仮面ライダー剣(ブレイド):剣崎一真

スポンサーリンク

仮面ライダー剣(ブレイド):剣崎一真サイドストーリー

話数放映日タイトルあらすじ of 剣崎一真(仮面ライダーブレイド)戦った相手使ったラウズカード

1 2004/
1/25
紫紺の戦士 「急げ!剣崎!」ボード烏丸、広瀬からせかされつつブレイド現場へ急行。
洞窟に到着し橘を助っ人するが及ばず、橘からは「甘いな」の一言。洞窟で虎太郎と出会う。
ボードに戻り「何のために戦う?」の質問に「地球と人類を守るため・・」とあやふやな回答。
アパート氷川キャッスルに帰るが家賃滞納で住所不定に。
虎太郎と再会し白井農場に居候開始。
屋根裏部屋のソファーで眠り両親の夢を見る。うなされ「お母さん、、。」夢で泣く。悩む。
そんな心情の中、「ボードが襲われている」と広瀬からの電話。現場へ急行。
ボードは悲惨な状況に陥っていた。そして広瀬から橘が裏切ったと告げられる。
ローカストを追い外へ飛び出す剣崎。「貴様かーー?貴様がみんなをーー!」怒りの変身!傍らで見ているギャレンを発見し「橘さん!何故裏切ったんですか?」叫びは届かず・・・
バッド
ローカスト
4タックルボア(無効)
2 2/1 謎のライダー ひとり戦うブレイド。苦戦。ローカストを封印したものの怒りと裏切られた心の痛みと疲れでくたくた。
広瀬からギャレンが烏丸を連れ去る映像を見せられる。ボードのことを何も知らない。教えてくれと広瀬に怒鳴りつける。
白井農場。落ち込む剣崎。様子を見に来た虎太郎に「何度も人に裏切られそれでも信じてしまう自分は甘ちゃんだ」と告げる。「ヘンな奴だな〜おまえ。」心を通わす2人。
広瀬からアンデッドサーチャーが反応したと呼びつけられ部屋へ。現場へ向かおうとしない剣崎に広瀬は平手打ち。そして「バカ!!」。仕方なく現場へ向かう。
天文台で倒れている人々を見、両親を思い出す。プラントの蔦で首をしめられ変身がやっと。手も足も出ず。そして逃げられる。「どこだー!逃げるのかーー?」アンデッドは答えるはずなし。
始が天音を届けハカランダに戻り謎のライダーを探る。虎太郎を認めない天音の言動に微笑む剣崎。
何を思う、、。
場所は変わって再び剣崎と虎太郎の前にプラント登場。またもや蔦で首締めら変身がやっと。しかもラウザーを飛ばされてしまい、やられっぱなし。虎太郎からは「逃げようよ!」と。苦戦の中「これが俺の仕事だ!」「誰ひとりとして助けてこれなかった俺の」「大切な人を助けることができなかった俺の」「今やらなくてはならない仕事だ!」良い事言ってるんだけど、身体はついて行かず。剣崎頑張れ!
そこへカリス登場。あっという間に倒す。「味方なんだよな?」「俺と一緒に戦ってくれるんだよな?」カリスも味方ではない様子。悔しがる剣崎。成す術なし。
広瀬から「烏丸バーチャル」の電話・・・
ローカスト
プラント
4タックルボア(またもや無効)
2スラッシュリザード(どさくさでローカストを封印)
3 2/8 彼らの秘密… 烏丸のバーチャル。広瀬パスワード入力に失敗。怒る剣崎機嫌が悪い。
虎太郎が「下のコンピュータでも解析してみよう」と提案。剣崎いきなり元気に。
徹夜でパスワード解析中の広瀬。「おまえはいいよな〜部外者だから。でも俺達は、、。」ソファーで眠っていたはずの剣崎、朝食を持って登場した虎太郎に一言。ステーキを見るといきなりハイテンションに。
パスワードを解析しアクセスすると、バーチャル烏丸がアンデッドとライダーシステムについての秘密を話し始める。しかし話途中で通信不通となり、虎太郎がちゃちゃを入れたことに対して「所長がどこにいるか聞き出せなかったじゃねーかよ!」剣崎再び怒る。
そして、封印を解いたのが橘ではないかと疑い始める。
剣崎、広瀬、虎太郎の3人は研究施設跡へと向かう。剣崎虎太郎に対する怒りが収まらない様子。虎太郎剣崎に怯える。
アンデッドサーチャーが反応し、剣崎現場へ急行。
雪山。既にギャレンが苦戦している。自分が倒すと言い張るが、ギャレン窮地に追い込まれ、ブレイドが出る。キックでディアーを倒し封印。ウェーーーイ!!お見事!
倒れこんだ橘にボードを襲ったこと、烏丸を誘拐したことを問う。橘の言う「封印を解いたのは烏丸たち」「身体はボロボロでおまえの身体もいずれそうなる」に愕然とする・・・
ディアー 5キックローカスト(ディアーを封印)
4 2/15 永遠の命の謎 白井農場。橘との会話を広瀬、虎太郎に話す。烏丸を尊敬している広瀬は「怖気づいたのよ!」と剣崎を攻める。広瀬vs剣崎大喧嘩。家を飛び出す広瀬を追う虎太郎に「俺の気持ちはどう思う!ボロボロになるって言われたんだぞ!」とちょっと弱気。
写真が溶ける事件の連絡が入り、虎太郎とハカランダへ向かう。その状況を確認し「何とかします。」と言う始に対しまたもや怒り奮闘。
夜空の下思考する剣崎。虎太郎に「身体がボロボロになって、滅びていくヒーローはかっこいい」と言う。それを否定する虎太郎に対し「心配してくれるのか?」と。「君は大切な友達だから。」と言う虎太郎。「Thank
you!」嬉しく夜空を眺めるふたり。友達一人目は虎太郎!
アンデッドサーチャーが反応。父親のことで落ち込む広瀬に代わって虎太郎が確認。現場へ向かう剣崎を呼び止める広瀬は「行く必要ない!」と。「心配してくれるのか?二人目だ、友達!Thank
you!」友達二人目は広瀬さん!
現場到着。既にカリスがモスと激戦中。「奴と戦え!」カリスに命令され戦うブレイド。その間にカリスは弱点調査。結局カリスがモスを封印する。「あんた俺をおとりに使ったのか?」「あんたを敵と思うことにする!」ブレイドはカリスに立ち向かう・・・
モス
カリス
6サンダーディアー(おとり)
5 2/22 過去への挑戦 ブレイドvsカリス。そこへ虎太郎が「所長が大変なんだ」とかけつけ、ひとまず休戦。
先に橘が到着していたが、その帰り際かけつけた剣崎、虎太郎と出会う。状況が理解できない剣崎、橘に問うがつかめず苛立つ。また広瀬が所長の隔離先発見を内緒にしていたことを怪訝に感じる。
死者の声が聞こえるという『呼子の洞窟』へ行きたいと白井農場へ来た天音に根負けし虎太郎洞窟へ行くことに。傍で聞いていた剣崎「俺も行くよ!」
車に乗り込もうとしているところへ天音を連れ戻しに始到着。剣崎「よかったら一緒に行くか?」と言葉をかけるが、つるむのは好きじゃないと言われ「あ〜そう!悪かったね!俺達はつるんでばかりで!」とまた喧嘩腰。3人を乗せた車出発。
