開田裕治の原画展『ART of ゴジラ』東京初開催!3月21日~入場無料。巨大ジオラマ、関連商品展示販売、サイン会、カフェにて「オリジナルゴジラメニュー」ほか

数多くの怪獣を描いてきた人気特撮作品の原画やビジュアルアートで知られるイラストレーター開田裕治さんが
東京初の原画展『ART of ゴジラ』を開催!!
開田裕治 原画展 ART of ゴジラ
TM&©TOHO CO.,LTD. ©KAIDA Yuji
開田裕治原画展「ART of ゴジラ」
○ 開催期間:3月21日(金)から5月6日(火)
○ 会場:MYS銀座3階チーパズギャラリー(中央区銀座7-12-15MYS銀座3F)
○ OPEN時間:10:00~19:00(無休)
○ 入場料:無料
● キャラクタービジネスを展開するウララキューブが企画したもので同社初の催し
● ゴジラを中心にした開田裕治の原画、巨大ジオラマ、関連商品の展示販売などを展開!
● 原画と同サイズのハイクオリティーART作品「プリマグラフィー」をエディションナンバー・サインに加え開田裕治セレクションの額装で受注販売をしたり、全長1mを越える川北紘一特撮監督監修のジオラマ用ゴジラも展示販売!
● LaQ(多面体ブロック)アーティスト浅川直樹作製による東宝歴代怪獣の数々を展示。第一弾としてゴジラLaQが6月に発売を予定!
● 開催中には、開田裕治のサイン会を実施したり、ギャラリー併設のチーパズカフェにて、期間限定の「オリジナルゴジラメニュー」も予定!
特撮ファンにとって、またとない貴重な催しとなります!!
開田裕治(かいだゆうじ)
1953年兵庫生まれ、京都芸術大学卒。怪獣やロボットなどをテーマに、プラモデルや映像ソフトのパッケージを中心に雑誌やトレーディングカードなど幅広く活躍。1997年に28回星雲賞(アート部門)を受賞。
※主な刊行作品:怪獣戯画(1989)、メガニクス(1989)、怪獣画廊(1995)
怪獣戯画―開田裕治画集 (B‐CLUB SPECIAL)
開田裕治画集〈2〉メガニクス (ビークラブ・スペシャル)
怪獣画廊―開田裕治作品集 (Dセレクション)
株式会社ウララキューブ
キャラクタービジネスをグローバルな視点でとらえ、ウララキューブ発信のキャラクター開発・プランニング・コンサルタントなどを構築・展開。 このたびのギャラリー運営に関しても単発での開催ではなく、ショッピングモールやイベント会場・ブックショップとの取組みでビジネス化を考えている。

※ この記事は、プレスリリースとしてお寄せ頂きました。
<関連記事>
『ゴジラ』16作品が初Blu-ray化!既発売BD&DVD29作品も低価格化【60周年記念版】キャンペーンも
「S.H.モンスターアーツ ガイガン(2004/ゴジラファイナルウォーズ版)」
「『ネオ・ウルトラQ』Blu-ray・DVD 【画像】開田裕治:描き下ろし全巻収納BOX!
『怪獣文藝 (幽books)』3月15日発売!豪華メンバーと鮮麗なヴィジュアルで贈る、平成の大怪獣絵巻。

コメント