仮面ライダーリバイス機界戦隊ゼンカイジャーウルトラマン

特撮ホビー誌11月:仮面ライダーリバイス新正義のライダーまさかの登場⁉ゼンカイジャー最強ロボ⁉グリッタートリガー大バトル!

(10月30日追記)
秋晴れ気持ちの良い週末(^^)
10月29日発売てれびくんとテレビマガジンも面白かった~!

特撮ホビー誌11月:仮面ライダーリバイス新正義のライダーまさかの登場⁉ゼンカイジャー最強ロボ⁉グリッタートリガー大バトル!

この記事のSICファンさんコメントにて掲載内容いろいろ頂いています。
(SICファンさん、いつもありがとうございます!)

あと、東映ヒーローMAXは12月に発売されるようですね。後ほどお知らせします。

(10月27日追記)
10/26発売「フィギュア王 No.285」に掲載予定だった「ウルトラグッズコレクション ウルトラマンZ」から、「【特集】大鉄人17 鋼鉄の巨人が超合金魂で完全復活!!」に変わっています。

(10月14日記事公開)
『仮面ライダーリバイス』『機界戦隊ゼンカイジャー』『ウルトラマントリガー』などの新情報やおもちゃ情報。

10月25日発売「ホビージャパン2021年12月号」、10月26日発売「フィギュア王 No.285」、10月29日発売「てれびくん2021年12月号」「テレビマガジン 2021年12月・2022年01月合併号」が予約開始になりましたので。2021年10月下旬発売 特撮&ホビー雑誌情報をまとめておきます。

予告より

  • 仮面ライダーリバイス:まったく新しい正義のライダーがまさかの登場!?
  • 機界戦隊ゼンカイジャー:最強のロボが登場!?
  • ウルトラマントリガー:グリッタートリガー エタニティ、大バトル!

月刊ホビージャパン2021年12月号

2021年10月25日(月)発売:月刊ホビージャパン2021年12月号

今年もやります!
【別冊付録】誌上開催!全日本模型ホビーショー 2021 B5判・オールカラー100ページ 「全日本模型ホビーショー」の開催中止を受けて、ホビージャパン編集部がホビーショー出展予定アイテムの数々を徹底紹介! ホビーファンの皆様とメーカー各社様の想いを繋ぐ一助となるべく、商品の魅力を全力でお伝えします!!

【巻頭特集】境界戦機 SUNRISE BEYOND×BANDAI SPIRITSによる完全新作ロボットアニメーション『境界戦機』。本作の最大の特徴は登場するロボット「AMAIM」をデザインするにあたり、“工業デザイン”という視点を取り入れたことと言えます。これにより、AMAIMは現実世界からのつながりを強く感じさせ、また本作が西暦2061年の日本を舞台にするという現時世界からの地続きのような世界観も相まって、ほかのリアルロボット作品とは一線を画するものになっています。

次号では10月4日よりアニメ放送開始となる本作を巻頭特集にてお届けします。この“工業デザイン”という視点が作品やメインアイテムとなるプラキットにどのような化学変化をもたらしたのかを、前半は関係者インタビューを交え、後半はHG『境界戦機』シリーズを存分に遊びつくすという2部構成で紐解いていきます。先行して連載中の公式外伝『フロストフラワー』も合わせて大ボリュームになっておりますのでご期待ください。
※掲載内容は変更となる場合がございます。

フィギュア王No.284

2021年10月26日(火)発売予定:フィギュア王No.285

【次号予告】 10/26(火)発売 285号 ¥1,200
・ウルトラグッズコレクション ウルトラマンZ
 大人気企画のウルトラ版! これまでに発売された『ウルトラマンZ』の玩具・グッズが今ここに集結! 『Z』誕生秘話に迫ったメイキング企画では、秘蔵のデザイン画も多数掲載! 永久保存版の大特集!

特撮ホビー誌10月:仮面ライダーリバイス新フォーム&敵に大異変⁉ゼンカイジャー最強の武器⁉ウルトラマントリガー最強戦士にパワーアップ!

(SICファンさん、コメント情報ありがとうございます!)
※掲載内容が、次号予告と変わる場合もあります。

でしたが、

【特集】大鉄人17 鋼鉄の巨人が超合金魂で完全復活!!に変わっています。

まもなく放送から45年を迎えようとする『大鉄人17』。その中でGX-101として超合金魂 大鉄人17の商品化が決定。フィギュア王では発売を記念して、大鉄人17を振り返りつつ、その魅力を紹介していく。作品解説、登場キャラ、ブレインロボット大図鑑。さらに当時発売されていたグッズも「大鉄人17グッズコレクション」として紹介していく。もちろん超合金魂として発売されるGX-101 大鉄人17も徹底紹介するぞ。

■CCP×フィギュア王 誌上販売企画 CCP Muscular Collection No.EX ジャスティスマン 漆黒Ver.
■剣士たちの新たな物語が始まる! 仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)
■テン・ゴーカイジャー 公開記念インタビュー 小沢亮太(ゴーカイレッド役)
■創作の原点から最新作まで1500点を超える展示物に大興奮!! 庵野秀明展開催!!
■緊急取材!! 海洋堂製ソフビでラブユーチェンジ⁉ フィギュア王に、純烈ジャー参上!!
■エクスプラス スターエーストイズに伝説のモンスターが集結!! 巨匠ハリーハウゼンフィギュアの世界
■テーブル美術館-分館-にて黄金のツタンカーメン展開催⁉
■アクションフィギュア「1/12東亜重工製 合成人間♀」の魅力に迫る
■高価値なスケールフィギュアを創る!! セガの新ブランド「S-FIRE」の挑戦!!
■ライデンプロジェクト出発進行!! MPGトレインボット ショウキ 開発インタビュー!!

