【画像】侍戦隊シンケンジャー 第十一巻 [DVD]

侍戦隊シンケンジャー 第十一巻 [DVD]のジャケット画像がAmazonにアップされましたw

去年のゴーオンジャーは、Vol.11.:敵全員集合、Vol.12:ゴーオンジャー全員のマスクオフ だったので。 シンケンジャーも同じ感じなのかな?って思っていたのですけどね。

第十一巻は、姫シンケンレッド&外道衆ですね~!

映像特典:伊達侍絵巻は、「松坂桃李VS相馬圭祐」&「夏居瑠奈」!!

ファイナルライブツアーは、今日の大阪も無事終わったようで・・・。残るは明日の大阪3公演のみ(;△;)



侍戦隊シンケンジャー 第十一巻 [DVD]

コメント

  1. よっしい より:

    こんばんは~^^
    11巻のジャケット、姫が凛々しくて素敵ですね~!!惚れ惚れしちゃいます!
    あ~、あと残す所2巻になっちゃいましたね;;
    大阪ファイナル初日、行って参りました~^^
    もう流石大阪!といった感じでした~!
    お客さんのテンションがすこぶる高い!予告の段階から既に皆さんノリノリで、正直「え?初日1回目からこのテンションで大丈夫?!千秋楽まで持つかな?!」っていうくらい、ちびっこも大きなお友達(笑)も皆さん元気一杯で、何だか嬉しくなりました^^
    ちなみに、帰ってきた~の予告の流之介のシーンはやはり笑いが巻き起こったのですが、それだけではなくて、拍手も湧き起こってました(笑)キャストさんいわく、予告で拍手があったのは大阪が初めてだそうで、お客さんのノリの良さとテンションの高さに驚かれてました^^
    そうそう、5歳くらいの男の子で、劇場版EDバージョンの千明のコスプレしてる子がいて、すっごくかわいかったんですよ!!親子でいらしてたみたいなんですが、きっとお母さんの手作りなんでしょうね~^^
    ご当地ネタなのですが、1回目は何もなし、普通にお寿司を渡すだけで、2回目3回目が「イカ焼き」でした。おお~、そう来たかあ!って思いました^^でもイカ焼きは渡さないんですけどね;;
    トークでは、名乗りをやってくれたり、第1幕での初めて顔合わせするシーンの再現等名古屋と被った所もあったのですが、3回目で最終幕のコックピットの中のシーンを再現してくれたんです。
    あの感動が蘇る~…と思いながら見てたのですが、またしても流之介がラスト妙なテンションで締めてくれました(笑)
    ファイナルもあと3公演を残すのみになってしまい、本当に寂しいですが、6人の雄姿をしっかり目に焼き付けて、ラスト楽しんで来ようと思います!!

  2. よっしい より:

    こんばんは!
    連投で失礼致しますm(_)m
    本日ファイナル2日目参加して参りました。
    もう、何か凄いとしか言いようがありませんでした…!!キャストさんもお客さんも皆アツい!!
    特に千秋楽は凄かったです><声援やら拍手やらがもう…今までの比じゃありませんでした。
    千秋楽、号泣してしまいました^^;;ライブ始まった時から既に涙目だったのですが(笑)、ラストでいつものごとく一本締めをするのですが、源ちゃんが「これが最後の一本締めだ!!」みたいな感じの事を言った瞬間、もう滝のように涙が;;
    ラストの挨拶では、殿と流さん以外の4人が泣いてました><個人的にすうちゃんが泣いた事が意外で、最初は普通に挨拶してたのに途中で言葉に詰まったかと思うとみるみる目が真っ赤になってきて…
    兎に角、6人共感謝の気持ちを精一杯伝えようとしてくれてました^^ただ、この辺り私も泣きっぱなしだったので記憶があやふやです;;
    そして恒例の花束贈呈。何と宇都宮孝明プロデューサー、中澤祥次郎監督、小林靖子さん、福沢博文
    さん、橋口未和さんがいらしたんです!!もうキャストさんは勿論、会場も騒然としました!!
    最後の最後まで客席に手を振り続けてくれて、お客さん一人ひとりを見てくれていて、こちらの方こそ一年間有難う!!って気持ちで一杯です。
    緞帳下りた後も、ほとんどの方が客席に座ったままで、ずーーーっと拍手を送っていたのも印象的でした。
    本当にシンケンジャーに出会えて良かったです!これからもずっと大好きです^^

  3. いさ坊 より:

    姫レッドが表紙とは!バックの外道衆達もカッコイイです!
    殿&源太、姫の伊達絵巻も楽しみです。
    さて、自分もファイナルライブツアー千秋楽へ行ってきたので、ご報告を。少々お付き合いを。
    運よくチケットが取れ、3公演見たのですが、いずれも盛り上がりました。
    まずは、Vシネ宣伝映像。詳細は、皆様の楽しみの為に詳細は黙っておきますが、流ノ介に拍手喝采です!(笑)
    第一部のショーについては、殿と源太が再会するシーンは毎回セリフも違うし、寿司を持ってくシーンでもセリフの応答が違うので面白かったです。(ご当地ネタは無し。DVD撮影の為かな?)
    そしてなんといっても、ストーリーもさることながら、メンバーの熱い気持ちを強く感じました。シタリに脅しをかけらた際に発せられた家臣の言葉、それに答える殿の言葉。一緒に戦ってきた侍達の強い絆を感じました。
    最後の思いをこめて話すセリフの数々、アクション、全てにおいて素晴らしかった!最高のショーだったと思います。
    第二部のトークショーは、子供達の為に名乗り講習してくれたのが良かったし面白かった。是非ともDVDに入れて欲しいですね。
    そして最後の挨拶ですが、侍達が懸命に感謝の気持ちを伝えようとしている姿に心打たれました。
    今回の侍戦隊シンケンジャーは、自分が見てきた戦隊の中で最高傑作だったと思っています。
    そんな素晴らしい作品を作り上げたプロデューサー、監督、脚本家、キャスト、スーツアクター、スタッフの皆様に、こちらからも感謝をこめて、いつまでも拍手をおくりました。少しでも伝わってくれればいいなと思います。
    侍戦隊シンケンジャー、永遠に!!
    ※ただ残念なことがひとつ。福沢さんが最後の公演を見にいらしていたのですが、トークショー前の休憩時間にお客に気付かれてしまい、少々騒ぎに・・・。自分も福沢ファンなので気持ちはわかりますが、福沢さんも家族でせっかく見に来てるんですから、皆さん我慢して自重してほしかったですね。スタッフも対応が遅かった。我々特撮ファンにとって福沢さんは大スターなんですから、騒ぎになるのは予想できそうなもんですが。結局、福沢さんは一時事的に退席されてました。なんかファンとして申し訳なかったです。みんなで気持ちよくショーを見たいものです。って、小言書いてすみません。