特撮ホビー誌10月予告:『仮面ライダーエグゼイド』5人目&バイク、『ジュウオウジャー』最強ロボ、『オーブ』真の姿!

シェアする

10月になりましたね。『仮面ライダーエグゼイド』もいよいよ明日スタート!!
本日10/1発売「てれびくん2016年11月号」「テレビマガジン2016年11月号」「宇宙船 vol.154」を買ってきました。

「てれびくん2016年11月号」「テレビマガジン2016年11月号」「宇宙船 vol.154」

宇宙船の「DETAIL OF HEORES」は5大ライダー特写です!!『仮面ライダーエグゼイド』のボリュームが凄い!!

この記事のSICファンさんコメントにて、TVくん&U船の掲載内容を頂いています。
いつもありがとうございます!!

【2016年9月19日 記事公開】
「仮面ライダーエグゼイド」「仮面ライダーゴースト」や「動物戦隊ジュウオウジャー」「ウルトラマンオーブ」などの特撮新情報(2016年10月放送)や玩具やフィギュアなどの新情報が載ってる!

9月24日発売「月刊ホビージャパン2016年11月号」、10月1日発売「てれびくん2016年11月号」「テレビマガジン2016年11月号」「宇宙船 vol.154」が予約開始になりましたので。2016年9月末&10月1日発売 特撮&ホビー雑誌情報をまとめておきます。

【9/13追記】9月24日発売「フィギュア王No.224」が予約開始です!
【9/19追記】10月14日発売「キャラクターランド Vol.9」が予約開始です! 「キャラクターランド」は10/1発売ではなく、10/14発売となったようです。

予告より
仮面ライダーエグゼイドは早くも5人目のライダーが登場!!
動物戦隊ジュウオウジャーは、ついに全部合体!最大最強ロボが登場!!
ウルトラマンオーブは、真の姿が明らかに!!
仮面ライダーゴーストの超バトルDVD第2弾の応募もスタートします!
付録では、エグゼイドのガンバライジングカードや、ブットバソウルメダルが付きます!!

こちらにも掲載しています。



↓ ●はウチもゲット予定です。

スポンサーリンク

フィギュア王No.224

○ 2016年9月24日(土)発売:フィギュア王No.224
SICファンさんコメントより引用させて頂きましたm(_ _)m

【次号予告】 9/24(土)発売 224号 ¥933+税
・特集 ライダーグッズコレクション 仮面ライダーゴースト
 毎年恒例の人気企画! この1年間に発売された『仮面ライダーゴースト』の玩具・グッズが今ここに大集結!
 『ゴースト』誕生秘話に迫ったメイキングには、秘蔵のデザイン画も多数掲載! 永久保存版の大特集!
・今度の仮面ライダーは、スゴ腕ゲーマー!?………仮面ライダーエグゼイド

フィギュア王No.224

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2016年11月号

○ 2016年9月24日(土)発売:Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2016年11月号
【巻頭特集】フレームアームズ・ガール feat.HJ
シリーズ展開から1周年を経てその人気がとどまることを知らない『フレームアームズ・ガール』を満を持して巻頭特集。
最新アイテム「フレームアームズ・ガール バーゼラルド」を中心に硬軟取り混ぜたさまざまなアプローチのフレームアームズ・ガールならではの作例も多数ご用意。シリーズの魅力を徹底追求します!
【第2特集】マクロスΔ
いよいよクライマックスとなるマクロスシリーズ最新作『マクロスΔ』を徹底的にフィーチャー!
待望の1:72三段変形「Sv-262Hs ドラケンIII(キース機)」や「VF-31 スーパージークフリード」などの最新商品レビューはもちろんHJモデラー陣作り起こしの作例多数でお届けします!
【みどころ】
・Sv-262Hs ドラケンIII(キース機)(バンダイ・新商品)
・VF-31 スーパージークフリード(バンダイ・新商品)
・メカコレクション マクロス・エリシオン(バンダイ・新商品)
・フィギュアライズバスト フレイア・ヴィオン(バンダイ・新商品)
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2016年11月号

てれびくん 2016年11月号

● 2016年10月1日(土)発売:てれびくん 2016年11月号
<付録>
・仮面ライダーエグゼイド:完全なりきりセット
・ブットバソウルメダル:仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー
・ガンバライジングカード:仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー(10月6日から使える)
<予告>
仮面ライダーエグゼイドの5号ライダー
・仮面ライダーエグゼイド:5人目のライダー出現!?エグゼイドのバイクも明らかに!!
・動物戦隊ジュウオウジャー:最大最強ロボあらわる!?
ウルトラマンオーブの真の姿
・ウルトラマンオーブ:真の姿が明らかに!

てれびくん 2016年11月号

テレビマガジン 2016年11月号

● 2016年10月1日(土)発売:テレビマガジン 2016年11月号
<付録>
・仮面ライダーエグゼイド:大変身!エグゼイド完全なりきりセット
・仮面ライダーエグゼイド:ライダーガシャットひみつブック
・仮面ライダーエグゼイド:レベルアップシール
・仮面ライダーエグゼイド:ガンバライジングカード(10月6日から使える)
・トランスフォーマー アドベンチャー:テレマガ特製 ブリザード オプティマスプライム
<予告>
・仮面ライダーエグゼイド:新発見!6大特集!
・仮面ライダーエグゼイド:5人目のライダー登場!5大ライダーの必殺技が炸裂だ!
・動物戦隊ジュウオウジャー:完全無敵の最強ロボ登場!
・ウルトラマンオーブ:神秘の強力フォーム!

テレビマガジン 2016年11月号

宇宙船 vol.154

● 2016年10月1日(土)発売:宇宙船 vol.154

放送直前! 2016年最新仮面ライダー、『仮面ライダーエイグゼイド』大特集号!!

2016年秋号となる「宇宙船vol.154」は10月より放送スタートの『仮面ライダーエグゼイド』大特集号です!!
大好評の巻頭撮り下ろし企画「DETAIL OF HEROES」では仮面ライダーエグゼイド レベル1、レベル2など複数の仮面ライダーを特写! 可能な限り撮り下ろして掲載します!
さらに『動物戦隊ジュウオウジャー』、『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』、『ウルトラマンオーブ』、『牙狼』シリーズなど大人気特撮作品、
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、『ファンタスティック・ピーストと魔法使いの旅』など、国内外の大作映画を大紹介します!!

『シン・ゴジラ』感想批評大会!
「宇宙船」恒例の『ゴジラ』映画公開後の著名人による感想批評大会!
今夏日本を激震させた大ヒット怪獣映画『シン・ゴジラ』!! 果たして特撮誌「宇宙船」縁のクリエイターたちの評価は! ?

