『仮面ライダージオウ』第21話あらすじ。事件の鍵はOREジャーナル!ミラーワールドの城戸真司とソウゴ?仮面ライダー龍騎と…!

『仮面ライダージオウ』第21話は『仮面ライダー龍騎』より城戸真司:須賀貴匡さんと大久保大介:津田寛治さんが登場する「リュウガ編」!!

スポンサーリンク

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

次回はリュウガ編!大久保編集長久しぶり~!!何やら悩みがあるような表情の大久保編集長ですが…。

レジェンドキャストは、『仮面ライダー龍騎』より
城戸真司:須賀貴匡さん
大久保大介:津田寛治さん

脚本:下山健人さん&田﨑竜太監督!!

アナザーリュウの被害者は「OREジャーナル」のフォロワー

『仮面ライダー龍騎』のレジェンドキャストが登場するのに、「龍騎編」ではなく「リュウガ編」。
アナザーライダーもアナザーリュウガが登場!!

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

文字が反転してますね~

ジオウとライダーゲイツの攻撃をそのままの威力で跳ね返すアナザーライダーが現れた。これまでにない強力な敵に手を焼くソウゴ(奥野壮)、ゲイツ(押田岳)らは、アナザーライダーの被害者が「OREジャーナル」というニュースサイトをフォローしていたことを知る。

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

アナザーライダーの被害者は「OREジャーナル」のフォロワー。

大久保編集長と会い、城戸真司の自宅へ

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

「城戸真司という記者がいたんだ。」

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

「OREジャーナル」は閉鎖され、大久保編集長は「元編集長」のようですが。
大久保編集長から「城戸真司」という名前を2019年に聞けるなんて!!

閉鎖された「OREジャーナル」の元編集長・大久保(津田寛治)から真司(須賀貴匡)という記者がいたことを聞いたソウゴらは真司の自宅へ。が、真司は窓を目張りし、ストーブをつけた部屋で倒れていた。室内のガラスや鏡もなぜか全て紙で覆われていて…。

真司の自宅は窓を目張り、ガラスや鏡も全て紙で覆う。ってシーンはTVシリーズでもありましたよね。

鏡の中の世界 ミラーワールド

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

真司を救出したソウゴらはアナザーライダーが鏡など、姿が映る物から出入りしていたことを掴む。それで真司は部屋の鏡などを紙で覆っていたのか。どこから現れるかわからず、しかも攻撃を跳ね返すアナザーライダーをどう倒すのか。ゲイツはある攻略法を口にするが、それには自らの命も危険にさらすことに…!?

テレ朝公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

「失われた鏡の中の世界があるって…」

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

攻略法とはミラーワールドで戦うということでしょうか???

ミラーワールドの城戸真司とソウゴと仮面ライダージオウ

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

城戸真司キター!! 雰囲気から、ミラーワールドの城戸真司っぽいですね~

「仮面ライダー龍騎と会った気分はどうだい?」

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

「俺はお前だ。鏡の中のな」

って、鏡の中のソウゴも登場ですかい!!

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」あらすじ&予告

仮面ライダージオウも文字が逆になってる!!!

そして

リュウガ編でのさらなる展開も興味深いところです。

●アナザーリュウガとの戦いを通して ジオウ、ゲイツ、白ウォズの関係も微妙に変化。
●リュウガ編EP21&22は、「ジオウ」の大きなターニングポイントのエピソードにもなっている。

アナザーリュウガは龍騎ウォッチでは倒せないのですよね?

仮面ライダージオウ DX龍騎ライドウォッチ
仮面ライダージオウ DX龍騎ライドウォッチ
2018年9月22日発売 | ¥ 1,620 | JANコード:4549660298489 | 販売元:バンダイ(BANDAI)

コメント