OTHER CONTENTS
●仮面ライダーリバイス
●スーパー戦隊ロボTOY列伝
●ウルトラα2021
●マジカル・トイ
●ケンエレファント印
●真海洋堂魂!
●灼熱玩具通信
●魂EXPRESS
●聖闘士星矢 Age of Myth
●VARIABLE STATIONM
●BANDAI SPIRITS プライズ情報
●D計画:Project:DIACLONE
●メカスマ研究所
●キン肉スポーツ/キンスポ
●新幹線変形ロボ シンカリオンZ
●NEXT HOBBY VIEW
●食玩ニュース
●プライズ情報
●トレカプ情報
●墓場の画廊ニュース 墓場月報
●乙幡啓子の妄想造形日記?ド素人が立体物を形にして世界を目指していくリアルな日々~
●唐沢なときのパチモン大王プチ
●買わずに悔やむぐらいなら買って後悔いたしましょう/樋口真嗣
●宮脇センムの蔵出し!プラモ道
●尾崎一男のオレの3Dにメガネはいらん!

わんちゃん05さんコメント情報によると「’ウルトラマンZ’は、次号になるみたい」とのことです。
こちらのページも更新しました。

「ウルトラグッズコレクション ウルトラマンZ」が11/26発売「フィギュア王No.286」に掲載延期!誕生秘話&秘蔵デザイン画も

(わんちゃん05さん、コメント情報ありがとうございます!)

てれびくん 2021年12月号

2021年10月29日(金)発売予定:てれびくん 2021年12月号

<付録>
●機界戦隊ゼンカイジャー:幻の本物ギア付録!ライダーギア01 仮面ライダーゼロワン
TVSPで登場した仮面ライダーゼロワンギアが付録で登場!

『機界戦隊ゼンカイジャー』幻の本物ギア「ライダーギア01 仮面ライダーゼロワン」が10/29発売「てれびくん」の付録に!

<予告>
●仮面ライダーリバイス:まったく新しいライダーがまさかの登場!
●仮面ライダーリバイス:新たなる正義のライダー現る!?
●機界戦隊ゼンカイジャー:最強のロボが登場!?
●ウルトラマントリガー:グリッタートリガー エタニティ、大バトル!
●ウルトラマンZ:漫画「戦え!セブンガー」第8話
●新幹線変形ロボ シンカリオンZ:新たなシシカリオンZ登場!?

テレビマガジン 2021年12月・2022年01月合併号

2021年10月29日(金)発売予定:テレビマガジン 2021年12月・2022年01月合併号

<付録>
●仮面ライダーリバイス:光速スタンプシューター
スタンプディスクをセットし、たたいて!撃ち出せ!

<予告>
ヒーローの最新情報が満載!
●仮面ライダーリバイス
●機界戦隊ゼンカイジャー
●ウルトラマントリガー

(記載ミス失礼しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。)

