仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーセイバー』スピンオフ「剣士列伝」第3話「エスパーダ編」が配信開始!賢人の決死の覚悟を描いた第13章の前談!

『仮面ライダーセイバー』スピンオフ「剣士列伝」第3話「an episode of 仮面ライダーエスパーダ」がTELASAで配信開始です。

※記事に『仮面ライダーセイバー』第13話のネタバレがあります。本編をご覧になっていない方はご注意ください。

「仮面ライダーセイバースピンオフ剣士列伝」第3話「an episode of 仮面ライダーエスパーダ」が配信開始

『仮面ライダーセイバー』の初スピンオフにして、初の放送連動型!テレビ本編とリンクする“剣士列伝”は“剣士5人の心の奥”に迫る重要なエピソード。

12月6日(日)より配信開始の第3話は「an episode of 仮面ライダーエスパーダ」。衝撃のテレビ本編 第13章につながる “第13章の前談”。

テレビ本編第13章。
賢人がカリバーの剣を受け、闇に散った。仲間の盾となって···。
深手を負い、ベッドに横たわっていたはずの男が、何故戦いの場に現れたのか?
衝撃のテレビ本編 第13章につながる “第13章の前談”。
父・飛羽真・倫太郎やソードオブロゴスの仲間たち
様々な想いや葛藤を決意に変え、仲間の元に1歩、また1歩と足を運ぶ富加宮賢人の決死の覚悟を描いた涙のエピソード。
それが「behind the Chapter13」

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/saber/news/0017/

富加宮賢人の決死の覚悟を描いた涙のエピソード!
衝撃のテレビ本編 第13章につながる “第13章の前談”

東映公式サイトでもエスパーダ編は「本編でも描いているキャラクターに更に踏み込んで描く」という相当に通向けの作りになっていると言われてますね。

これまでの剣士列伝が「本編でフィーチャーしきれない人物に焦点を当てて描く」というコンセプトだったのに対し、エスパーダ編は「本編でも描いているキャラクターに更に踏み込んで描く」という相当に通向けの作りになっています。
何を隠そう実はこのTELASAスピンオフ、当初は全編エスパーダを主役に!という案もあったほどエスパーダ/富加宮賢人という人物は描きたいことが有りすぎるキャラクターなのです。その意味では、蓮が「別作品の主人公」ならば「賢人は紛れもなく本作の裏主人公」と言えるでしょう。

引用:https://www.kamen-rider-official.com/saber/14

富加宮賢人が語る本音を知った上でテレビ本編を1話から見直したとき、きっと賢人の事がガラッと違って見えてくると思います。とも!!

TELASA(テラサ)独占配信!
『an episode of 仮面ライダーエスパーダ』の冒頭2分が無料で見られます。

テレビ本編とリンクしながら、「ソードオブロゴス」の剣士5人の心の奥に迫る作品。
物語の鍵を握る重要なバックボーンが明かされる!!

①11月8日(日)②11月22日(日)③12月6日(日)④12月20日(日)の全4回で配信。
『仮面ライダーセイバー』テレビ本編をより深く楽しむことができる重要な物語となっています。

TELASA(テラサ)
<TELASA(テラサ)とは>
テレビ朝日とKDDIがタッグを組み、2020年4月にスタートした動画配信プラットフォーム。初回無料期間があります。
●TELASA配信URL:https://www.videopass.jp/videos/172401

Comment