宇宙船 vol.154

キャラクターランド Vol.9

○ 2016年10月14日(金)発売:キャラクターランド Vol.9

キャラクターランド Vol.9

【2016年9月9日 記事公開】

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. SICファン より:

    TAMASHII NATION 2016 会場販売商品に、真骨彫ダークカブト。大獣神は超合金魂20周年企画のひとつ。名将MRにアイアンマン。F王とHJ(とアマゾンズのムック)を買って来たので詳細は後程。

  2. SICファン より:

    まずF王より。国内特撮と国内メーカーの特撮系完成品フィギュアを中心にご紹介。デフォルメ系のソフビやフィギュア、プラモデルやキットなどは基本的に対象外にしています。
    【エグゼイド】 基本設定&キャラクター紹介、Pインタビュー、玩具の一斉紹介と、充実の内容。
    ・変身者がLV1に変身すると、周囲には「ゲームエリア」が広がる。ゲームエリアには「高速化」「鋼鉄化」などの特殊能力が一時的に得られるエナジーアイテムが入ったチョコ型ブロック、宝箱、ドラム缶などのアイテムが出現する。中には、ガシャコンソードに姿を変える伝説の剣のような重要なアイテムが発見される場合も。
    ・鏡飛彩の仮面ライダーブレイブへの変身は、外科手術中の医師が看護士に指示してツールを手渡させるように、左側に控えている看護士に左手を出し「ゲーマドライバー」と指示することで看護士からゲーマドライバーを受け取り、右側の看護士に「ライダーガシャット」と指示することでライダーガシャットを受け取って、行う。
    ・聖都大学附属病院の地下に極秘裏に作られた「電脳救命センター(略称:CR)」がバグスター対策の最前線。病院長の鏡灰馬が責任者。
    ・アランブラバグスターは、RPG「タドルクエスト」に登場する悪の大魔法使い「アランブラ」の姿をしている。
    ・玩具紹介より、変身音声・武器音声:
     ①LV1(各仮面ライダー共通):(各ライダーガシャットの音声:ex.「マイティアクションエックス!」)→「ガシャット!」→「レッツゲーム! メッチャゲーム! ムッチャゲーム! ワッチャネーム!?」→「アイム・ア・カメンライダー!」
     ②エグゼイド(アクション)LV2:「ガッチャーン!」「レベルアップ」→「マイティジャンプ! マイティキック! マイティマイティアクションエックス!」
     ③ブレイブ(クエスト)LV2:「ガッチャーン!」「レベルアップ」→「タドルメグル! タドルメグル! タドルクエスト!」
     ④スナイプ(シューティング)LV2:「ガッチャーン!」「レベルアップ」→「ババンバン! ババンバン! バンバンシューティング!」
     ⑤ゲンム(アクション)LV2:「ガッチャーン!」「レベルアップ」→「シャカリキ! シャカリキ! シャカリキ! シャカリキスポーツ!」
     ⑥ガシャコンブレーカー:ハンマーモード「バ・コーン!」、ブレードモード「ジャ・キーン!」
     ⑦ガシャコンソード:氷モード「コ・チーン!」、炎モード「カ・チーン!」
    ・LVURシリーズの商品構成:LVUR01エグゼイド(アクション)にはLV1用素体とLV2素体が同梱されレベルアップ遊びが可。LVUR02ブレイブ(クエスト)はLV2のアクションフィギュア単独の商品で、LVUR01のLV1用素体を使用すればブレイブLV1の再現も可能となる。
    《放映リスト》
    ・10/02 EPISODE1 (タイトル未定) 高橋悠也、中澤祥次郎
    ・10/09 EPISODE2 (タイトル未定) 高橋悠也、中澤祥次郎
    ・10/16 EPISODE3 (タイトル未定) 高橋悠也、坂本浩一
    ・10/23 EPISODE4 (タイトル未定) 高橋悠也、坂本浩一
    ・10/30 EPISODE5 (タイトル未定) 高橋悠也、山口恭平
    《大森敬仁CPインタビュー》気になった発言を要約:
    ・バグスターウイルス蔓延の黒幕(原因)は幻夢コーポレーションか衛生省かも。
    ・永夢は皆から愛される性格だが、それ以外の仮面ライダーは全員腹黒く、回を重ねるごとにそれが露わになりエスカレートし、信じられる者は誰もいないような状況となる。
    ・「画面的にもゲーム感をしっかり出そうと、年間の特撮カット数を踏まえた上で、特技監督の佛田(洋)さんは最初の1クールにその大部分をぶつけると仰ってました(笑)。」
    ・仮面ライダーのデザインのキーワードは「ヤンチャポップ」。カラフルにし過ぎたため、ブルーバックとグリーンバックだけでは足りない。
    ・もともと明日那とポッピーは別人の設定だったが、立ち位置が似ているのと、「一休魂」での松田るかの演技を見て、一人二役とした。
    ・脚本・シリーズ構成に高橋悠也を起用したのは、自分に世代が近いこと、脱・三条陸、アニメと実写の双方の脚本を経験していること。
    ・大森敬仁CPが「仮面ライダー」で描きたいことは「運命の逆転」。それは今作も変わらない。今作の決め台詞「運命は俺が変える!」にもつながる。
    【ゴースト】 いつもの充実の「ライダーグッズコレクション」。「不可思議ライダー研究所」として「企画チーム」の番組チーフプロデューサー:高橋一浩(東映)、番組監修デザイナー:田嶋秀樹(石森プロ)、キャラクターデザイナー:鶴巻拓也(プレックス)、玩具企画開発担当:関戸大彦(バンダイ)がライダー&アイテムの設定&デザインの裏話を語る。以下、気になった内容をピックアップ:
    ・全体は三幕構成。一幕は、タケルが15の英雄眼魂を集めるまで。二幕では、英雄と理解し合うことで、英雄の力を使いこなしてパワーアップする。三幕は、タケルが英雄たちに認められる存在になるとともに、(人間ではなく)精神体として進化していく姿を描く。
    ・仮面ライダーの「顔」は、マスク全体で1個の複眼になっている、というデザインコンセプト。
    ・ゴーストのボディパターンはレントゲン写真に写った人骨がモチーフ、スペクターのボディパターンは心電図がモチーフ。
    ・眼魂は、玩具としては獣電池の進化形に当たる。
    ・ガンガンセイバーのデザインはシャンデリアやキャンドルのイメージ。
    ・オレ魂がふわふわと空中を漂う初期の描写は、視聴者の「怖い」という意見により取り止めとなった。
    ・闘魂ブースト眼魂は、龍が自分自身が変身するために作った、龍版の「オレ眼魂」に当たるという設定。
    ・ネクロムスペクターは、マコト役の山本涼介が舞台出演のためにスケジュールが取りにくい時期に合わせた。
    ・パワーアップアイテムに眼魂を使用せず、アイコンドライバーGという新規の変身ベルトを投入したのは、玩具セールス的には大冒険だった。(結果的にセールスは好調だったが。)
    ・グレイトフル魂の頭部の各パーツがどの英雄ゴースト由来のものかの図解あり。
    ・タケルのように何度も復活するのではない、一度死んだらもう帰って来ない本当の「死」を描くために、フミ婆を置いた。
    ・ディープスペクターは、半分眼魔の特性を入れ、半人半獣のイメージとした。
    ・プロトタイプであるゼロスペクターの3本角が、1本角のゴーストと2本角のスペクターに分かれた(3=1+2)という解釈でデザイン。
    ・カメハメハ、一休、ピタゴラス、ガリレオ、サンタ、ナイチンゲール、コロンブス、シェイクスピアの各パーカーゴースト&ゴースト○○魂のデザイン画とデザイナーコメントも掲載。16平成ライダーゴーストのデザイン画も。
    ・「ゴーストアイコン大図鑑」によると、エグゼイドゴーストアイコンの変身音声も「新たな個性!これが平成!」。
    【ジュウオウ】
    ・10/02 32話 「心は表裏」 下山健人、柴崎貴行
    ・10/09 33話 (タイトル未定) 下山健人、柴崎貴行
    ・10/16 34話 (タイトル未定) 香村純子、加藤弘之
    ・10/23 35話 (タイトル未定) 香村純子、加藤弘之
    ・10/30 36話 (タイトル未定) 田中仁、加藤弘之
    【オーブ】 闇を抱いて光となる!(サンダーブレスター)
    ・10/01 13話 「心の大掃除」 足木淳一郎、武居正能 SSPオフィスの大掃除をしながらの回想編。
    ・10/08 14話 「暴走する正義」 林壮太郎、アベユーイチ SSPメンバーの前に白いメカ(ギャラクトロン)が突如出現。
    ・「対象のウルトラ怪獣DXを買って『光ノ魔王獣マガゼットン』ゲット!!キャンペーン」:10/08~無くなり次第終了。対象は、マガバッサー、マガグランドキング、マガジャッパ、マガパンドン、マガオロチ、ゼッパンドン。ゼッパンドンは10月下旬発売予(ビジュアル未公開)。マガゼットンはゼットンの全身をブルー系にリペイントしたもの。今後マガガタノゾーアのゲットキャンペーンもあるか?
    【フィギュア(バンダイ)】 SWの攻勢によりライダー成分が一挙に減退しました orz やはり一時の夢だったか…
    ・S.H.Figuarts 真骨彫 仮面ライダーダークカブト(ライダーフォーム) ¥5,500 10/28 「TAMASHII NATION 2016」開催記念アイテム。公式サイトにも掲載されています!
    ・S.H.Figuarts クローントルーパー フェイズ1 キャプテン ¥5,000 10/28 「TAMASHII NATION 2016」開催記念アイテム
    ・S.H.Figuarts K-2SO ¥5,400 12月
    ・S.H.Figuarts デス・トルーパー ¥5,616 12月
    ・S.H.Figuarts スカリフ・ストームトルーパー ¥5,616 12月
    ・S.H.Figuarts ストームトルーパー(ROGUE ONE) ¥5,400 1月
    ・S.H.Figuarts ホバータンク・コマンダー ¥5,616 1月
    ・S.H.Figuarts ハン・ソロ(A NEW HOPE) ¥6,264 2月
