『仮面ライダージオウ』21話&22話はリュウガ編!『仮面ライダー龍騎』城戸真司・須賀貴匡さん&大久保大介・津田寛治さんが出演

『仮面ライダージオウ』の次のレジェンドが早くも発表されました!

2月3日(日)放送の「EP21」、10日(日)放送の「EP22」に、『仮面ライダー龍騎』より、仮面ライダー龍騎/城戸真司役・須賀貴匡さんと、「OREジャーナル」の編集長・大久保大介役・津田寛治さんが出演!! キター!!!

『仮面ライダージオウ』第21話&22話に『仮面ライダー龍騎』より城戸真司・須賀貴匡さん&大久保大介・津田寛治さんが出演!

『仮面ライダージオウ』第21話&22話に『仮面ライダー龍騎』より城戸真司・須賀貴匡さん&大久保大介・津田寛治さんが出演!

2月3日(日)放送の「EP21」、10日(日)放送の「EP22」は、未来からの仮面ライダー「仮面ライダーキカイ」編かと思いきや。なんと!!『仮面ライダー龍騎』城戸真司役・須賀貴匡さんと「OREジャーナル」の編集長・大久保大介・津田寛治さんが登場!!!

いやぁ 仮面ライダーのレジェンドキャストが来るとは考えてもいなかったので、ビックリ!!

真司たちの16年ぶりの復活に大喜びですね!!!
しかも、『仮面ライダー龍騎』は、2002年(平成14年)2月3日から放送開始されたので。記念すべき日じゃないですか!!

でも、ウゴたちの前に現れるのは、アナザー龍騎ではなく漆黒の「アナザーリュウガ」。

仮面ライダーリュウガとアナザーリュウガ

『仮面ライダージオウ』第21話&22話に『仮面ライダー龍騎』より城戸真司・須賀貴匡さん&大久保大介・津田寛治さんが出演!

映画『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』、「仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS」に登場した、ミラーワールドの中のもう一人の真司が変身した「仮面ライダーリュウガ」。

そのアナザーライダー「アナザーリュウガ」が、ジオウやゲイツやウォズを圧倒する存在に!!
アナザーリュウガの胸の「2002」がミラーワールド仕様になっていますね。

ソウゴたちはアナザーリュウガに襲われた人たちが、すでに閉鎖されたニュースサイト「OREジャーナル」をフォローしていたことをつかみ、かつての編集長・大久保大介を訪ねます。その大久保から真司という気持ちの熱い記者がいたことを聞き出すと、ソウゴたちはさっそく真司の自宅へと向かうのですが、その窓には全て目張りがしてあり…。

なぜ真司は窓に目張りをしているのか? ソウゴは真司からアナザーリュウガを倒すヒントを手に入れることができるのか? アナザーリュウガとの戦いを通してジオウ、ゲイツ、白ウォズの関係も微妙に変化していきます。

テレ朝公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/news/0025/

リュウガ編EP21&22は、「ジオウ」の大きなターニングポイントのエピソードにもなってるとのこと。

城戸真司と大久保編集長に2019年でまた会えるなんて!!! 嬉しすぎ!!楽しみすぎますね!!!

Comment

  1. 匿名 より:

    やっぱり今年もレジェンドライダーありで嬉しいです しかも「龍騎」じゃありませんか しかも真司君本人じゃありませんか しかし アナサーリュウガ? 「龍騎」に仮面ライダーリュウガなんていたかな? しかし リュウガ=万丈龍我 万丈龍我のアナザーか?

  2. 匿名 より:

    劇場版とはいえ、正式なライダー13人に含まれてます。
    TVスペシャルにもリュウガは出てます。
    龍騎が好きで知らないのはちょっと考えにくい。