Comment

  1. SICファン より:

    25日発売の HJ 12月号からです。新商品関係は次にあげるF王の記事のほうにまとめます。UAUにはジャック、光太郎、そしてユリアという女性が登場、いかにもマットジャイロを思わせる航空機も。
    【キャラクターモデルほか】
    ・「週刊ウルトラセブン ポインターをつくる」 編集部長とメカニック考証&設定アレンジのコメントと完成品の細部紹介。
    ・メガハウス Ultimate Article ウルトラマントリガー(マルチタイプ) ¥30,800 3月
    ・ホライジング レジンキット デフォルメ レッドキング(ウルトラマンZ版) 原型製作:RYO(ねんど星人) ¥25,000 11/1
    ・レインボウエッグ レジンキット カネゴン =守銭奴の権化= 原型製作:橋本智(痛快娯楽劇場) ¥25,300 発売中
    ・[コモリプロジェクト]「我が愛しき」小森陽一(構成・写真:土井眞一):自らのコレクションルーム?にて。誰しもの手に届くようにガレキ/ソフビ/塗装済み完成品の三形態で販売することにした。
    【フィギュア・玩具など】
    《BANDAI SPIRITS》
    ・超合金魂 GX-101 大鉄人17 ¥19,800 3月予
    【ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE】(STORY:長谷川圭一、設定協力:谷崎あきら)
    UAUのクライマックス“8U”編開幕。
    ・8U -英雄- 編 第二十四話 恐怖のルート89 前編(ZERO SUIT 製作:只野☆慶)
     アリゾナ州北部に伸びるルート89。深夜の国道をモールズ・ウィルソンが運転する車が走る。グランドキャニオン国立公園近くのホテルで働いていたモールズは、気にくわない女上司に仕事のミスを責められ、ついカッとなりその上司を殴ってしまったことで職を失った。次の仕事も決まらずバーに入り浸る自分を責めた妻キャサリンも殴ってしまい、それを止めようとした子供も殴った。モールズは5時間前、離婚裁判の判決を言い渡されていた。妻と子供に対する接近禁止と多額の慰謝料の支払いを命じられた。はらわたの煮えくりかったモールズは妻と子供を焼き殺すことを楽しみに、ガソリン入りのポリタンクをトランクに積んで、ユタ州デービスの妻の実家に向かっていたのだった。急にヘッドライトの光の中に白い影が浮かぶ。白い服を着た女がヒッチハイクなのか片手をあげていた。車を停めると「家まで送って」と言われたので助手席に乗せた。その女は話しかけても微笑み続けるだけで何の返答もしなかった。「ふふっ」と女が不意に笑う。黙れと言っても笑うのを止めない女に、自分を見下していると感じ激昂したモールズは、車を停め、両手で女の首を掴み渾身の力で締め上げた。それでも微笑を止めない女は「行き先を教えてあげるわ。お前がこれから行くのは……地獄だ。はは、あははははは」と狂ったように笑い出す。愕然とするモールズには、車の真正面に、闇にゆらめく青い炎が見えた。そして視線を戻すと女が消えていた。近づいて来る青い炎に、叫び声をあげながら車をUターンさせて猛スピードで逃げ出すモールズ。青い炎が自分を車ごと焼き尽くそうと追いかけて来ると感じたモールズは、妻と子供にはもう二度と近づかないからやめてくれと叫びながら、パニックになって逃げ続けた。思わずハンドルを切ると車が道路を外れ岩だらけの荒れ地へ突っ込み横転した。数秒後、大爆音をあげ車が炎に包まれる。その様子を白い服の女が見詰めていた。
     薩摩次郎は、デイバッグ一つの軽装で、メリーランド州キャンプスプリングスのアンドルース空軍基地の一角にいた。招集を受け上海からTPC機で一人帰国したのが二日前。井出から命じられたのは、上海のガタノゾーア事件の際の報道管制を筆頭に幾つも借りがあり科特隊が頭が上がらない組織からの特命による海外派遣だった。国際運転免許を持っていることも人選の理由だとのことだったが、「行けばわかる」とだけ言われて強引に送り出され、成田から乗継を重ねて20時間を越えるフライトの末、ここに置き去られたのだった。「現地に案内人が待っている。一目でわかるよ。ものすごく怪しいから」と井出から言われていた次郎に、プロレスラーのような筋肉を黒スーツに包んだ金髪グラサンの男が近寄ってきた。左手首にはウルトラマンスーツの転送端末と思われる金属製ブレスレットが見えた。「ミスタ・サツマ? コールミー・ジャック」と話しかけられたが、すぐに日本語で「ジャックでいいよ。ジロー君と呼んでも?」と言われた。サングラスをとったジャックに耳元でこっそりささやかれた自己紹介によると、NSA(国家安全保障局)の秘密機関 MAT(Mechanized Armoursuit Team) の一員とのことだった。次郎は別の格納庫に案内され、二人は、大型ダクテッドファンを持つ見たこともないティルトローター機に乗り込んだ。「グランドキャニオンまで、ほぼ大陸を横断することになる」とジャック。
     ジャックは機内で次郎に、ある事件の真相解明を依頼した。今から三日前、アリゾナ州からカナダまで北に伸びる国道89号線で車の横転事故が起きたという。ジャックは事故現場の画像をモニターに映す。大量のガソリンを積んでいたためか丸焦げで運転手も車が棺桶になり火葬になった、とジャックが画像を切り替え、モニターには車内の白骨死体が映る。うっ!と口を押さえる次郎。ジャックは他の白骨死体も見てもらおうかと言う。一か月の間に類似の事故が四件発生し、いずれの場合も運転手は白骨化して死亡したとのこと。自分が見た死体は炎で焼かれて白骨化したものだと思っていた次郎の問いに、ジャックは車が炎上したのは一件だけだと答える。意味が解らないという次郎に対し、これを見れば分かるはずだと言ってジャックが動画を再生する。全身に包帯を巻かれ病室のベッドに横たわる男、数本のチューブが繋がれていた。その男は「……女が……白い服の女……青い火の玉だ……青い火の玉が追いかけてくる!」と口走りながら怯えていた。突如、男は大声で叫び激しく体を痙攣させ、青白い炎に30秒ほど包まれた後には、白骨化していた。何とか嘔吐を抑えた次郎を見つめ、ジャックが語り出す、不可解な自動車事故の被害者の証言は一致している、と。深夜二時、白い服の女を車に乗せ、青白い火の玉に襲われ、事故を起こした数時間後に白骨化して死亡した。幽霊の仕業を疑う次郎の発言に、ジャックは国道89号にまつわる噂話を聞かせる。この国道で轢き殺された女の幽霊がヒッチハイカーを装い、自分が死んだ深夜二時にその場所を走る車の運転手を呪い殺し白骨化させている、と。
