暴太郎戦隊ドンブラザーズ

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン13話「さよならタロウ」脳人の敵は滅亡した王家・ドン家の末裔!弱点をつかれまさかの消滅…!

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン13話「さよならタロウ」

ドン13話「さよならタロウ」
2022年5月29日放送

脚本:井上敏樹
監督:渡辺勝也

イヌブラザーの正体は犬!?真一はお供たちのありがたみがわかるまで戦いのボイコットを宣言

ドンブラザーズ5人のうち、正体がわからないのはイヌブラザーだけ。
あのワンちゃんの正体は「話すイヌ」じゃないか って(^^)

4人は、ドンブラザーズの敵「脳人」について今までの整理をする。
桃井タロウは、倒すべきはソノイだと考える。

タロウは3人の欠点を指摘するが、「褒めれば伸びる」と言い返され
褒めようとしたところ… ウソが付けないタロウはウソをつこうとして死んでしまう(^〇^)

真一は、お供たちのありがたみがわかるまで戦いをボイコットするという。
それがきっとドンブラザーズのためになると。

脳人の敵は滅亡した王家・ドン家の末裔・ドンモモタロウ!ソノイは倒す決意を!

ソノイたち脳人は、元老院からドンブラザーズについての情報を得る。
「敵の正体は、滅亡した王家・ドン家の末裔、ドンモモタロウ」
「現在、ドンブラザーズのリーダー」
「ドン家は、滅亡する前に人間界にモモタロウを送り込んだ」と。

ドン家の者は、脳人が住む世界イデオンを崩壊させようとした。人間界での脳人と人間の共存を唱えて…。

「生き残りがいるなら必ず倒す」とソノイは決意する。

タロウはソノイと倒すべき相手を倒したら一緒におでんを食べようと約束

タロウはソノイと再び顔を合わせる。

ウソがつけないことで、お供を褒めることができないタロウに
ソノイは「あなたはそれでいい」「あなたのような人が増えると私の心は休まる」と。

お互い、倒すべき相手を倒したら、一緒におでんを食べようと約束する。

タロウとソノイ、実は宿敵だった!

獣電鬼が生まれ、ドンブラザーズが戦いに呼び出されるが、真一たちはチェンジ拒否。
1人で戦うタロウの前にソノイが現れる。

ドンモモタロウ VS ソノイ

タロウとソノイは衝撃で変身解除してしまい、お互いが倒すべき相手だと知ることに!!
おでんの約束も叶わなくなりました…。

真一たちも加わり5人で獣電鬼を撃破!獣電鬼ングにはドンオニタイジンで鬼退治完了!4

獣電鬼に、ソノニとソノザも加わり、タロウは苦戦。
隠れて見ていた真一たちは「もう我慢ならん」とチェンジ!
先に参戦していたワンちゃんと共に、5人で獣電鬼を撃破する。

獣電鬼ングにはドンオニタイジンで応戦し、鬼退治完了。

ドンオニタイジンへの合体は、前回より皆だいぶ慣れてきましたね(^^)

タロウはソノイに斬りつけられ消滅…!

鬼退治完了の直後、タロウはソノイに斬りつけられる!!

お互いの正体が分かった時
ソノイから「お前の弱点は何だ?」と聞かれたタロウは
「ドンオニタイジンになった後、数秒の間力が抜ける」と教えてしまっていた。

まさかの… タロウが消えてしまった!!!!
サブタイトル「さよならタロウ」通りになってしまいました!!!!

Comment