【永井大さん】未来戦隊タイムレンジャー出演後の真意を1月16日『堺でございます』で語る!

シェアする

1月16日BSフジで放送される『堺でございます』に、永井大さんが出演!
芸能界入りのきっかけや、『未来戦隊タイムレンジャー』出演後に自分を見つめ直す時間を持った永井さんが、その真意を語るようです。

スポンサーリンク

『堺でございます』に永井大さんが出演

永井大
1月16日(土) 23時00分~23時30分
BSフジ・181『堺でございます』のゲストは永井大さん(後編)。
前編は既に放送されていてm(_ _)m 今回、検索ワード「戦隊」で気付きました。
今回のトーク内容は

戦隊もののヒーローとして1年間テレビ出演を果たしていたが、そのまま芸能活動を続けず、自分を見つめ直す時間を持ったという永井。堺正章がその真意を探っていく。
もともとは体育教師志望だった永井だが、その彼を芸能界へと導いた出会いとエピソードは胸を打つ。
堺も永井の話に触発され、楽屋で説教してるわけじゃないけどと照れながらも、「マネージャーに弱音を吐いたらおしまい」と、芸能界を生き抜く秘訣を伝授する。
そして、番組ではお馴染みになりつつあるお宝コーナーでは、ふたつのお宝が披露される。どちらも、今も空手の師範をしている父からのものだ。その父が記した”息子の彼女が家に来た時に残したメモ書き”には、客席も笑いに包まれる。お宝をあらためて見て「今、どう感じてますか?」という堺の質問に、感極まって言葉を詰まらせる永井。まさしく永井にとってのヒーローが父なのであった。そんな永井が今回リクエストしたのは、父親が好きな曲だという、クールファイブの「長崎は今日も雨だった」。長谷川きよしが初めて披露する”演歌”に、乞うご期待!
http://www.bsfuji.tv/top/pub/sakai.html

『未来戦隊タイムレンジャー』で浅見竜也/タイムレッドを演じてた「永井マサル」さんの頃のお話も少しは聞けるかも! タイムレンジャーの後は学業に専念されていたと噂に聞いていましたが。本人が語るのは興味深いですね~!
スーパー戦隊Vシネマ&THE MOVIE Blu-ray BOX 1996‐2005

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク