『電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑 (別冊映画秘宝)

やっと映画「電人ザボーガー」を観てきましたよ! 面白かったです〜〜 v(^▽^)v
ピー・プロ作品と井口節って、こんなにマッチするのですね(^^) 何かツボが多すぎて、笑いこらえるのが必死でした。
ウチが観た回のお客さんは大人しくてシーンとしていたので、クククってなってました(≧▽≦)
最初 青年期の方しか興味がなかったのですが(・・;) 板尾創路さんの大門豊が古原さん以上に熱かったですね!
ん~ いっぱい感動しましたよ~
ってな感じで。 最近ずっと野球頭になっていたのですけど(^_^;) 今日はすっかりピープロ頭w
宇宙船別冊 電人ザボーガ―」も、ネタバレ怖くて開けてなかったのですが、やっと見られます!
タッチャンさんコメントで知ったのですが
10月14日に「別冊映画秘宝 電人ザボーガー&ピープロ特撮ヒーロー大図鑑」というムックが発売されていたのですね!

70年代、円谷プロと人気を二分した特撮プロダクション、ピープロが生み出した傑作のすべてを網羅する完全保存版!2011年10月全国ロードショーの話題の劇場版『電人ザボーガー』(『片腕マシンガール』井口監督最新作)の最新情報と、旧作『電人ザボーガー』の世界を徹底解明!特撮マニアなら納得のスペシャル・インタビュー井口昇(劇場版『電人ザボーガー』監督)千葉善紀(同・プロデューサー、日活スシ・タイフーン仕掛人)西村喜廣(同・特殊造型、『東京残酷警察』監督)その他、出演陣も登場!

Amazonのレビューでは

「宇宙船別冊 電人ザボーガ―」はザボーガーがメインのムック本でした(他のピー・プロダクション作品についても軽くは触れられていますが)。
こちらは「ピー・プロダクション全体」についてのムック本です。
ピープロの特撮作品全部(マグマ大使、スペクトルマン、ライオン丸、etc.)についてのカラー資料と解説。
各作品の怪人・怪獣についても(1枚ずつとはいえ)写真が載っています。
さらに「ピー・プロダクション自体の歴史」や特撮以外のアニメ作品、他社作品に協力した仕事の紹介。
当時の状況を出演者・スタッフに大勢インタビューされており、時代の空気や雰囲気が分かります。
もちろんザボーガーもTV版・劇場版共に取り上げられています。
ストーリー紹介、出演者の衣装やザボーガーのカラー写真、監督へのロングインタビュー、撮影記録、きくち英一氏へのインタビューなどがあります。
財布に余裕があるなら「宇宙船別冊」と両方購入するのをお勧めします。

ピープロ作品は再放送が少なくて、最近(と言っても数年前だったかな?)CSでスペクトルマン、ライオン丸2作品を見たのですが。毎週楽しみで仕方ないくらい好きでした!
なので ↓ 早速注文しました! タッチャンさん、ありがとうございます!!


『電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑 (別冊映画秘宝)

Comment