仮面ライダーキバ:フォーム・武器・必殺技

スポンサーリンク

キバを剥くヴァンパイアライダー!

平成ライダー9作目となる「仮面ライダーキバ」は、人間社会に潜伏する
人類の天敵・ファンガイアと戦う仮面ライダーが登場!
過去と現在が交互に挿入され、父子二世代に受け継がれる
血の宿命が描かれていく親子サーガも本作の大きな見所!

仮面ライダーキバ

  • ファンガイアを倒すため、キバットの力を得て、紅渡が変身した姿。ガルルやバッシャー、ドッガたちの力を借り、
    さらなるフォームチェンジも可能。嶋や恵からは、ファンガイアと共に倒すべき存在として認知されている。

    父が残した特別なバイオリン「ブラッディ・ローズ」がファンガイアの波動を感じ、
    奇妙な輝きを放つとき、渡の中で何かが目覚め、戦いへと赴く。
  • キバットベルト

    紅渡の意志で腹部にベルトの台座となるキバックルが出現。
    キバットがキバックルの止まり木・パワールーストにぶら下がることで
    変身ベルト・キバットベルトとなり、紅渡を仮面ライダーキバへと変身させる。

    <フエッスル>

    キバットベルトのフエッスロットには6種の召還・覚醒笛が装着されている。
    キバットに装填し吹き鳴らす(キバットバット?世の口にあてて吹かせる)ことで右足の拘束を解いたり、
    モンスターを召還したり、必殺技や強力武器を使うことができる。

  • 仮面ライダーキバ キバフォーム

    紅渡が変身する宿命のライダー・仮面ライダーキバの基本形態。

    すさまじい戦闘力を身につけた戦士で、特に必殺キックは超強力!

    頭部の「キバ・ペルソナ」、ボディを包む「ドランメイル」、胸部の「ブラッディラング」、肩部の「プテラ・プレート」
    などで構成されるこの鎧は、敵の攻撃kら身を守るためだけにあるのではなく、
    鎖の「魔皇石」で増幅された魔皇力を抑える「拘束具」でもある。
    キバは、それほどパワーに満ちた戦士!

    身長:200センチ、体重:98キロ
    、パンチ力:通常6トン
    、通常キック力:8トン(ダークネスムーンブレイク時:破壊力30トン)
    、ジャンプ力:ひと跳び85メートル
    、走力:100メートルを6.5秒

    <必殺技:ダークネスムーンブレイク>

    キバットが吹く禁断の笛ウェイクアップフエッスルの音と、
    キバットの「ウェイクアップ!」のコールによって
    右足の鎖・カテナが解き放たれ、封印されたヘルズゲートが全開放され、
    強烈無比なキック技・ダークネスムーンブレイクを放つ。

    内部に光る「宙の魔皇石」「水の魔皇石」「地の魔皇石」によって増幅された魔皇力を
    キックに乗せて叩き込むのだ。
    またこの技を放つ際、昼夜構わず周囲に闇を呼ぶことも特徴である。

  • 仮面ライダーキバ ガルルフォーム

    キバがウルフェン族の最後の生き残り・ガルルの力を得て変身した魔獣形態。

    (1)キャッスルドランが発射したドランポッドからガルル彫像モードが出る。

    (2)彫像モードがガルルセイバーに変わり、それをつかんだキバがガルルフォームに変身!

    (3)ガルルフォームがガルルセイバーをキバットに噛ませ、エネルギーチャージする。

    (4)必殺技:ガルル・ハウリングスラッシュ!!

    キバットがを吹くと、ガルルは狼男の彫像(キャッスルドランに納められた時の形態)
    からガルルセイバーに変身。

    魔獣剣ガルルセイバーを握ることで、キバはガルルの持つエレメントの影響を受け、
    腕と胸とオムニレンズ(眼)が青(ガルルコバルト)に染まりガルルフォームへとチェンジ!オオカミのように吼える!

