『風都探偵』第32話「pは悪魔だ 5/幻惑者の正体」ファングジョーカーVSパズル・ドーパント!闇に潜むおぞましき素顔に届く!

7月30日発売スピリッツ35号に、『風都探偵』第32話「pは悪魔だ 5/幻惑者の正体」が掲載されました。

スポンサーリンク

『風都探偵』第32話「pは悪魔だ 5/幻惑者の正体」

仮面ライダーWファングジョーカー VS パズル・ドーパント

翔太郎からフィリップにボディが変わってからは、パズル・ドーパントに余裕がなくなりましたね~
逃げられたけど、有利な展開に持ち込めました。

鳴海探偵事務所に戻った翔太郎&フィリップたちと
事件の関係者や仲間も集合。

そこで明かされたパズル・ドーパントの正体はやはり!!!
事件の被害者全員と、翔太郎が会ったことがある人物!!!

フィリップがファングジョーカーを選んだ理由ともつながりましたね。

フィリップの分析によると、ドーパントを倒せば全ての腕は元に戻る。

次回は、正体も判明したパズル・ドーパントと、いよいよ決着?
8月6日発売のスピリッツ36・37合併号に掲載されます。

風都探偵

コメント

  1. SICファン より:

    夏バテだー。室内と屋外との寒暖差に体が参っています…
    ■第33話『pは悪魔だ 6 / 神々の街』(スピリッツ36・37合併号)
    真犯人が、腕を集める動機、ドーパントとしての成長の過程、「神々の街」にスカウトされた経緯を語る。逃亡したパズル・ドーパントと探偵達の前に万灯が現れ、パスル・ドーパントをののしると共にこの窮地を切り抜けたら「街」へ通じるカードをグレードアップしてやると伝え、探偵たちに丁寧に自己紹介をして消える。体を分解したまま風都に潜んだパズルは完全に探偵の目を逃れ、万灯の言葉を信じて逆襲の策を練る。ときめは万灯の名に反応を示す。
    ・40号から連載再開、とありましたが、次話は来月になるってこと?