仮面ライダーリバイス

『仮面ライダーリバイス』第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」恐竜悪魔自転車で現場へ!イーグルゲノム空中戦!バイスと契約完了!

『仮面ライダーリバイス』第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」

第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」
2021年9月12日放送

脚本:木下半太
監督:柴﨑貴行

<ゲスト>
プロゴルファー・荒木:林野健志(メガロドン・デッドマンを生み出す)
プロゴルファー荒木の専属キャディー・井端:篠山輝信(カマキリ・デッドマンを生み出す)

若林司令官は、一輝をフェニックスと契約させろと指示

フェニックスの門田ヒロミが、司令官を解任され、分隊長に。
現時点でリバイスシステムを使いこなせるのは一輝のみ。
若林司令官は、大二に、一輝をフェニックスと契約させろと指示する。

しかし、一輝は銭湯の仕事を優先し、契約する気は全くない様子…。

恐竜悪魔自転車で現地へ!

プロゴルファーの荒木からクビを通告されたキャディーの井端にオルテカが近づき。カマキリのバイスタンプを手渡すと、井端は荒木の前で悪魔と契約。解放されたカマキリデッドマンは荒木らを襲い始めた。

一輝は、契約は渋っていたのに、現場には迷わず急行!!
大二のバイクに乗せてもらえばいいのに、わざわざ自転車を出して出遅れてしまいましたが。自転車のかごに乗せたバイスタンプが押印されてしまい、恐竜悪魔自転車にパワーアップした~!!!

めっちゃ速いし、カーブの曲がり方面白すぎです(^〇^)大ジャンプも決まった~!!

仮面ライダーリバイ&バイス イーグルゲノムが空中戦でカマキリデッドマンを撃破!

一輝は自転車の前で仮面ライダーリバイに変身!!
バイスも仮面ライダーバイスに変身し、カマキリデッドマンに立ち向かう。

ところが バイスはリバイの戦闘中にスキをみて、大二を食べようとする。
大二から渡された「イーグルバイスタンプ」でバイスをひき戻し「イーグルゲノム」にチェンジすることで、大二は守れましたが。怒る一輝の話も聞かず、バイスはリバイを肩車して、リバイスイーグルにリミックス!!

仮面ライダーリバイ&バイス イーグルゲノム からの合体空中戦でカマキリデッドマンを撃破!!

バイスが一輝を裏切る悪魔的行為を!

一輝が大二と話してるスキに、プロゴルファー・荒木を襲おうとしたバイス。
家族で母ちゃんの見舞いに行ったときも「母ちゃんうまそう」とかまた言うし。
昨日のゴルファーに「悪魔を解放するって気持ちいいんだぜ」と教えてやったと言うバイス。
これには一輝はマジギレ。

変身して銭湯でバイスに怒りの一撃!

「一輝の言うことを守ります」と誓うバイス!契約完了!

荒木が井端の目の前で悪魔と契約。メガロドンデッドマンを解放する。

知らせにきた大二に、一輝は「俺にはこれを使う資格はない」とドライバーとバイスタンプを返して現場に急行。
一輝は、メガロドンデッドマンとギフジュニアを相手に、変身せずに戦う!

「バイスを外に出したことで罪のない人々が傷つくなら、二度と変身しない」
「この力は、人を 家族を守るためのものだ!」

一輝の行動に、「もう人を襲わない」「人を守るために戦う」と誓うバイス。

「変身して欲しければ、俺の言うことを守れ!」!!

降参したバイスは、「俺っちは、一輝の言うことを守ります」を跪く。

一輝とバイスの契約完了!!

仮面ライダーリバイ&バイスのコンビが復活!リバイスレックスがメガロドンデッドマンを撃破!

一輝は変身!! 仮面ライダーリバイ&バイスのコンビが復活です!!

オーインバスターの銃モードや
バイスは大二が使ってたガンデフォン50を借りて2人で銃撃!

バイスタンプを使うと、バイスが火を噴いたり、尻尾が強力になったり(^^)
ギフジュニアを次々と倒し、メガロドンデッドマンには、リミックスを発動!
リバイスレックスとなり、メガロドンデッドマンを撃破!!

使用したバイスタンプはフェニックスが回収!

悪魔の解放に使用したバイスタンプはフェニックスが回収。
荒木と井端はフェニックスの更生施設で治療を受けることに。

荒木と井端の相棒が復活し、一輝とバイスの相棒が誕生したのかな?(^^)

リバイス第2話も面白かったです!!

Comment

  1. 匿名 より:

    バイスタンプの乗せ方に問題があったのか、自転車のかごに思わぬ押印による憑依で、バイク以上の走行性能を誇るといった、笑ってしまう秘密でしたね(爆笑)。
    乗り物がモンスターマシンにパワーアップする事が分かったし、それ以外で、例えば建物に押印なら、鉄壁の戦闘要塞にパワーアップするのかな?

    • 匿名 より:

      もしフェニックスの要塞にバイスのスタンプを押したらヤバいことになりそう

      • 匿名 より:

        それは、確かに言えます(笑)。
        考えただけでも恐ろしく、制御不能になるのは想像付くし、破壊を繰り返し、あっという間に街が焼け野原になるでしょうね?

  2. 特撮マン より:

    1・2話視聴して思ったこと
    ・一輝って情緒不安定というか不安をもっているキャラクターと感じた
    ・バイスが母親を食べようとしたのは何かの伏線(?)
    ・一輝が激怒したということは過去にも何かしらのことが起こったのか
    ・いろいろ謎は多いけど悪魔を手懐けるのではなくどのように相棒になっていくかという物語でもあるかも
    後はとても見やすいところもいいところです!!

  3. SICファン より:

    自分の中の大きなお友達としては、関東十一鬼の活躍がほぼ描かれなかった響鬼のことを考えれば、さすがスタート時点から宣言していただけあって、十剣士全員の活躍が描かれていただけでもセイバーは楽しかったです。
    物語の力、物語が続いていく力を謳うという意味では、実質的に石ノ森章太郎の伝記だった『スーパーヒーロー戦記』のほうが「真の最終回」的だったと思いました。
    そのセイバーに続き50周年記念を称するリバイス。否が応でも初期の仮面ライダーも意識してしまいます。環境破壊、冷戦とその代理内戦、昔ながらの支配と非支配の構造… 仮面ライダー開始当時は戦う敵が明確でした。リバイスの大輝はただ家族を守るためだけに戦いに身を投じる決意をしました。それでも70年代の仮面ライダーの戦う理由とリバイスの大輝の戦う理由には共通するコアがあり、それこそがヒーローが戦う理由の本質なのだと思って観ています。
    従来ならばパイロット話で提示される諸々の見せ場が劇場版で既に披露されていたので、普段よりはワクワクが少なかったリバイスの1・2話でした。
    そして、大輝は、負・悪の感情がバイスとして切り離されている分、純粋な善なる心を持っているのだと思っています、二重人格のように。今後の展開が楽しみです。

  4. 世界匿名連合 より:

    前作のセイバーの後なだけに今作のリバイスはかなり面白く感じた。
    個人的にセイバーはそこまで駄作と思って無いけどネット評価ではボロクソの低評価が多かったしその意見を見ると共感出来る意見も多々あった。
    そして私の周りもリバイスは面白かったが多かったです、久しぶりに意見が合う話が出来た。

    2話では一輝がバイスに誓わせて変身する時は電王の時の良太郎とモモタロスを思いだした・・・