暴太郎戦隊ドンブラザーズ

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン46話あらすじ&予告!決着!獣と人の物語。ソノイたちはドンブラザーズと手を組む?「許しの輪」を見つけた?

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン46話「なつみのよのゆめ」あらすじ&予告

ドン46話「なつみのよのゆめ」
2023年1月29日放送

監督:加藤弘之
脚本:井上敏樹

決着!獣と人の物語。獣人の夏美はどんな物語を紡ぐのか?

決着!獣と人の物語。

「猫は気ままに遊び、鶴は物語を紡ぐ。では人間は?」
「私はもういい。桃井タロウ、お前の夢は何だ?」

じかーい、じかい……

寺崎はドン家の生き残りだった。
ペンギンの獣人となり長きにわたり「眠りの森」を守ってきたのだ。
そして次なる森の番人としてジロウを育てていたという。

獣人は倒すべきか、倒さざるべきか。
夏美を救いたい翼、
ドン家の責務を追うタロウ。
運命に惑うジロウ。
彼らの決断はいかに。

そのとき一方、ソノイたち脳人にも決断の時が迫っていた。

紡がれてきた獣と人の物語はいま終幕を迎える。

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン46話 なつみのよのゆめ
東映オフィシャルサイト 暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン46話 なつみのよのゆめ

獣人の夏美、決着??
鶴の獣人は、どんな物語を紡ぐのでしょうか。

ソノイたちはドンブラザーズと手を組む?「許しの輪」を見つけた?

脳人の検察官・ソノシ(廣瀬智紀)たちが現れたのは、元老院に脱落者と判断されたソノイ(富永勇也)たちを処刑するためだった。脳人の攻撃を受け消滅してしまった雉野つよし(鈴木浩文)は、永遠に闇の空間をさまようことになるという。ソノイたちは、ドンブラザーズに手を組もうともちかける。一方、ドン家の者として獣人を生み出した責任を取ると、折り紙を口に入れた桃井タロウ(樋口幸平)は獣人の森で目覚める。獣人は、タロウをコピーし始める。犬塚翼(柊太朗)らが森を訪れると、守り人となったタロウがいて…

次回予告|暴太郎戦隊ドンブラザーズ|テレビ朝日
テレビ朝日「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」公式サイト

●ソノシたちは、元老院に脱落者と判断されたソノイたちを処刑するためにやってきた
●ソノイたちは、ドンブラザーズに手を組もうともちかける
●脳人の攻撃を受け消滅した雉野つよしは永遠に闇の空間をさまようことになる
●獣人の森で目覚めたタロウを、獣人はコピーし始める
●犬塚翼らが森を訪れる

公式サイトでは、横並びのドンモモタロウ、サルブラザー、オニシスター、ソノイ、ソノザの場面カットがあるので、手を組んでるっぽいですが。このドンモモタロウはどっちのタロウ??

雉野はどうなるのか??

そして、ついにソノイが「許しの輪」を見つけた??

ドンブラザーズ、残り5話です!!

暴太郎戦隊 ドンブラザーズ アイコニックTシャツ 集合柄icon
icon

Comment