     到着したグランドキャニオンの地下拠点で、64年型のシボレー・コルヴェアの特装車を与えられた薩摩次郎は、アリゾナ州フラッグスタッフに向かって車を走らせていた。被害者のドライブレコーダーには青い火の玉も白い服の女の姿も録画されており、実体がある可能性が高かった。また被害者の白骨遺体からは宇宙由来の可能性も高い未知のバクテリアが検出されていた。異星人が背後にいる可能性が高いから科特隊に依頼されたのだろうと想像する次郎。次郎はジャックに対し、雰囲気はまったく正反対だがどこか諸星に似たものを感じていた。
     雑多な部品や工作機械に埋もれるように作業していた男が、入ってきたジャックに声をかける「どうだ?」。冷蔵庫から六缶パックのハイネケンを取り出して早々に一缶を開けながら「どうだろうね」と答えるジャック。さらに問いただすヤプールに対し、取り出したキセルの火皿をバーナーで炙って吸い始めたジャックは「普通だったな。別の意思の存在は感じなかった。何かあるとしたら、やっぱりスーツの方なんじゃない?」と答え、ハイネケンの三缶目を開ける。「異界の戦士の意思が宿る唯一無二のスーツ……何としても見てえもんだ」とヤプール。「見られるさ。ヤツに出くわせば、嫌でもね」とジャック。
     次郎のコルヴェアが事故の多発現場まであと数kmの地点にさしかかり、時刻も間もなく深夜二時になろうとしていた。事故現場の手前でヘッドライトに白い服を着た若い女の姿が浮かび上がる。次郎は覚悟を決めて車を停め、女に話しかける。インカムの自動翻訳機能で会話には支障がない。しかし女は「戻れ」「この先には行くな。Uターンして早く戻れ」と一方的である。次郎が「乗らないんですか?」と聞くと「乗るわけないだろ。変態か、お前」と言葉を浴びせられた。次郎がすっかり困惑しているところに、女が助手席のドアを開けて今にも殴り掛かりそうな勢いで顔を近づけ「お前、私の警告を無視すると、死ぬぞ」と言い放った時、背後から別の赤い車が猛スピードで走って来た。それに気付いた女が一旦車の外に出たが、赤い車が通過して行ったのを見ると「サノバビッチ!」と汚く吐き捨て、次郎の車に再度乗り込んで「あの車を追え」と次郎に命じた。とまどう次郎に「今の車にあの女が乗っていたからだ!」と言う。「あの女……?」と言う次郎に「決まってるだろ! 青い炎を呼ぶ女だ!」と答える女。動体視力には自信のある次郎でも、通り過ぎた車の助手席に人影は全く認識できなかった。女に言われるまま赤い車を追跡する次郎。「急げ! もっと早く! 間に合わないぞ!」と助手席で女が叫ぶ。前方を走る赤い車が見えた。「よし、間に合った。あの車を追い越して停めろ! 早くしろ変態!」と一方的に命令される次郎。スピードを上げあと数mに迫った時、突如赤い火の玉が出現し、赤い車に迫った。異常事態を察知した次郎は、急ブレーキをかけて路肩にコルヴェアを停め、ゼロスーツを装着すると赤い火の玉へと向かった。赤い火の玉に見えたものは、全身に赤い炎をまとった人間型のなにものかだった。次郎は炎人間を異星人かと考えた。ゼロは炎人間と赤い車の間に立ちはだかった。炎人間は「どけ! 邪魔をするな!」という日本語とともにゼロを弾き飛ばし赤い車を追おうとする。ゼロは炎人間の後ろ手を取り引き倒す。と同時に前方から衝突音と複数の悲鳴が聞こえてきた。ゼロを振りほどき音の方へ駆け去る炎人間、ゼロもそれを追う。赤い車が横転し、三人の若い男女が這い出そうとしていた。そこに今後は青白い巨大な火の玉が出現して、若者たちに迫る。その青い火の玉に赤い炎人間が躍りかかった。一瞬怯んだかに見えた青い火の玉だったが、逆に炎人間を締め上げる。「ぼんやりするな次郎! 俺たちもやるぞ!」とスーツに宿る戦士の声で我に返る次郎はスーツに「どっちを?」と問う。「青だ!」との返事にゼロスラッガーを青い火の玉に投げつける次郎。青い火の玉は苦悶の咆哮をあげて飛び去った。「待て!……くそ!」と悪態をつく炎人間は、炎を収め青年の姿を現す。次郎もゼロスーツを解除する。青年が次郎の胸倉を掴み「お前は誰だ!?」と睨む。「いや。あんたこそ、誰だよ!?」と次郎、二人は暫くにらみ合う。青年は「どうやら…お互い早とちりをしたようだな」と急に物分かりのよさそうなことを言うと「俺は東光太郎だ」名乗ると立ち去っていった。呆然としている次郎の背後から「あなた、ひょっとして日本の科特隊の人?」と先ほどのおっかない白い服の女に声をかけられた。女はユリア・アンダーソンと名乗り、普通の人には見えないものが見える自分に協力して、と言った。
    [第2回 ULTRAMAN SUIT プラモデルコンテスト開催] 応募要項は次号、結果発表は6月号。
    【洋画情報】(「SF MOVIEハイスピードNEWS!!」より)
    ・劇場公開最優先とする方針が対立しワーナー・ブラザーズと袂を分かったクリストファー・ノーラン監督の次作は、原爆の父ロバート・オッペンハイマーを描く作品をユニバーサルから。
    ・『チャーリーとチョコレート工場』のリメイク。ティム・バートン版ではジョニー・デップが演じていたウィリー・ウィンカを、『DUNE/デューン 砂の惑星』で主演を務めたティモシー・シャラメが演じ、過去作の前日譚を原作をベースにミュージカル仕立てで描く。プロデューサー:デヴィッド・ハイマン(『パディントン』シリーズ)、監督:ポール・キング(『パディントン』)、脚本:サイモン・リッチ(『サタデー・ナイト・ライブ』)。出演にローワン・アトキンソン(『Mr.ビーン』シリーズ)、オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』『ファーザー』)、サリー・ホーキンス(『パディントン』シリーズ)、ジム・カーター(『ダウントン・アビー』)、マシュー・ベイントン、トム・デイヴィスら。
    ・『最期の決闘裁判』に続き『ハウス・オブ・グッチ』(レディー・ガガ、アル・パチーノ、ジャレッド・レト主演)が控えるリドリー・スコット、ナポレオンを主人公とした歴史大作『キッドバッグ』の後に『グラディエーター』の続編に取り掛かるとのこと。脚本を自ら進めており、ホアキン・フェニックスが演じたコモドゥスの甥、ルキウスが主人公となる。
    ・1991年公開の『ロケッティア』が、ディズニープラスで公開予定の映画『リターン・オブ・ザ・ロケッティア』として帰ってくる。脚本:エドワード・リコット(『グランド・イリュージョン』)。制作はデビッド・オイェロウォ(『グローリー/明日への行進』)で、彼は主演を務める可能性もあるとのこと。
    【次号 2022年1月号】11/25(木)発売。¥1,100。