車中、天音が剣崎に両親の声が聞けたら何を話すのかを問う。まずは「助けられなくてごめんね」と謝る。そして、11歳の時に両親が火事で亡くなったこと、「その日からみんなを助けたい。全部俺の手で助けたい」と思うようになったと話す。
到着するが「立入禁止」の立て札。虎太郎のスキをついて天音が洞窟へ向かう。洞窟の中へ走る天音にアンデッドが。剣崎ブレイドに変身するが逃げられる。天音は顔に毒液をかけられ高熱。すぐに病院へ連れて行く。
病院に遥香と始到着。アンデッドに遭遇した話を聞き始は「抗体が必要だ」と飛び出す。剣崎追いかけ抗体のこと、どうしてそれを知っているのかを問い詰めるが、時間がないと張り倒される。そこへ虎太郎がアンデッドサーチャーが反応しギャレンと戦っていると告げる。
アンデッドを倒す前に抗体を取り出さないと駄目だと急ぐ始。剣崎後を追う。
ギャレンがセンチピードと戦い、カリスそれを阻止している。剣崎、カリスから「そいつに手をださせるな」「抗体を見つける方が先だ」と命令され、ブレイドに変身しギャレンを止めにかかる。互いの気持ちが分かり合えないブレイドとギャレン・・・
カリス
センチピード
ギャレン
6 2/29 カリスの正体 ブレイドvsギャレン。すれ違う思いから戦う羽目に。カリスがセンチピードを封印しその場を去るのを確認し、ブレイド「もうやめましょうよ」と変身解除。「今度こんな真似をしたら絶対に許さない」と戦いを阻止した剣崎に怒る橘に「抗体が欲しかっただけ」「わかってください」と土下座。
天音の病院へ再度到着。抗体が届き天音が回復したと知らされる。始の後を追い、カリスが始であることを確認するが、否定され、しゃべると殺すと言われる。
帰る車の中、考え込む剣崎。途中伊坂が乗る車とすれ違う。伊坂、剣崎がブレイドだと確信する。「あれがブレイド・・・」
白井農場へ到着すると広瀬から「アンデッドの封印を解いたのは父親かもしれない」との置手紙が。2人で広瀬を探しに行く。
夜になり、やっと広瀬を見つける。父親のせいで沢山の人がアンデッドに襲われたことに対してどうしてよいのかわからず落ち込んでいる。剣崎「辛いこと、哀しいこと、全部、ばねにして生きていくしかない」と、両親を助けられなかった自分を責めてそれをばねに生きてきたことを広瀬に話す。そのとき広瀬の携帯に烏丸からの「危険が迫っている。早く逃げろ」というメールが。その途端、戦闘服の男たちに囲まれてしまう。剣崎は広瀬と虎太郎を逃がし男たちと戦うが警防で殴られ気絶。そのまま拉致される。「ライダーシステム2号ブレイドを確保しました。」・・・
ギャレン 2スラッシュリザード(vsギャレン)
7 3/7 囚われた2号 拉致された研究材料モルモット剣崎「やめろ〜!」「よせ〜このやろう!」ともがくが伊坂にいいようにされる。研究後別室への移動途中「離せこのやろう!」と暴れるが伊坂に殴られ再び気絶。ゴミのように檻へ放置される。
その後何もない広い部屋にひとり放置され檻に隔離されていたトリロバイトアンデッドと融合係数測定の実験として戦わされる。剣崎、ブレイドに変身して戦うが、始を見つけ怒る。怒りで融合係数がアップ。それを見た始もカリスに変身しブレイドと戦う。
アンデッドサーチャー反応の連絡をもらった橘、ギャレンに変身し到着。ブレイドvsカリス ギャレンvsトリロバイト・・・
トリロバイト
カリス
8 3/14 甦った者たち ブレイドがトリドバイトに初のコンボを決める!ライトニングブラスト!!「今俺はムショウに腹が立っている」「あんたに裏切られた気分だ!」とカリスと戦いそうになるがカリスはハカランダの爆弾が心配でそれどころではなくその場を立ち去る。融合係数低下で戦えなくなった橘を気遣うが烏丸を発見し剣崎向かう。爆発まで秒読み段階となり烏丸、橘の3人で研究所を脱出。
3人で白井農場へ。橘を剣崎の屋根裏部屋に寝かしアンデッドの謎を烏丸から聞く。立ち聞きしていた橘が帰るとき「俺と橘さんで戦いましょう」と説得するが聞き入ってもらえず壁を叩いて悔しがる。
虎太郎から研究所ではアンデッドサーチャーでアンデッドが3体いたと聞く。始もアンデッドだと知り「あいつだけは許さない」と飛び出す。
ハカランダ爆弾の一件で居辛くなって出てきた始と道ですれ違う。剣崎vs始。言葉もかけず変身する。「おまえは誰なんだ!」「人間じゃない!」・・・
トリドバイト
カリス
ライトニングブラスト(トリドバイトを封印)
9 3/21 戦う者の運命 「人間の皮をかぶった おまえだけは許せない!」闘い続けるブレイドとカリス。バイクバトル。そんな中広瀬からアンデッド出現の連絡が入る。「待ってくれ!おまえとの決着は後でつける」とひとまず休戦。
ゼブラと戦うギャレンの元へ駆けつける。ゼブラは逃がし苦しむ橘になす術がない。
白井農場に戻り虎太郎から始のことをなぜ言ってくれなかったかと問い詰められる。素直にあやまるがそれでも怒る虎太郎に対して「だから謝ってるだろう!最初に見たときはライダーだと思ってたんだ!」と逆ギレ。出て行く虎太郎を追うが押し戻される。それを見た広瀬から「秘密を持つのはやめよう」と言われ前に父親のことを話さなかったことを言ってしまう。「なんで俺こんな余計なこと言っちゃうんだろう・・」と居間に戻るが「あいつに謝ってくる」と虎太郎を追って出て行く。
ハカランダで始のことを言えずに帰ってくる虎太郎と会う。虎太郎は天音が始を慕っていることや天音にとっては悪いやつではないと話す。剣崎はカリスと戦っていると戦闘マシーンだと感じると告げる。虎太郎はその戦闘マシーンと剣崎が戦わなくてはならないことが恐ろしいと言う。心が通い笑顔を見せる剣崎。「俺は誰かを守るためにしか戦わない。そう決めているから。」と。再び笑顔のふたり。剣崎、笑顔ナイス♪
白井農場へ戻る。アンデッドサーチャーが反応。「待っててください橘さん。必ず。必ず助けに行きます!」剣崎、ブレイドに変身し現場へ急行。到着するが橘もアンデッドもいない。橘を探す剣崎・・・
カリス サンダースペイダー(vsカリス)
10 3/28 操られた戦士 「どこに行っちまったんだよ〜。橘さん・・」橘見つからず白井農場に戻る。「橘さん、最期の戦いに挑んだのかもしれない・・」という虎太郎に「どういう意味だよ、それ。縁起でもない。オマエ〜最期ってな!」と怒るが「じゃあ、君ならどうするよ?」と言われ答えられない。
