『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」暗殺ちゃんは祭田ゼット1号~5号の●だった!シャイニングホッパー?

『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」

第12話 「アノ名探偵がやってきた」
2019年11月24日放送

脚本:三条陸
監督:柴﨑貴行

<ゲスト>
旧世代型の名探偵ヒューマギア・ワズ・ナゾートク:辻本耕志
祭田ゼット(改造前):吉田快(R-AET-WORKS)

ワズは是之助社長が製造した探偵ヒューマギアで、イズのプロトタイプ

「ヒューマギアによる大和田伸也氏殺人未遂事件捜査本部」で、唯阿が飛電インテリジェンスの社長室にある「ラボ」のことをしゃべってしまったため、立ち入り捜査が行われることに。

ラボでは暗殺ちゃんに対抗するプログライズキーを製作中なので、入らせるわけにはいかない。
そんな或人社長を救ったのは、或人のお父さんと同じ旧世代型ヒューマギア・ワズ

刑事さんも知ってる「伝説のヒューマギア探偵」なのだそう。

ワズによると

  • ワズはイズのプロトタイプ。
  • 是之助社長は、ヒューマギアシステムを狙う陰謀に気付き、自らの片腕としてワズを製造。探偵ヒューマギアとして活動させた。
  • ワズは探偵業をしながら、巨大な悪意を探り当て、是之助社長にその情報を伝えた。それが滅亡迅雷.net
  • 事態が悪化し予想以上の危機が迫ったとき、新社長とイズを助けるために目覚めるようプログラムされていた。

仮面ライダーゼロワンの開発は、是之助社長の時代のワズの捜査があったればこそなのかもです。

或人は、そんなワズを信じ、ワズは或人のために探偵の調査を継続。
ワズとイズは犯人の正体を掴み。或人は、新型キーが完成するまでのあいだ、警察とエイムズをひきつけておく役に。

児嶋一哉さんっぽい福添准副社長

「パスワードに爆笑ギャグを登録したけど、いっぱいありすぎでどれだか分からなくなった」という或人社長に

「いや、そんなわけあるか!」って、副社長じゃなく、普通の小島さんが出た(^〇^)

シェスタが「自称」傑作ギャグの一覧を集めてきて。副社長が代わりに「アルトじゃナイト!」をやってみたり。
「マキゾエさん」「いや、福添だよ」までやって(^^)児嶋一哉劇場でしたね。

暗殺ちゃんが「ドードーマギア改」に変身!「ドードーマギア・ヒナ」まで登場し滅と迅を襲う!

『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/reading/zero-one/

滅亡迅雷.netのアジトでは、ドードーマギアを強制停止していたのに。「俺は暗殺を極めた。巣立ちの時だ」と滅や迅と対立!

暗殺ちゃんは超パワーアップした「ドードーマギア改」に変身し、複数の「ドードーマギア・ヒナ」を作り、滅と迅を襲う!

ついに暗殺ちゃんが巣立ってしまいました。迅はがっかりでしたね(^^)

暗殺ちゃんの正体は祭田ゼット・1号~5号のIDと顔を改造したヒューマギアだった!

『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/reading/zero-one/

ワズは捜査をしているとは思えない行動で、イズには「廃棄が妥当」、不破諫にも「とんだポンコツ」と言われてしまいましたが。実は超優れた探偵でした!!

暗殺ちゃんの該当データが飛電にはなく、何度破壊されても蘇ることから、ワズがたどり着いた暗殺ちゃんの正体とは

  • ヒューマギアを盗んで改造し売りさばく連中=窃盗団が存在。今回、諫が捕らえました。
  • その窃盗団が、イベント用和風舞踏ヒューマギア・祭田ゼット・1号~5号を、データ管理用のIDと顔の皮膚を変えて売りさばいた。
  • 祭田ゼット・1号~5号を暗殺ちゃんの顔に変えたヒューマギア「祭田ゼット」盗難機5体のうち、4体を滅亡迅雷が盗む。

飛電のヒューマギアも同じ顔で復活したのを見ていたので、破壊されても蘇ることには疑問は感じませんでしたが。まさかの最初から5体いたなんて!!

暗殺ちゃんが飛電のヒューマギアだった謎も解けました。

『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」

出典:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/13

しかも、「祭田ゼット」5体のうち唯一の現存同型機で、ひょっとこのお面を付けた暗殺ちゃんと同じ顔のヒューマギアを発見!
さらに、その「5号」と「4号が変身したドードーマギア改」が遭遇!!

ワズはもうシンギュラリティに?

或人はワズのことを「笑顔が優しい」と言い。
諫は「まるで人間の探偵だ」と。

ヒューマギアとしての機能は使っていますが、人間にしか見えないですね。

イズが言う「もしかして、ワズはもうシンギュラリティに?」なのかもです。

仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパー

『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/reading/zero-one/

諫はバルカンに変身し、ワズの連絡を受けたゼロワンも合流してドードーマギア改に立ち向かう!
2人掛かりでも「ドードーマギア改」は手に負えず。諫が攻撃を受け変身解除してしまい、ゼロワンも大ピンチになったとき

イズが、完成した新たなプログライズキー「シャイニングホッパープログライズキー」をラボから持ってきてくれた!!

『仮面ライダーゼロワン』第12話「アノ名探偵がやってきた」

出典:https://www.kamen-rider-official.com/summaries/13

仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパーに変身!!
バッタに網をかぶせるような変身シークエンスでしたね~ シャイニングホッパー カッコイイ!!

でも気になることもありますね。

イズの「新らしいキーでなくては敵のラーニングは上回れない」という言葉を受けて或人が使った「シャイニングホッパープログライズキー」ですが。 ワズは「ブレイキングマンモスのほうがいい」と助言していました。

シャイニングホッパーには、何か問題があるのでしょうか?

イイところで終わったので次回が待ちどおしすぎるZ!

Comment

  1. SICファン より:

    いやいやいや。F王に「12~13話はその暗殺ちゃんのお祭り回。」とあったのが、暗殺ちゃんの原形がお祭りロボであることの匂わせだったとは!? F王あなどりがたし。
    ワズがマンモスを勧めたのは、対シャイニングホッパーを学習してもう1回復活する危険性を案じたからなのでしょうか?
    劇場版のウィルが先代の秘書というのであれば、ワズ→イズ→ウィルではなく、ワズ→ウィル→イズになってしまうのでは? イズはアナザーウィルなのか、ウィル自体がアナザーイズでもあるのか(ゼロワンとイズとのペアの「アナザー」なのか)? 次回での探偵ワズの行く末が気になっています。また姿を消してZAIA社の暗躍を暴くのか、マギアにされるのか、破壊されるのか、その意思?をイズが継承し後のイズ覚醒へとつながっていくのか… 小jん的には後半に再登場してほしいキャラです。暗殺ちゃんもシャイニングホッパーの当て馬に終わらず生き延びてほしいなぁ、バックアップデータだけでも。