仮面ライダーセイバー

『仮面ライダーセイバー』第42話あらすじ。2千年の時を経て出会うストリウスとタッセルの結末とは⁉デザストに残された最後の時…

『仮面ライダーセイバー』第42話「はじまる、美しい終わり。」あらすじ&予告

第42章「はじまる、美しい終わり。」
2021年7月4日放送

脚本:福田卓郎
監督:上堀内佳寿也

https://twitter.com/saber_toei/status/1408946209218125827

ストリウスの力で世界崩壊が始まる!飛羽真の前にストリウスが!デザストが!

「ワンダーワールドが侵食していきます」
ストリウスの力で世界崩壊が始まる!

ワンダーワールドが現実の世界を侵食し始めた。世界が滅びる前に食い止めなければ…。

剣士たちは自らの剣を使い、懸命にワンダーワールドの侵食を食い止めようとする。そんな飛羽真(内藤秀一郎)の前にストリウス(古屋呂敏)が現れた。「まもなく物語に結末が訪れる」と勝ち誇るストリウスに怒りを露わにする飛羽真。が、そこへ今度はデザストが現れた。

「お前が邪魔だ、炎の剣士」
飛羽真に対して敵意をむき出しにするデザスト。狙いはストリウスと同じなのか、それとも…!?

次回予告|仮面ライダーセイバー|テレビ朝日
テレビ朝日「仮面ライダーセイバー」番組公式サイト。《聖なる刃》で世界を救うその名も…『セイバー』!!閉塞感をぶち破り、失われた世界を取り戻せ!時代が求める新ヒーロー誕生!!。2020年9月6日(日)放送スタート!

飛羽真の前にストリウスが現れ
「お前が邪魔だ、炎の剣士」とデザストも現れる。

予告のデザストはとても寂しそうで、連が進む道しるべになるのかも…とも思えてきますが、狙いは果たして?

デザストに残された最後の時間…!2000年の時を経て出会うストリウスとタッセル、その結末とは…!?

「やっぱりダメだ。今のままじゃ!」
「連は必ず答えを見つける」

デザストに残された最後の時間
仮面ライダーセイバーと戦うデザストは!?

飛羽真は力を手にすると現実世界から消えることを改めて突きつけられる。それは賢人が見た未来と重なる。それでも飛羽真はルナとも会い、皆とも別れない、新たな運命を切り開くと誓う。しかし、タッセルがルナ迎えに行った時、ルナの姿は消えていた。代わりにタッセルの前にストリウスが現れる。2000年の時を超えて再会した旧友との出会いは何をもたらすのか?
不死身であるデザストは傷ついた自らのブックを見つめて蓮に刃を向ける。それぞれの結末に向かって物語は進んでいく。美しい終わりを目指して――。

仮面ライダーセイバー 第42章「はじまる、美しい終わり。」あらすじ | 仮面ライダー公式ポータルサイト 仮面ライダーWEB | 東映
仮面ライダーセイバー 第42章「はじまる、美しい終わり。」あらすじ

「ごめんね。飛羽真…」
タッセル…!!!

2000年の時を経て出会うストリウスとタッセル、その結末とは…!?

Comment

  1. 匿名 より:

    デザストには残された時間がないように思えます、デザストは連に最期の力を与えるためと連を仲間の元に戻したいからワザと連の前でトウマと
    戦い散ろうとしているんじゃないでしようか?