『仮面ライダービルド』第31話:万丈龍我の出生の秘密まとめ(紗羽さんの調査結果)葛城も関係していた!

紗羽さんの調査で、ついに明らかになった万丈龍我の出生の秘密!!

難波重工が関与していて、まさかの葛城も関係していたとは!!

スポンサーリンク

『仮面ライダービルド』第31話「ほとばしれマグマ!」で万丈龍我の出生の秘密が明らかに

第31話「ほとばしれマグマ!」2018年4月15日放送
監督:上堀内佳寿也
脚本:武藤将吾

万丈龍我の出生の秘密

紗羽さんの調査による「万丈の出生の秘密」は

●万丈の産婦人科のデータが難波重工の研究所に送られていた。あの「難波重工総合科学研究所」の研究対象だった!!

『仮面ライダービルド』第31話「ほとばしれマグマ!」

●万丈の両親は、夫婦で警備の仕事をしていた。
●お母さんの名前は「万丈優里(演:羽里早紀子さん)」。
●10年前に先立って、23年前に無人探査機が火星着陸に成功。その探査機が日本に戻ってきて、難波重工総合科学研究所でその警備をしていたのが万丈のお母さん。

『仮面ライダービルド』第31話「ほとばしれマグマ!」

●警備の途中に突然意識を失って倒れた。
●病院で検査をしたら妊娠1カ月であることがわかった。
●その1ヶ月後に龍我が生まれた。妊娠して2ヶ月で出産!!!

『仮面ライダービルド』第31話「ほとばしれマグマ!」

●万丈から、人間とは別の遺伝子構造が発見された。つまり異星人の遺伝子。
●紗羽さんの憶測では、無人探査機に潜んでいた異星人が、お母さんの体に入り、お腹にいた龍我に乗り移った。または、万丈自身に何かされたか??

妊娠して2ヶ月で生まれるって… アマゾンズ級の早さ!!
紗羽さんの憶測通り、お腹にいた龍我に乗り移った説に一票かな(^^)

さらに

幼い龍我の研究担当は葛城巧の父・葛城忍!

『仮面ライダービルド』第31話「ほとばしれマグマ!」

紗羽さんと美空が、龍我のデータから新たな事実を発見!!

『仮面ライダービルド』第31話「ほとばしれマグマ!」

幼い龍我を研究していた科学者は葛城忍!葛城巧=戦兎の父親だった!!!

いやぁ まさかな繋がりが出てきましたね~

難波重工のデータを調査したらもう少し何か出てきそうですが。
あとは、スタークやベルナージュとの関係性。スタークは何故、万丈の成長が目的なのか?ベルナージュは何故、万丈が希望なのか?
そのあたり、火星側の秘密がこれから明かされそうですね。

コメント

  1. Mariya☆ より:

    万丈の秘密に葛城の父親が関わっていたとは。戦兎は父親の罪も背負うことになりそうですね。
    ひとつ気になるのは今回描かれていない万丈の父親の存在。万丈の父親も何か関わっているのか?

  2. SICファン より:

    紗羽の情報が、どこの超一流スパイだよって感じですね。恐るべき情報量と推論。
    石動以前に、火星に着陸して地球まで帰還したモノがあったのですね。普通、探査ロボットは置き去りにしますけどね、ロケットは往復したとしても。今も奇跡の長期活動を行った「キュリオシティ(好奇心)」というローバーが火星上に残っていますし。だから無人機が地球・火星表面間を往復していることは想像しないですよねー、ふつう。この「歴史」を隠されていると、視聴者にはわかんないよなー。
    石動父娘は、火星人が精神的に憑依しているだけ。それに対し、万丈龍我は肉体に火星人?の要素が組み込まれているのですね。火星の子供で2か月で出産とかも、少し石ノ森漫画を思い出します…
    葛城パパは、万丈龍我の持っていた遺伝子を葛城巧⇒戦兎にも組み込んだりしているのでしょうか。
    謎が明らかになってくるのは、これからですね。