    ・S.H.Figuarts カイロ・レン(THE FORCE AWAKENS) ¥6,264 2月発送 マスクオフ。ダース・ベイダーの溶け崩れたヘルメットも付属。
    ・S.H.Figuarts ジョーカー(スーサイド・スクワット) ¥6,264 2月
    ・Figuarts ZERO セーラーヴィーナス -美少女戦士セーラームーンCrystal- ¥5,400 2月発送
    ・名将MANGA REALIZATION 鋼鉄侍 アイアンマン マーク3 ¥9,504 2月 アイアンマンが赤い鎧の侍に。リバルサーレイは両袖部分に括り付けた小型の単筒に置き換えられ、背中には2基の大砲のようなノズルを持つごっつい(鋳物のような質感の)飛行ユニットを背負う。
    ・名将MOVIE REALIZATION 弓足軽ストームトルーパー ¥8,856 3月発送 フィギュアの全高より長い弓は折り畳んで背中に装備可能。
    ・超合金魂 大獣神 超合金魂20周年企画。企画担当は24年前プレックスにてDX大獣神を手掛けた野中剛と加藤大志。今回は5体の守護獣のディティールとギミックを紹介。
    【玩具・食玩・アパレルその他(バンダイ)】
    ・ガシャポン「仮面ライダーエグゼイド スイング」@¥200:エグゼイド(アクション)LV2、ブレイブ(クエスト)LV2、スナイプ(シューティング)LV2、エグゼイド(アクション)LV1、ブレイブ(クエスト)LV1に、シークレットはゲンム(アクション)LV2か。
    ・ガシャポン「アルティメットルミナス ウルトラマン02」にウルトラマンティガ(マルチタイプ)がラインナップ。
    ・ガシャポンさんいらっしゃい!:「藤岡弘、コーヒーカップ探検隊」 奇譚クラブの「コップのフチ子」のような縁乗りタイプのカプセルフィギュアを「探検隊」衣装の藤岡弘、で、バンダイ・ベンダー事業部が商品化。藤岡弘、3Dスキャンには自前のナイフ、珈琲ポットを持参。 全5種 @¥300 11月中旬予
     ①藤岡弘、(危ない!CapsLockは押してはいけない!) ②藤岡弘、(コーヒードリップ中)
     ③藤岡弘、(いただきます) ④藤岡弘、(ぶら下がり) ⑤藤岡弘、(コードは大蛇だった!)
    ・SHOKUGAN DIVER:今回は「仮面之世界(マスカーワールド)」。開発者インタビューあり。
    【フィギュア(メディコム・トイ)】
    ・MAFEX HARLEY QUINN (DRESS Ver.) ¥6,264 7月 ノーマルVer.との差し換え頭部2点、BATMAN用差し換え頭部1点も付属。
    ・MAFEX SANDTROOPER ¥6,264 6月 DLT-19重ブラスター・ライフル、E-11ブラスター・タイフル付属。
    ・MAFEX CLONE TROOPER ¥6,264 7月 頭部(ヘルメット)は「シスの復讐」版と「クローンの攻撃」版の2種、DC-15Aブラスター・ライフル、DC-15Sブラスター付属。
    【フィギュア(海洋堂)】
    ・ガレージキット復刻:1/80 ゴジラ1989 ソフトビニールキット (from ゴジラVSビオランテ) ¥151,200 1月中旬予 完全受注生産 酒井ゆうじの最初期の作品。
    ・MOVIE REVO バットマンカー(バットモービル1966) ¥8,618 12/23
    【フィギュア・玩具(タカラトミー)】
    ・スター・ウォーズ ラージビークル Uウイング・ファイター ¥10,584 9月下
    ・スター・ウォーズ DXミッドビークル タイ・ストライカー ¥8,424 9月下
    ・スター・ウォーズ ブラックシリーズ ダイキャストビークルシリーズ ①Uウイング・ファイター ②タイ・ストライカー ③インペリアル・カーゴ・シャトル SW-0609 ④クレニック インペリアル・シャトル ⑤デス・スター 各¥1,080 9月下
    ・メタコレ スター・ウォーズ ①R2-A6 ②R2-C4 ③R2-M5 各¥1,080 9月下
    ・スター・ウォーズ ベーシックフィギュアシリーズ ①カイロ・レン(新規造形) ②ケイナン・ジャラス(ストームトルーパーver.) ③サビーヌ・レン ④K-2SO ⑤ストームトルーパー(サンドトルーパーに換装可) ⑥インペリアル・グラウンド・クルー ⑦ジン・アーソ 各¥1,296 9月下
    ・スター・ウォーズ 12インチエレクトリックフィギュアシリーズ ①ダース・ベイダー(反乱者たち) ②ケイナン・ジャラス 各¥4,104 9月下
    ・スター・ウォーズ ビッグフィギュアシリーズ 9月下
     ①DX20インチフィギュア ダース・ベイダー ¥8,640
     ②20インチフィギュア デス・トルーパー ③18インチフィギュア ストームトルーパー ④20インチフィギュア K-2SO 各¥5,400
    ・スター・ウォーズ 31インチフィギュアシリーズ ①デス・トルーパー ②K-2SO 各¥9,720 9月下
    ・スター・ウォーズ ダイキャストヘルメット ①フィン[FN-2187]&ファースト・オーダー タイファイター・パイロット ②デス・トルーパー&反乱軍コマンド ③ダース・ベイダー&ストームトルーパー 各¥3,024 9月下
    ・スター・ウォーズ ①ブラストテック・ライトセーバー ¥5,616 ②スピンアクション・ライトセーバー ¥7,344 どちらも9月下
    ・スター・ウォーズ ボイスチェンジャーマスク デス・トルーパー ¥7,344 9月下
    ・スター・ウォーズ マスクシリーズ ①カイロ・レン ②サビーヌ・レン ③ダース・ベイダー ④ストームトルーパー 各¥1,944 9月下
    ・サンダーバード トミカ クラシック版 単品3個以上の同時購入で、A4アートポスターをプレゼント 9月下~無くなり次第終了
    ・9月のメタコレ新シリーズ14体一挙展開の中には、「ロストエイジ」版のオプティマスプライムとバンブルビーも。
    【フィギュア、玩具、その他】 目に付いた新ネタは以下。
    《コトブキヤ》
    ・ARTFX+ 『DC UNIVERSE』 ゴリラグロッド ¥7,344 1月予
    ・ARTFX+ バットマン&ロビン ¥10,800 2月予
    ・ARTFX+ グリーン・ランタン ¥12,960 2月予 1/6スケール
    《エクスプラス》
    ・マイ フェイバリット ムービー シリーズ 1/6 コレクタブル アクション フィギュア 10月予
     『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
     ①ハリー・ポッター&ドラコ・マルフォイ “ツインパック クィディッチ ver.” ¥43,200
     ②ハリー・ポッター “クィディッチ ver.” ③ドラコ・マルフォイ “クィディッチ ver.” 各¥23,760
     『ハリー・ポッターと賢者の石』
     ④ハーマイオニー・グレンジャー(カジュアル ウェア) ¥29,160
     ⑤アルバス・ダンブルドア デラックスver. ¥14,904
    《ブリスターダイレクト》
    ・7インチアクションフィギュア 『エイリアン2』 30thアニバーサリー エレン・リプリー&レベッカ・ジョーダン ¥7,290 11月予
    ・1/6 アクションフィギュア プレミアム・アルティメイト・マスターピース 『ゴーストバスターズ(1984)』 2月予
     ①ピーター・ヴェンクマン博士 ②レイモンド・スタンツ博士 ③イゴン・スペングラー博士 ④ウィンストン・ゼドモア 各¥39,960
     ④博士3体セット ¥118,800 ⑤スペシャル4体セット ¥151,200
    《豆魚雷》
    ・ワン12コレクティブ 1/12 アクションフィギュア 『DCコミックス』 リバース・フラッシュ ¥18,360 11月予
    ・『エイリアン』 フォッシライズド スペースジョッキー フォーム レプリカ ¥56,700 11月予
    《プライム1スタジオ》
    ・1/4スケールスタチュー 『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影〈シャドウズ〉』 2017年6~8月
     ①ビーバップ ②ロックステディ 各¥70,092 各500体限定 ③ビーバップ&ロックステディ ¥140,184 350体限定
    《アート・ストーム》 
    ・フューチャーモデルズ 『ウルトラセブン』 BIG SCALE ウルトラホーク3号 プロップタイプ ¥91,800 2017春予
    《バンプレスト(プライズ)》 
    ・『スターウォーズ』 ワールドコレクタブルフィギュアvol.5 全6種(C-3PO(右目落ち), チューバッカ, レイア・オーガナ, ボバ・フェット, クラム) 10月中旬予
    ・『スターウォーズ』 ワールドコレクタブルフィギュアPREMIUM -BOBA FETT- 全2種(ポーズ&装備違い) 10月中旬予
    ・『スターウォーズ』 MEGAワールドコレクタブルフィギュア -STORY OF JABBA THE HUTT- 全2種(カーボン凍結ハン・ソロ、ジャバ・ザ・ハット) 10月中旬予
    《ホットトイズ(イベントのみ)》
    ・「バットマン100%ホットトイズ」イベントレポート:カラー8ページ
    《(いつもは対象外にしていますが)threeA / threezero》
    ・threeA ブラック・ウィドウ ¥22,140 3月予 マーベル×アシュレイ・ウッドの1/6フィギュアシリーズ。
    【映画紹介】
    ・《GANTZ:O》 山咲杏 役 M・A・O インタビュー
    ・《スター・トレック BEYOND》《真田十勇士》《ハドソン川の奇跡》《ジェイソン・ボーン》
    【次号予告】 10/24(月)発売 225号 ¥933+税
    ・特集 ダイアクロン パスト・アンド・フューチャー
     フィギュア王が世に放つ大好評“ダイアクロン”総力特集第2弾!! タカラトミー全面協力のもと、歴代の貴重な画稿や資料に加え、最新アイテムの開発記事など盛りだくさんでお贈りします!!

