『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』初日舞台挨拶の動画+レポート!

シェアする

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』の初日舞台あいさつ の動画があがりました!

ウチらは 久しぶりに、丸の内TOEIのマスコミが入る回の舞台挨拶に行ってきたので、動画に含まれていない部分は補足的にレポートしてみますね(^^)

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』初日舞台挨拶

8月6日(土)舞台挨拶・丸の内TOEI 1回目 8:40の回 上映終了後舞台挨拶。
開場の10分後くらいに到着したのですが、入り待ちの方たち?劇場前は凄い人だかりでした。
入場すると、グッズ売り場の列が2階のフロアの先まで並ばれてて、熱気むんむん!!

舞台挨拶登壇者は、当初予定されていた
西銘駿さん、大沢ひかるさん、山本涼介さん、柳喬之さん、磯村勇斗さん、沢村一樹さん、木村了さん
さらに
八十島弘行(2700)さん、ツネ(2700)さん、高山侑子さん
そして
諸田敏監督。

高山侑子さんが登壇するとは思ってなかったので、ご登場嬉しかったです(^∀^*)お帰りなさい!!って声援もいっぱいでした!!

仮面ライダーゴースト・西銘駿、映画初日に感慨

登壇者の最初の挨拶。全員のあいさつが見れます。

たこ焼き屋のオヤジ=諸田敏監督(≧▽≦) ピッタリでしたよねw
仮面ライダーゴーストのキャストさんたち、みんな本当にキラキラしてますね~

沢村一樹、女子バレー木村沙織にラブコール 「耳元でささやかれたい」

「ライダーの魅力」について。
高山侑子さんの「憧れるし、希望だと思う」と「希望」というワードを使ってきたところに感動です(*^ー^*)

「オリンピックで戦う選手たちの力を使えるとしたら、誰の力を借りるか?」では
大沢ひかるさんは「レスリングの吉田選手」。「アカリは不知火と、ビンタと言う武器を持っているけど」「高速タックルをイゴールに仕掛けたいと思ってる」って(≧▽≦) いやぁソレは観たい!!w

沢村一樹さんのギャグは面白いですね~

ジュウオウイーグルは、「祝大ヒット」の眼魂ボードが一人だけ持てなくて。スチールタイムの最初は落ち込んでいて。
隣のタケルたちのを一緒に持っていたのですが。司会の方に、ボードは持たずポーズをしてくれと言われ、ポーズを(^^)

マコト・山本涼介 と 父・沢村一樹

マコトが海で気を失ってるシーンで。
撮影時は波が凄く、実は、山本涼介さんがおぼれかけていたそうで。
沢村一樹さんはマジで助けなくてはと、あのシーンになってそうです。
山本涼介さんも「命の危険を感じました」と

お父さんとゴースト

ゲスト出演が決まった沢村一樹さんは、お子様や奥さんが想像以上に喜んでいたとのこと。

2700ツネさんは、息子さんに伝えて。「お父ちゃん、ゴーストの敵役だけど、ゴーストとお父ちゃんどっちを応援する?」って聞いたら「ゴースト!」と即答されたそうです(^O^)
他の芸人さんの反響も凄くて。庄司智春さんは「裸にでもいいから出たいと監督に伝えて!」と言っていってたとか。

タケルの挨拶

最後は、タケルの挨拶
「『ジュウオウジャー』の映画ではどんな悪にも立ち向かう勇気、『ゴースト』では命と人の思いをつないでいくことがテーマになっているので。子供たちには勇気をもって立ち向かって欲しい。」「帰った後も、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、ひいおじいちゃんに宣伝してもらえたらうれしいです!」と締めくくりました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク