『仮面ライダービルド』ライオンクリーナーフォームのスペックが猫っぽい!マタタビを近づけられると…!タテガミも伸びる?

『仮面ライダービルド』第9話で初登場した、仮面ライダービルド ライオンクリーナーフォーム!
結局、戦兎はベストマッチを知っていた様子でしたね~

ライオンクリーナーフォームのスペックが公開されましたが、またまた面白くて可愛いです(^^)

スポンサーリンク

仮面ライダービルド ライオンクリーナーフォームのスペック

さて、仮面ライダービルド ライオンクリーナーフォーム

ベストマッチを知ってた様子なのに、なぜこれまで使わなかったのか?には疑問が残るところですが。

ライオンクリーナーフォームは、気になる面白いスペックがいっぱいです!!

仮面ライダービルドの右肩部はライオンの尻尾!

ライオンクリーナーフォームの右肩部「バトライオショルダー」はライオンの尻尾だったですね(^^)

装着された尻尾は変身者の感情を表すように揺れ動く。尻尾を引っ張り出し、ムチとして使用することも可能。

って面白い~!!

ライオン型のエネルギー波を放つ「ゴルドライオガントレット」

右腕部に装着された攻撃装置「ゴルドライオガントレット」は

全身各部から吸収した稼働エネルギーを利用し、咆哮衝撃波などの特殊攻撃を放つことが可能。ライオン型のエネルギー波を解き放ち、獲物を狩ることもできる。

まさにライオンっぽい仕様ですね!!

頭部の「タテガミフェイスモジュール」は伸びる?

頭部に設けられた威嚇装置「タテガミフェイスモジュール」。目のタテガミ部分ですが。

毛量の多い立派な鬣を勢い良く展開し、敵を驚かせることが可能。ってタテガミがブワっと増えるってことですかね?(^^)見てみたい~!!

目の「レフトアイライオン」はマタタビを近づけられると…

仮面ライダービルドの視覚センサー「レフトアイライオン」。左目のライオンの鼻の部分。

格闘戦を重視して反応速度が高められており、敵を追跡するための特殊な嗅覚センサーも組み込まれている。

目なのに「嗅覚センサー」が組み込まれていて。

マタタビを近づけられると行動に支障をきたす。(^〇^)

って超弱点(≧▽≦) マタタビを近づけてみたい~!!猫みたいに可愛くなったビルドが見てみたいw

『仮面ライダービルド』テレ朝公式:仮面ライダー

スポンサーリンク
スポンサーリンク