    ガルルセイバーを真っ直ぐに構えると、昼でもあたりが真っ暗になる。

    ガルルの力は月の満ち欠けによってボルテージが変化し、満月の夜に最も威力を発揮する。

    身長:200cm
    、体重:90kg
    、パンチ力:5t
    、キック力:9t
    、ジャンプ力:一跳び40m
    、走力:100mを1.5秒

    <必殺技:ガルル・ハウリングスラッシュ>

    ガルルセイバーをキバットが噛ませることで、「ガルルバイト」の声とともに、ガルルフォームの必殺技が発動!
    ガルルセイバーにエネルギーを集めて敵を斬り裂く!
    ガルルセイバーを銜えて、回転しながら斬りつける!

  • 仮面ライダーキバ バッシャーフォーム

    仮面ライダーキバがマーマン族の最後の生き残りであるバッシャー(人間体:ラモン)の力を得て変身する半魚人形態。
    水中戦を得意とし、地上戦でも大気中の水分から自分に有利な擬似水中環境を作り出すことが出来る。
    身長:200cm、体重:92kg、パンチ力:3t、キック力:3t、ジャンプ力:一跳び20m、走力:100mを6秒、水中最高速度:162ノット(約300キロ)

    <必殺技:バッシャー・アクアトルネード>

    バッシャーマグナムのトルネードファンで起こした強力な竜巻に銃弾を撃ち込み、ターゲットを追い詰める!
    バッシャーマグナムから敵を追撃する弾丸・アクアバレットを放ち、体を爆発する必殺技。
    ?バッシャーフォームがキバットにバッシャーマグナムを噛ませると「バッシャーバイト」という声が響く
    ?バッシャーマグナムのフィンで水上から巻き上げた水竜巻にアクアバレットをのせ、拘束で敵めがけて発射!

  • 仮面ライダーキバ ドッガフォーム

    キバがフランケン族の最後の生き残り・ドッガの力を得て変身した魔獣形態。14話より登場。

    ドッガハンマーを手にすることで変身し、オムニレンズ(目)や胸部のカラーは紫へと変貌。

    ガルルフォームやバッシャーフォームとは異なり、腕が左右共に形状変化しているのが特徴。

    巨大なドッガハンマーを軽々と扱う、鉄壁の防御力と一撃必殺の技に特化した最強の豪腕戦士形態。

    ガルルフォームやバッシャーフォームのような身軽さはないが驚異的な腕力を誇り、力押しの接近戦を得意とし、
    雷の力を放つすさまじいエネルギーを発生させる。

    身長:200cm
    、体重:150kg
    、パンチ力:15t
    、キック力:4t
    、ジャンプ力:一跳び10m
    、走力:100メートルを10秒

    <必殺技:ドッガ・サンダースラップ>

    ドッガがメタモルフォーゼした拳型ハンマー「魔鉄槌ドッガハンマー」は、
    拳を開くと真実の目・トゥルーアイが現れる。

    ドッガの力は強大で、カテナ(封印の鎖)を開放するにはカテナウインチと呼ばれる強力な調整具が使われる。
    このウインチを手動で緩めることで拳を開き、魔皇石(トゥルーアイ)を出現させるという仕掛け。

    トゥルーアイの強大な魔皇石は、相手の力を封じる力を持つほか、その弱点や記憶などを解析する力も合わせ持つ。
    ハンマーの拳を握った状態で落雷のエネルギーを蓄積、続いて横に握ることで敵の目前に拳のオーラが出現、これにつかまれた敵は
    そのまま粉砕される→離れた標的の目前に「ファントムハンド」と呼ばれる分身を放つ必殺技
    ドッガ・サンダースラップ」で敵を粉砕する。

  • 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム

    キバットバット?世がガルル、バッシャー、ドッガのフエッスルを同時に吹いて変身させたスペシャル形態。
    3本のフエッスルを連続使用することで、3体の力を同時融合。
    キバは4大フォームの戦力【左腕】ガルルフォームの野獣的な動きやガルルセイバー(剣の動き)
    【右腕】バッシャーフォームの射撃の力。
    【胸】ドッガフォームの超パワーと防御力。
    【頭】キバフォームのスピードやマシンテクニック、キック技も使える。