アンデッドサーチャーが反応しギャレンが戦っている。剣崎向かう。
剣崎到着するが既にアンデッドに逃げられていた。「直ったんですか?」。橘、何も答えず広瀬に調べてもらおうとデータをを渡す。剣崎ただ「はい・・」と。
白井農場。ゼブラの分身についてデータ分析し帰る橘を追い、「橘さん、ありがとうございます!」と深々一礼。「俺、ひとりで戦うの少し心細かった。」「橘さんが居てくれれば鬼に・・・」「鬼に・・・」(広瀬と虎太郎から「金棒!」)「金棒です!」「俺、頑張りますから一緒にアンデッドを倒しましょう!」と。橘、「まあな、じゃあな」とそっけなく帰る。
剣崎、アンデッドわら人形相手に剣道特訓!
再びアンデッドサーチャーが反応し広瀬、橘に連絡。剣崎既に向かっている。バイク上で変身!到着。既にギャレンがゼブラと戦っている。参戦しようとするが銃で打たれ止められる。ギャレンがゼブラを封印。「すっげ〜!橘さん元に戻った!」と喜び「やりましたね!橘さん!」と駆け寄る。「でも、どうやって恐怖心を?」と尋ねるが適当にかわされる。
白井農場で牛乳4ケースずつ運んでいる剣崎と広瀬。そこに伊坂が。伊坂「私の治療が正しいことはギャレンで証明済みだ。」と。「貴様〜!!ふざけやがって!橘さんに何をしたんだ〜!!」「正体を見せろ!」伊坂、ピーコックに。剣崎、変身し戦う・・・
ピーコック
11 4/4 各々の居場所 「これが上級アンデッドの力なのか?・・」苦戦しているところへギャレン到着。「橘さん!」と期待するがギャレンはブレイドを攻撃。攻撃できないブレイド、やられっぱなし。見るに見かねて広瀬が「やめて〜!!」と叫びだす。虎太郎、間に入り止め、伊坂、ギャレンと共に消える。
剣崎、橘を探すために元ボード研究所に。小夜子と会う。
白井農場にて小夜子、橘の髪についていた藻草の調査結果を報せる。「あの男はこれを使って橘さんを?・・それだけは確かだ。」引き続き調査を行い、結果を報せるという小夜子に「お願いします。」と一礼。
小夜子が帰った後、「あんなに心配してくれる人がいるのに、、橘さん・・・」と橘を案ずる。アンデッドサーチャーが反応し剣崎向かう。ジャガーが人を襲っている。小夜子も襲われ手を負傷。剣崎到着し小夜子を助け変身!「もらった!」ジャガーを封印する。直ぐに広瀬から「ギャレンがアンデッドと戦っている」との連絡が入り向かう・・・
ピーコック
ギャrレン
ジャガー
ライトニングブラスト(ジャガーを封印)
12 4/11 カテゴリーA スパイダーと戦うギャレンの元へ到着するが「邪魔するな!」と殴られる。それでもスパイダーと戦うブレイド。「今までのアンデッドとは比べモノにならないパワーだ・・・」。ギャレンは銃攻撃でブレイドの戦いを阻止。
白井農場に戻る。広瀬に橘の事、アンデッドの事を話す。広瀬はそのカテゴリーAで伊坂が新たなライダーを作ろうとしているのではと推理する。「広瀬さんスゴイ!さすが先輩!」。
アンデッドサーチャーが反応する。カテゴリーAではないが、アンデッドが2体。「頼りにしてるぜ!広瀬先輩!」と剣崎、現場へ向かう。
向かう途中、広瀬から「反応が消えた・・」との連絡。「ごめん・・後輩。」と言う広瀬からの電話を切り、「ったく、どうなってるんだよ。あっちでもこっちでも!」と機嫌悪くなる。
帰る途中また「カテゴリーAの反応」と広瀬から連絡。現場へ急ぐ。「来る。必ず来る。橘さんもカテゴリーAの封印に・・」「させるか!」
スパイダーが人を襲っている。いち早く到着した剣崎、ブレイドに変身。しかし苦戦。そこに橘到着、ギャレンに変身。「カテゴリーAは俺のものだ!そいつは渡さん!」「どいてろ!」と、ギャレンに押しのけられ銃で撃たれそれでもスパイダーに挑むブレイド・・・
スパイダー
13 4/18 金色の糸の罠 ブレイド、スパイダーを逃がし追うギャレンをブルースペイダーで追撃。「わかってください。橘さん。あのアンデッドは渡すわけにはいかないんだ」。
白井農場にて小夜子がシュルトケスナー藻について語る。効果が一時的なもので、やがては細胞や神経を破壊する危険があると。どうすれば橘を救えるのかわからない剣崎。
小夜子が帰った後、カテゴリーAとは別のアンデッドをサーチ。剣崎向かう。到着するがアンデッドは人間をさらって消えた後だった。広瀬に電話すると虎太郎から最近そういった誘拐事件が多発していると。その時始を見つける。始は、伊坂が適合者を探すためにスパイダーが吐き出したコグモを目印に別のアンデッドに誘拐させていることを話す。その事件と自分は関係ないという始。剣崎「俺は人間を守る。アンデッドの好きなようにはさせない!」「天音ちゃんも遥香さんも、俺がこの手で守ってみせる。」と。
再び広瀬からアンデッド出現の連絡を受け現場へ急ぐ。
睦月がライオンアンデッドから襲われている。剣崎到着。「まて〜!相手は俺だ!」変身し睦月を助ける。攻撃するがアンデッドは逃がす。睦月の元へ駆け寄り怪我がないかを確認し肩についていたコグモを払う。そのまま立ち去るが睦月が追いかけてきて「ありがとうございます」と一礼。「あの〜あんたは?」と睦月に質問されるが<ステキな>笑顔を見せるだけでカッコよくその場を立ち去る。
ハカランダで天音ちゃんの誕生パーティ。剣崎、虎太郎、広瀬の3人で到着。剣崎だけ多忙が故普段着。「ごめんな〜俺だけこんな格好で」。 プレゼントも準備できず、「俺はコレで」(メモに「こんど」)。天音ちゃんに「ありがとう、剣崎さん」と言われ嬉しそう。
白井農場、アンデッドサーチャー反応。「カテゴリーAよ。」という広瀬に剣崎「わかった、俺が封印してやる!」とコモンブランクを見せ出て行こうとするが、もう一体現れて都会だと言う。どちらに行けば?と広瀬がカテゴリーAは人里離れた山のなか・・と言っていると、剣崎、「ストップ!人間を守る。わかってるって!」と笑顔で出動。
ライオンが人を襲っている。剣崎既にブレイドに変身して到着。「おまえか〜。今度は逃がさない!」すばやく攻撃。「今度は逃がさないと言っただろう!」見事な身のこなしでライオンを封印!
再び広瀬から、カテゴリーAは見失ったが、ギャレンが別のアンデッド2体と戦っているとの連絡。剣崎、直ぐに現場へ向かう・・・
スパイダー
ライオン
6サンダーディアー(ライオンを攻撃するが逃がす)