    HJから、F王には無かった情報を。
    【S.I.C.】
    ・S.I.C. HERO SAGA:作例は「仮面ライダー龍玄 ブドウアームズ」。
    ・S.M.H.では「名将MANGA REALIZATION 鋼鉄侍 アイアンマン マーク3」「名将MOVIE REALIZATION 弓足軽ストームトルーパー」を紹介。
    【エグゼイド】
    ・仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー LV2 (SA:高岩成二)
    ・仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー LV1 (SA:藤田慧)
    ・仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー LV2 (SA:渡辺淳)
    ・仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー LV1 (SA:内川仁朗)
    ・仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー LV2 (SA:永徳)
    ・仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー LV1 (SA:藤田慧)エグゼイドとの2役を演じる
    ・仮面ライダーゲンム アクションゲーマー? LV2 (SA:縄田雄哉)
    ・仮面ライダーゲンム アクションゲーマー? LV1 (SA:記載無し)
    ・製作発表記者会見、各俳優&三浦大地の発言録、掲載。
    【ジュウオウ】
    ・ドデカイオーの必殺技は、カイオースピアを銃に変形して放つ「ドデカイオーオーシャンスプラッシュ」。
    【その他フィギュア】
    ・ULTRAMAN バストアップフィギュア ¥14,904 12月予 全高約24cm。目とカラータイマーがLEDで発光。 発売元:アクアマリン、販売元:グッドスマイルカンパニー

