トリプター&ジェットラスの声優判明!GP-12~15<ネタバレ>炎神戦隊ゴーオンジャー

「炎神戦隊ゴーオンジャー」についてのネタバレがありますのでご注意くださいね。

昨日5/1発売 「HYPER HOBBY (ハイパーホビー) 2008年 06月号」に、炎神トリプターとエンジンジェットラスの声優名が掲載されていましたw
トリプター(声:石川静) 女性だったとは!驚きです(@@)
ゴールドの身体をしており「バタバタバタ」と空を飛び、空中戦はお手の物。

「炎神合体シリーズ07 トリプター」は6月中旬発売で、2310円。 トリプター用炎神ソウル付属!

ジェットラス(声:古島清孝<幻獣ユニコーン拳[メレの双幻士]ハクの声>)
シルバーの機体で「ギーン!」と空を駆け、その攻撃力はかなりのもの。

「炎神合体シリーズ08 ジェットラス」は6月中旬発売で、2310円。 ジェットラス用炎神ソウル+専用ミサイル付属!

GP-12~GP-15のストーリー

GP-12「走輔バンキ!?」
<5/4>脚本:宮下隼一/監督:竹本昇 (ハツデンバンキ 登場)
いつも元気な走輔が、風邪で寝込んでいた。
しかし、ガイアークが休ませてくれるはずもなく、新たな蛮機獣・ハツデンバンキが出現する。
風邪にもかかわらず、誰よりも早く、マッハで現場に駆けつける走輔。
だが、なんと落雷攻撃の影響で、走輔とハツデンバンキの魂が入れ替わってしまった!

GP-13「侠気マンタン」
<5/11>脚本:荒川稔久 監督:諸田敏 (ヒキガネバンキ 登場)
ガイアーク1のスナイパーを自称するヒキガネバンキが、一人の少女を連れ去ろうとしていた。
間一髪、ゴーオンジャーがそれを救う。
少女は連たちに名前を聞かれると「ぷーこりん」だと答えるのだった。
同じ頃、ヘルガイユ宮殿には、極道風の佇まいの謎の男・ドックーゴが現れていて・・・。

GP-14「毎日ドキドキ」
<5/18>脚本:會川昇 監督:諸田敏 (カマバンキ 登場)
都会のド真ん中に、突如として温泉が出現!?
範人は、この癒しの空間で骨抜き状態にされてしまう。
そこに現れた謎の修行者・藤尾万旦は範人を鍛えるため、山小屋の道場に連れて行った。
時を同じくして、道場にやって来た美しい女性・汚石冷奈(けがれいしれいな)。
どことなくケガレシアに似ているようだが・・・?

GP-15「炎神ストール」
<5/25>脚本:武上純希 監督:中澤祥次郎 (害地副大臣ヒラメキデス 登場)
ガイアーク1の策士と言われる害地副大臣ヒラメキデスがヒューマンワールドへとやって来た。
マシンワールドでヒラメキデスに連戦連敗だった炎神たちは恐れをなし、いつになく元気がない。
自信満々で現れたヒラメキデスに、果たしてゴーオンジャーと炎神たちは勝てるのだろうか?

<更新しました> 炎神戦隊ゴーオンジャー:設定覚書 | 炎神戦隊ゴーオンジャー:放映リスト

東映ヒーローMAX Vol.25は、スペシャルクロストーク「古原靖久×海老澤健次」「片岡信和×碓井将大」、オープニングの高橋秀幸さんインタビューなど、面白かったですね~w

江角走輔役古原靖久さんファーストDVD「古原靖久 Fly High~飛翔~」の紹介も掲載されていましたが、何だか別人ですよね(^^)


古原靖久 Fly High~飛翔~

スポンサーリンク
スポンサーリンク