仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーセイバー』第30話「絆、切り裂かれても。」倫太郎のエクレア記念日!メギド化した芽依ちゃんを救えずボロボロに…

『仮面ライダーセイバー』第30話「絆、切り裂かれても。」

第30章「絆、切り裂かれても。」
2021年4月11日放送

脚本:福田卓郎
監督:石田秀範

ついに倫太郎がエクレアを食べる!ソフィアと共に今後の対策を練る飛羽真たち

ノーザンベースに戻ってきた倫太郎は「一緒に戦わせてください!」と頭を下げ、ついに芽依ちゃんが用意したエクレアを食べることができました!!
倫太郎の感想は「しょっぱいです」(^^)

真の敵はマスターロゴス。戦うべき相手がはっきりしたうえで、ソフィアと共に今後の対策を練る飛羽真たち。

マスターロゴスの傍には煙の剣士で物理的な攻撃が効かない神代玲花/仮面ライダーサーベラと、瞬間移動して攻撃してくる神代凌牙/仮面ライダーデュランダルの2人が居る。

マスターロゴスは全知全能の書の一部を持っていて。
メギドたちも全知全能の書に近づいているはず。
さらに本にされた人たちも救わなければならない。

現時点でのやるべきことが、ある程度見えてきましたね。

芽依ちゃんがネコメギドに!人をアクセサリーにしてしまう!

やっと倫太郎が戻ってきたというのに、芽依ちゃんにワンダーワールドが見えてしまう。

ネコメギドが出現。飛羽真と倫太郎は現場に急行し変身!
セイバーはメギドにされた人を分離しようとするが、ネコメギドは人間から作ったアクセサリーを身に着けていて、手を出せない…!

さらに、その正体が芽依ちゃんだとわかる!!

怒り爆発のブレイズの前に、ズオスまで登場。
メギドが人をアクセサリーにしていて、大勢の人が消えている。
今のところ唯一人とメギドを分離できるユーリは、タッセルのところへ行ってしまいいない。
早く芽依ちゃんを分離しなければ消滅してしまう。

気負いの倫太郎は感情のコントロールができなくなり
自分で助けると言い放つと一人走り去ってしまう。

蓮がデザストからスカウトされる!尾上さんの声は届かず…

ひとり別行動の蓮は、デザストからスカウトされていた。
「強くなりたいなら俺と来い」

尾上さんは蓮を連れ戻すよう説得するが。尾上さんが相手でも「ほっといてくれ」と聞き入れてくれませんね…。
このままではデザストに利用されてしまいそう。

仮面ライダーブレイズ VS ズオス怪人態!倫太郎は芽依ちゃんを救うことができない…!?

「助けて、倫太郎」
芽依ちゃんが倫太郎に救いの手を差し伸べたのに
倫太郎では芽依ちゃんを救うことができず… ズオスは芽依ちゃんのことを「お前らをおびきよせる餌」と言う。

仮面ライダーブレイズ VS ズオス怪人態
さらに芽依ちゃんもネコメギドとなりブレイズに襲いかかる。

ブレイズは、セイバーのように剣が光れば芽依を分離できるかも…と気持ちを込めるが、剣は光らない。
ついに倫太郎は変身解除に追い込まれる。

分離のチャンスに飛羽真は倫太郎を救い…芽依ちゃんは助けられず…

倫太郎の戦いを遠くから見つめる賢人。
「須藤芽依が犠牲になり倫太郎も… これも世界が救われるためだ」と未来を予測する。

ソフィアさんは「それでもセイバー達は諦めませんよ」と。

倫太郎は、変身解除しても、ズオスに立ち向かっていたし。
倫太郎を救ったセイバーはネコメギドから芽依ちゃんをもう少しで分離するところまでいく。

倫太郎は再びブレイズに変身。でもボロボロにやられてしまい
「ごめんなさい芽依さん。僕は弱い…」と、芽依ちゃんを救えないことで心はズタズタ。
最後の手段、ズオスの動きを封じることに徹し、ネコメギドをセイバーに託す。

セイバーも今度こそとネコメギドに斬りかかるが。変身解除した倫太郎にズオスが襲い掛かり、セイバーは倫太郎の救出に切り替える。

芽依ちゃんを救えず、ズオスとネコメギドは立ち去ってしまいました…。

倫太郎は飛羽真に
「僕なんかどうだっていい。どうして芽依さんを助けてくれなかったんですか」
と激しい怒りをぶつける…。

エンディングでは、倫太郎だけがポツンひとりでしたね。

倫太郎!!!!

Comment