手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの13『燃えよ!ニンジャ運動会』感想。次回登場【妖怪ヤマビコ】の声は【てらそままさき】さん!

凪が主役の回。ニンジャ運動会楽しかった〜(^O^)

スポンサーリンク

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの13「燃えよ!ニンジャ運動会」

キンジ

キンジの家族の写真に最初に触れたのは、意外にも凪でしたね。
父と兄も妖怪ハンターで、幼い頃に妖怪にやられたという家族。登場があまりにも派手だったので、最近の暗さが目立ちます。

ニンジャ運動会

ニンジャ運動会は、新幹部・晦正影が仕組んだものだった。八雲と霞は気付いていて流石だなと思ったけど、やはり晦のほうが上手でした。
残った天晴、凪、キンジの三人四脚w
ズルしてる妖怪ヤマワラワたちがシュールすぎて(≧▽≦)
玉転がしで大きな岩が転がってくるのも可笑しかったけど、三人四脚も笑った~!w
凪の「合わせるのは得意」や、八雲たちを「後で謝ればいい」と斬る天晴。個性出てる!凪の実況もよかったなぁ
忍んでる忍者さんたちと一緒の、名乗り・忍者大集合バージョン!!天晴れ~!!
シノビマルとロデオマルも相変わらず動きいいですね〜!!

晦正影

十六夜という小姓はいないと言いつつも、今は泳がせておく。
単細胞の峨眉雷蔵とは全く違うタイプの晦正影。ニンニンジャーにどう絡んでくるのやら?

天空のオトモ忍

好天からの矢文。天空のオトモ忍を手懐けたものがラストニンジャに近づくわけですか。
終わりの手裏剣も、やっぱりおじいちゃんが??
ハイペースに色んなキーワードや新ネタが出てきますね~
更新しました 手裏剣戦隊ニンニンジャー:放映リスト

次回「助けてサギにご用心!」

妖怪ヤマビコの声は、てらそままさきさん
東映公式によると。「お兄ちゃん、助けて!」と電話してくる妖怪ヤマビコの声は、てらそままさきさんだそうで。予告では「騙されるほうが悪いんや!」言うてましたね。関西弁なのかな?(^O^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりのヲタ より:

    よくよく考えたら常に命を狙っている(???)相手(スターさん笑)と同居しつつも緊張感のなさがらしいというか(笑)(^.^)。
    ヤマワラワって聞くとコスモスを思い出します、中身は思っくそ違うだべが(笑)(笑)戦闘員の使い方がちょっと昭和寄りな気もしましたね。
    九衛門、最近の展開見る限り最終的にラスボスというかブレドラン的ポジションになるのか・・・・??
    次回の妖怪、なんか熊公みたいな感じになりそうですね(笑)(笑)。

  2. SICファン より:

    凪の特性は「調和」、彼がいることでニンニンジャーがチームとして機能するようになる、そんな存在だということが認識できました。6人の中では一番存在感が薄い印象だったので、今回のお話はよかったです。
    ニンジャって、他の流派の方々は普段忍んでいるだけで、実際には沢山いらっしゃるのですね。天空のオトモ忍って、まだ情報のないオトモ忍? 呼称からはガオフェニックスのようなものを想像してしまいましたが、果たして?
    次回は兄妹回? ヤマビコ+電話=オレオレ詐欺とは。楽しそうな雰囲気!