『魔進戦隊キラメイジャー』ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所!3要素は怒り・憎しみ・嫉妬!クリスタリア宝路と知合い?

『魔進戦隊キラメイジャー』ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所

「ガルザとクランチュラのジャメンタル研究所」
2020年6月14日放送

監督:竹本昇
脚本:荒川稔久

EP7、EP8をヨドン軍の視点から振り返る特別編!

ガルザのナレーション「人が輝くとき、そこに奇跡が生まれるだと?くだらん!ヨドン様が絶対お許しにならない。そいつらの名は」「魔進戦隊キラメイジャー!」からスタート(^^)

ジャメンタルが求める3つの要素が明らかに!
そして今回も、未公開シーンは左上に「蔵出しカット」が登場しましたね。

邪面師はエリート中のエリート!

『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード7「トレーニングを君に」

ベチャットの中からエリート中のエリートが邪面師になることが明らかになりました。
知能・身体能力が進化すると、体の色が変化してくる!それが、機が熟したという合図。

「ジャメンタル」をコントロールする要素1「怒り」

クランチュラによると「ジャメンタル」をコントロールするには3つの要素が必要。
その要素の一つは「怒り」。

『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード8「エクスプレス電光石火」

レーネツダガメスとガルザが操縦するスモッグジョーキーでキラメイジンを攻撃する中。ホワイトキラメイストーンが魔進エクスプレスとなり、光の巨神キングエクスプレスに!

次々に魔進を生み出すキラメイレッドへの「怒り」こそが、ジャメンタルをコントロールする要素の1つ。

「ジャメンタル」をコントロールする要素2「憎しみ」

『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード8「エクスプレス電光石火」

ガルザは、死してなお自分の邪魔をするオラディン王に「憎しみ」を感じた。
「ジャメンタル」をコントロールする要素2つめは「憎しみ」。

「ジャメンタル」をコントロールする要素3「嫉妬」

「ジャメンタル」をコントロールする3つ目の要素は「嫉妬」。

『魔進戦隊キラメイジャー』エピソード7「トレーニングを君に」

ガルザの愛するスモッグジョーキーが乗っ取られ意のままに操られた。
その「嫉妬」心がジャメンタルを開放させた。

さらに

キラメイレッドの王に匹敵する想像力。
キラメイレッドを支える仲間たち。
どれもガルザが持ちえないもの。

ガルザは、怒り・憎しみ・嫉妬の3要素でジャメンタルを高め、キラメイジャーたちを闇に沈めることを誓う。
再び、クランチュラの「ガルザ、怖っ!!」が聞けました(^^)

蔵出しカット

●オラディン王がマブシーナに「休んでる暇などない」と言うシーンで「これでは、お肌の輝きもガタ落ちするな」と親子で笑うシーンが蔵出し!

●ガルザがマシンジョーキーを呼ぶシーン
●ガルザが魔進エクスプレスを「速い」と言ったあとで、キラメイジャーたちがふきとばされるシーン

●オーブン邪面を倒し集まるキラメイジャーたちを下から撮ったカット
●キラメイジンVS邪面獣レーネツダガメスの巨大戦 キック&ファイヤー!

クリスタリア宝路とガルザは知り合い?

エンディングに登場したクリスタリア宝路を見たガルザが
クリスタリア宝路、何故ヤツが地球にいるのだ?」と!!

名前が「クリスタリア」なので「クリスタリア」と関係がありそうだと想像しますが。ガルザとも知り合いのようですね。
登場が待ちどおしい~!!

Comment