仮面ライダードライブ 最終話・特別編『ゴーストの事件』感想。

シェアする

仮面ライダードライブの物語は一旦第47話で終わりましたが。第48話は泊進ノ介(と霧子)の物語の完結でしたね。映画「サプライズ・フューチャー」とも繋がったし、いい最終回だったなぁ

スポンサーリンク

仮面ライダードライブ 最終話・特別編『ゴーストの事件』

ネオシェードの事件

1ヶ月前の事件。っということで、進ノ介と剛とチェイスのトリプル変身!!!
過去シーンだけどまた見れて嬉しいヽ(´▽`)ノ
キーアイテムは『アイコン』なので、仮面ライダーゴーストやゴーストの怪人も登場!
ゴーストは見えないし、ベルトさんも科学では説明がつかないことが起こっていると。
でも、ずっと見えないわけではなく、見える時もあって。ゴーストや怪人が消えたり現れたりするアクションシーンは、原理は全く違うけど、アントマンを観たばかりなので、ちょっと似てるな~って思いましたよv(^ ^)v
ユルセンは思ってたよりよくしゃべるw ユルセンとの会話は、ゴーストの楽しみのひとつになりそうな予感です(^O^)
ゴーストとドライブの別れのシーンで「近いうちに会えそうな気がするな」ってw MOVIE大戦での再共演を楽しみにしてます!!

刑事で仮面ライダー

変身できない進ノ介だけど。 現さんがベルトさんの代わりしてくれてるし、何より相棒の霧子との絆がますます深くなってる!
「オレは一年前のオレとは違う」!!
ロイミュードとの戦いで分かったことは、本当に悪いのは人間の悪意。
そのために刑事として前に進む!!
俺は刑事で仮面ライダーだ!」!!
いやぁ進ノ介が本当にカッコイイ!!!
そうそう。進ノ介(竹内涼真さん)って左利きなんですよね。バラエティで食事してるときも左で食べてた。銃を左で持つ姿が様になってるなぁ
「午後8時20分、ネオシェードのリーダーを確保」のところで時計を見たら、午前だけど8時20分だった!!! ぴったり合わせるところが凄い(^ ^)=b

泊進ノ介

本願寺さんが理事官になってて。「仮面ライダー純」の写真が飾られてましたなw
そして 泊進ノ介に、捜査一課への転属辞令が!!
仮面ライダードライブ キャストのその後。進ノ介と霧子の新しい絆の形とは!?では出てなかった進ノ介と霧子も、その後が登場
泊進ノ介は
巡査部長に昇進し、警視庁捜査一課に転属。
父・英介と同じく、その後エースとして長きに渡り活躍する。

詩島霧子

捜査一課に転属、捜査官として活躍した。
その後、泊進ノ介と結婚、長男・英志を授かる。
進ノ介と霧子の結婚キター\(@^0^@)/
映画「サプライズ・フューチャー」の最後のベルトさんの台詞が凄く好きでいつも心に響くのですが。その台詞の意味がさらに深まった気がします。
『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』Blu-ray&DVD1月6日発売
エイジの漢字は「英志」。進ノ介の父「英介」の「英」が名前に入ってる!

エンドロール

みんなの感動のシーンがもう一度!!
みんなの懐かしいシーンが流れ、胸が熱くなってるところに
ブレンの変顔、やめて~ww 超感動してたのに、笑ってしまったやん(≧▽≦)
ここであの顔入れるとは、スタッフさん恐るべしやなぁ そこもドライブの面白いところでしたね。
更新しました 仮面ライダードライブ:放映リスト

次回「仮面ライダードライブ」

放送は終わりましたが、まだまだ続くドライブ!!
10月は『仮面ライダードライブ ファイナルステージ』、12月は『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ MOVIE大戦』 そして、Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』2016年4月20日発売に向けて、いろんな企画進行しそうですね。楽しみ続く~!!
ウチは昨日今日とお出かけ続き(・・;)
まだいろいろ続きがあるのですが、改めて別記事に書く予定ですm(_ _)m
【追記】記述ミス申し訳ありませんm(_ _)m

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. SICファン より:

    この記事のタイトルが、第48話『友よ、君はだれに未来を託すのか』 になってますよ。
    まだコアが消滅した描写がされていないロイミュードが残っていたのですね。マッハとチェイサーの最後の見せ場があってよかったです。
    始まりのときの事件と同じ敵と同じ場面に遭遇し、進ノ介がその間にフルスロットルで走ってきた道のりとそれによる成長が描かれて、進ノ介の人生のドライブにも一つのピリオドが打たれました。クリム/ドライブドライバーはなくとも、変身できなくとも、刑事で仮面ライダー! これに尽きますね。思えば1クールから人間の悪事に悩んできた進ノ介でした。これからも、善良な市民を守るために、すべての悪意と戦い続けるのでしょう。幽霊のような未知の現象や怪物が現れても、全くひるむことなく。その先に、もしまた機械生命体が誕生したとしても人間とともに歩める未来を夢見ながら。この世界の進ノ介と英志には長生きしてもらいたいですね。こう考えると、英介→進ノ介→英志と見事なまでに魂が受け継がれた親子でした。父親と一緒に過ごした時間は短くても、父親の背中を見て子供は成長するというか、父親がまっすぐな背中を見せることの大切さというか、教育ドラマみたいに感じてしまいました。
    ゴーストも3回目の登場となると、次回から新番組という感じがしなくて、続きとしてすんなり見られますね。こういう効果が狙いなのかな。関係ないけど、ガンダムのバンダイ・コレクター事業部の商品なんか番組開始前からバンバン公開されてますものね。ゴーストって一人で15フォームもあるのかなあ。さらに全部乗せとかも出てくるのかな。と、頭の中はもうかなりゴーストになってしまっています。
    とはいえ、type TOKUJOも完結しておらず、MOVIE大戦もルパンもチェイサーも残っているドライブの余韻もたっぷりで。進ノ介は変身できなくても仮面ライダーですからね、MOVIE大戦でどんな事件に巻き込まれても市民を守って戦い続けていることが想像できます。でもひとまずは、オツカーレ&ナイス・ドライブ!

  2. 時駆P より:

    勘違いかもですが、自分にはアイコンを持った人には敵が見えるっていう感じに見えました

  3. 通りすがりのヲタ より:

    あぁ・・こないだ始まったばっかしと思っていたらもうこんな時期に1年は早(以下略)、特別編とはいえ、ゴーストの紹介もかねながらもちゃんとしたエピローグになってたってたって印象ですね。
    久々のブーツ&タイツスタイルの怪人となった眼魔、身内が「次のライダーってショッカー出てくるの?」って言ってました(笑)(笑)。
    始まった当初こそシンプルな印象でしたが、ロイミュード達も完全悪とは言い難く、本当の悪は人間の中にあるという闇の部分にも触れ、その辺りに仮面ライダーらしい要素が浮き出ていた印象でした。
    全体的に振り返ると多少背伸びしすぎていた印象もありますが、1年通して楽しめました!
    つーか、今週にはもう新ライダーなんだよなぁ(滝汗)番組開始前なのに早くも身内感覚みたいになってますけどね(笑)来週以降もバッチリミナ~♪