  • 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム

    キバ(KING OF VAMPIRE)の鎧を拘束するカテナ(鎖)を解き放ち、
    全エネルギーを開放したキバ本来の姿。
    キバの鎧は元々ファンガイアの皇帝たる者のために作られた専用の鎧であり、
    着用するには相当の資質が必要となる。
    だが一方でこの鎧を装着できた者は未知数の防御力、攻撃力を持ち、
    単体で一国を滅ぼすほどの力を放出する。

    凄まじい魔皇力の影響により全身のルシファーメタルは黄金に輝き、
    キバットの目も虹色に変化している。

    身長:210cm
    、体重:100kg
    、パンチ力:18t
    、通常キック力:32t
    、ジャンプ力:ひと跳び180m
    、走力:100mを3秒
    、必殺技:エンペラームーンブレイク(破壊力150t)

    キバの鎧は装着者自身のライフエナジーを滋養とするため、
    キング以外の者がエンペラーフォームを纏うことは命を削る行為になる。
    ノーマルキバの鎧に拘束具が仕込まれていたのは、その危険性を緩和するためのものだった。
    ではなぜ渡がキバの鎧を纏えるのか?
    そして、この鎧の本来の所有者であるキングとは?

    <必殺技:エンペラームーンブレイク>

    鎧のルシファースナイフも魔皇力を注ぎ、足裏に移動させることによって、
    必殺技のエンペラームーンブレイクを発動する。 ダークネスムーンブレイクの5倍以上の破壊力を持つ。

  • タツロット

    背にインペリアルスロットを持つ黄金の竜。
    小型のドラゴンであるゴルディ・ワイバーンをファンガイアが改造したもので、
    キバの鎧を拘束するすべてのカテナ(鎖)を断ち切り、キバを究極覚醒(ファイナルウエイクアップ)させる禁断のキー。
    現在、渡が使用するキバの鎧(ノーマルキバ)は、覚醒の危険性を鑑みて
    全身に拘束具とカテナが仕込まれているが、タツロットはその拘束「鍵」を外す事が出来る。
    背面のインペリアルスロットが回転することで、
    背に揃った図柄によって「モンスターフィーバー」を発動、エンペラーキバに超力を授ける。

    性格はお調子者で、図太い神経の持ち主。「ドラマティックに行きましょう!」
    「テンションフォルティッシモ」「どいてくださいキバットさん!」など小生意気なセリフを話す。

    語源は竜+スロットを合わせたもので、これ自体が武器に変形するのではなく、
    ガルルセイバー、バッシャーマグナム、ドッガハンマーに装着して使用される。

    ■ガルルフィーバー【→】エンペラーハウリングスラッシュ:ガルルフィーがーが発動し、ガルルセイバーと
    タツロットが合体。
    タツロットが口から吐き出す炎で大空を高く上昇し、天空から切りつける。

    ■バッシャーフィーバー【→】エンペラーアクアトルネード

    ■ドッガフィーバー【→】エンペラーサンダースラップ

  • 仮面ライダーキバ 飛翔態

    エンペラーフォームに次ぐさらなるキバの覚醒形態。
    ファンガイアと別種族のハーフのみが変身できる素質を持つが、
    体内に標準値以上の魔皇力を有する者だけが完全なる飛翔態になれるとされる。
    必殺技はブラッディストライク
    飛翔態時の魔皇力は凄まじく、キバットでも完全なる制御は出来ない。
    もし暴走した場合には、キバットは自身の魔皇力をもって刺し違える覚悟で飛翔態の身体にとどまり続けている。

  • ザンバットソード

    ファンガイアの皇帝(チェックメイトフォーのキング)のために作られた大剣がザンバットソード。
    もともとは、ファンガイアのキングを主として認めているため、キング以外の者が持つと暴走を始める。
    ザンバットソードは渡を資格者として認めたが、完全に制御することは不可能であった。

    ザンバットソードに喰いついているのがザンバットバット(通称ザンバット)。
    一種の思念体ともいえる幻影怪物で、ガルルたちのパーソナルがそのまま反映されているため、彼らの言葉を使って話しをすることがある。

