。
    アーマードライダー11人そろっての最終決戦では、「○○○すぐに×××になっちゃうの!?○○○のままで戦闘してほしかった」というのが正直な感想でしたが、最終決戦は非常に楽しめたので「これはこれでありだな」と考えています。
    冒頭と最後に出てくる廃墟と化した沢芽市を見て、「いずれはTV本編もこうなってしまうのか…?」とTV本編クライマックスに向けて期待と不安が高まりました。
    エンドロールも劇場公開版では「将軍と21のコアメダル」(ディレクターズカット版も含めると「MOVIE大戦アルティメイタム」)以来久々に本編とエンドロールが独立していたので、主題歌をじっくり聞けたほか、本作に登場したアーマードライダー達と遊び心が効いたエキストラさんのクレジットをしっかり見ることができてよかったです。
    金田監督作品では「さらば電王」を超えた作品になったのでは?と私は考えています。
    「MOVIE大戦」第6弾も制作決定してうれしいです!果たして鎧武の究極フォームは出るか、そもそも「鎧武」TV本編の展開が展開なだけにどういったアプローチで描かれるのか、期待しています!!
    余談ですが、Figure-rise 6「仮面ライダーファイズ アクセルフォーム」と「仮面ライダーダークカブト」がプレミアムバンダイ限定で販売されることになりました(バンザーイ!)。

  4. onemu より:

    >SICファンさん
    >未登場のジンバーメロン登場の絶好中の絶好の機会 ← う~ そう考えると確かに全部見たかったですね~!
    ターザンがキタときは、かなりテンションあがりましたw 相方も連れてきたし!
    ○○○の活躍が見たかった~!(^O^)
    >劇場版にしか登場しない究極フォーム ← 見れなかった代わりに、TVへの期待が膨らむ内容でしたよね~
    ウチも映画の主題歌の中で、かなり好きな曲になりそうです。
    >通りすがりのヲタさん
    >OOOの技 ← おっ。確かに!!敵のCGがアレでしたものね
    凌馬とシドは、11人枠から外れた感じだと思いますが。ひとりが○○○だから結局10人??w それだったら居てもよかったのかなぁなんて(^O^)
    本当に。EDは余韻の残る終わり方でしたね~
    >hougaさん
    >映写機の故障で上映中止 ← うわぁ大変でしたね・・・。
    あの沢芽市は、ちょっとショックですね(ーー;) 想像以上に荒れてました・・・。
    ウチも 金田監督作品の中でも、かなり心に残りそうな印象です!
    ん~ 確かに。 「究極フォーム」をどう捉えるのか?ってのは気になるところですね~