  3. SICファン より:

    TVくん11月号より。
    【エグゼイド】
    《仮面ライダーレーザー バイクゲーマー》
    ・九条 貴利矢が、ゲーマドライバーとライダーガシャット「爆走バイク」を使って変身する。
    ・レベル1:目の白目部分の色は青。口の部分は黄色。黒い頭部に、眉間から頭頂にかけてモヒカンふうにマゼンダで、大きな角が3本縦に並んでいる。片腕に1輪ずつの車輪が付いている。
    ・レベル2:エグゼイドが乗るオフロード型バイクに変形する。全体の色は黄、LV1のときの目~頭部がバイクのフロント、LV1のときの胸のコントローラーふう色違い4つボタンはバイクのガソリンタンク部の左側面になる。ゲーマドライバーはちょうどシート部分に巻いている。
    ・バグスターウイルス(戦闘員)が変形していると思われる、バグスターウイルスの顔がついたバイクを駆る「モータスバグスター」と、永夢~エグゼイドLV2を乗せたレーザーLV2が戦う。
    《仮面ライダーゲンム アクションゲーマー》
    ・通称「黒いエグゼイド」の名称が「ゲンム」に確定。変身に使用するライダーガシャットは「プロトマイティアクションX」。
    ・「ライダーたちを倒そうと、おそってくる正体不明のライダー。エグゼイドを上回る戦力を持つ。」とのこと。
    ・レベル3:ゲーマドライバーの内側のスロットに「プロトマイティアクションX」を刺したLV2から、さらにその隣りのスロットにライダーガシャット「シャカリキスポーツ」を刺すことで、レベルアップ。「シャカリキスポーツ」で出現する自転車をLV2が鎧のようにまとった強化形態。自転車の後ろ半分が右肩、前半分が左肩が装着される(右肩前部に自転車のサドル、左肩後部に自転車のハンドルが見える)。額にはライトグリーンにマゼンダ模様の自転車用ヘルメットふうのプロテクター、胸にはマゼンダにライトグリーンアクセントのプロテクターが出現。必殺技は、両肩の車輪を敵に投げつける「シャカリキクリティカルストライク」。エグゼイドLV2と戦う。
    《仮面ライダー共通》
    ・LV2に変身する際に発声する掛け声?と思われる記載あり。エグゼイド「大変身!」、ブレイブ「術式レベル2!」、スナイプ「第弐戦術!」、レーザー「二速!」。
    ・「ゲームエリア」に出現するドラム缶、チョコブロック、宝箱の形をしたアイテムの中に入っているメダル型の「エナジーアイテム」の一覧:「ジャンプ強化」「回復」「混乱」(:敵が思うように動けなくなる)「鋼鉄化」「巨大化」「マッスル化」「縮小化」「高速化」「透明化」「挑発」(:敵をおびき寄せる)。
    《次号予告》
    ・ゲンム以外のライダー達もLV3にレベルアップ。(エグゼイドLV3のシルエットからは、あまり変化がわかりませんでした。)
    【MOVIE大戦2017】
    ・ゲーマドライバーを巻いた永夢、明日那、制服姿にゴーストドライバーを巻いたタケル、アカリ、御成が、何かを見つめる写真が掲載。
    ・「エグゼイドとゴーストが、力を合わせて地球の危機にたちむかう!! みんながビックリするような戦士も活やくするぞ!」とのこと。
    ・エグゼイドゴースト眼魂が再登場する。
    【ゴースト】
    《てれびくん超(ハイパー)バトルDVD》『仮面ライダーゴースト 真相! 英雄眼魂のひみつ!』
    ・今号より受注開始。ダヴィンチゴーストアイコン付属で、税・送料込¥2,500。
    ・タケル、アカリ、御成が(キャリーバックを引いて)、眼魔世界に旅行。眼魔世界がかなり明るく澄んだ空になっている。迎えるのはネクロム、マコト、カノン。そこに、ダヴィンチ眼魔を復活させた西園寺が現れる。ムゲン魂&Dスペクター&ネクロム vs ダヴィンチ眼魔。眼魔誕生の秘密や、西園寺と天空寺龍との意外な過去が明らかになる。
    ・50話の、アユムも参加していたタケル再誕祭のシーンの写真も掲載。
    ・「超全集」は11月発売。
    【ジュウオウ】
    《ワイルドトウサイドデカキング》
    ・10+4のキューブアニマル/ウエポンの「動物全合体」による最強ロボ。下から1234と積まれたキューブが右脚に、下から5678と積まれたキューブが左脚。胴体はホエールと思われ、背中からライノスが刺さっているのか、胸には「10」のナンバーの下に「9」の表示が見えている。右腕はホエールの尾びれにキューブ状態のコウモリと先端がキリンバズーカ、左腕はホエールの尾びれにキューブ状態のクマと先端がモグラドリル。右肩にはカイヨウスピア。頭部は水色に白ラインの3本角の王冠をかぶっているよう。
    ・必殺技は、地球と6人の王者のパワーを充填し(ボディのナンバーが1から順番に光っていき、10が光れば充填完了)、キリンバズーカ、モグラドリル、カイヨウスピアから同時に超絶ビームを放つ。
    ・巨大化したバングレイと戦う。
    《ジュウオウホエール vs バングレイ》
    ・偽ジュウオウゴリラを使い5人を罠にかけ、大和の目の前で亡き者にしようとする。
    ・ホエールチェンジガンのグリップを6回動かしてエネルギーを充填、ホエールを5人が支えるフォーメーションで、6人の力を込めた「ジョウオウファイナル」をバングレイに放つ。
    《その他》
    ・まわしをしめたジュウオウジャーが土俵で敵プレイヤーと相撲をとる。イーグルとライオンのまわし姿は決定。
    《次号予告》
    ・ジュウオウイーグルに似たシルエットの7人目と新ジュウオウキューブ(シルエットでは、4面が展開して蛸のように見えます)が登場。
    【オーブ】
    《オーブオリジン》
    ・約100年前のマガゼットンとの戦い以来封印していたオーブの真の姿にして最強形態。ウルトラマンオーブオリジンのカード1枚で変身する。スペシウムゼペリオンに近いシルエットで、銀のボディに赤のライン、胸や腹部~大腿部は濃いグレー。従来の4フォームのいずれでも敵わない強敵、ゼッパンドンを倒すために変身した。
    《聖剣オーブカリバー》
    ・オーブオリジンの武器。柄の上の部分に円形がパーツがあり、その中央にオーブリングのような白い(光の?)紋章、その周りに火(赤)、水(青)、土(黄)、風(緑)の紋章が浮かび上がる。必殺技は、ガイがオーブリングにオーブカリバーの刀身を通すことで発動する模様。必殺技「オーブスプリームカリバー」:オーブの全身が発光しオーブカリバーから撃ち出すビームで敵を粉砕する。必殺技「オーブグランドカリバー」:オーブカリバーを大地に突き刺すことで発生する円形の光が敵を囲み、さらに発生する衝撃波で敵を粉砕する。「土」の技で、このときオーブカリバーは黄の土の紋章のみが光り他の紋章は消えている。
    ・玩具は¥4,500+税で10月下旬発売。
    《ゼッパンドン》
    ・ジャグラーが、マガオロチの尾にゼットンとパンドンのカードの力をフュージョンさせて生み出した合体魔王獣。オリジン以外のオーブの4形態を圧倒する。
    《vs オーブオリジン》
    ・ベムラー(強化)、戀鬼(紅蓮鬼)との戦闘シーンの写真、掲載。タイラントとも戦う模様。
    《ゲーム「フュージョンファイト!」オリジナルフォーム》
    ・ナイトリキデイター:アグル×ヒカリ。両腕の光の刃で戦う、紺と水色の戦士。
    《次号予告》
    ・オーブオリジンのさらなる秘密を公開。

