仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーセイバー』マスターロゴスが手にした「オムニフォースWRB」と大いなる剣「カラドボルグ」!その強大な力への過程

マスターロゴスが「11本の聖剣」と「19冊の本」と「世界を繋ぐ存在」で新たな力を手にいれる

『仮面ライダーセイバー』第35話にて、マスターロゴスが進めてきた計画「11本の聖剣」と「19冊の本」と「世界を繋ぐ存在」が揃い、新たな力を手にいれることになりましたが。

公式サイトにて、「全知全能の書へと至る過程」の補足情報がまとめられていますね。

仮面ライダーセイバー 第36章「開かれる、全知全能の力。」あらすじ | 仮面ライダー公式ポータルサイト 仮面ライダーWEB | 東映
仮面ライダーセイバー 第36章「開かれる、全知全能の力。」あらすじ

11本の聖剣

11本の聖剣は

●セイバーの火炎剣烈火
●ブレイズの水勢剣流水
●エスパーダの雷鳴剣黄雷
●バスターの土豪剣激土
●剣斬の風双剣翠風
●スラッシュの音銃剣錫音
●カリバーの闇黒剣月闇
●最光の光剛剣最光
●サーベラの煙叡剣狼煙
●デュランダルの時国剣界時
●ファルシオンの無銘剣虚無

聖剣には目次録から溢れ出たワンダーワールドの聖なる力が与えられ、世界の境界に「しおり」を挟むが如く干渉する力を持っている。束ねることで共鳴し「目次録」へと近づくことができるのだそう。

仮面ライダーカリバー/上條大地は、6本の聖剣の力で「目次録」へと至る本(ゲート)を開くことに成功しましたが。もしこの時点で目次録に辿り着いていたら、上條大地はマスターロゴスを超える力を手にしていたかも! 今では、上條さんのやろうとしていたことが理解できますね。

19冊の本

19冊の本は

<基本変身用ワンダーライドブック11冊>
●ブレイブドラゴン
●ライオン戦記
●ランプドアランジーナ
●玄武神話
●猿飛忍者伝
●ヘンゼルナッツとグレーテル
●ジャアクドラゴン
●金の武器 銀の武器
●昆虫大百科
●オーシャンヒストリー
●エターナルフェニック

<強力な力を持つ7冊>
●キングオブアーサー
●ドラゴニックナイト
●プリミティブドラゴン
●エレメンタルドラゴン
●エモーショナルドラゴン
●タテガミ氷獣戦記
●エックスソードマン
●マスターロゴスが持つ本(目次録の一部)

これらは、ワンダーライドブックの形になって分冊された「全知全能の書」の一部で、全ての本を「目次録」へと戻すための呼び水として必要でした。

逆に、「全知全能の書」の一部ではない本
〇大秦寺によって作られたキングライオン大戦記
〇ストリウスの魔術によって作られたジャオウドラゴン
は加えられませんでした。

世界を繋ぐ存在

聖剣によって「目次録」へとつながる道が開かれたのち、その力を現実世界へ取り出すことが可能となる存在。

マスターロゴスは秘術を使い、2000年前に現れた世界を繋ぐ存在を模倣した人工生命体・ソフィアを造る。ソフィアを自らの手が届く組織の中に置き、聖剣とワンダーライドブックが揃う日を待っていた。

しかし15年前。新たなオリジナルである「ルナ」が予定より早く現れたことにより、マスターロゴスの計画は大きく動き始める!!(その詳細は発売中の『仮面ライダーセイバー Blu-ray COLLECTION1』の映像特典「ソードオブロゴスサーガ」にて!)

「オムニフォースワンダーライドブック」と大いなる剣「カラドボルグ」を手にしたマスターロゴス

不完全な形ではありつつも
オムニフォースワンダーライドブック
●大いなる剣「カラドボルグ
の 強大な力を手にしたマスターロゴス!!

いよいよ、セイバー最終章への幕が上がります。

仮面ライダーセイバー 変身聖剣 DX煙叡剣狼煙【2次:2021年10月発送】icon
icon

仮面ライダーセイバー 変身聖剣 DX時国剣界時【2次:2021年10月発送】icon
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    DXカラドボルグの発売が一般販売になるのか、プレバン限定になるのか、やはり気になるところ。
    でも、初登場となる第36章の放送日に近付くのに、商品情報が現時点で公式サイトにない事を考えると、後者(予約受付)での販売の可能性が高いですね。
    記憶に新しい前例として、DX煙叡剣狼煙とDX時国剣界時も、それぞれが使うライダーの登場から、何週間も経過して発売決定したくらいですし。