ライトニングソニック(ライオンを封印)

14 4/25 エース封印! ブレイド到着。橋下に倒れている人を見つける。橋下に急行し起こしてみると始だった。腕から流れる緑の血。
近くの古い空家。剣崎、食事を作っている。目が覚めた始に「気が付いたか。随分とやられたもんだな。」と声をかける。なぜ助けた?と言う始に、「大変だったんだぞ、ここまで運ぶの。薬屋だって20キロ先だし・・」と。 なぜ助けた?と再び聞く始に、「目の前で人が倒れているのを見捨てるわけにはいかない」と。始、無理に起きようとし、痛みでまた眠ってしまう。
再び目覚めた始に、剣崎は食事を与える。一人暮らしが長かったから料理は得意だと言うが、食べようとしない始。剣崎、「あれか?人間の料理は食べられない?」「人間の薬であの緑の血は・・?」と、始、食べ始める。「な〜んだ。食べられるのか。」
剣崎が川で水を汲んでる。心配で駆けつけた広瀬と虎太郎が見つけ、始を看病している家にやってくる。「何しに来たんだ?」という剣崎を押しのけ、中に入ってしまう。問い詰められる剣崎、「あの〜その〜」と誤魔化し「じゃあ、寝てろよ。俺帰るから。」と始を気遣う。あいつは敵だという虎太郎に、天音ちゃんを何度も助けたと言う剣崎。それでも虎太郎は納得せず。
そのときアンデッドサーチャーがカテゴリーAをキャッチ。「俺が先に封印すれば、橘さんは戻ってきてくれるかもしれない。」と剣崎現場へ急ぐ。
カテゴリーAの元へ向かう橘と合流するが、ピーコックが邪魔をする。ブレイドに変身し戦おうとするが、直ぐに逃げられる。
剣崎、再びカテゴリーAの元へ向かう途中、後を追ってきた広瀬たちと合流。人の悲鳴を聞き現場へ。命に別状はなく安心するが、近くにコグモを見つける。
剣崎、再び始のところへ。始、既に起き上がり火を消している。そして、「人間の薬が効いた」と。剣崎、始にカテゴリーAのことを聞く。始、カテゴリーAがコグモを吐くのは単なる習性に過ぎず、伊坂が適合者を見つけているかどうかもわからないと答える。
立ち去ろうとする始に、「これからどこへ行くんだ?」と聞く剣崎。「自分のやり方で戦いを続ける」と言う始に、剣崎、「な〜。よかったら・・・」と言うが、「ひとりで戦いを続ける」と始。「でも、君のおかげで助かった。ありがとう。」と言い立ち去る。剣崎、始の後姿を微笑ましく見守る。
直ぐに広瀬から電話。カテゴリーA再び。直ぐに現場へ向かう。
到着するが、橘が倒れていた。「カテゴリーAはどこへ?」「ヤツの手に・・そうなんですね?」
橘は何も言わずに立ち去った。「何が起こるんだ・・・」と立ち尽くすが、また広瀬から電話。天音ちゃんたちがいなくなったと。剣崎再びハカランダへ向かう・・・
ピーコック
15 5/2 運命の適合者 剣崎、ハカランダに到着。虎太郎と広瀬が天音ちゃん達を探しているが見つからない。そこを始がバイクで通過。剣崎後を追う。
既に始がドラゴンフライと戦っている。剣崎は洞窟へ天音ちゃん達を助けに行く。遅れて車で到着した虎太郎と広瀬。虎太郎は「始のせいでだ」と怒る。剣崎、「あの2人を助けたのも始だ」「2人を送っていかなきゃな・・」と虎太郎をなだめる。車が出発しバイクに乗ろうとしたとき始が姿を見せる。「俺はあの2人の側にいてはいけないんだ・・・」という始に、「君が遠ざかっていてもあの2人が襲われるなら側に居て守れよ」「守れよ、君が」と。
白井農場。喪服の橘が小夜子のことを知らせに来る。落ち込む剣崎と広瀬。敵をうつと言い出て行く橘・・
同じく白井農場。天音から始が戻ってきたという電話。虎太郎は「あいつの正体を話さないと」と出て行こうとする。剣崎は、「俺はよかったと思っている」「これからもアンデッドが襲ってくるかもしれない」「その時守れるのはあいつしかいないかもしれない」と。それを聞いて泣き暴れる虎太郎。そのときアンデッドサーチャーが反応。剣崎は虎太郎を頼むと出動。
剣崎、ブレイドになり到着すると、そこには烏丸が。「所長!」と呼びかけるが反応なし。剣崎のことがわからない様子。伊坂がピーコックに変化しブレイドと戦う。そこに橘到着。「ここは俺にまかせろ」「おまえは所長を頼む」と言われ、「でも〜」と少し反論するが「行け〜!!」と命令され素直に「はい!」。橘の言うとおり所長の元へ・・・
ピーコック
16 5/9 レンゲルの力 マインドコントロールから解けた烏丸の元へ剣崎到着。烏丸と共に橘が戦う海岸へ戻る。橘は既に変身解除し海で黄昏ていた。封印を喜び、伊坂に取られていたカテゴリーAのカードとベルトも取り返したと見せるが、橘は自分のベルトを伊坂に返してしまう。「ライダーを辞めるんですか?アンデッドだってこれからもまだ・・・」説得するが、「少し色々考えたい」と。剣崎は「頼みます!橘さん!」と深々頭を下げるが、「おまえと一緒に戦えて楽しかったよ」とその場を立ち去ってしまった。
白井農場。剣崎、橘のベルトを眺め消沈している。「レンゲルのベルトを使えば橘さんの代わりになる。」という虎太郎に「代わりになんて言うなよ!簡単に!」と怒る。広瀬から「今は橘さんをひとりにしてあげよう。」と言われ、「うん」とうなずき静まる。
夜。剣崎、橘との出会いを思い出しながらまたギャレンのベルトを眺めている。そしてソファーで眠る・・・
烏丸が凄い勢いで「ベルトがない」と剣崎を起こす。剣崎、ねぼけたまま「ベルトならここに・・」とギャレンのベルト「あ〜こっちですか・・」と自分のベルトを見せる。「違う!伊坂が作ったベルトとカードだ!」と怒鳴られソファーから落ちたところへ虎太郎を見つけた広瀬が踏んずけて「ギャ!」。
虎太郎が操られ変身しそうになっている。剣崎、虎太郎を突き飛ばし、ベルトの映像を潜りぬけそうになるが弾き飛ばされる。そしてベルトが無くなってしまった・・・
烏丸、研究の為チベットへ出発。剣崎、広瀬、虎太郎の3人で見送りに行く。
始が戻ってきたことで、天音ちゃん達に始の正体をばらさないことを虎太郎に約束させ、笑顔を作らせ、ハカランダに3人で。始、いきなり外へ飛び出す。その直ぐ後、広瀬のアンデッドサーチャーが反応。「あいつ・・・それをキャッチして・・・」剣崎出動。
ドラゴンフライがビルの屋上でカリスと戦っている。剣崎、屋上に到着し変身!2人掛りで戦いに挑むがカリスを道連れに飛行してしまう。そしてレストランに急降下。レストランでは客におかまいなしで戦っている。「やめろ!この人達を巻き込むな!」ブレイド、客に被害が及ばないよう身を盾にする。「やっぱりあいつは人間じゃない!獣だ!」。外に出てカリスが封印。「一緒に戦えるかと・・・」とカリスに心境を話すが、「俺は誰とも組まない」と言われ、「そうだよな。無理なんだな。」・・・そんな2人の元へレンゲルが・・・容赦なく2人に襲い掛かる・・・
ドラゴンフライ
レンゲル
17 5/16 邪悪なベルト ブレイドとカリスに容赦なく襲い掛かるレンゲル。2人ともボコボコにされる。カードを取り出しラウズする前にレンゲルの10リモートによって解放されてしまう。レンゲルが去ったあとダメージが深そうな始に「大丈夫だったか?」と歩み寄るが「俺は誰とも組まない」と再度拒絶され「勝手にしろ!」と言ったものの、「あいつがあんなにやられるなんて・・・何者なんだ?あの仮面ライダー・・・」と・・・
白井農場に戻り新しい仮面ライダーのことを話す。橘がやってきて、「ベルトを持ってると思われる睦月と呼ばれる高校生を探していた」と話す。「一緒に探しましょう。」と言いギャレンのベルトを取りに行き「これお返しします」と返すが「必要ない。俺はまだ戦えない」と受け取ろうとしない。
剣崎、高校で「睦月を知らないか?」と聞き込みを行っている。
校門から出てきた高校生に同じ質問をしようとすると、以前出会ったことがあることをお互い気付く。
剣崎と睦月、スパゲティーを食べている。「一度会ってお礼がしたかった。」「何もできないけど、せめてどんどん食べてください。」と睦月に言われ「そんなに気にするなって。オムライス追加ね!」 睦月を探していることを話し、逆に睦月から「睦月って人は何をしたんですか?」と質問され曖昧に答えたが、「さっきのオムライス大盛りで!」を聞いたら「どうやら仮面ライダーのベルトを持っているみたいで、取り返したい」と言ってしまう。睦月が「仮面ライダーになってみたい」と言うので「バカ言うなよ〜。めっちゃくちゃ大変なんだぞ。給料安いし残業手当でないし。」と。
ブルースペイダーが故障し上り坂を必死で押している。男が剣崎の後ポケットにオロナミンCを入れて走り去る。追っかけてきた睦月、「仮面ライダーが万引きなんて・・・いくら給料安いからって。」「言ってくれれば買ってあげたのに・・・」と言う。その後を追っかけてきたスーパーの女性に事務所に来てもらうと言われ無理やり連れて行かれる。
スーパーの事務所。「何度言ったらわかるんだ!俺じゃないと言ってるだろう!」。万引犯でないことを主張するが「警察に引き渡すしかない」と言われてしまい、仮面ライダーが万引したNEWSを空想し「勘弁してください」と頭を下げてしまう。
