『風都探偵』第70話「bたちの宝物 5/ふきだまりの絆」フィリップがハーフボイルドな翔太郎の思いを初めて理解…!

1月20日発売スピリッツ8号に、『風都探偵』第70話「bたちの宝物 5/ふきだまりの絆」が掲載されました。

『風都探偵』第70話「bたちの宝物 5/ふきだまりの絆」

ついに対峙した2人の魔少年!フィリップと、本名が明らかになった「千葉秀夫」

流石はフィリップ。
●風都湾での巨大怪物の目撃情報
●化石兵がトラッシュの逃走に協力
●プラキオの変身者は少年だったというときめの証言
●秀夫の放っている思念波がまともな人間のものではない
ことから、秀夫の正体「ブラキオサウルス」を瞬時に見破る。

秀夫の思念波を防御したフィリップも凄いですが
秀夫は瞬間移動もできるし、裏風都へも逃げられる。手強すぎる相手ですね~

秀夫が裏風都へ消えたときに、フィリップはゲートの中のキラキラ光るアイテムをゲット。
今後の何かに繋がりそうですね。秀夫の罠の可能性もあるかもだけど…。

 
鳴海探偵事務所に入ったジンさんたちの捜査結果報告によると、トラッシュの被害者は廃棄場の職員2人と判明。
さらに、ここ数ヶ月で何人も行方不明になった職員がいたが風都市は隠蔽していた。
翔太郎も、bbbの4人の誰かがトラッシュで間違いなさそうと予測していますが…

 
弁財天源十郎宅に集まったbbbメンバーとフィリップに、源十郎はbbbの解散を宣言する。
bbbの4人にはここしか居場所がなく、最後の絆が壊れる前に…と思ったからだと言う。

「君の仲間入りを認めるんじゃんなかった」と言われたフィリップ。
好意を持った人間が犯人であって欲しくないという思いが決意を鈍らせてる今… ハーフボイルドな翔太郎の、情に流されやすい行動を、初めて心から理解できた。 フィリップぅぅ(´;ω;`)

だからこそ

ここまでの分析と推理の結論を
bbbのみんなで見る最後の落日と共に「今日お話ししよう。」

 
ついに次回 トラッシュの正体がフィリップによって明らかになりそうです!!
今のところ、源十郎さんのような気がしますが。逆に今分かる人ではない気もします。フィリップの分析と推理の結論が楽しみですね!!

次回第71話は、1月27日発売の9号に掲載です。

Comment

  1. SICファン より:

    ■第71話『bたちの宝物 6 / 怒れる廃棄品』(スピリッツ9号)
    フィリップはbbbの四人を立入禁止となっている廃棄場に連れ出し、そこで赤い夕陽を再現して見せる。赤い夕陽の原因はある特殊な粒子であり、その複製に成功した、と。そしてその粒子の発生源である廃棄物の山を発見する。フィリップは語る。夕陽泥棒の犯人は千葉秀夫/ブラキオサウルス・ドーパント。特殊粒子が発生する装置を設営しようと風都湾で暗躍していたブラキオは、その隠し場所として廃棄場に目をつけ、そこを拠点としていたトラッシュに、遊び場としての廃棄場を保証することと引き換えに装置を隠させた。フィリップは、装置の秘密が発覚したら自分を殺すように命令されているはずのトラッシュの正体を暴くために、敢えて全員の前で推理を披露したのだった。できればメモリを捨てて自首してほしいと言うフィリップ。
    しかし犯人はトラッシュメモリを握りしめフィリップに向かって突進する。それを殴り倒したのは突然現れた翔太郎。単独行動が過ぎるフィリップに「こーゆーのが、いわゆる『ハーフボイルド』なんじゃね?」と嫌味を言う翔太郎。容疑者が四人に限られているから、風都イレギュラーズに手分けさせて全員の過去を調べさせ、それによって犯人の目星が付いた、と翔太郎。元カーレーサーで5年前の事故で半身不随になったはずの、旧車マニアのビリー佛田に対し、なぜ歩けるようになったのか、と問う翔太郎。トラッシュの正体はビリー佛田だった。
    フィリップが犯人特定を迷っている間に代わりに犯人を突き止め駆け付けた翔太郎の存在に、ビリーはフィリップに対し、自分のようなゴミとは違って仲間から大事にされている、と泣き笑いながら語る。半身不随となったビリーに対しチームのスタッフたちは、走れなくなったビリーはもうゴミと同じだと言った。そしてビリーはガイアメモリを購入して、チームスタッフを殺害したのだった。メモリを選ぶときも自然と「ゴミ」のメモリを選んでいた。そしてドーパントとしてゴミを喰えば喰うほど人間としての肉体も回復していくことに気付く。ときめはそれをハイドープ能力の発現だと考えた。自分の体に適したゴミを求めて廃棄場に辿り着いたビリーは、そこで弁財天源十郎で出会い、とっさについた旧車部品の収集が目的だという嘘が本当の趣味に、夢になった。
    秀夫が現れ、ビリーが落としていたメモリを蹴リ上げて、ビリーに渡す。もう後戻りはできないのだから、廃棄品の神様になって人間を支配する側になればよい、と。今まで拒んでいたbbbメンバーの殺害にもふんぎりをつけたビリーは、メモリを左の手のひらに刺す。周辺の廃棄物を取り込みながら出現するトラッシュ・ドーパント。
    ■次回は12号。