仮面ライダーキバ:キャスト&スタッフ

スポンサーリンク

目次

仮面ライダーキバ:キャスト

  • 仮面ライダーキバ/紅渡 :瀬戸康史 (スーツアクター):高岩成二

    引きこもりがちでおとなしい青年。
    父・紅音也も腕のいいバイオリン制作者であり、父を越えるバイオリンを作りたいと頑張っている。
    人間の父とファンガイアの母を持つ。ヴァンパイアの本能に突き動かされるように、猛々しいライダーへと姿を変える。

  • 仮面ライダーイクサ(過去編)/紅音也:武田航平 (スーツアクター):岡元次郎

    渡の父。22年前ファンガイアと戦っていた。天才バイオリン製作者であり演奏家。女性に目がない享楽的な男。
    ストラディヴァリウスを超えるものを、とブラッディ・ローズを作り上げた。ゆりと出会ってからその運命は変わる。
    嶋譲に素質を見込まれ、ファンガイアハンターになるよう薦められているのだが・・・。

  • 仮面ライダーイクサ/名護啓介:加藤慶祐 (スーツアクター):岡元次郎

    3話から登場。普段は賞金稼ぎとして生計をたてている。
    スカウトされてハンターになった。正義感溢れる青年だが、一本気な性格で思い込みが激しく、
    時として自分の正義感に陶酔してしまうことも。「〜なさい」が口癖。

  • 仮面ライダーサガ/キング(現代編)/登太牙:山本匠馬 (スーツアクター):永徳

    チェックメイトフォーのキングであり、幼少期の渡の初めての友人でもある登太牙(山本匠馬)が、サガークベルトを使い変身した姿が仮面ライダーサガ。
    投資会社D&P(ディベロープメント&パイオニア)を運営し、人類の進化に貢献しそうな人を抹殺するのが使命。

  • キング(過去編)/仮面ライダーダークキバ(スーツアクター):?新納慎也

    チェックメイトフォーのキングであり、登太牙の父親。

  • 麻生恵:柳沢なな 30話で仮面ライダーイクサに変身(スーツアクター):蜂須賀祐一

    腕利きのハンターで、モデルとしての表の顔を持つ女性。性格はじゃじゃ馬でサバサバした男っぽい面もある。
    ファンガイアに身内を殺された因縁があり、偶然出あった渡に興味を抱くようになる。
    秋刀魚好き。

  • 麻生ゆり:高橋優 30話で仮面ライダーイクサに変身(スーツアクター):蜂須賀祐一

    嶋に協力してファンガイアと戦う優秀な戦士。
    クールな面もあるば、音也と偶然出会ったことで、少しずつ心の内を見せていくことに・・。
    恵の母となる女性。音也共々2008年での生死は不明。

  • 襟立健吾:熊井幸平

    バンドのギタリスト、クラシックが嫌い。11話で登場。行方をくらますが、34話で素晴らしき青空の会・会員として復活!

  • 次狼(人間体)/仮面ライダーイクサ(過去編)/ガルル(狼男モンスター態):松田賢二 (ガルル・スーツアクター):高岩成二

    ウルフェン族(狼男)のモンスター最後の生き残りの人間体。
    現代編のガルルはいわゆる”協力者”で、
    キバにガルルフォームの力を付与する存在として描かれている。
    一方の過去偏では、喫茶店「カフェ・マル・ダムール」の常連客として登場。
    コーヒーに異常なこだわりを見せる一方、裏ではモンスターとして暗躍する。

  • ラモン(人間体)/バッシャー(半魚人モンスター態):小越勇輝 (バッシャー・スーツアクトレス):神尾直子

    マーマン族(半漁人)のモンスター最後の生き残りの人間体。クールで知的。
    見かけは少年だが、実は100年以上生きている。
    普段はキャッスルドランに幽閉されている。

  • 力<リキ>(人間体)/ドッガ(フランケンモンスター態):滝川英治

    キバに協力するフランケン族のモンスターの人間体。巨大な体躯を持つ。
    普段はキャッスルドランに幽閉されている。

  • スパイダーファンガイア/糸矢僚:創斗

    1話で初登場し、26話までしぶとく逃げ延びるが、恵を愛したことで、クイーンによって消される。
    仮面ライダーイクサにも変身!

