「S.I.C.コロセウム」仮面ライダークウガ・龍騎・フォーゼ・ゴーストの中間開票速報が発表!審査員各氏のコメントも公開!

20周年を迎える「S.I.C.」。大山竜さんの仮面ライダークウガ、浅井真紀さんの仮面ライダー龍騎、坂本洋一さんの仮面ライダーフォーゼ、安藤賢司さんの仮面ライダーゴーストより、最もイマジネーションを感じるS.I.C.に投票!「IG(イマジン)=投票」により造形士たちの雌雄が決する「S.I.C. SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM」の中間開票速報が発表されました。

「S.I.C. SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM」の中間開票速報が発表

「S.I.C.」シリーズの幅をさらに広げるべくスタートした、「別系統進化」ともいえる新企画、「Superior Imaginative Colosseum(スペリオール・イマジネイティブ・コロセウム)」。

近年の造形界の名だたる原型師の方々の、最もイマジネーションを感じるS.I.C.に投票!
投票期間は4月16日までですが。その中間開票速報(公式サイト、各SNS、審査員投票を合算したIG)が発表されました。

「S.I.C.コロセウム」仮面ライダークウガ・龍騎・フォーゼ・ゴーストの中間開票速報が発表!審査員各氏のコメントも公開!

  • 大山竜 × 仮面ライダークウガ:75,709(IG)
  • 浅井真紀 × 仮面ライダー龍騎:127,444(IG)
  • 坂本洋一&KOMA × 仮面ライダーフォーゼ:119,213(IG)
  • 安藤賢司 × 仮面ライダーゴースト:78,125(IG)

中間開票速報の得票数では、浅井真紀さん造形の「仮面ライダー龍騎」が1位という結果に!

投票期間:4/16(火)まで。毎日投票できます!
結果発表:4/23(火)得票数に応じて、優先的に商品開発が進行。1位になった造形士は、エキシビジョンとしてさらなる造形に着手する権利を獲得します。
S.I.C. SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM スペシャルページ:https://sic-colosseum.tamashii.jp/

早瀬マサトさん・竹谷隆之さん・高瀬ゆうじさん・泉勝洋さんの審査員各氏によるコメントも公開されています。

Comment

  1. SICファン より:

    曜日の帰りに真骨彫オーズ等の予約にヨドバシアキバに行くと、展示が、S.H.F.アニメ版ULTRAMAN 2体、真骨彫キバ&オーズ、S.I.C.コロセウム4体に入れ替えられていたので、じっくり見てきました。試作品実物を見た感想を少々。
    大山竜×クウガ:ブラックのベース部分は昆虫、赤のアーマー部分は炎の意匠というのは、サプライズが無く誰もが思いつくアイディアだとは思いますが、その造形の細かさ・細やかさはおそらく手に取って見なければわからないほど。竹谷クウガ、安藤クウガが存在していなければ、十分に初代S.I.C.クウガとして成立したかと。
    浅井真紀×龍騎:ドラグレッダーが二足直立して龍騎を並び立つ写真が公開されていますが、あの印象のとおり、ドラグレッダーは大き過ぎはしません。ただし龍騎の肩に装着した楯は、想像より大きく羽のように見えました。ドラグレッダー、ドラグブラッカーを和風の龍にアレンジした安藤龍騎/龍騎サバイブ、リュウガ/リュウガサバイブが存在する中、サプライズこそありませんが、ドラグレッダーのパーツを龍騎の武器とする際のデザインにはすべて独創性があり、龍騎本体、ドラグレッダーともにとても美しく造形されています。龍騎本体にいたっては、仮面ライダー全般に通じる泥臭さがなく、線の細いイケメンを想起させるかのよう。S.I.C.で商品化されなかった龍騎ライダーを補完してもらえると嬉しい。この人のオーディンは見てみたい。
    坂本洋一×フォーゼ:ロケットモジュールは写真で想像していたより太く長く感じました。頭部、手、足のサイズ/ボリュームのアレンジがとてもよいです。全体的によいフォルムだと思います。不良ポーズも決まります。ただし、科学考証的にもっとリアルなメカに近づけてほしかった。これは個人的に大いに残念です。
    安藤賢司×ゴースト:オリジナルの尊重と拡大解釈が絶妙。オリジナルを単純にブラッシュアップしてカッコよくしただけのように見えて、設定をより強調したかのようなディティールの追加が秀逸。ガンガンセイバーを本当の燭台にする発想、ユルセンを付け加えるサービス精神、ムサシ魂への換装により他のフォームの実現を夢想させるところなど、審査員にミスターS.I.C.と呼ばれるだけのことはあります。胸を貸すような横綱相撲だと感じます。