    <通常攻撃>
    ザンバットバットを刃身でスライドさせ、パワーを充填。=刀身を研ぐと、ザンバットブレード全体に魔皇力が高められる。
    <最終必殺技>
    キバットがウェイクアップフエッスルを吹くとザンバットが覚醒する。刀身の切れ味を使って極限まで高め、
    必殺技「ファイナルザンバット斬」につなぐことができる。

  • マシンキバー

    キバットバット?世がキバに与えた真紅の鉄馬。
    キバット族の工芸の匠・モトバット16世の手による、
    最強の鉄馬・・・というのがキバットによる講釈だが、
    どこまで真実かは定かではない。
    高速走行中はシャドウベールという見えないバリアに包まれ、
    搭乗するキバを衝撃や攻撃から守る。

    渡も普段マシンキバーに乗る。
    全長:2510ミリ
    、全幅:940ミリ
    、全高:1090ミリ
    、装備重量:220キロ
    、最高速度:520キロ/時(0〜400メートル加速:3.2秒)
    、最大出力:367.5kw/8500rpm

  • ブロンブースター

    ブロン
    ファンガイアが生み出した黄金のゴーレム「魔像ブロン」の彫刻モード。ブロン自体に意志はなく、魔皇石を通じて受けた命令に従って行動。
    内部に有する強烈な魔皇石で、合体融合した相手の力を増幅させる。

    身長:2020mm 体重:540kg 飛行速度:時速560km

    ?キバが「ブロンフエッスル」を吹くことでブロンが呼び出される。

    ?ブロンが中心から前後に分かれ、マシンキバーの前部と後部に合体

    ?ブロンブースターが完成!前輪を動かしてウイリー走行し、敵に突進!

    ブロンブースター
    マシンキバーに魔像ブロンが合体した形態。14発のブーストからなる動力ユニット「マオーブースト」の生み出す推進力で、驚異的なパワーとスピードを発揮。
    また、フロントカウル両サイドのナスカセンサーで搭乗者なしの自動走行も可能。

    全長:4360mm 全幅:1225mm 全高:1090mm 装備重量:760kg 定置最高速度:時速1550km(0→400m加速:1.2秒) 最大出力:4263.5kw/12000pm(フルブースト時)

  • キャッスルドラン

    キバに協力する城形の巨大モンスター。
    普段はビルなどに姿を変えているが、月の影響を受ける間だけ自然に実体化する。
    キバが倒したファンガイアの魂を吸い込む。

    キバはドランフエッスルで巨大なドラゴンの城・キャッスルドランを呼び出し、中にいる仲間のモンスターの力を借りてファンガイアを倒す!

    キャッスルドランには人間の姿をしたモンスター(ガルル、バッシャー、ドッガ)が幽閉されている。
    どうやら20年ほど前に封印されたようで、そこには音也の行動が関係するようなのだが・・・。

    また、キャッスルドランへは一定の条件が揃えば渡も行くことができる。

    ファンガイアが移動戦闘拠点として元ドラン族最強の怪物グレートワイバーンの身体に城を築城。
    普段は高層ビルの一角に擬態し、睡眠を貪る。主食はライフエナジー。
    キバが倒したファンガイアのライフエナジーを体内に幽閉されたガルルたちと均等に分け合う。

    体高:32m 全長:41m 体重:18000t 推定年齢:320歳(人間の32歳相当) 最高歩行速度:時速80km 飛行速度:時速120km

    シュードラン

    キャッスルドランに味方する小型のドラゴン。下部から爆弾を落とす。

    キャッスルドランの上部の後ろにシュードランが合体することで、キャッスルドランは攻撃的になりパワーアップ!巨大な敵をミサイルで粉砕!

    ファンガイアが偵察&爆撃用に改造を施したドラゴン族の幼生獣。キャッスルドランと合体することで同属の血が共鳴し、
    キャッスルドランの野獣本能の眠りから覚醒させる。
    キバが主人だがフエッスルの音波をキャッチできない幼生獣がベースなので、
    召還はキャッスルドランのみ可能。キャッスルドランが危機に際してあげる咆哮を聴いて駆けつける。

    体高:10.2m 全長:15.3m 体重:2800t 推定年齢:80歳(人間の8歳相当) 最高飛行速度:時速1100km

スポンサーリンク
スポンサーリンク