『仮面ライダーゼロワン』12年前のデイブレイクタウンの企業「ザイアエンタープライズ/ZAIA」と通信衛星打ち上げプロジェクト

『仮面ライダーゼロワン』第4話でバスガイド型ヒューマギア・アンナによって案内された12年前のデイブレイクタウン。
ヒューマギア運用実験都市計画に参入している企業の中で気になったのが、飛電インテリジェンスと肩を並べる「ザイアエンタープライズ」!

スポンサーリンク

12年前のデイブレイクタウンの企業「ザイアエンタープライズ/ZAIA ENTERPRISE」

『仮面ライダーゼロワン』第4話でバスガイド型ヒューマギア・アンナの案内で明らかになった、歴史に大きな爪痕を残した負の歴史遺産・爆発事故の跡地「デイブレイクタウン」。

公式サイトでも

或人や諫の過去、そして滅亡迅雷.netによる人類滅亡計画も、ゼロワンの物語はデイブレイクをきっかけに動き出したと言っても過言ではありません。

と言われていますが。

12年前

12年前のデイブレイクタウンの企業「ザイアエンタープライズ/ZAIA ENTERPRISE」

日本政府と飛電インテリジェンスなどのテクノロジー企業が参入したヒューマギア運用実験都市計画。その都市でヒューマギアを制御するための通信衛星打ち上げプロジェクトをはじめ、さまざまな開発事業が行われていた。

ロゴの大きさ的に「飛電インテリジェンス」と肩を並べる企業は「ザイアエンタープライズ/ZAIA ENTERPRISE」。

A.I.M.S.の仮面ライダーは「ZIA」製の装甲が使われていますが、製造元はこの「ザイアエンタープライズ」っぽいですよね。 技術顧問の刃唯阿が第3話で接触していた謎の人物も「ザイアエンタープライズ」ならライバル企業ということで頷けます。

さらに

真ん中あたりの蜘蛛の巣のようなデザインの「JEE.NET」も何だか…滅亡迅雷.netと関係があるような気がします。

地図を眺めるだけで、妄想がわきあがりますね(^^)

通信衛星打ち上げプロジェクト

12年前のヒューマギア運用実験都市での「ヒューマギアを制御するための通信衛星打ち上げプロジェクト」。

飛電インテリジェンスの「通信衛星ゼア」は、仮面ライダーゼロワンの制御やアイテム開発も行っていますが。

A.I.M.S.や滅亡迅雷.netは、「アーク」や「箱舟」がそれにあたるのでしょうか?

●滅亡迅雷.netの滅が言ってた「我らがアークの完全復元は近い」
●第3話に登場した謎の男が言ってた「つまり、箱舟は蘇る。そのカギとなるのが、飛電の社長、ゼロワン」

デイブレイクタウンには、まだまだ多くの謎がありそうで。今後の展開が楽しみですね!

仮面ライダーゼロワン DXフレイミングタイガープログライズキー
仮面ライダーゼロワン DXフレイミングタイガープログライズキー
2019年9月28日発売 | ¥ 1,650 | JANコード:4549660409113 | 販売元:バンダイ(BANDAI)
仮面ライダーゼロワン DXアタッシュショットガン
仮面ライダーゼロワン DXアタッシュショットガン
2019年9月28日発売 | ¥ 4,180 | JANコード:4549660409052 | 販売元:バンダイ(BANDAI)

コメント

  1. Mariya☆ より:

    ザイアエンタープライズは今後出てくるでしょうが他の企業も本編に出てくるのかな?(個人的には竹が気になりますw)

  2. カイジューゴンダ より:

    僕は個人的にJEE.NETが気になります