『仮面ライダーエグゼイド』檀正宗が「真のラスボス」に!黎斗は「檀黎斗神」に!貴利矢がCRに!映画とのリンクいろいろ

仮面ライダーエグゼイド 第42話「God降臨!」で、ゲムデウスを攻略しゲーム病患者の容体が落ち着いてきたとき、仮面ライダークロノスが登場!!
まさかの「真のラスボス」が誕生してしまいましたね。

映画とのリンクもいろいろ

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド 第42話で檀正宗が「真のラスボス」に!

ゲムデウスの力が弱まってきたとき。

仮面ライダーエグゼイド 第42話「God降臨!」

こんどは正宗が怒り狂う
「ゲムデウスだけは断じて攻略されてはならない!!」

エグゼイドとパラドクスの超強力プレイで、ゲムデウスを攻略するかに見えたのに。

「仮面ライダークロニクルは終わらせない」

クロノスが、弱ったゲムデウスにトドメをさし、ゲームクリア!!

吸い込んだゲムデウスウイルスを自らの体に注入。

仮面ライダーエグゼイド 第42話「God降臨!」

檀正宗は人としての命を終え、バグスターになってしまった!!

クロノスとゲムデウスの力を手に入れた正宗こそが真のラスボス!!

やっぱり檀親子は似てますね。自分の思いを遂げるためならなんだってする。

貴利矢がCRに!黎斗は「檀黎斗神」に!

貴利矢がCRに。

仮面ライダーエグゼイド 第42話「God降臨!」

明日那から白衣を貰い。これで、映画と繋がりましたね。

さらに

檀黎斗についての正式な処分が下り、ゲムデウスワクチンの開発に貢献した点を考慮し、身柄はCR任せに。でも、衛生省の許可がない限り身柄を自由にはできない。

仮面ライダーエグゼイド 第42話「God降臨!」

これも映画と繋がった!!

そして、映画のグッズで先にネタバレしてた黎斗の新たな名前は

檀黎斗神」(≧▽≦)

仮面ライダーエグゼイド 第42話「God降臨!」

みんな相手にしてないのに。貴利矢だけは「神ってことにしといてやるか」って(^^)やっぱり黎斗の扱いは貴利矢がイイ(^〇^)

映画とのリンクや今後の展開に関係?

ニコちゃん

ゲムデウスウイルスに感染したことがあるニコちゃんが、苦しむ患者さんたちを前にして、子供とゲームで遊んで意識をそらしてあげたり。
「やり遂げた感がある」と明日那に打ち明けていましたが。

「向いてるんじゃない?こういう仕事」ってところも映画に繋がりますね。

ポッピー

ポッピーのキャラクターは抑えて、ずっと明日那で通してましたね。声のトーンも低く、衛生省との対応やCRのサポートに徹してた。

大我

飛彩は大我に「お前がいて助かった」と言い。
医師免許がないことについて、今後の展開をにおわすような感じでしたが

次回・第43話「白衣のlicense」で、大我の医師免許が戻るといいなと願いつつ。

仮面ライダーエグゼイド 第43話で真のラスボス「ゲムデウスクロノス」が誕生!もう一人のクロノスに変身したのは大我?
仮面ライダーエグゼイド 第43話「白衣のlicense」の予告に、真のラスボス「ゲムデウスクロノス」が登場しましたね!!...

大我の終着点は「Blu-ray COLLECTION 4」のスナイプ エピソードZERO第4話で最終回の後日談も描かれるので、どう繋がるのかも楽しみですね。

仮面ライダーエグゼイド Blu-ray COLLECTION 4<完>
仮面ライダーエグゼイド Blu-ray COLLECTION 4<完>
2017年12月6日発売 | ¥ 15,984 | JANコード:4988101197576 | 販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) | ディスク枚数:2
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. SICファン より:

    ゲムデウスウイルスを自らに感染させて、その力を自分のものにしたグラファイトは、貴利矢と黎斗がドクターマイティXXを生み出すヒントになったと同時に、追い詰められたクロノスをグラファイトと同じ状態にするヒントにもなってしまいました。壇正宗、野望のためには人間であることさえ止めてしまいましたね。「仮面ライダークロニクル」の運営にして真のラスボスの誕生! 最終3部作が盛り上がります。
    ゲムデウスウイルス対策を見出す観察眼、黎斗を「乗せる」ところ、ゲーム病撲滅のために自分の命をかけるところ…貴利矢らしかったです。CRに招聘されて、貴利矢の物語も完結でしょうか。黎斗も、反省や懺悔は一切なく「神」を名乗るものの、自分の数多くのライフを人類のために消費し、一応罪を償うために拘束され、収まるところに収まりました。
    「白衣のlicense」というのは大我の医師免許のことだったのですね。次回(エピソードZERO最終話はあるものの)、大我とニコの物語も完結でしょうか。最後まで楽しみたいです。