『超スーパーヒーロー大戦』やっぱり仮面ライダーと戦隊のコラボは最高!映画は「ブレイブ」推し&最初からクライマックス!

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』公開初日ヽ(´▽`)ノ 映画観てきました。超楽しかったです~!!

スポンサーリンク

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』公開初日

久しぶりの、仮面ライダーとスーパー戦隊ががっつり絡む映画。
仮面ライダーエグゼイドの「ゲーム」の要素が上手く使われていて、テンポよく、最初から最後までクライマックスで楽しめました!!
脚本の米村正二さんと金田治監督の手腕を感じる作品でした!!

いろんな予告を見たけど、映画を見ると繋がりますね~(^^)

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

ネタバレなしの感想をちょっとだけ。

映画は「ブレイブ」推し

黒い飛彩の登場や、黒い飛彩が変身する「仮面ライダートゥルーブレイブ」、ギャラクシアンクエストゲーマーと、映画を見る前から出番多そうだとは思っていましたが。鏡飛彩はストーリーの軸にいて、重要な役どころでしたね。

仮面ライダーエグゼイド『超スーパーヒーロー大戦 鏡飛彩セレクト編』にトゥルーブレイブ登場!

そんな飛彩に絡むのが、永夢やポッピー以外に、ナーガやアムちゃんなところが映画の面白いところ!!

髪をオールバックにしてる黒い飛彩が凄くカッコよくて(^^)変身する仮面ライダートゥルーブレイブも、ブレイブ同士の戦いもとてもよかったです(^∀^*)

そして、もうひとつの「ブレイブ」!! 空蝉丸も超カッコイイ役!!

永夢のセレクトチーム

永夢がチームを選ぶところが予想以上の面白さ!!

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』予告編

やっぱり、モモタロスがいるとノリノリですね~(≧▽≦)

北岡秀一の「吾郎ちゃん」やモモの「良太郎!」など、微笑ましいセリフもいっぱいで。ずっと笑顔で見れました!
戦闘シーンも本当に楽しかったです!!

仮面戦隊ゴライダー

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

仮面戦隊ゴライダーって、究極の仮面ライダーとスーパー戦隊コラボですよね~ もう最高でした!!

最初見たときはパチもんみたいに見えたけど(≧▽≦) 逆にそこが味わい深いw

アムとポッピー

アムちゃんがひとりで戦っている姿は、とても違和感があり。ジュウオウジャーたちと合流したときは、ほっとしました。スーパー戦隊って、チームで戦うヒーローなんだなと痛感。アムちゃん、ひとりで本当に頑張ったね!!と言ってあげたい気分になりました(^^)

アムとポッピーが一緒にゲームの世界に行くところが超可愛いかったなぁ(*^ー^*)

巨大戦と・・

仮面ライダーエグゼイドのレベル99がエナジーアイテム「巨大化」でキュウレンオーと同じくらいの大きさになるのは既にネタバレしていましたが。
キュウレンオーのある姿や、オリオン号も大活躍なところが面白かった~!!

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

楽しみに待っていた『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』(^O^)
本当に楽しい映画でした!!また観に行きたいです!!

仮面ライダーぴあ 超スーパーヒーロー大戦 公式写真集 (ぴあMOOK)
仮面ライダーぴあ 超スーパーヒーロー大戦 公式写真集 (ぴあMOOK)
2017年3月17日発売 |  | JANコード:9784835632582 | 出版社:ぴあ | ページ数:79
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. SICファン より:

    私もネタバレ無しの感想を。
    ・S取締役、何してんねん!
    ・「ビーストライダー・スクワッド」に続いて、飛彩が主役でしたね。
    ・ゲームのキャラクターという設定を生かして、ゲストヒーロー達をうまーく使って色んな見せ場を無理なく作っていました。ゲームがモチーフのエグゼイドは、春の共演映画とは相性がよかったのですね。
    ・このストーリーにジュウオウジャーから一人参加するとすると、アムしかない、と思えました。
    ・ナーガとバランスのキャラをうまく使って、ストーリーに絡めていましたね。
    ・空蝉丸、まさかのブレイブつながり? 本当はキョウリュウジャーブレイブの宣伝なのでしょうね。
    ・チームエグゼイドのメンバーセレクトシーンは、本当に面白かった。笑いました。
    ・ゴライダーの必殺技もオツでした。現代に再現すると、ああなるのかな。BDボックス発売中だし、宣伝も兼ねているのでしょう。
    ・ひと目見たときからそれっぽいとは思っていましたが、大蜘蛛大首領のデザインは竹谷隆之氏みたいですね。
    ・最後の巨大戦もよかった。マキシマムゲーマーは、映画くらいの予算があってようやく大暴れできるということかも。
    ・やっぱり一番のサプライズは、夏映画の予告の7人目の仮面ライダー。インパクトあり過ぎ! 真のラストを先行して、という龍騎の劇場版のような煽りにも、魅かれました。

  2. 通りすがりのヲタ より:

    巷ではブレイブ推しということもあり「スーパー飛彩大戦」とも呼ばれていますが(笑)(^o^)ホンマに飛彩先生はここ数年の2号ライダーの中では破格の優遇度な気がしますね。
    春映画恒例のヒーロー同士のバトルはエグゼイドのゲーム世界が一番相性あっている印象を受けました。
    約4年ぶりにライダーヒロインたるポッピーが戦隊メンバーのアムやナーガらと一緒にいる光景がやっぱ不思議に思えました(笑)(今ではポッピーは闇堕ちしてる状況だからこっちの状況が懐かしく思えてきた・・・・!)
    見た目は思いっきし赤なのに桃枠だと言い張るモモチャン(笑)(笑)電王10周年の今機会があれば久々の4タロスコント実現できればなぁーっと、そしてここであのネタやるとは陣さん(笑)、北岡先生的には春映画は毎回好きじゃない戦況に見えますねぇ(ごちゃごちゃした戦い笑)。
    ゴライダー、全体的にゴレンジャーの要素の方が濃かった印象でしたが、5人ともなんだかノリノリすぎやしませんでした?(笑)
    ここ数年は仮面ライダー中心の話が続き、戦隊の扱いがおざなりだった感は否めなかった中、久々の対等になったのは個人的は良かったと思いました