    • SICファン より:

      UAU、「英雄」と読ませる“8U”編が開幕。時系列的に獅子兄弟合流前のようなので、ゾフィー~タロウの6人+ゼロ+ティガ で Eight Ultramen という意味かと思います。8人のウルトラマンが集結して、これまで背後に見え隠れしている異星人組織と決着をつけるのでしょう。
      ちなみに今回ジャックと薩摩次郎が搭乗するティルトローター機ですが、米軍のオスプレイのように回転翼が90度動いて垂直方向と水平方向に推進できるタイプを指します。おそらくマットジャイロを意識した設定です。

  2. SICファン より:

    遅ればせながら26日発売のF王からです。前号の次号予告にあった「ウルトラグッズコレクション ウルトラマンZ」は一号延期、今号の巻頭特集は『大鉄人17』です。
    【巻頭特集】大鉄人17
    ・作品紹介、放送リスト、石ノ森章太郎ビジュアルワークス、登場人物紹介、ブレインロボット大図鑑、「ワンセブン17の秘密」
    ・グッズコレクション、ポピーパブリシティ資料集
    ・超合金魂 GX-101 大鉄人17
     格闘ワンセブン・要塞ワンセブン・飛行ワンセブンの変形とよりリアルな再現と、片膝立ちすらできる可動との両立。
     足に格納可能なシグコンタンクとサブマシン(走行形態)、同サイズのシグコンジェットとサブマシン(飛行形態)が付属。
     腹部ハッチを開くとグラビトン砲が露出、脚部ハッチを開くとナイキ級ミサイル発射口が露出。
     腹部を発光&発声ユニットに換装すると、グラビトン攻撃エフェクトや感情や意思によって変わる目の色を楽しめる。
     オプション的な商品としてワンエイトも超合金魂として企画中。試作品写真あり。背部の翼の伸長、胸部ハッチ開による16基の砲門露出が可能。
    (超合金魂ワンセブン、個人的には待望の商品です。本当はワンエイトとブレインのセット商品まで妄想していたのですが。ブレインは本作品中で最も石ノ森色が強いキャラデザインなので。さすがにマイナー過ぎるようで実現は叶わなそうです。)
    ・BANDAI SPIRITS コレクターズ事業部 木村禎成 インタビュー、商品化用検討スケッチ集
    【リバイス】 11/7:放送休止
    ・11/14 第10話 (タイトル未定) 木下半太、坂本浩一
    ・11/21 第11話 (タイトル未定) 木下半太、杉原輝昭
    ・11/28 第12話 (タイトル未定) 木下半太、杉原輝昭
    【セイバー 深罪の三重奏(トリオ)】
    ・仮面ライダーエスパーダ アラビアーナナイト「苦しめた報いは受ける。だがその前に!」
    ・仮面ライダーファルシオン アメイジングセイレーン「一番大切なものを目の前で奪ってやる」
    ・飛羽真は天涯孤独となった陸を引き取り父として暮らしていた。剣士とメギドとの戦いに巻き込まれ目の前で両親を亡くした陸は、今でも剣と炎を見るだけでパニックとなる。ラッキーという犬を飼っている。
    ・倫太郎は剣士消失事件に感づくものの身動きが取れずにいた。父を名乗る篠崎真二郎は「お前達の他に被害は出ない」と言い切るが、倫太郎はその言葉を信じきれない。
    ・賢人は翻訳家として活躍。コスプレパーティーで婚約者・立花結菜といちゃつく。
    ・小学校教師の尾上の身辺にも謎の影が近付く。
    ・蓮は修行を続けている。
    ・神代兄妹。玲花はショートカットに。
    ・剣士消失の謎に挑む大秦寺やユーリにも魔の手が。
    ・陸が気がかりな芽依は飛羽真の店に頻繁に顔を出していた。倫太郎とは喧嘩の日々。
    【ゼンカイジャー】 11/7:放送休止
    ・11/14 第35カイ! (タイトル未定) 香村純子、中澤祥次郎
    ・11/21 第36カイ! (タイトル未定) 香村純子、加藤弘之
    ・11/28 第37カイ! (タイトル未定) 香村純子、加藤弘之
    ・11月放送分ではハカイザーの正体をめぐって大バトルが展開。
    【テン・ゴーカイジャー】
    ・新怪人として、バクート海賊団のバッドリーとレムが登場。バッッドリーはマーベラスに言い放つ「上等です……もう片方の目も潰して差し上げましょう」。
    ・インタビュー:小澤亮太
    【スーパー戦隊ロボTOY列伝】
    ・ACT-9 轟轟合体 DX ダイボウケン
    【ウルトラマントリガー】
    ・11/06 第16話 「嗤う滅亡」 植竹須美男、越 知靖
     妖しい金属音を発する奇怪な球体が地中より出現。種子のような形状をしたその球体からは微弱な反応があり……。
    ・11/13 第17話 「怒る饗宴」 植竹須美男、越 知靖
     怪獣にガーゴルゴンキーを用いた攻撃を放ったナースデッセイ号は、機体の一部が石化、すべての兵器が使用不能になってしまう。
    ・11/20 第18話 「スマイル作戦第一号」 根元歳三、田口清隆
     GUTS-SELECTアジアの設立が決定。GUTS-SELECTのメンバーにもそれぞれ吉報が舞い込む。が、何やら様子がおかしく……。
