仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーセイバー』始まりの5人と巫女・戦いの歴史が描かれた「武藤聖馬さん劇中イラスト」に、隠された謎を解くヒントが⁉


『仮面ライダーセイバー』第21話で、飛羽真が調べた文献の、武藤聖馬さんによる劇中イラストが公開されました。
2000年前から始まる本と剣による戦いの歴史の一部と、火炎剣烈火の誕生秘話、そして 隠された謎のヒントが!?

飛羽真が調べた文献の武藤聖馬さんによる劇中イラスト

今から2000年前、全知全能の書の力に魅入られた者たちとその力をめぐる戦いが始まり、初めに光と闇の二本の聖剣が生まれた。

1)ワンダーワールド、全知全能の書、ドラゴン、剣士、そして最初に降り立った5人と巫女。 2000年前のワンダーワールドの姿

この「最初に降り立った5人と巫女」は

中央の巫女はソフィア?
左側の3人はストリウス、レジエル、ズオス?
右側はマスターロゴスとタッセル?

公式サイトで

We're sorry, but something went wrong (500)

●今までベールに包まれていたセイバーの物語はここから加速してゆきます。
●そのきっかけとなる超重要なイラスト
●後半に向けて、隠された謎を解くヒントも見つかるかもしれません。

と言われていますが、最初の1枚だけでもかなりの謎が隠されてそうですね~!

2)人間対本の魔物。戦いの歴史が幕を開ける

3)やがてユーリが現れ、光と闇の2本の聖剣を手に魔物たちを退ける

その二本の剣つるぎにより邪悪なモノたちは退けられ、戦いでバラバラになってしまった本を守護するため、ソードオブロゴスが組織された。そして、光と闇の剣をもとに人の手で作られた最初の聖剣こそが…火炎剣烈火

人の手による始めの聖剣「火炎剣烈火」は大秦寺さんの先祖が鍛えたもの。

第21話で大きく動き出した大秦寺さんと剣と向き合い始めた飛羽真。
そして今後、始まりの5人の正体などがどのように明らかになっていくのか? 楽しみになってきましたね~!!

Comment