仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーセイバー』第41話「二千年、綴られた願い。」ワンダーワールド誕生とストリウスの狙い!デザストは体を食べられ…

『仮面ライダーセイバー』第41話「二千年、綴られた願い。」

第41章「二千年、綴られた願い。」
2021年6月27日放送

脚本:長谷川圭一
監督:石田秀範

ワンダーワールドの誕生秘話がタッセルによって語られる

花火が打ちあがり、流しそうめん(^^)
マスターを倒して、ようやく訪れた平和なひとときでしたが。

そんなノーザンベースに、タッセルが初登場。
飛羽真に「大切な話がある」と2000年前の出来事を話し始めました。

●タッセルは、人が手にする天の啓示・ひらめきはどこから来るのかを捜していた。
●文明の基礎となった技術、物語を人に授ける知識の源が、この世界のどこかにあると信じて。
●素晴らしい仲間・初代マスターロゴス、ストリウス、レジエル、ズオスとともに、今より世界が豊かになると信じて探し続けた。

そしてタッセルは知識の源を見つけた。
それに触れると、光は一冊の本になった。
本を開くとワンダーワールドが生まれた!!

力に魅入られた3人の仲間が全知全能の書の一部を盗みメギドに!争いが始まり、争いは終わらなかった…

でも 力に魅入られた3人の仲間・ストリウス、レジエル、ズオスが、全知全能の書の一部を盗み、メギドとなってしまう!!

さらに 力を求めて争いが起こり、力を奪われないように、世界を繋ぐ存在=ワンダーワールドの巫女は、全知全能の書をバラバラにし、自らも消滅してしまう。

それでも 争いは終わらなかった。
だから タッセルと初代マスターロゴスは残された全知全能の書を2つに分け、この世界とワンダーワールド・2つの世界の均衡を守ると約束した。

それでも 争いは終わらなかった…。
今に続いているわけですね。

飛羽真がルナと会い、仲間たちと一緒にこの長い争いを終わらせ、未来を変えると宣言

タッセルは、この世界に干渉ができなくなり、2000年もの間、何もできなかった。
でも、希望となったのが飛羽真。

15年前に世界を繋ぐ少女・ルナが現れ飛羽真を選んだ。
飛羽真がルナと会えば、ワンダーワールドの力を手にする。でも、その代償として、飛羽真はこの世界から消えてしまう。

それでも飛羽真はルナと会い、仲間たちとも一緒にいたい。
仲間たちと一緒にこの長い争いを終わらせ、未来を変えると宣言する!!

デザストはカリュブディスに体の一部を食べられアルターライドブックが破損…。

デザストはストリウスと対戦。
エターナルフェニックスワンダーライドブックで、仮面ライダーファルシオンに変身!!

詩人だったストリウスの頭に浮かんだのは壮大なる叙事詩。
「力に魅せられた人間たちが織りなす、愚かで愛おしい生と死の物語」
「物語には結末があるから美しい」
「だから、あなたの物語も終わらせてあげましょう」
と、カリュブディスメギドを放つ。

カリュブディスメギドは倒しても直ぐに復活!

デザストはカリュブディスに体の一部を食べられ、アルターライドブックが破損してしまいましたね。
蓮の前に戻って来たデザストは、「俺と戦え」と蓮を挑発!!

蓮とデザストは、本当に地獄兄弟みたいな仲になってきてるので、ちょっと切ないですね。

セイバー・バスター・スラッシュがパワーアップした「カリュブディス・ハーキュリー」を撃破!

カリュブディスが、山を食べて山が消滅。
尾上さんと大秦寺さんが現場に急行すると、デザストの一部を取り込みパワーアップした「カリュブディス・ハーキュリー」が立ちはだかる。

デザストの技も取り込み、さらに強くなった「カリュブディス・ハーキュリー」!
そこへ飛羽真も合流し、クロスセイバーに変身!!

刃王剣十聖刃の力でバスターとスラッシュが二刀流に!!
3人六刀流で、カリュブディス・ハーキュリーを撃破する。

タッセルがワンダーワールドへ戻るとルナは姿を消しストリウスが!

タッセルがワンダーワールドの部屋へ戻ると、ルナは姿を消していた。

すると、部屋の明かりが消え
「ようやく見つけましたよ、ビクトール」とストリウスが!!!

始まりの5人が手にした力のうち、4つまでが揃ったストリウス。残る1つ・ビクトールの力を狙ってます。タッセルがヤバい!!!

DXスペクター激昂戦記ワンダーライドブック+カノンスペクター&友情バーストゴーストアイコンicon
icon

Comment