剣崎、事務所を出てブルースペイダーを押している。「下手に首突っ込むと大怪我するぞ!」と追い返そうとするが付き纏う睦月。アンデッド出現の連絡が携帯に入りブルースペイダーを蹴って何とか直し、後座席に乗ろうとする睦月を置いて出動。
ボアが人を襲っている。剣崎、到着し変身!戦う。そこに睦月到着。「おまえ何やってるんだ。逃げろ!」と言うがレンゲルに変身し、やっとその少年が睦月であったことを知る。再びブレイドを襲うレンゲル。「やめろ!睦月!」たまらずカードを取り出すがラウズする前に再び解放されてしまう・・・
レンゲル
ボア
4タックルボア(使う前に解放されてしまう)
5キックローカスト、6サンダーディアー、9マッハジャガー(使う前に解放されてしまう)
18 5/23 暗闇を操る魂 解放されたアンデッドがブレイドを襲う。そのアンデッドを跳ね除け再びレンゲルがブレイドを容赦なく襲う。「やめろー!」剣崎の声は睦月には届かない・・・ そんな中、いきなりレンゲルが頭を抱え込み苦しみだし、変身解除され睦月に戻る。「お前〜。ばかやろう。どういうつもりなんだ」と問うが記憶がない様子。「お前、一緒に来い!」と睦月を連れて行く。
剣崎、睦月を連れて白井農場に到着。広瀬と虎太郎にベルトのことを話す。レンゲルのベルトは危険が伴う為、ギャレンのベルトと一緒に保管する。と、睦月を帰す。未練たらたらで帰る睦月に、「忘れろよ、ライダーのことなんか。普通の生活に戻るんだ。それがお前のためなんだからな。」とつぶやく・・・
橘が白井農場に。桐生のこと、犯罪者を裁いていることを話す。「ギャレンにはあの人のような人がふさわしいのかも」という橘を心配する剣崎・・・ そんな時、レンゲルのベルトが消える。
校門から飛び出してきた睦月、剣崎が見つけベルトのことを問うが、「知りませんよ〜」と逃げられる。心配して追ってきた望美と睦月のことを話す。望美は「俺は暗闇の中から生まれた」と睦月が一度だけ言ったことがある。と剣崎に。
剣崎、橘と共にレンゲルのベルトを探す。望美の元を走り去る睦月を発見し、後を追う。睦月はレンゲルのベルトを捨てようとしたのにレンゲルの力で変身してしまう・・・ そんな時、アンデッド出現の電話が入り、現場へ向う。
4体の解放されたアンデッドがレンゲルと戦っている。橘と共に到着した頃、始も到着し、剣崎と始が変身。レンゲルが再びブレイドを襲う。首を締められ堪らずビートライオン炸裂!レンゲルは吹っ飛び変身解除される。吹っ飛んだベルトを拾い桐生がレンゲルに変身。レンゲルに操られたアンデッド4体が、ブレイドとカリスを襲う・・・
レンゲル(睦月)
レンゲル(桐生)
ボア
ローカスト
ディア
ジャガー
3ビートライオン(レンゲルに一撃)
19 5/30 暗黒を征す者 4体のアンデッドと桐生レンゲルが容赦なくブレイドとカリスを襲う。成す術なく側で見ていた橘が、「桐生さん!やめてくれ!」と叫ぶと、桐生レンゲルとアンデッド退散。ため息のブレイド・・・
白井農場。剣崎、橘、睦月が揃う。「今度こそわかっただろ。あのベルトの恐ろしさが。」「無理なんだよ」「レンゲルのベルトを使いこなすのは」と剣崎、睦月に言ってきかす。素直に謝り落ち込む睦月に「わかったんなら、もう元の生活に戻れよ。可愛い彼女もいるんだし。な〜!」と肩をたたく。睦月が帰った後、今レンゲルのベルトを持っている桐生のことを案ずる。剣崎、「橘さん、お願いです」(深々おじぎ)「俺、思うんです。桐生さんを助けられるのは橘さんしかいないと。」と。
そんな時、遥香から虎太郎に「始の様子がおかしい」との電話。剣崎、虎太郎と共にハカランダへ。
ハカランダ、始の部屋。始、うなされている。いきなり叫び、看病していた天音に襲い掛かる。そしてそのまま気を失う。虎太郎と共に看病し落ち着いたところで外にでる。「信用できない」という虎太郎に、「怪我のせいで混乱していただけさ」「少なくともあいつは、天音ちゃんには手を出さない。」「俺はそう信じている」と。心配だから残るという虎太郎に、「何かあったら連絡してくれ」とやさしく。そのとき広瀬から「橘が桐生に会うと出て行った」と電話。
橘と桐生が話している。遠くで見守る剣崎。桐生が去った後、橘に近付き。「桐生さんの本当の声が聞こえた。」「橘さんに助けて欲しいって」と言う。そのとき再び広瀬から「睦月がギャレンのベルトを盗んだ」と電話。2人で睦月を追う。
逃げる睦月を追う2人。「お前!何考えてるんだ!」と叱るがまた逃げる。そして再び広瀬から「アンデッド出現」の電話。むっとしたが出動。
到着すると、桐生がレンゲルに変身し、アンデッドを制していた。剣崎、橘を庇い変身!桐生レンゲル、ブレイドを襲う。「橘さん!戦ってください!」何度も呼びかける剣崎ブレイド。やっと復活!橘ギャレン。「手を出すな!このけりは俺がつける!」桐生レンゲルと戦うギャレン。ギャレンの攻撃でふらふらになり逃げる桐生レンゲル。遠くで桐生の叫び声が聞こえる。2人で駆けつけるが、変身解除した桐生がアンデッドに襲われていた。アンデッド4体と戦うブレイドとギャレン。4体のアンデッドを次々に倒し、解放されたアンデッドを全て封印。桐生の元へ駆け寄るが、思いを橘に告げそのまま息を引き取る。悲しみ落ち込む2人・・・
レンゲル(桐生)
ボア
ローカスト
ディア
ジャガー
2スラッシュ(ローカスト、ディア、ジャガーを再封印)※協力:ギャレン
ライトニングソニック(ボアを再封印)
20 6/6 標的は虎太郎 レンゲルのベルトを探している剣崎、睦月の高校の校門で睦月発見。「ベルトを返してくれないか」と言うが、またもや逃げられる。ベルトの意味がわからず望美から問われるが、答えられず、振り切り、睦月を追う。そこにセンチピードが登場。剣崎、変身し戦う。しかし逃げられる。「今のは睦月が解放したのか?・・・」
橘が睦月の家の前で張っている。そこへ剣崎到着。橘から「よかったら、俺にまかせてくれないか」「彼の閉ざした窓を何とか開いてやれないかな〜」に感動。
白井農場。虎太郎が女性を連れてきた。広瀬と一緒に様子を伺う。「すごい可愛いじゃん!」と、嬉しそう。紹介され、虎太郎から「居候」と言われ、むっとするが、広瀬から「家賃払ってないじゃん」と言われ「納得」。楽しそうに出て行く2人を見て、ほっとする剣崎。
橘から広瀬にTEL。橘の携帯アンデッドサーチャーは微弱な反応を拾っているのに、Errorになって反応をキャッチできない。橘のアンデッドサーチャーが反応し、剣崎向う。
向う途中、始に「ヤツは俺の獲物だ」と止められる。そして、「白井のことを心配した方がいいんじゃないのか」と言われる。虎太郎は今、先ほどの女性、吉永みゆきと一緒で、アンデッドサーチャーが反応しなくなったのは、もしや?と、剣崎、みゆきを疑い、虎太郎の元へ急ぐ。
デート中の虎太郎とみゆき。剣崎2人を見つけそこへ行こうとするが、矢沢登場。「お前か?虎太郎を狙っているアンデッドは?」。投げられたブーメランを避け、バック転してから変身!矢沢もカプリコーンに変化。ブレイドvsカプリコーン・・・
センチピード
カプリコーン(矢沢)
6サンダー(センチピードに一太刀)
21 6/13 友を思う戦い ブレイドvsカプリコーン。虎太郎を狙う矢沢に怒り奮闘。ラウザーを投げつけ、ライトニングスラッシュ!カプリコーンは腕を負傷し逃げる。デート中の虎太郎、ブレイドに気が付き駆けつける。剣崎、「君がアンデッドに狙われているって相川始が教えてくれた。」と告げる。そしてみゆきには、「君がアンデットじゃなくてよかった〜。」と・・・
白井農場。広瀬、パソコン修理完了。その直後にアンデッドサーチャーが反応する。「東南20m?」剣崎飛び出す。矢沢が家の前まで車で乗り付けていた。出て行く矢沢をバイクで追う剣崎。途中広瀬から「そのアンデッド何か企んでるかも。」と連絡が入る。「今度こそ封印してやる!」・・・
温室では虎太郎とみゆきデート中。変身しようとする剣崎に「お前が変身したら、あいつは絞め殺される。それでもいいのかな?」と矢沢。みゆき、アンデッドに変化し虎太郎を締める。剣崎、「最初からそのつもりで虎太郎に近づいたのか!」と悔しがる。
「ブレイドはベルトを置くわ。それがあの子のやさしさだから」と言うみゆきに、「剣崎くん!置くな!」と虎太郎が叫ぶ。剣崎、虎太郎の苦しそうな表情に耐え切れず遂にベルトを置く。矢沢がカプリコーンに変化し、生身の剣崎を襲う・・・
「剣崎くん、なぜ僕なんかのために・・・」虎太郎締められながらも剣崎を思う。そんな時、救世主カリス登場!オーキッドの蔦をアローで切り虎太郎救出。「行け〜ヤツのところへ!」。虎太郎、バックルを拾い、剣崎に渡す。
剣崎、変身!再びブレイドvsカプリコーン。「絶対に許さない!俺の友達を、虎太郎の気持ちを利用しやがって!」怒りのブレイド強い!ライトニングソニックでカプリコーンを封印。駆けつけた虎太郎、「相川始がまた助けてくれた。俺はうじうじして情けない・・・」落ち込む虎太郎をなぐさめる剣崎・・・
カプリコーン 4タックルボア
ライトニングスラッシュ(カプリコーン腕を負傷し逃げられる)