  4. SICファン より:

    U船(vol.154 2016秋号)より、新ネタをご紹介。
    【表紙】 エグゼイド(大きく)、ブレイブ、スナイプ、ゲンムのLV2と、レーザーLV1。
    【巻頭折込ポスター】 表:エグゼイドLV2、ブレイブLV2、スナイプLV2の必殺キック、裏:5体のLV1
    【ディテール・オブ・ヒーローズ 特別編】 LV3からは「○○ゲーマー」の「○○」が変わるのですね。TVくんのほうでは見落としていました。 というわけで、上のTVくんの記事は「スポーツアクションゲーマー」に訂正です…
    ・仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー LV1、LV2 +ゲーマドライバー、ガシャコンブレイカー、マイティアクションX
    ・仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー LV1、LV2 +ガシャコンソード、タドルクエスト
    ・仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー LV1、LV2 +ガシャコンマグナム、バンバンシューティング
    ・仮面ライダーゲンム アクションゲーマー LV1、LV2 +ガシャコンバグバイザー(:チェーンソー)、プロトマイティアクションX、スポーツゲーマ(:自転車)、シャカリキスポーツ
    ・仮面ライダーゲンム スポーツアクションゲーマー LV3
    ・仮面ライダーレーザー バイクゲーマー LV1
    ・足裏のパターンは全ライダーLV2で共通(当然レーザーは除く)。
    【エグゼイド】
    ・ゲンムを除く4ライダー(LV2)が並び、暗闇にシルエットだけで浮かび上がる写真あり。OPかジャンクションのシーンか? 中央にはレーザーにまたがりガシャコンブレイカー ソードモードを構えるエグゼイド、向かって右にガシャコンソードを持つブレイブ、向かって左にガシャコンマグナムを構えるスナイプ。4人(3人+1台)とも目だけが光っている。
    《仮面ライダーゲンム》
    ・スポーツゲーマ(ダウンヒル用バイク(自転車))を使用したパフォーマンスは、バイクトライアル世界選手権エキスパートクラスチャンピオン・有薗啓剛が演じている。
    ・ゴースト50話でも使用した小型チェーンソー「ガシャコンバグバイザー」はグラファイトバグスターの標準装備。それをなぜゲンムが持っているかは、まだ謎。
    ・LV3へのレベルアップは第4話。右肩の車輪(後輪、マゼンタ)は取り外して手持ち武器として使用する。
    《仮面ライダーレーザー》
    ・(バイクの)マフラーから光線を放つ。単独でも走行可能。
    《登場人物》
    ・宝生 永夢:8歳のときに事故で生死を彷徨った際に見た、決して諦めずに自分を救おうとする医師の姿がきっかけで、自分も医師を目指した。
    ・鏡 飛彩:米国で大活躍中のところ、衛生省に仮面ライダー適合者と判定されCR所属となった外科医。患者の心情・内情には踏み込まない主義。甘党。
    ・花家 大我:かつてCRに所属。救命よりもプレイヤー同士の戦いにのめり込む危険な性格で、(そのために起こした?)ある過失により医師資格を剥奪された。グラファイトバグスターとは因縁がある。闇医療行為で稼いだ金を株で運用して富を得ている。
    ・九条 貴利矢:監察医務院の監察医。不審死した患者の死因解明が専門。仮面ライダーとバグスターの秘密を探るのが目的?
    ・壇 黎斗:衛生省に協力してCRを発足させた。
    ・仮野 明日那:CRでは院長以上の権限を持つ。ポッピーは映像中継されてモニターに映っているのではなく、自分自身がモニターの中に入り込んで外側の人間と会話する。
    ・鏡 灰馬:息子・飛彩(ヒイロ)を名付けた通りの「ヒーロー」にすべくゲーマドライバーを授けた。研修医である永夢が息子と同じ仮面ライダーであることを認めない。権力には弱く、明日那には絶対服従。
    ・日向 恭太郎:仮面ライダー適合者の選定に関与する。
    ・パラド:無邪気な性格で、全てをゲームに例えて話す。
    ・グラファイトバグスター:パラドとは対照的に好戦的な性格。
    《決め台詞、または劇中の台詞と思われるもの》
    ・エグゼイド:「ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」「患者の運命は俺が変える!」
    ・ブレイブ:「俺に切れないものはない」「ノーサンキュー」
    ・スナイプ:「とっておきのステージで勝負といこうか!」
    ・レーザー:「これでプレイヤーは4人!」
    《LV1のスーツアクター》
    ・藤田慧:エグゼイド、スナイプ、ゲンム
    ・内川仁朗:ブレイブ、レーザー
    《インタビュー》
    ・飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、中澤祥次郎、大森敬仁
    【ゴースト】
    ・アカリとイゴールが結ばれると予想するキャスト&スタッフ多し!
    ・マコトがおっちゃんからディープスペクター眼魂を入手するときに言われた「深淵を覗く覚悟」が、自分自身と向き合い自分自身と戦うことを意味し、コピーマコトの登場となる。(が、もっと早く登場させておくべきだったと、高橋Pが諸田Dに怒られた。)
    ・グレートアイの化身であるフレイ/フレイヤは、もともとTV本編用に作られた設定で、「ライダーの魂」に登場したほうが後付け。フレイ/フレイヤの服装は眼魔世界の子供の一般的な服装。
    ・座談会:西銘駿×山本涼介×磯村勇斗
    ・対談:諸田敏×高橋一浩
    【Vシネ・マッハ/ハート】
    ・仮面ライダーマッハチェイサー:マッハの姿でゼンリンシューターを武器として戦うが、戦力はチェイサーマッハ以上。「俺の最高のダチ……レッツ変身!」
    ・仮面ライダーハート:ある条件を満たすことで変身可能となった。理論上はドライブを凌ぐパワーを持ち、ブレンやメディックの技を繰り出すことも可能。変身ポーズはブレンとメディックへの想いも込めて蕨野友也が考案、SA藤田洋平の案も加えた。「さらばだ。俺達の思い出の残骸よ!」
    ・ハートがコピーした青年実業家の名前は、広井真蔵(しんぞう)。
    ・リベンジャーロイミュード:ロイミュード005の進化態。
    ・TV本編でチラッと話題に出ていたドライブの意外な新フォームも登場する。
    ・ハートの入浴シーンの撮影は、「ワラビーが脱ぐなら見よう!」と吉井怜たち女性陣も見学に来た。
    ・インタビュー:稲葉友、蕨野友也
    【アマゾンズ】
     駆除班6人座談会:俊藤光利×小林亮太×宮原華音×勝也×田邊和也×朝日奈寛
    【ジュウオウ】
    ・インタビュー:井上和彦(オーナー・ジニスの声)、高取ヒデアキ(Z旗)(主題歌歌唱120回突破記念インタビュー)
    【スペース・スクワッド】
    ・センちゃんとウメコの結婚式シーンあり。
    ・インタビュー:石垣佑磨、対談:伊藤陽佑×菊地美香
    【ギャバン(BD)】 インタビュー:大葉健二
    【オーブ】 オリジン紹介と前半の振り返り、BD BOXの特典紹介など。
    ・オーブオリジンの最終必殺技は、火・水・土・風に闇と光の属性を加えたもの。
    ・インタビュー:青柳尊哉、対談:中野貴雄×小林雄次
    【その他ウルトラ】
    ・ウルトラマンA HDリマスター2.0 Blu-ray Box、紹介。
    ・「相川芙穂の 私、怪獣の味方です」第2回:月とウルトラ怪獣
    【牙狼】
    ・絶狼 -DRAGON BLOOD-、紹介。
    ・1stシリーズBD化記念インタビュー:雨宮慶太(韮沢靖の、イラストレイターとしてではなく劇中のキャラクターのデザイナーとしての能力を高く評価する発言あり、モモタロスのデザインにも触れている。)
    ・『ゼイラム』&『ゼイラム2』 blu-ray BOX ¥10,800 12/22発売予 DVDの収録特典はすべて収録。雨宮慶太描き下ろし特製三方背収納ボックス入り。8Pオールカラーブックレット付き。
    【シン・ゴジラ】 真・感想 批評大会!
    ・軍事専門家が見た『シン・ゴジラ』 ―もしも、ゴジラがロシアに上陸したら!?:小泉悠(軍事アナリスト)
    ・「逃げちゃだめだ」から「やめるわけにはいかない」へ ―『シン・ゴジラ』と東日本大震災:五十嵐浩司(アニメーション研究家)
    ・シン・ゴジラを観て:長谷川圭一(脚本家)
    ・『シン・ゴジラ』考という名の妄想:早瀬マサト(石森プロ・漫画家)
    ・「シン・ゴジラ」感想:佛田洋(特撮監督)
    ・ゴジラ初体験:北崎拓(漫画家)
    ・『シン・ゴジラ』に欠けているもの:塚田英明(東映プロデューサー)
    ・おかえりゴジラ:飛田展男(声優)
    ・シン・ゴジラ:野中剛(デザイナー)
    ・真の破壊者:田口清隆(特撮監督/『ウルトラマンオーブ』メイン監督)
    ・見て、感じて、そして考えろ。:麻宮騎亜(漫画家)
    ・はみ出し者たちの賛歌:野口智和(「宇宙船」編集長)
    【RPSF (Rescue Police Secret Files)】(野中剛)
    ・SRS SG-WX01 SOLGALLOP DOUBLE ACTION MODEL(ソルブレインのソルギャロップの二足歩行(ダチョウ)モード)
    ・対談:小林靖子×野中剛
    ・POWER MORPHICON 5 in ロサンザルス レポート(すねやみえこ=野中剛の奥様)
    【宇宙船Archives】 仮面ライダーアマゾン
    【その他・作品紹介】
    ・《Cutie Honney TEARS》 永井豪インタビュー。
    ・《GANTZ:O》 作品紹介。山咲杏 役 M・A・O インタビュー。
    ・新作特撮映画紹介(洋画):ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ヒストリー、ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅、バイオハザード ザ・ファイナル、スター・トレック BEYOND、インフェルノ、五日物語 3つの王国と3つの女、高慢と偏見とゾンビ
    ・日本未公開映画紹介
    ・海外映像ソフト紹介:アイアン・ジャイアント シグネチャー・エディション[劇場限定Blu-rayスペシャルセット]
    【その他】
    ・仮面ライダーGIRLSワンマンライブ「超夏祭り」レポート
    ・アルバム「ザ・ラジレンジャーズ」発売記念クロストーク:鈴村健一×神谷浩史
    ・宇宙船 自主怪獣映画道場!(部長:田口清隆) 第4回:4作品を紹介。
    ・バンダイのガシャポン「フルアクションフィギュアSAGA」の紹介:リアルタイプのフルアクションフィギュア。エグゼイドLV2の試作品で可動状況を紹介。全日本模型ホビーショーで展示されていた。
    ・名作SF 3Dモデル・ワールド:今回は、「超合金 仮面ライダーアマゾン」と「超合金 仮面ライダーストロンガー」
    ・原口智生の夢のかけら(PROP GRAFFITI):今回は「TAC竜隊長の制服」
    ・新連載「ゴー☆ジャスの 君と映画でレボリューション」第1回:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
    ・新刊:HOBBY JAPAN MOOK「スーパー戦隊 TOY HISTORY 40 1975-2016」 ¥2,800+税 11/30予 合体ロボ玩具中心の模様。
    【次号】 vol.155 12月末 発売予定。