    ・11/27 第19話 「救世主の資格」 根元歳三、田口清隆
     ナースデッセイ号の周囲で未知の宇宙船が観測される。調査を進めるユナの前に謎の男が現れ……。
    ・11月放送分は闇の巨人やイグニスの思惑が入り乱れ、怒涛の展開を見せる。
    ・怪獣大図鑑:海賊宇宙人 バロッサ星人(四代目)、特空機1号改 宇宙セブンガー(対怪獣特殊空挺機甲1号改)、三面怪人ダダ(PDO-3A,3B,3C)
    【庵野英明展】レポート(カラー3頁)
    【フィギュア・玩具など】
    《バンダイ》
    ・ウルトラヒーローシリーズ 各¥660 No.13 アストラ 12/11、No.84 グリッタートリガーエタニティ、EX ウルティメイトシャイニングウルトラマンゼロ 12/11、EX アンドロメロス 12/11、EX ウルトラマンレグロス 12/11
    ・ウルトラ怪獣シリーズ 各¥660 No.157 デアボリック、No.158 ナース(円盤形態) 10/30、EX アブソリュートタルタロス、EX アブソリュートディアボロ 10/30
    《BANDAI SPIRITS》
    ・バンプレスト MARVEL 豪塊 SYMBIOTE SPIDER-MAN 全1種 10/21
    ・バンプレスト MARVEL 豪塊 SPIDER-MAN スペシャルカラーver. 全1種 11月予
    《タカラトミーアーツ》
    ・トランスフォーマー マスターピースムービーシリーズ MPM-12 オプティマスプライム ¥22,000 3月下
    《メディコム・トイ》
    ・MAFEX LOKI (Infinity War Ver.) ¥9,680 8月予 マントは布製、表情2種、ナイフ×4、四次元キューブ、付属。
    ・MAFEX HUNTRESS (BATMAN HUSH Ver.) ¥9,680 8月予 マントは布製、表情2種、ロッド、付属。
    《海洋堂》
    ・スーパー戦闘 純烈ジャー(ソフトビニール製塗装済み完成品) ¥10,780 2月予 4体セット、全長約170mm ★純烈インタビューあり
    《コトブキヤ》
    ・ARTFX 『DC UNIVERSE』 バットマン ラストナイト・オン・アース ¥17,600 5月予 首だけになり容器に収められたジョーカーを持って旅をするバットマン。
    ・ARTFX 『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』 ハンター THE BAD BATCH ¥18,700 4月予
    《エクスプラス》
    レイ・ハリーハウゼンのストップモーションアニメで描かれたムービーモンスターのフィギュアシリーズ。
    ・ギガンティックシリーズ タロス ソフビスタチュー デラックス版:¥59,400/通常版:¥53,800 5月予
    ・クラーケン ソフビスタチュー デラックス版:¥54,450/通常版:¥49,500 11月予
    ・カーリー ソフビスタチュー デラックス版:¥32,780/通常版:¥26,400 1月予
    ・グワンジ ソフビスタチュー デラックス版:¥31,900/通常版:¥26,400 3月予
    ・サイクロプス ソフビキット ¥11,180 5月予
    《CCP》 
    ・1/6 特撮シリーズ ネロンガ(『シン・ウルトラマン』)  ¥19,800+送料・手数料 4月発送予
    ・1/6 特撮シリーズ ガボラ(『シン・ウルトラマン』)  ¥19,800+送料・手数料 4月発送予
    《プライム1スタジオ》
    ・プレミアムマスターライン 『トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン』オプティマスプライム 通常版 ¥181,390 22/12~23/3月予
    《豆魚雷》 
    ・7インチ アクションフィギュア 『エイリアン vs プレデター』エイリアンシリーズ ムービーデコレーション:3種セット ¥23,760 3月予
    ・アルティメット 7インチ アクションフィギュア 『遊星からの物体X The Thing』R・J・マクレディ ステーションサバイバルver ¥7,150 12月予
    《three zero》 
    ・フィグゼロ 1/6 ULTRAMAN SUIT ZERO ¥19,800 6月予 オリジナル武器「ZEROコンポジットウェポンシステム」付属。
    【映画紹介】
    ・『ハロウィン KILLS』『ほんとうのピノッキオ』『アイス・ロード』『犬神家の一族 4K デジタル修復版』
    【次号予告】 11/26(金)発売 286号 ¥1,300
    ・ウルトラグッズコレクション ウルトラマンZ
     大人気企画のウルトラ版! これまでに発売された『ウルトラマンZ』の玩具・グッズが今ここに集結! 『Z』誕生秘話に迫ったメイキング企画では、秘蔵のデザイン画も多数掲載! 永久保存版の大特集!