ライトニングソニック(カプリコーンを封印)

22 6/27 闇からの脱出 白井農場。虎太郎が作ったパスタを剣崎、広瀬食べてるが、まずい。虎太郎はショックから立ち直れない様子。
剣崎、橘と現場へ到着するがアンデッドは発見されない。アンデッドサーチャーの反応も消える。
剣崎、ハカランダ。天音は始が神丘さんの助手をしていることで「ご機嫌斜め30度だな〜」。始のところへ行くと言うと「よ〜く見張っといてね!ね!ね!」と天音から念をおされ椅子からずり落ちる。
剣崎が始の仕事場所へ到着すると、カリスがオーキッドと戦っていた。そこにイーグルが参戦しカリスを助ける・・・ 「1万年前の約束って何だ?」と始に問うが、始答えず。
白井農場。睦月が訪問。「戦う理由が見つからない」と悩んでいる。剣崎に戦う理由を問う。剣崎、「これ仕事だから。オレが選んだ価値のある仕事だ!」と良いことを言うが、「給料安いって言ってましたよね〜。」と言われてしまう。しかし剣崎、「給料以上のものはもらってるよ。この仕事で!」と。「カテゴリーAに選ばれた。これは運命だ」と言う睦月に、「運命と戦うこともできるんじゃないかな。」とアドバイス。
アンデッドサーチャー反応。ギャレンも既に戦っている。「行くぞ!」と言う剣崎に、睦月「仕事ですか?」と行こうとしない。ひとりで現場へ急行する剣崎。
地下ショッピングモールにブレイド到着。橘を探す。ブレイドvsモール。その時睦月が潔く到着!「見つけたみたいだな。お前の給料の代り!」。睦月、変身!・・・
モール
23 7/4 お前は誰だ? レンゲルとブレイド、共にモールと戦う。橘も傷つきながらも現場へ到着。レンゲル、睦月の意志でモール倒す。「剣崎さん、橘さん、ありがとうございました。」・・・
剣崎、ハカランダで広瀬・虎太郎と待ち合わせ。遅れて到着するが、外で始が女性と口論中。女性が帰った後、「何を怒ってる?」と尋ねると、始は「かつてある人間を見た。」「その男は命が消える瞬間まで自分より家族のことを優先していた。」「それが不思議だった」と。剣崎は「人間だったら当然のことだ。」「誰かを助けるために、自分の命も顧みない。素敵なことじゃないか」と。
ハカランダで食事を済ませ、3人で出て行こうとすると、始が慌てて外に飛び出していく。
剣崎が現場へ到着すると、カテゴリーAのカードを取られた始がイーグルから攻撃されていた。そして始はドラゴンフライに変身。意味がわからず躊躇ったが、「考えるのは後か。」とひとまず変身し助っ人。イーグル逃がす。ドラゴンフライの始に「その姿は何だ?」と問うが無視。
変身解除した2人。始はバイクで立ち去ろうとする。剣崎、「どこへ行くんだ?」「ライダーの力がないのに、戦うのは危険だ」と止めるが、イーグルに拉致されていた神丘が目覚め「どうしてあなたとかかわると化け物が現れるの?」と始にくってかかる。それを無視して始は走り去る。剣崎は、「あいつは誤解されやすいですけど、悪いヤツじゃないと思います。」と始をかばう。神丘は「栗原先生を殺したかもしれない」と言い雪山の写真を見せる。『だからあいつは天音ちゃん達のところへ・・・』 剣崎、「あいつは遥香さんや天音ちゃんを命をかけて守っている。それだけは信じてあげてください。」と写真を奪いバイクで立ち去る。
剣崎、始に追いつき、「お前のカテゴリーAは、オレが取り戻す。」と。 始は、「あの女の話しを聞いたのか?」と問うが、剣崎は「お前は誰も殺していない。」「信じたいから信じる。それだけだよ。」と。そして、「知ってほしいのさ。人間がなぜ他人を助けようとするのか」と、取り返した写真を渡し走り出す。
2人で走行中。イーグルが空から攻撃。剣崎、変身。始はブレイドにフロートのカードを渡す。ラウズし、イーグルと空中戦。イーグルは「なぜ人間が空を飛べる?」と驚くが、「借りたのさ。アンデッドの力を!」。イーグルの羽を切り裂き、地上戦に。
ブレイド、胸を切り裂き、カテゴリーAを取り返し、始に渡す。ライトニングソニックとカリスの助っ人でイーグルを封印。しかし、封印される前に、「カリスと1万年前に最後の戦いをしようと約束していた。」「あなた達も同じでしょう。」「内心それを望んでいるはずです。」・・・戦うことが運命だと言う。
カリスがスピリットを使い始に戻る。「今のカードは何だ?」始は答えず立ち去る。剣崎、イーグル高原の言った言葉が胸に残る「運命だと。」・・・
モール
イーグル
フロートドラゴンフライ(始に借りて飛行)

ライトニングソニック(カリスの助っ人もあり、イーグルを封印)

