『風都探偵』最新章が10月26日発売スピリッツ48号で開幕!衝撃のビッグゲストは仮面ライダーエターナル/大道克巳・松岡充さん⁉

『風都探偵』最新章が10月26日発売スピリッツ48号で開幕!衝撃のビッグゲストは松岡充さん⁉

『風都探偵』最新章は、10月26日発売のスピリッツ48号にて巻頭カラーで開幕!

そして 衝撃のビッグゲストは、やっとキター!!
仮面ライダーエターナル/大道克己役・松岡充さんが登場するようですね。

本人もリツイートされています!!

スピリッツでの連載が約2か月待ちなで随分先に感じていましたが、あと1ヶ月後になりました(^^)

通常通りだと、10月30日発売予定の「風都探偵(9)」にも松岡充さんのインタビューが載ると思われ。またまた超楽しみです!!

Comment

  1. SICファン より:

    巻頭、女優グラビア頁に続いての見開きカラー扉:NEVERの紋章とマントを翻す仮面ライダーエターナル。
    続く見開きカラーで、NEVERのジャケットを右肩にはおり、横に伸ばした左手の親指を下に向けた松岡 充のグラビア、インタビュー「永遠の再来」の扉。
    その裏のカラー1頁、ロストドライバーを装着した松岡 充のグラビアで、インタビュー本編開始。続いて漫画本編、インタビューの続きへと。
    ■第85話『死神はlの顔 1 / 行動力の女』(スピリッツ48号)
    立派な一戸建ての家。東堂という男に小包が届く。それほど大きい荷物ではないがそこそこの重さを感じる。差出人が「園咲琉兵衛」とあるのを見ると、顔色が変わり、書斎に籠って急いで開梱する東堂。中にはクッション材の中に笑い顔の仮面が入っていた。つるつるの表面に、弧が上側の三日月型の二つの目と両端が目の位置まで吊り上った目とは逆向きの弧を描く大きな口の穴だけが空いている。それを見て思わず声をあげ後ずさりする東堂。慌てて誰かに電話しようとするが相手は不在。写真を撮って送ろうとした時には、箱の中から仮面が消えていた。呆然とする東堂が右横を向いた時、自分の顔の高さに仮面が浮いていた。仮面は突然東堂の顔に貼り付き、東堂がどんなにもがうともはずれることはなかった。もがき苦しみながら、動かなくなる東堂…
    鳴海探偵事務所。ときめに5日の連休をとらせる話をする亜樹子。翔太郎も同意する。フィリップはスタッグフォンを手放さないようと、ときめに注意する。亜樹子は翔太郎に、今日翔太郎が苦手としている依頼人の訪問があることを伝える。翔太郎は、それが風都博物館の現・館長、轟 響子であることに気付く。風都博物館の当時の館長・園咲琉兵衛の失くし物「イーヴィルテイル」を探すという依頼を持ち込んだことで、ミュージアムとの最終決戦のきっかけを作ることとなった当時の研究員である(演:平田裕香)。琉兵衛の息子・フィリップを気にかけてか、その後も鳴海探偵事務所とは関係が続いており、UMAの捕獲や未知の遺跡の発掘への同伴を依頼に一年に一回はインディー・ジョーンズのような井出達で現れては、翔太郎を無理矢理冒険に巻き込んでこき使っていたのだった。ときめに過去の事情を説明していると轟 響子が来訪した。そのスーツ姿に驚く翔太郎と亜樹子。亜樹子から「もう上がっていい」と言われたときめは、響子に挨拶して帰宅する。
    普段とは異なる深刻な雰囲気の響子と翔太郎との面談が始まる。響子は昨夜、奇怪な事件が発生したと言って、一枚の写真を見せる。その写真には、園咲琉兵衛を中心に5人の男が写っていた。その右端の、園咲琉兵衛の信頼も厚かった、古代民族文化の第一人者・東堂幸三教授が自宅で死亡した、と言う響子。死亡直前に、友人である写真左端の人物・ルーク・ランカスター博士に送ったメッセージには「あの死仮面が届いた!」「園咲館長から!」とあった。思わず声を上げる亜樹子、フィリップも立ち上がる。現場には荷物が届いた痕跡は残されていなかったとのこと。響子の依頼はこの事件の一刻も早い真相究明、探偵としてだけでなく、仮面ライダーとしての。響子が仮面ライダーの名を出したことに重大さを感じ、依頼を承諾する翔太郎。浮かない表情のフィリップ。
    その場から、照井に電話する翔太郎。照井はその事件の現場検証中だった。照井も死体の様子からガイアメモリ犯罪の可能性を感じ、心臓の弱い者には見せるなと注意した上で死体の写真を翔太郎に送る。送信されてきた死体の写真を探偵事務所で見る翔太郎、フィリップ、亜樹子、響子。目は三日月型に、口は耳元まで吊り上った三日月型に…死体の顔面は生きたまま「笑い仮面」と同じ形状に変貌していたのだった。
    ■『永遠の再来』松岡 充インタビュー
    ・仮面ライダーが僕たちを助けてくれるかもしれないと思った
    ・強者ぞろい!大道克己が率いる傭兵集団「NEVER」
     須藤さんが言っていたんですよ。「松岡さんには行ったことを実現させる力がある」って。
    ・克己リターンズ 映画の悪役からVシネマの主役へ
    ・克己が街に残したもの 風都の物語はすべてつながっている
     僕にとっても、もう仮面ライダーは かけがえのない、人生の一部になっています。