  • ライオンファンガイア/ルーク:高原秀知

    チェックメイト・フォーのひとり。ゆりの母の命を奪い、ゆりと恵の宿敵でもあった。過去編でイクサ(ゆり)に敗れるが、記憶を失った状態で現代編に蘇る。
    「タイムプレイ」に飽き、良いことをして天国へ行くことを夢見る。 現代編ではイクサ(恵)に敗れる。

  • クイーン/鈴木深央:芳賀優里亜 パーシェルファンガイア

    21話から登場。焼肉屋でアルバイト。渡と同じく人見知りで断れず新聞を5紙も取っている。
    チェックメイトフォーのひとり(現代編)クイーン。26話でクイーンとして覚醒。最初の犠牲者はスパイダーファンガイア糸矢。
    現代編キング・登太牙の婚約者であるが、渡のことが好き。

  • クイーン/真夜:加賀美早紀 パーシェルファンガイア

    チェックメイト・フォーのひとり。掟を破ったファンガイアを始末する。
    音也とブラッディ・ローズを完成させる。

  • ビショップ:村田充 スワローテイルファンガイア

    チェックメイト・フォーのひとり。キングとクイーン直属の側近として、ファンガイアの純血族を守る仕事をしている。

  • 嶋護:金山一彦

    ファンガイアハンターを組織化した謎の大富豪。ファンガイアハンターチーム「素晴らしき青空の会」会長。
    過去編と現在編の両方で登場し、ファンガイアの殲滅を指揮する。常に体脂肪率を気にする。

  • 木戸明:木下ほうか

    22年前から営業していた喫茶店「カフェ・マル・ダムール」のマスター。音也と渡、2つの時代を知る者。
    嶋とはダイエットを競い合う仲。
    趣味で集めているイヤープレートは、1986年では5枚・2008年では27枚に増えている。
    メガネのフレーム以外今も昔も姿が殆ど変わらない。

  • ブルマン

    「カフェ・マル・ダムール」のマスコット犬。

  • 野村静香:小池里奈

    いつも渡のそばにいる、バイオリニスト少女。
    しっかり者の女子中学生。
    内気な渡の母親役を気取るが、そんな彼にバイオリンを習う。

  • キバットバット?世:(声)杉田智和

    コウモリのモンスターであるキバット族の名門・キバットバット家の
    三代目で100年以上生きている。
    適格者の肌を噛み、ベルトとして取り付く事で魔皇力を活性化させ、
    キバの鎧を纏わせる。
    美しいものをこよなく愛し、博識でプライドが高く、時折お茶目な面も垣間見せる。

    渡の戦いをフォーローしたり、ベルトから離れキバを助けることもある。
    人間の言葉を話し(おしゃべりで口が悪い)、空中を自由に飛ぶ。屋敷にあるバイオリンを模した巣箱を根城としている。
    渡とは何故かお風呂で語り合うことが多い。

    翼端長(翼展開時):280ミリ
    、体重:820グラム
    、飛行最高速度:70キロ/時
    、決めゼリフ:「キバッテいくぜ!」

  • タツロット:(声)石田彰

    背にインペリアルスロットを持つ黄金の竜。
    小型のドラゴンであるゴルディ・ワイバーンをファンガイアが改造したもので、
    キバの鎧を拘束するすべてのカテナ(鎖)を断ち切り、キバを究極覚醒(ファイナルウエイクアップ)させる禁断のキー。
    現在、渡が使用するキバの鎧(ノーマルキバ)は、覚醒の危険性を鑑みて
    全身に拘束具とカテナが仕込まれているが、タツロットはその拘束「鍵」を外す事が出来る。
    背面のインペリアルスロットが回転することで、
    背に揃った図柄によって「モンスターフィーバー」を発動、エンペラーキバに超力を授ける。

    性格はお調子者で、図太い神経の持ち主。「ドラマティックに行きましょう!」

  • サガーク

    ベルトとして取り付くことで、仮面ライダーサガに変身させる。

  • キバットバット?世:(声)杉田智和

    キバットバット?世の父。ベルトとして取り付く事で、ダークキバに変身させる。

  • 原作:石ノ森章太郎
  • 脚本:井上敏樹 ほか
  • 監督:田崎竜太、石田秀範 ほか
  • アクション監督:竹田道弘(ジャパンアクションエンタープライズ)
  • プロデュース:梶 淳(テレビ朝日)武部直美/宇都宮孝明/大森敬仁(東映)
  • 特撮監督:佛田洋
  • クリーチャーデザイン:篠原保
  • 音楽:斉藤恒芳
  • 主題歌:「Break the Chain」RYUICHI(河村隆一)、INORAN、H・Hayama(葉山拓亮)で構成するユニット「Tourbillon」。
    作詞:藤林聖子/作曲:鳴瀬シュウヘイ
  • 制作:テレビ朝日・東映・ADK
スポンサーリンク
スポンサーリンク