24 7/11 謎のハンター 白井農場の屋根裏部屋に、剣崎と橘。剣崎、始が人間を守る理由を橘に話す。「理由はどうであれ、ヤツはアンデッドだ。」と言う橘に、「でも、オレは信じたいんです。」と・・・
睦月に呼ばれたのか?オーキッド、ウルフ、大地のいるプールサイドに橘と2人で到着。睦月と3人で変身!直ぐにオーキッドとウルフは逃げる。大地もエレファントに変化するが直ぐに逃げる。
橘、睦月と3人。睦月から封印できないアンデッドのこと、アンデッドと戦う人達のことを聞く。睦月はやけに上級アンデッドを封印したがり、橘から「カードが欲しいだけだろう」と言われ逃げる。「アンデッドと戦う人達がいるなんて心強いですね。」と喜ぶ剣崎だったが、橘「アンデッドと戦うのは俺たちの仕事だ。普通の人間には危険すぎる」と言われる。
剣崎、ひとりでアンデッドを探す。人の叫び声。行ってみると人が死んでいた。そして死んだ人間がアンデッドに・・・ そこに黒服の集団到着。アンデッドになった人間を銃殺する。その集団のリーダは剣崎のことも知っていて、自分達をアンデッドハンターと名乗っていた。
カフェテラスで橘と剣崎。アンデッドハンターの新明という男はボードでも聞き覚えのない名前で、広瀬も知らないと言ってると。
オートレース場。「このマシーンは?」「これを見せたくて俺たちを?」とマシーンを確認する橘だったが、剣崎は「コレすごいっすね〜。」と喜ぶ。アンデッドハンターの新明が元ボードで対アンデッド用マシーン・ブラッグファングをその後も開発していたと言う。
橘ブラックファング、剣崎ブルースペイダーでテスト走行。「まいったな〜。ブルースペイダーがまるでついていけない」「俺たちのマシーンを分析してそのテクノロジーを参考にすれば」とノリノリ。「アンデッドを封印できるのは俺たちライダーシステムだけだ。」と冷静な橘だったが、新明の持つ対アンデッド用の銃でアンデッドを攻撃し、ライダーシステムで封印する。という提案に、「橘さん!やりましょう!!」剣崎さらにノリノリ。
そして作業開始。「データを移してファングでも使えるようにしましょう。」「これでどうっすか?」はりきる剣崎。しかし整備はあまりうまくない様子。見かねた橘が手伝う。最後は橘だけが整備を行い、剣崎はコーヒー当番。「なんだかワクワクしますね〜。」とても嬉しそうな剣崎。
徹夜で作業を行ったのか、その場で眠っている2人。目を覚ました剣崎が、「あれ?橘さん。ファングは?」。ファングがないことに気付き、2人で他のみんなのところへ。
皆が倒れている。急いで作業倉庫へ戻るが、やはり皆倒れている。そこへブラックファングに乗ったウルフUDが。ファングの力と合体し自らもマシーンもパワーアップ。剣崎と橘に向う・・・
オーキッド
ウルフ
25 7/18 裏切りの疾走 パワーアップしたウルフUDとブラックファングを前に剣崎と橘、変身!ウルフは2人をファングで攻撃する。そしてウルフは外へ。ブレイドとギャレンもそれを追う。
追い詰めたところで、ブレイド達の方へ向きを変え、正面から攻撃される。2人ともマシーンごと飛ばされる。「オレと橘さんとみんなのマシーンを。オレはあのマシーンを絶対に取り戻す!」2人はそう誓い合った。
新明がファングを押して剣崎の前に現れる。すぐに橘へ連絡。剣崎駆け寄り、「新明さんだけでも無事でよかった。」「今度こそ俺たちで新しいボードを作りましょう。」「人類を助ける正義の組織を。」と新明に。新明は一応うなずくが、剣崎の隙をついて、襲い掛かる。遅れて到着した橘がそれを止め、目的がブラックファングだけだとわかる。剣崎が新明の銃を奪い取り撃とうとするが、それもガラクタだとわかる。「全部うそだったのか。」くやしがる剣崎。新明はウルフに変化し剣崎を襲い、またもや逃走。
倒れている剣崎に橘が駆け寄る。「オレの責任です。」と言う剣崎に、「オレも同罪だ。」と橘。そして、2人ともボードの時代に戻ったと錯覚したことを話す。「でも、剣崎。仲間ならいる。俺たちが理想を忘れなければいいんだ。」と橘に言われ、再び闘志を燃やす剣崎。
サーキットにウルフ出現。それを追うブレイドとギャレン。ファングは次々とマシーンを抜いていく。そのうちの1台(山口選手)がスリップストリングでファングの後ろに着けている。それを真似てブルースペイダーも再度追う。マッハスペイダーで追いつき、追い越し、待ち構えてスラッシュでマシーン上のウルフを切り落とす。そして地上戦へ。ブレイドがウルフと戦っているとき、ギャレンがファングを撃破していた。そしてライトニングブラストとバーニングスマッシュでダブルライダーキック!ウルフを封印する。しかし、ファングを失ってしまった悲しみは大きい。動けないブレイド・・・ その戦いを見ていた大地。大地に襲い掛かるブレイドとギャレン・・・
ウルフ マッハスペイダー(マシーンにラウズしスピードアップ)

2スラッシュリザード(ウルフをマシーンから切り落とす)

ライトニングブラスト(ギャレンと共にウルフにキック!ブレイドが封印)

26 7/25 俺を動かす力 大地がエレファントに変化し、ブレイドとギャレン戦う。全く手が出ず、ブレイド目を負傷。それでもブレイドは戦おうとするが、ギャレンは限界を感じ、ひとまず逃走する。
白井農場に戻った2人。虎太郎と広瀬に、全く手が出せなかったことを話し、落ち込んでいる。そこに嶋という男が訪問。烏丸所長とチベットで一緒だったという証拠写真を見せる。烏丸所長の研究成果が出たことで来日したらしい。烏丸所長から預かってきたメッセージ「逞しくあれ。そして怯むことなかれ。絶望の後には必ず希望が来る」にタメイキの剣崎。
嶋と一緒にソーメンでお昼の剣崎。「像のアンデッドに戦う気はない・・・」などと独り言を言っている嶋を見て不思議に思う。「どうすれば、あのアンデッドに勝てるんですか。」と嶋に尋ねるが、「ないな。」と一言。そして剣崎に恐れがあると指摘される。「恐れなんかない。みんなを守るために戦うことしか考えてない。」と剣崎は言うが、「戦うことを義務とか使命とか考えている。もっと別のところにあるはずだ。」とまたもや指摘される。
剣崎が家に戻ると、嶋がハカランダに挨拶に行ったと虎太郎。広瀬の悲鳴に駆け寄ると、嶋のキャリーケースから小さなクモが・・・ 「あの男・・・まさか・・・」
剣崎はブルースペイダー、虎太郎は自転車で、嶋のいるところへ急ぐ。始が変身し、嶋を襲う。そして嶋はタランチュラに変化。戦いたくないと、クモの糸でカリスを縛りつける。驚く剣崎と虎太郎。天音ちゃんの声が聞こえ、「ここはオマエに任せる。」と、始は天音ちゃんのところへ行く。残った剣崎と虎太郎は嶋を責める。しかし嶋は、烏丸所長の知り合いというのも本当で、「私は確かにアンデッドだが、このおぞましい戦いが終わればいいと思っている」と。そして像のアンデッドが暴れていると・・・ 広瀬に確認すると、確かにアンデッドが出現していた。 現地へ行こうとする剣崎。虎太郎は「勝ち目はないって・・・」と心配するが、「たとえそうであっても、ライダーである以上、戦うんだ!」と先を急ぐ。
剣崎、現地に到着。変身解除してしまった橘と睦月がエレファントに襲われている。剣崎、変身!エレファントと戦うが、やはり手が出ない。「どうしても、こいつには勝てないのか!」 そこに嶋も到着。 エレファントは「終わりだ!」とトドメをさそうとするが、ブレイドは小さな靴を発見。そして泣いている子供も。エレファントの攻撃にその子供をかばい、子供を逃がす。 再び参戦したとき「わかった!俺の体を動かすものは、そこにいる人を守りたいという思い。」「人を愛しているから俺は戦っているんだ!」 その言葉を聞いた嶋は、「そうだよ、ブレイド!」「これは烏丸所長から預かってきたものだ!」とブレイドにアブゾーバーを渡す。それを装着し、ブレイドはジャックフォームに。こんどはブレイドが優勢になり、エレファントに飛行からのライトニングスラッシュ!!そしてエレファントを封印。うなずく嶋。駆け寄る橘と睦月。「剣崎!」「剣崎さん!」・・・
エレファント Qアブゾーブカプリコーン、Jフュージョンイーグル(ジャックフォームに)