  3. SICファン より:

    TVくん12月号、サマっておきます。
    【仮面ライダーリバイス】
    《仮面ライダーリバイ&バイス》
    〈仮面ライダーリバイ&バイス ブラキオゲノム〉
    ・ブラキオサウルス×ジオウ。
    ・バイスは体格が大型に。
    〈仮面ライダーリバイ&バイス カマキリゲノム〉
    ・カマキリ×鎧武。
    ・リバイには武器「カマキリアロー」が出現。光の矢を発射でき、弓自体を剣として使用。
    ・バイスは蟷螂拳の達人となる。
    ・リミックスは、後ろ向きになって両手を地につけたバイスが両足をリバイの両肩にひっかけるポーズから。
    《仮面ライダーライブ》
    〈仮面ライダーライブ バットゲノム〉
    ・五十嵐大二が「ツーサイドライバー」に「バットバイスタンプ」をセットして変身する。プロテクターやマスクは白と金。
    ・ドライバーの一部を取り外して銃として使用する。
    ・必殺技は、ライダーキック「スタンピングフィニッシュ」。
    《仮面ライダーエビル》
    ・五十嵐大二に潜んでいた悪魔「カゲロウ」が大二の肉体を乗っ取った状態で「ツーサイドライバー」を用い変身する。
    〈仮面ライダーエビル ジャッカルゲノム〉
    《仮面ライダーデモンズ》
    〈仮面ライダーデモンズ スパイダーゲノム〉
    ・フェニックスの門田ヒロミが「ゼモンズライバー」と「スパイダーバイスタンプ」をセットして変身する。
    〈仮面ライダーデモンズ モグラゲノミクス〉
    ・「モグラバイスタンプ」によって仮面ライダーデモンズ スパイダーゲノムの右腕が、アマゾンライダーの体表のような緑に赤のマダラ模様のドリルとなる。
    ・ドリルは強力な武器となるほか、地中を進むためにも使用する。
    《エピソード》
    ・一輝&大二の共闘。素面でのダブル飛び蹴り、同時変身など。
    ・アギレラがさくらを直接襲撃。さくらvsアギレラの素面アクションあり。
    《1月号予告》
    ・リバイス、大ピンチ!新たな力で敵を撃破せよ!
    ・新たなる正義のライダー現る!?
    【機界戦隊ゼンカイジャー】
    《ゼンリョクゼンカイオー》
    ・レジェンド戦隊のメカを召喚可能。ex. 守護獣ティラノザウルス&爆竜ティラノサウルス&獣電竜ガブティラ&騎士竜ティラミーゴ。
    ・必殺技「ゼンカイジャー・ゼンリョクファイブスラッシュ」:猛ダッシュしてゼンリョクゼンカイソードを一閃。
    《エピソード》
    ・ハカイザーとステイシーザーがチームを組んで攻撃。
    《1月号予告》
    ・トジテンドとのバトルが激化!?
    ・本物ギア付録:ライダーギア02「仮面ライダーセイバー」、ライダーギア20「仮面ライダージオウ」
    【ウルトラマントリガー】
    ・人々に幻を見せて苦しめるキリエロイドが出現。
    ・グリッタートリガーエタニティ vs 超古代闇怪獣ゴルバーⅡ。
    ・イグニスは、GUTSスパークレンスの試作品を改良した「ブラックスパークレンス」と「トリガーダークキー」を使用してトリガーダークに変身する。
    ・イグニスが変身したトリガーダークは、トリガーが苦戦するメツオロチと戦う。また自分の星を滅ぼしたヒュドラムと対峙し怒りが爆発する。
    ・闇の力に支配されてしまったイグニス/トリガーダークがトリガーに襲いかかる。
    《12月号予告》
    ・戦いはいよいよクライマックス!!
    【セブンガー】
    《連載『戦え!セブンガー』》第8話「見せろ!ストレイジの底力!ボルテックファイヤーを倒せ」
    ・全身マグマの爆烈炎怪獣ボルテックファイヤー迎撃に向かったハルキのセブンガーだったが、セブンガーは倒されバッテリー切れ、ハルキも気を失っていた。バコさんらがトレーラーにバッテリーを積んで現地に到着、セブンガーのバッテリー交換作業を開始。ハルキも目を覚ます。市街地中心部へと侵攻するボルテックファイヤー。一方ユカは、以前捕獲していた雲怪獣レッドスモーギーに川の水を吸わせて丸く膨れ上がった状態でドローンで運搬、ボルテックファイヤーにぶつけて冷却しようとしていたが、レッドスモーギーが暴れドローンが大破、レッドスモーギーが市街地に墜落しそうになる。そこにヨウコが操縦する特空機2号試作機 XSAA-8 が到着し、レッドスモーギーを両手で抱えてキャッチする。XSAA-8はウィンダムのプロポーションにセブンガーの頭部、腕やボディは装甲無しの姿をしている。3分しかない活動時間でボルテックファイヤーを止めるためレッドスモーギーを背負って走るXSAA-8。バッテリー交換が終わったセブンガーを起動し支援に向かおうとするハルキだったが、現状で戦闘可能なのは30秒ほどだから本当に動かないといけないタイミングを待つようにバコさんから指示され、思いとどまる。バッテリーギリギリでレッドスモーギーを運ぶXSAA-8のヨウコは、目の前の道路を怪しい人物が駆けているのを見つける。XSAA-8でその人物を追い抜くと、ヨウコの予想通り、その人物は変身巨大化して怪獣イダテンランとなり、XSAA-8を抜き返そうとする。ヨウコはバッテリー限界ギリギリのXSAA-8で、レッドスモーギーをイダテンランに持たせると、ボルテックファイヤーが街を焼くことで上がる煙がゴールだと指示する。イダテンランがレッドスモーギーを担いだまま興奮して駆け出すと同時に、バッテリーデッドで倒れるXSAA-8。自分に迫るイダテンランに気付いたボルテックファイヤーは、必殺技④砂の力「ブレイブ光線」を放つ。倒れるイダテンランが手放したレッドスモーギーは全身を球体に縛り上げていた拘束具が破壊、空中に放り出される。レッドスモーギーに逃げられてしまうと皆が思った時、セブンガーが飛来、空中で羽交い絞めしたレッドスモーギーをボルテックファイヤーに投げつける。冷却されて固体化し悲鳴をあげるボルテックファイヤーに空中から迫るセブンガー。ボルテックファイヤーが口から炎を吐いて迎え撃つが、セブンガーは炎を受けながらもボルテックファイヤーの口の中に頭から突っ込む、「必殺!怪獣破砕頭突き!メガトンマックス!!」「チェストー!!」。爆発し砕け散るボルテックファイヤー。セブンガーはXSAA-8を運びながら帰投する。それを追いぬいて走り去る人間態イダテンラン。
    【書籍】
    ・「仮面ライダーセイバー超全集」(TVシリーズを紹介) 11/8 ¥3,700
    ・「仮面ライダーセイバー超全集〈別巻〉」(新作映画、スピンオフ作品、イベントなどを紹介)、「仮面ライダーセイバー超全集 特装版BOX」 22年春発売予 レガシーてれびくんさんにて受注販売。11/8に情報公開。
    《SHOGAKUKAN HERO LIBRARY》
     小学館の特派カメラマンによって独自に撮影された秘蔵スチールを蔵出し初公開写真をメインに一挙大公開する写真集を、レガシーてれびくんさんにて受注販売。詳細次号。
    ①「ジャンボーグA 1973」 オールカラー260頁、収録写真約500点予定。
    ②「ウルトラマン80 1980-1981」
    ③「ウルトラマンレオ 1974-1975」
    【玩具】
    ・DXブラキオバイスタンプ 11/13 ¥1,650