  5. SICファン より:

    U船からの書き忘れの追記です。
    【エグゼイド】
    ・各ライダーのLV1&2の左胸には、それぞれの専用武器の二つのモードを表していると思われる、二つのマークがある。エグゼイド(とゲンム):ハンマーとソード、ブレイブ:氷(雪の結晶)と炎、スナイプ:大きな1個の弾丸と小型の弾丸3個。そしてレーザーLV1の左胸には鎌と弓のマークが。

  6. SICファン より:

    ヨドバシアキバの6階のバンダイ・ボーイズトイのコーナーだった場所が、マーベルコーナーになっていました。その関係で、店頭でマーベル&スター・ウォーズのキャンペーン(実物大マーベルヒーロー像展示、バンダイやホットトイズの発売前フィギュアの展示、スター・ウォーズ(ローグ・ワン)扮装の帝国兵登場)をやっていて人だかりが凄かった。やっぱり一般認知度は、仮面ライダーでは洋モノには敵わないなぁ…
    で、DXゲーマドライバーとDX爆走バイクガシャットの箱の裏を見て来たので、音声を書いておきます。
    ・おそらく ゲンム スポーツアクションゲーマーLV3:「ガッチャーン!」「レベルアップ!」→「マイティジャンプ! マイティキック! マイティマイティアクションエックス!」「アガッチャ!」「シャカリキ! シャカリキ! バッドバッド! シャカっと リキっと シャカリキスポーツ!」
    ・レーザーLV2レベルアップ:「爆走 独走 激走 暴走 爆走バイク!!」
    ・レーザー必殺技:「爆走クリティカルストライク!」

  7. ロケットマン より:

    こんばんは!

    まずオーブですが、10月放送のサブタイトルですが、「ネバー・セイ・ネバー」以降は、

    第16話「忘れられない場所」
    第17話「復活の聖剣」

    です。

    ジュウオウジャーですが、10/2(日)放送は、「心は裏表」ですよ。いよいよバングレイと決着ですね。来月は、バドの「王者の資格」が覚醒して、ジュウオウチェンジャーファイナルで、ジュウオウバードに変身です。キューブオクトパスも登場です。ジニスのメモリーデバイス利用は果たして今月か来月以降かにも注目ですね。

  8. SICファン より:

    > ジュウオウジャーですが、10/2(日)放送は、「心は裏表」ですよ。
    ロケットマンさん、ご指摘ありがとうございます。「フィギュア王」自体の誤りですね。

    U船のMOVIE大戦情報、書き漏らしていました。申し訳ありません。月マガが明後日になりそうなので、昨日発売の月刊ヒーローズより。
    【月刊ヒーローズ】
    ・仮面ライダークウガ:表紙にもあるように2話掲載。カメレオン男編完結。その中で、薔薇女は五代と直接接触し、みのりは翔一と出会う。
    ・ULTRAMAN:レナは事件の影響で芸能活動を休止して渡米することになり、進次郎とULTRAMANに別れを告げる。米国でヒーロー活動を続ける光太郎を追う影あり。
    ・巻頭カラーで「酩酊!怪獣酒場」と「おにでか!」(矢寺圭太)とのコラボ作品掲載。
    ・次号は創刊5周年記念特大号。表紙は、ULTRAMANと仮面ライダークウガ。

  9. SICファン より:

    本日購入できました。あと、CLはだいぶ先ですね。
    【月マガ 11月号】
    《SPIRITS(連載)》暗闇大使の眼前に現れ、大首領からの制裁を勧告するジェネラル・シャドウ。サザングロス内部でニードル率いるバダン怪人軍団と衝突。そのとき、大首領を欠片も残さず焼き尽くそうとするライダーマンの自爆攻撃に、大首領の真の力が初めて発動か?
    《新仮面ライダーSPIRITS 14巻(10/17発売)》
    V3の復活、そしてライダーマンの決意――。
    1号、2号のダブルタイフーンによる強制起動でついに復活を果たしたV3! 一方、サザングロス内の結城丈二は、大首領JUDOに対する秘密の計画を始動させた――。
    ・通常版のカバー:スケルトンV3(00タイプV3?)の背景に、本郷(向かって左)と一文字(向かって右)の顔。
    ・特装版:第2話「新たなる鼓動」カラーライズド・バージョンを別冊同梱。カバー画はバイクに乗った仮面ライダーなのですが、印刷が粗くて私にはわかりません。ライダーマンかなぁ。

