仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」でレーザーがチャンバラバイクゲーマーレベル3に!貴利矢の嘘と真実・・

シェアする

仮面ライダーエグゼイド第7話のサブタイトル「Some lieの極意!」は、「Some lie」=いくつかの嘘と、サムライ=侍の意味があったのですね。
九条貴利矢が嘘をつく理由が明らかになったけど。真実は語られず、貴利矢が切ない・・・。みんな色んなこと背負って戦ってるんだな~と思った第7話。

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

2016年11月20日放送 第7話「Some lieの極意!」
監督:中澤祥次郎 脚本:高橋悠也

「このあとバイクが人になります。」
「これはウソではありません。」(^O^)

CRで変身

入院中の貴利矢の隣のベッドの患者さんがゲーム病に発病!
貴利矢が運んだのに、CRに入れないとは。

CRでエグゼイドとブレイブに変身!!!

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

まさかのCRでの変身でしたが。流石に狭いし破壊するので外でやることになりますよね。

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

バグスター切除手術成功も、バグスターに逃げられる

患者の岡田誉士夫からバグスター2体出た!!
ギリギリチャンバラのコラボスバグスターは、デザインも剣裁きもカッコイイ~!! 

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

もう1体のコラボスバグスター(ジェットコンバット)はスナイプ担当!

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

うぉぉぉ エグゼイド、ギリギリセーフ(-_-;)

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

高速抜刀にはエグゼイドのレベル3でも敵いませんね~

永夢と貴利矢が再び共闘!

「真実を伝えることが正しいとは限らない。」
貴利矢は、友達にバグスターウイルス感染症であることを伝えたがために亡くなったと思ってる。だから、嘘つきになってしまったのですね・・・。

「今日は嘘はつかない。」を信じた永夢と握手!共闘!!

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

エグゼイドがレーザー(バイク)に乗って戦うと、バグスターのスピードについていける!!! 2人の共闘イイ感じですね(^^)

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

ゲットしたギリギリチャンバラガシャットを、永夢が貴利矢のゲーマドライバーにセットしてあげてる~w

仮面ライダーレーザー チャンバラバイクゲーマー レベル3

バイクが人になった!!!!
これで、レベル1から直接レベル3になれば、自力でレベルアップもできますな。

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

レベル3も何か可愛いレーザーさん(^O^)

ゲンムの正体と嘘

ゲンムの正体をバラして。
ゲンムを倒し変身解除させれば証拠を突き付けられるはずだったのに・・・。

パラドが黎斗と入れ替わって
貴利矢が嘘ついたことになってしまったΣ( ̄ロ ̄lll)

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

飛彩が父親に調べさせた貴利矢の友達のこと。
5年前は事故死!!!
それは事実だけど、真実は違うのに・・・。

貴利矢を信じた永夢が、また裏切られたことにショック受け。
貴利矢は真実を告げず、嘘に嘘を重ねてしまった。

仮面ライダーエグゼイド第7話「Some lieの極意!」

貴利矢、切ないですねぇ・・・。

次回レベル3になる大我も、黎斗も、心に重いものを背負ってそう。
そいうことを考えていると、ますますエグゼイドたちが好きになりますよ(´ー`)

仮面ライダーエグゼイド LVUR08 チャンバラゲーマ&スポーツゲーマセット
仮面ライダーエグゼイド LVUR08 チャンバラゲーマ&スポーツゲーマセット
2016年12月3日発売 | ¥ 3,240 | JANコード:4549660119036 | 販売元:バンダイ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. houga より:

    久しぶりにコメントさせて頂きます。
    「CRでエグゼイドとスナイプが変身」→スナイプではなく、ブレイブではないでしょうか?

    • onemu より:

      hougaさん、コメント&ご指摘ありがとうございます。
      間違ってすみませんでしたm(_ _)m

  2. SICファン より:

    キャスト初見から、貴利矢と黎斗はイケメンで仮面ライダーに変身しそうに見えましたが、結局そのとおりで、OPの飛彩→大我→貴利矢→黎斗のカットでも黎斗もガシャットを持つようになりました。今月の展開は、各ライダーのLv.3へのレベルアップと過去・背景の掘り下げが軸ですね。永夢の過去は映画「平成ジェネレーションズ」と12月の放送(衛生省・日向恭太郎のゲーム病罹患の回あたり?)に持ち越しでしょうか。飛彩が失った「大切な人」が「恋人」だというのはさすがにベタベタな展開なので、大切な人=男性&ファントム方式でグラファイト人間態と同じ姿(だからグラファイト人間態は当初は登場しない)のかと想像していましたが、ベタベタな展開のほうでしたねー。まぁこれで飛彩も単にイヤなヤツではないということがわかり見る目も変わりましたが。「ポッピーピポパポ」という名前がピポパポという電子音に由来していること(主題歌”excite”の、ブレイブLv.3の肩のスピーカーから流れているバージョンをイメージしています)に気付いていれば、「ドレミファビート」のキャラだと分かっても不思議ではありませんでしたね。最近は普通の看護士の姿が多く、あまりはっちゃけていないのが残念です。グラファイトは「ドラゴナイトハンターZ」のラスボスキャラのように思えるので、12月に訪れる仮面ライダー達の次のレベルアップと引き換えに退場、バグヴァイザーはパラドに譲られて遂にパラドが変身、という展開かと想像しています。電子的なウイルスが人間を侵して実体化したのがバグスターですが、OPを見ていると、逆に仮面ライダーの適合者は電子的な存在となって消滅してしまいそうにも思えます。黎斗の目的にも絡んでいそうです。
    今回は、エグゼイド単独での初戦で苦戦した相手に、レーザーとのコラボによるスピードアップで勝利。エグゼイド&レーザーのコンボでの爆走バイク必殺技も新タイプ。さらにレーザーのレベルアップでゲンムとのLv.3どうしの激突。間にスナイプ対ジェットコンバットの初戦も挟まり、今回も見飽きない展開でした。プラドはファインプレーでしたね。レーザーvsゲンムは二人だけの間での水面下での攻防がまだ続くのでしょうか。そして次回は、大我と永夢&飛彩も激突の模様。仮面ライダーどうしの戦いが中心になりそうですね。エグゼイド、なかなか面白いです。