『仮面ライダージオウ』仮面ライダー龍騎ミラーワールドの過酷な撮影が明らかに!●●さん早朝撮影続くが…果たして?

『仮面ライダー龍騎』のミラーワールド。『仮面ライダージオウ』第21話と第22話の「リュウガ編」に登場するミラーワールドも、過酷な撮影となったようですね。

スポンサーリンク

2019年『仮面ライダージオウ』と2002年『仮面ライダー龍騎』のミラーワールドの撮影

2019年『仮面ライダージオウ』と2002年『仮面ライダー龍騎』のミラーワールドの撮影

『仮面ライダー龍騎』で13人のライダーたちがバトルロイヤルを繰りひろげた鏡の中の世界「ミラーワールド」。
『仮面ライダージオウ』第21話と第22話の「リュウガ編」にも登場し、全てが反転した世界が2002年同様に再現されていましたが。
鏡の世界を表現は、2002年と2019年とでは違っているようです。

『仮面ライダー龍騎』当時のミラーワールド

『龍騎』当時は、ミラーワールドに生身の人間が登場することはほぼなく、高岩さんたちに鏡像スーツ着用・左利き演技をしてもらい、映像を左右反転することで鏡の世界を表現していました。

スーツアクターさんたちの鏡像スーツがあり、左利き演技。映像は左右反転だったのですね~

『仮面ライダージオウ』のミラーワールド

『仮面ライダージオウ』第21話「ミラーワールド2019」

『仮面ライダージオウ』では、ソウゴがソウゴ(ミラーワールドバージョン)と出会うというシチュエーション。龍騎ではなかった展開ですね。

そこで

背景用の看板を2種類つくり、このカットは被写体は正像で背景が鏡像、このカットは被写体が鏡像なので背景は正像、このカットは両者が入り乱れる合成……と、カットごとに緻密に計算した上で撮影に挑みました。

ソウゴ(ミラーワールドバージョン)の変身ポーズは逆になっていて、大変だろうなと思っていましたが。ソウゴ本人は普通にやって、その鏡像を撮影していたのですね!
でも、普通のソウゴやジオウを撮るときは、背景はミラーワールドバージョンにしないといけないので、背景用の看板が2種類必要!!

しかも、2人のソウゴやジオウの合成もあり

丸一日がかりの撮影を終え、ヘトヘトになった田﨑監督と宮崎アクション監督は、編集された映像を見て、「あんだけ苦労したのに、つないだらたったこれだけ?!」とガクゼンとしていましたとさ。

(文責・白倉伸一郎)
平成仮面ライダー20作品記念公式サイト:https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/22

いやぁ 観てるほうは「ミラーワールド キター!!」なんて懐かしくワクワクしてましたが、裏では大変な苦労があったのですね。第22話でも、かみしめて観たいです(^^)

仮面ライダージオウ スピンオフ PART2 RIDER TIME 仮面ライダー龍騎

3月に配信となる『仮面ライダージオウ スピンオフ PART2 RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』にもミラーワールドは出てくるのかな?

『仮面ライダージオウ』スピンオフ第2弾は『仮面ライダー龍騎』

出演者:須賀貴匡、奥野壮、押田岳 ほか
監督:柴﨑貴行
脚本:井上敏樹
プロデュース:白倉伸一郎、武部直美(東映)

2019年3月末よりビデオパスにて独占配信予定
対象:ビデオパス会員
初回30日間無料 見放題プラン:au公式/ビデオパス

今のところ、発表されている出演者は3名だけ。「ほか」が気になるところですが

朝が早い撮影は、出演妄想が進みます…(^〇^)

城戸真司と秋山蓮の共演が観られるなら超嬉しいですけどね~
そして、秋山蓮とゲイツの共演も、どんだけ似てるか見てみたい(^^)

仮面ライダージオウ DXミラーワールドウォッチセットicon
仮面ライダージオウ DXミラーワールドウォッチセット

仮面ライダージオウ DXライドウォッチセットVOL.1icon
仮面ライダージオウ DXライドウォッチセットVOL.2icon
『仮面ライダージオウ』DXライドウォッチセットVOL.1と2が11時受注開始!クウガ・アギト・龍騎・555・剣・響鬼の最強フォーム

コメント

  1. 匿名 より:

    なんか難しいけど、
    映像自体を反転させるだけじゃダメなの?