  10. SICファン より:

    CL、本日発売の号で定期刊行を終了し、以降は不定期刊として存続とのこと。それでは、特撮関係の新ネタをざーっとご紹介。
    【エグゼイド】
    ・仮面ライダースナイプ:5年前に仮面ライダーとしてバグスターと戦ったがゲームに取り憑かれて医療ミスを犯し、医師免許を剥奪されCRを追放された。
    ・仮面ライダーレーザー:3年前にバグスターウイルスの存在を突き止め、秘密にすることの交換条件として幻夢コーポレーションからゲーマドライバーを得た。Lv.2は単独では馬力不足であり、それを補うために運転者を必要とする。
    ・インタビュー:大森敬仁、飯島寛騎、瀬戸利樹(CL編集部ではあの小林豊の再来では!?と注目)、松本享恭、岩永徹也、小野塚勇人(なぜ貴利矢がお調子者になったのか、も徐々に明かされる)、松田るか(「御成よりもすごいキャラクターになることを目指しています。」)
    【ゴースト】
    ・〈「アラン英雄伝」第三章〉インタビュー:磯村勇斗、コメント:上堀内佳寿也
    【マッハ&ハート】
    ・対談:稲葉友×蕨野友也
    ・内容紹介と「マッハ 夢想伝」紹介。
    【アマゾンズ】
    ・ムック「THE 公式!」のインタビュー&対談の序盤を抜粋掲載。ムック自体の内容も少し紹介。
    【その他ライダー】
    ・〈アマゾン BD〉インタビュー:岡崎徹
    ・菅原芳人フェイクチラシ 連載第4回:「仮面ライダー 第10話 よみがえるコブラ男」、裏面では菅原芳人が石ノ森萬画館で「菅原芳人 WORKS 展」を担当した学芸員の二人に話を聞く。
    【ジュウオウ】
    ・10/16 34話 「巨獣ハンターの逆襲」 香村純子、加藤弘之
    ・10/23 35話 「ジュウオウジャー最後の日」 香村純子、加藤弘之
    ・10/30 36話 「ハロウィンの王子様」(プレイヤー:サンババ) 田中仁、加藤弘之 6人で(また)仮装!
    ・インタビュー:井上和彦
    【スペース・スクワッド】
    ・インタビュー:塚田英明
    ・〈ギャバン BD〉インタビュー:大葉健二
    【ウルトラマンオーブ】
    ・「ウルトラマンオーブ」の面白さの分析記事
    ・インタビュー:5人のスーツアクター(岩田栄慶、寺井大介、石川真之介、石黒英雄、阿部暁、新井宏幸)、柳沢慎吾
    〈玩具情報〉
    ・ウルトラ怪獣オーブ:01メフィラス星人、02ホー、03グビラ、04ケルビム、05ババルウ星人、06ジャグラスジャグラー、07ベムラー(強化)、08戀鬼(紅蓮鬼)、09ハイパーゼットンデスサイズ、10メフィラス星人(ラウンドランチャー)、(キャンペーンアイテム)マガゼットン(クリアラメver.)、07~09は11月上・10は11月半発売
    ・ウルトラ怪獣DX:マガバッサー、マガグランドキング、マガジャッパ、マガパンドン、マガゼットン ダークネスブルーver.(イベント・ウルトラマンショップ限定)、マガオロチ、ギャラクトロン、ゼッパンドン
    ・ウルトラBIGソフビ:ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン):発売中、 ウルトラマンメビウス ¥2,000 11月
    【その他ウルトラ】
    ・CLオリジナルグッズ「ウルトラアイ老眼鏡(リーディンググラス)」 ¥11,000+税 10/16受注開始 映像CM監督は清水厚
    ・ウルトラヒーローメモリアル「『ウルトラマン』放送開始50年記念限定セット」 ¥18,500+税 10/14受注開始・限定300枚・11月中旬出荷開始 サインした3人へのインタビュー:黒田進×桜井浩子×津沢彰秀
    ・『ウルトラマン』Tシャツデザインコンテスト第一次審査通過作品、販売開始 5種 各¥3,000+税 受注期間:10/14~11/15
    ・その他通販商品として、レッドマンキャップ、ウルトラサインキャップなども。
    【綴じ込み付録読本「シン・ゴジラとは何か?」】
    ・赤井孝美×池田憲章  対談「ダイコンフィルムからの軌跡」
    ・富野由悠季  インタビュー「『シン・ゴジラ』をこう観た!!」
    ・伊藤伸平  エッセイマンガ「シン・ゴジラ 対 俺」
    ・石井誠  コラム「『シン・ゴジラ』エキストラ体験記」
    ・出渕裕×氷川竜介  対談「アニメと特撮はどう融合するのか」
    ・豊田巧  コラム「腹腹電車 無人在来線爆弾の作り方」
    ・あさりよしとお  コメント
    ・鶴田謙二  コメント
    ・押井守×岡部いさく  対談「ポリティカルフィクションと怪獣映画」
    ・吾妻ひでお  マンガ「大統領特使さとみちゃん」
    ・庵野秀明 責任編集「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」紹介
    【怪獣(その他)】
    ・「特撮のDNA」展紹介
    【特撮系フィギュアなど】
    《メディコム・トイ》
    ・MAFEX DARTH VADER (REVENGE OF THE SITH ver.) ¥5,940 2月
    ・MAFEX REY ¥6,264 ¥6,264 3月
    《FUTURE MODELS》
    ・BIG SCALE マイティ号 ¥88,000+税 2017春予
    ・銀牙騎士ゼロ ヘッドモデル ¥99,900+税 2017春予
    ・ジャアク ヘッドモデル ¥99,900+税 2017春予
    ・FEWTURE SHOP AKIBA店内ギャラリースパースにて、韮沢靖・複製原画の展示&限定販売など実施。
    《タカラトミー》
    ・スター・ウォーズ ベーシックフィギュアシリーズ ダース・ベイダー(ローグ・ワン)、クレニック、ジン・アーソ(ジェダー)、チアヌート・イムウェ、キャシアン・アンドア 各¥1,296
    ・スター・ウォーズ ベーシックフィギュア2パック スカリフ・ストームトルーパー部隊リーダー&モロフ、デス・トルーパー&パオ、ベイズ・マルバス&ストームトルーパーオフィサー 各¥2,592
    《バンダイ(カプセル・トイ)》
    ・High Proportion Collection EX series シンケンマル 全長190mm、プレバンにて受注開始予
    【その他】
    ・吉田豪インタビュー:杉井ギサブロー
    ・ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」新キャスト公演直前インタビュー
    ・〈東映動画創立60周年記念〉インタビュー:野沢雅子
    ・〈ベストアルバム発売〉インタビュー:山形ユキオ
    ・仮面ラジレンジャー 5周年突入記念アルバム発売決定!記念対談:鈴村健一×神谷浩史
    ・《GANTZ:O》インタビュー:M・A・O
    ・映画紹介「ローグ・ワン STAR WARS STORY」 LEGOのアクションアドベンチャーゲーム、スマホで操作するラジコンBB-8なども。
    ・映画紹介「スター・トレック BEYOND」
    ・石ノ森ステーション 「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」インタビュー:柿本広大(監督)、スタッフ&キャスト一覧  石ノ森漫画館と増田まんが美術館とのスタンプラリーでは、村枝賢一「風の絆」(月マガに掲載されていた作品)冊子がもらえた模様。
    ・ダイナミック★ワールド PRESS 「CUTIE HONEY TEARS」インタビュー:永井豪、西内まりや

  11. SICファン より:

    場違いなところに、すみません。
    Vシネマ『仮面ライダーハート』でモデルとなった青年実業家の名前が判明!ドラマCDマッハにKRGS秋田知里さんが出演!
    の記事って、コメント禁止ですか?

    • onemu より:

      コメント禁止にしたつもりはなかったのになってましたね(-_-;)
      今はコメントできます。すみませんでした。

      CLの定期刊行終了、ビックリです。
      いつもありがとうございます!!

  12. SICファン より:

    上のCLの紹介記事について、訂正です。
    (誤)・〈ギャバン BD〉インタビュー:大葉健二
    (正)・〈ギャバン BD〉グラビア:大葉健二