『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第32話「憎悪の雨が止む時」キシリュウオージェットの雲上対戦!ナダがガイソーグの鎧を自在に!

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第32話「憎悪の雨が止む時」

第32話「憎悪の雨が止む時」
2019年10月27日放送
監督:上堀内佳寿也
脚本:山岡潤平

ナダがついにガイソーグの鎧にに取り込まれてしまう

コウたちはナダを救う方法を考える。
ティラミーゴがピーたんに嫉妬するところが可愛いく(^^)癒されましたが。
メルトも思いつかないし。時間もない。

トワが心配していたように、ナダはガイソーグの鎧に取り込まれるくらいならと自ら命を絶とうとしていましたね…。でもそれも叶わず、ついに完全に取り込まれてしまう。

ナダ…(´;ω;`)

ジャックオーランタンマイナソーの七色の雨に打たれたオトちゃんが暴走

ガチレウスに説教されたクレオンがドルン兵に八つ当たり、マイナソーを生み出す。
そのジャックオーランタンマイナソーが降らせる七色の雨に打たれた人々は、憎しみに支配され、争ってしまう!!

雨に打たれたオトちゃんが「憎いんだよ!」と暴れ出し。メルトには「うるせい!青髪!」って(^〇^)「笑顔、超嘘くせぇからな!」とまで言われて。憎しみオトちゃんと泣きそうなメルトと力持ちアスナにまたまたほんわか。

オトちゃんに毛布をかけてあげるティラミーゴや
ピーたんとティラミーゴが合体して空から登場したとき、「ティラミーゴ」と呼ばれたのに「プティラミーゴだ!」と名乗るところも、ティラミーゴらしくて可愛いです(^^)

ティラミーゴ(^〇^)

ナダをガイソーグの鎧から解放!

リュウソウジャーがマイナソーを追っていくと。そこにガイソーグが現れリュウソウジャーを攻撃!
まだ「目を覚ませ」とナダに呼びかけるコウに「お前が目を覚ませ」と言われてしまい、もうガイソーグを倒すしか手はないのかと思ったとき

トワが「ナダの体が弱れば、鎧は次の体を求めて離れるはず」とドッシンソウルを使ってガイソーグを殴る!!!
すると コウは変身を解除し、笑顔で「俺に乗り移れ!」とガイソーグの怨念を自分に乗り移らせようとする。

そして、ナダがまとうガイソーグの鎧が、コウに移動を始める!!

その鎧からコウを守りながら、バンバがナダに訴える!!!
「ナダーー!!また逃げるのか!! 戦え!!ナダーーーー!!!」
感情をほとんど表に出さないバンバが、せいいっぱいの思いをナダにぶつける姿はカッコよくて泣けました(´;ω;`)

コウは鎧からナダの記憶を知り、みんなにも伝わる。
「誰よりもリュウソウジャーになりたかった。リュウソウ族としての誇りを誰よりも大切に思ってた」
ナダもリュウソウジャーだ!!(´;ω;`)

ナダがガイソーグの鎧から解放された!!
「俺はお前らのそういうところがほんまに嫌いや」
コウを斬ったときの「ほんまに嫌いや」とは違う意味ですよね。

プティラミーゴとパキガルーパイセンが合体!キシリュウオージェット!

残るはコウ。

プティラミーゴが連れてきたマイナソーの虹の雨がコウに降りかかり、ガイソーグの憎しみが吸い取られる!!
ちょうどいいマイナソーがいましたね(^^)

ガイソーグの憎しみは想像以上にデカく、凄い雲が発生!
ジャックオーランタンマイナソーは雲の上でくつろいでて可愛いですが。

プティラミーゴがコウにパキガルーパイセンを呼ばせ、合体!キシリュウオージェットに!!

雲の上でのキシリュウオージェットとマイナソーの対戦は、珍しく、見応えありましたね~!!

ナダはガイソーグの鎧を自在に操れるように

家に戻るとオトちゃんも復活!!

メルトも元気になったかな?(^^)

ナダはガイソーグの鎧を自在に操れるようになってて、ガイソーケンを孫の手みたいに使ってるし(^〇^)
コウに「おおきに」って言ってくれたナダ。やっと本当の仲間になれましたね!

Comment