ライトニングスラッシュ(エレファントを封印)

27 8/1 揺れ動く心・・・ 駆け寄る嶋。「君に渡すのは簡単だった。」でも、戦いの意義を感じてから渡したかったと言う。
剣崎も、「人を愛しているから戦う」と再度。橘にも既に烏丸所長が開発を始めていると言うが、それを聞いた睦月がひがんでその場を去ってしまう。追おうとする剣崎に、橘が「オレに任せてくれないか」と・・・
白井家。アブゾーバーを広瀬達が見ている。剣崎も「なんか感激だな。俺たちのことを忘れたわけじゃなかった。」と嬉しそう。
アンデッドサーチャーが反応し、剣崎出動。嶋は、「こんどのヤツは、角にそのパワーを秘めている」と言う。
ブルースペイダーにレッドランバスが追いつく。2人で変身!マシーンでバッファローUDに激突。そして戦うが、途中で広瀬から嶋が睦月のところへ行ったとの連絡。橘は剣崎にバッファロー戦を託し、睦月のところへ向う。ひとり戦うブレイド。しかし、逃げられる。
入院している橘を剣崎、虎太郎、広瀬、嶋の4人で見舞う。橘は「足を踏み外した。」と睦月をかばう。そして嶋は「自分が封印されればカテゴリーAの力を押さえられるかもしれないと」言うが、皆で反対する。橘は、「睦月を救ってやってくれ」と剣崎に頼む。そして剣崎は嶋に、「あなたの力は借りません。俺たちの力で睦月を・・・」。3人は睦月を探そうと病室を出る。
夜、白井家に戻った3人。睦月はまだ見つからない・・・
翌朝、嶋がこっそり出て行く。玄関にいるナチュラルを見つけた虎太郎が、置手紙を発見する。剣崎と広瀬も起きてきて、嶋が封印されに行ったのでは?と心配する。
アンデッドサーチャーが反応。嶋を発見。剣崎出動し、マシーン上で変身!
先を急ぐブレイドの前にバッファローが出現。「こんなときに!」「今はお前に時間を取られてる暇はないんだ!」ジャックフォームになり、ライトニングスラッシュで一撃!バッファローを封印。すぐさま先を急ぐブレイド。「嶋さん・・・睦月・・・」・・・
バッファロー Qアブゾーブカプリコーン、Jフュージョンイーグル(ジャックフォームに)

ライトニングスラッシュ(バッファローを封印)

28 8/8 危険な賭け!? レンゲルvsタランチュラ、剣崎、戦いを止めに入るが睦月は聞く耳を持たず。仕方なくジャックフォームになりレンゲルにパンチ。変身解除された睦月に、「睦月!目を覚ましたか!」「自分の心を制御できない人間にライダーになる資格はない。ベルトをよこすんだ!」と言うが、カテゴリーAが彼を選んだので無理だと嶋から言われる。
白井農場に戻り、虎太郎と広瀬が嶋を責めている。嶋は「ほっとけない」「黙ってみていられない。」と。剣崎「あなたを失いたくないし、睦月を危険にさらしたくない」と。 嶋は橘のところへ行くと出て行く。
白井農場では外で嶋の歓迎パーティのバーベキューの準備。昼までに戻るという嶋を待っている。そこにナチュラルを持った始が来る。嶋から「育ててくれと渡されたが迷惑だから返しにきた」と。剣崎と広瀬は「まさか嶋さん、、。」と駆け出す。
部屋に戻った3人。アンデッドサーチャーが反応し、入院しているはずのギャレンがアンデッドと戦っている。剣崎「橘さん、無茶しないでください。すぐに行きます」とマイクで伝えるが、「睦月が嶋さんのところへ向っているので、2人を探し、止めてくれ」と。
ナチュラルが暴れだし、アンデッドサーチャーも反応。剣崎すぐに出動。ブレイドに変身し到着。すぐに止めに入るが「このチャンスを逃すわけにはいかない」とタランチュラから攻撃されてしまう。「嶋さん駄目だ!」「やめろ睦月!」叫びは届かず、タランチュラは封印されてしまう。 遅れて到着したギャレンと共に去っていくレンゲルを呆然と眺める・・・
レンゲル Qアブゾーブ、Jフュージョン(ジャックフォームになりレンゲルを止める)
29 8/15 2人のカリス 白井家。外では虎太郎、天音、始がナチュラルを探している。部屋の中では剣崎、橘、広瀬が。まだ虎太郎に嶋さんのことを話していない。「白井くんになんて言おう・・」と心配する広瀬。剣崎は、「たしかにあれは嶋さんの意思だった。でも、まさか本当にこんなことになるなんて・・・」。 そして心配事は睦月のこと。本当にカテゴリーAから解放されたのだろうか?
カリスがサーペント&トータスと戦っている。そこにブレイドとギャレン到着。カリスはふらふらと去り、2体のアンデッドも逃げる。
白井家。睦月が戻っていないことで皆心配している。剣崎は「睦月はもうにどと自分を取り戻すことはできないかもしれないな・・・」。 そして、ナチュラルを虎太郎と探していて、虎太郎から文句を言われて帰ってしまってからハカランダに戻っていない始も、どうしたのか?と話す。
そこに天音が始を引き連れやってくる。「はじめまして」と言う始。「始めまして??」とみんなに言われるとおちゃらける。剣崎は「何言ってんだおまえ。熱でもあるんじゃないのか?」とおでこに手を。天音が虎太郎に「始さんにあやまって!」と責めるが、始は「いいっすよ。細かいこと気にしなくていいっすよ。」と。そして「よろしくお願いしま〜す」・・・ みんな唖然。
始がたこ焼きを焼き、みんなでそれを見ている。「いっちょ上がり!」笑顔の始。そしてみんなで試食。「うまい!」 始、洗い物までやる。 「しかし、変だよな始のヤツ。いくらなんでも変わりすぎだ。」と剣崎は言うが、虎太郎は自分が説教した成果だといい気になってる。
虎太郎は始とお買い物。荷物持ちは始。「今の君だったら仲良くできそうだよ。」と虎太郎。そこにトータスUD登場。めちゃくちゃびびって逃げ出す始。虎太郎は剣崎に電話。 サーペントもやってきて始を追う。「やめて〜!!ギャ〜!!」とびびりまくって逃げる始をサーペントが執拗に追う。ブレイド助っ人参上・・・
サーペント
トータス
30 8/22 失われた記憶 始がブレイドの足にしがみつき、ブレイドは倒れてしまう。「お前も変身して戦うんだよ!」 変身しようとしない始。サーペントは「ヤツはジョーカーではない。」と言ってトータスと共に去る・・・
白井家。始土下座。「ごめんなさい!」「オレ、本当は始って人じゃないんです。」「三上了って言うたこ焼き屋です。」 それを見ていた剣崎は「お前〜。本当は戦うのが恐くなったんだろ。戦うのをやめようって作戦だろ。」と全く信じようとしない。
白井家。「チベットから小包が届いたって?」と橘がやってくる。烏丸所長からギャレンのラウズアブゾーバーが届いていた。剣崎は、「クイーンを封印して最強にコンビになりましょう」と。橘も嬉しそうだったが、睦月が心配でたまらない様子・・・
ブレイドとギャレンが現場へ向う。そこにトータスが。ブレイド&ギャレンvsトータス。
始がやってきて「受け取れ!」とギャレンにQのカードを渡す。ギャレンはジャックフォームになり、トータスを封印・・・
サーペント
トータス
31 9/5 53番目の存在 coming soon…
スポンサーリンク
スポンサーリンク