『行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号』は、女性監督:荒川史絵さん&脚本:會川昇さん!ストーリーも明らかに。

6月24日発売のVシネマ『行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号』のストーリーとスタッフ情報が、Amazonに掲載されました!

スポンサーリンク

行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号

行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号
東映ビデオの特集ページ

ストーリー

大人に成長したライトたちと、子どもの頃のライトたちによる、夢の共演が実現とのことでしたが。 10年後のライトたちが大人に成長した世界の話で、子どもの頃のライトたちとはタイムスリップで出会うようですよ(^O^)

ゼットとの決戦から10年後、シャドーラインがまさかの復活!
大人に成長したライトたちが立ち向かおうとするが、イマジネーションがなくなって変身できない!! 絶体絶命を迎えたその時!
5人は、なぜかタイムスリップして、自分たちが小学校を卒業する前日に到着する。
そこには、明とともにトッキュウジャーの卒業式をしようとする、子どもの頃のライトたちの姿があった…。
大人と子ども、それぞれのライトたちが辿り着いた、本当の終着駅とは!?
究極のイマジネーションで戦え! 烈車戦隊トッキュウジャー!!

スタッフ

脚本は、トッキュウジャーの15駅「心の中にあるもの」、16駅「危険な臨時烈車」、36駅「夢は100点」、44駅「昴ヶ浜へ」を書かれた會川昇さん!
監督は、テレマガ特製DVD「烈車戦隊トッキュウジャー さらばチケットくん!」で監督デビューされた戦隊シリーズ初の女性監督荒川史絵さんヽ(´▽`)ノ  テレマガDVDが凄く面白く。本編でも監督して欲しいなぁと思っていたので、Vシネマ監督が超楽しみです!!!
アクション監督は、「帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER」に続いて清家利一さん!

原作:八手三郎 脚本:會川昇 監督:荒川史絵 音楽:羽岡佳
アクション監督:清家利一 特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

いやぁ 待ちきれないですねぇ  荒川監督ということで、メイキングもさらに楽しみになりました!!
これで『夢の超トッキュウ7号』がわかったら、もっともっとワクワクしそう(o^ー^o)
行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号 超全集版(初回生産限定) [Blu-ray]
行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号 超全集版(初回生産限定) [DVD]
行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号[Blu-ray]
行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号[DVD]

コメント

  1. 通りすがりのヲタ より:

    子供時代のライト達もきっちし尊重してる当たり実にトッキュウジャーらしい気がしますね(^_^)。
    トッキュウ7号、ひょっとしたらオカズが変身とか思ったり・・・!!??