烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーは、映画ランキング初登場4位!映画の感想(ネタバレなし)と初日舞台挨拶レポートなど。

遅くなりましたが。1月17日公開の映画『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』の感想や、舞台挨拶レポート、ランキングなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE

映画の感想

↓ ネタバレなしの感想ですので、たぶん映画まだの方が読んでも大丈夫だと思います。
恐竜の戦隊大集合で凄く派手だった去年のVSに比べると、今年は『これまでのVSシリーズ』に戻った印象でした。
VSシリーズのお決まりのパターンってあるじゃないですか。
今回はその構成がこれまでとは違っていて、ここでコレが来るの?という驚きがありましたよ。
予告にも登場していた、2大スーパー戦隊12人揃っての変身!
素顔での名乗り(キャストさんが変身後のスーツを着用&頭はメットオフ状態)も見どころですが。
声の出演をされてるキョウリュウジャーのあの方々や
まさかの!!!トッキュウジャーの敵のあの方も名乗った~\(゜◇゜)/
勢揃いシーンはやっぱりいいですね~!!
そして、キャンデリラとラッキューロが、とってもいい仕事をしましたねぇ(o^ー^o)
子供トッキュウジャーや、赤ちゃん空蝉丸が可愛かったです。空蝉丸が大人に戻った瞬間がさらにww
最終回間近なトッキュウジャーたちの切ない感じや、実は子供ならではの台詞
5人で歌う「キラキラ星」に明くんも加わってたり、ぐっとくるシーンも沢山。
ニンニンジャーも意外な登場&意外な相手!このパターンはVSシリーズ初なのでは??
敵では、てらそままさきさんがやっぱりカッコよく。サラマズは「キャイーン」と言うところがありましたよねw
来年はメモリー・イヤーなので。もしかしたら、ニンニンVSトッキュウジャーではない可能性もありますよね・・・。 だから、トッキュウジャー6人が揃う最初で最後のVSシリーズかもしれないと思って、大切にあと2回は見る予定です( ^ー゜)b

初日舞台挨拶レポート

東映さんに、初日舞台挨拶レポートがあがっています。
『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』初日舞台挨拶 レポート! | 東映[映画]
ウッチー丸山敦史さんの「拙者は強い、拙者は強い…。スーパー侍ー!」が面白い~(≧▽≦)

映画興行成績ランキング

月曜日に更新された、映画の興行成績(動員数)ランキング(1/17~1/18、興行通信社調べ)によると
最新日本映画興行成績ランキング | Movie Walker
「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」は、初登場4位!
1位:ベイマックス
2位:映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
3位:映画ST赤と白の捜査ファイル
なので、新作の中では「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」は初登場1位ということになりますね!
数字的には、全国301スクリーンで公開され、土日2日間で動員8万4545人、興収8647万8200円だそうです。


烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE コレクターズパック [Blu-ray]
烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE コレクターズパック [DVD]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりのヲタ より:

    派手なアクションが中心の前作に対し今回はお話中心な印象でしたね(^.^)、全体的に言えばキョウリュウジャーとの出会いでトッキュウジャーが少しだけ(内面的にも)大人になる印象でした。
    子供トッキュウジャー、あのままでも普通に戦えた(笑)そしてあのOOOOも復活しようとは・・・(笑)!ニンニンジャーの登場の早さにも驚きました(笑)(笑)。
    今回の冬映画はどっちもメインの敵組織と一時的に共闘する流れになりましたねぇ~、こういうの好きなんです(笑)。
    来年はメモリヤル・イヤー、ウェェェェェイ!!もうそんな時期ぃ(・。・;、199ヒーロー大決戦のような戦隊オンリーのメモリヤル映画とかもあるのでしょうかねぇ・・・??(例年の春映画は戦隊も一応出てはいるけどどちらかといえば話の比重はライダー寄りですし)今後も大切に観なきゃを肝に銘じておきます・・!