  4. SICファン より:

    【月マガ】月マガ12月号より。
    ・新仮面ライダーSPIRITS(連載第143話):
    [扉]風見志郎&神 敬介&山本大介
    飛行する奇岩山ピラミッドに降下した風見志郎とSPIRITS隊員たちは爆薬で表面の岩肌を破壊し、内部へと侵入する。一方、腕の代わりに翼を下半身の代わりにドラゴンのような尾を有する強化マシーン大元帥と空中で交戦するXライダーとアマゾン。ジャングラーから飛び出していたアマゾンはXのクルーザーのカウルを蹴って、再び強化マシーン大元帥に飛びかかる。Xもクルーザーのジェットを吹かしマシーン大元帥に迫る。肉薄されることで額からの拡散追尾光線を封じられたマシーン大元帥だが、口内から腕のような太さの8本のタコの足を吐き出し、アマゾンに巻きつかせ、同時にXも攻撃する。その様子を心配しながら見つめるヘリ内の滝隊長。滝は風見志郎から、自分たちが奇岩山ピラミッドへの降下に成功したら、この場を離れて可能であれば阿修羅谷に迎撃に向かうように言われていた。阿修羅谷のライダーマンと通信する滝。ライダーマンは、大首領の機動性にヘリでは太刀打ちできず2号も連携する余裕はないことを伝え、むしろ本郷のフォローに向かえと伝える。ライダーマンの推測では、大首領は今にも最終的バダンシンドロームの発動準備を進めようとしているという。大首領が盗聴しようとしたことに感づいたライダーマンが、滝との通信を一方的に切断する。本部に連絡し本郷の動向を問う滝だったが、緑川ルリ子からの返答は、駒沢オリンピック公園の避難所でヨロイ騎士と交戦して以降、立花藤兵衛は同行していると思われるものの消息を絶っているというものであり、行先の心当たりもないとのことだった。
    奇岩山ピラミッド内部への侵入に成功した風見志郎とSPIRITS隊員一行は、内部の洞窟を進む。洞窟の岩肌からはデルザー軍団戦闘員の死骸の頭部や手足が生えていた。爆散した岩石大首領のボディをピラミッドへと再構築した際に、戦闘に大量投入されていた戦闘員も取り込まれてしまっていたのだった。崖を登攀しようとしていた一人の隊員の目の前の岩肌にクイーンのカードが浮かび上がり爆発する。続いて、残る隊員の周囲を多数のクイーンのカードが取り囲む。爆発を避けて飛んだ風見志郎と隊員たち。辛うじて爆発は避けたものの崖を落下していく。変身できないことを歯がゆく思いながら落下する風見志郎だったが、何者かが飛来し、風見を背に乗せるともう一人の隊員を抱きかかえて救った。そして残りの隊員を粘着性の網が絡め取り落下から救う。風見を救ったのは再生ドクガロイドであり、隊員を救った網を吐いた再生クモロイドが立つ横穴には、行方不明になっていたゴードンら10分隊のメンバーとジュクの秀の頭部が移植されている再生カニロイドがいた。合流を果たしたSPIRITS隊員。10分隊のこれまでの調査によると、奇岩山ピラミッドは、自分たちがいる上部は空洞となっており、中部は何層もの格納庫が存在、そこから下部の逆三角錐の方向に降下用の滑走路が張り巡らされている。中心核部分におそらくジェネラルシャドウがいるものを思われる。連絡を受け、先行隊の無事に涙を溜めて喜ぶ滝。秀/再生カニロイドは、阿修羅谷で世話になったし、三影から「同盟」だと言われたから助けたのだと言う。緑川ルリ子は、オペレーションライダーシンドローム実行が急務でありそのためには10人ライダーの力が必要となるが、特に本郷の居場所を悟られないためにも10人の現況把握と判断は前線の滝に一任すると、滝隊長に伝える。10人ライダーの状況を反芻し作戦を思案する滝:
    ― ①本郷 猛:バダンシンドローム阻止のため自らの体内にバダンの竜を封じ込めたまま逃走中。
    ― ②一文字隼人、④結城丈二:阿修羅谷にて大首領JUDOと戦闘中。
    ― ③風見志郎:奇岩山ピラミッドに突入するも逆ダブルタイフーン使用の影響で変身不能。
    ― ⑤神 敬介、⑥アマゾン:奇岩山ピラミッド付近、強化マシーン大元帥と空中で戦闘中。
    ― ⑦城 茂:SPIRITSヘリ2号機とともに時空魔法陣に吸い込まれたまま行方不明。
    ― ⑧筑波 洋、⑨沖 一也:宇宙で銀河王と戦闘中。
    ― ⑩村雨 良:大首領が幽閉されていた虚無の牢獄に突入したきり生死不明。
    大首領が復活した現状では「竜が敵の手に渡ってたらと思うとゾッとするぜ」と滝、本郷の判断力と行動に改めて深く感心する。
    オーストリアのカール・ロートリンゲン博士を乗せて走る特殊装甲車と連絡をとる緑川ルリ子。付き添いの女性隊員によると、カール博士には薬で眠ってもらっているという。付き添いの隊員は、地球全体を覆うオーロラとともに全生物に及ぼしている大首領復活に起因する何らかの影響を受けながらも生命を維持しているカール博士の意思の強さを信じるべきだと話す。装甲車の外では、真っ白な装甲強化服をまとった佐久間本部長らが襲いかかるマシーン大元帥戦闘員と戦っている。左手から噴射する冷凍液で一体の戦闘員を凍結・破砕した佐久間は、戦闘員に勢いが戻ったことから日本でのマシーン大元帥の復活を推測する。
    口内から伸ばす8本のタコの足を高速で操りアマゾンを攻撃する強化マシーン大元帥の脳に、「力に意識を食われるな。大首領の命を忘れたか…」というジェネラルシャドウからのメッセージが届く。我に返り暴走を止めると、急に超高速で奇岩山ピラミッドへと向かうマシーン大元帥。その隙にクルーザー後部へと降り立ったアマゾンもジャングラーを呼び寄せ、Xとともにマシーン大元帥を追う。マシーン大元帥の意識に、大首領の命令が蘇る。地上に帰還しジェネラルシャドウとマシーン大元帥が生き残っていることを知った大首領は言った、力を解放してやるからバダンの竜を奪還し精神攻撃を地球全土の人類へと拡散させよ、それを成し得た時にお前の望みを叶えてやる、と。超高速で奇岩山ピラミッドへと飛行していた強化マシーン大元帥は減速せずに猛スピードのまま奇岩山に激突した。ジェネラルシャドウのいる中核を目指していた突入部隊一行も衝撃を感じる。奇岩山の表面には木の根のような隆起が走り、空中のXライダーとアマゾンの目には、それがデルザー軍団の紋章の筆記体”D”の形をした蛇の紋様に見えた。風見志郎ら突入部隊一行が進む地面にも、太い木の根によるような隆起が何本も走る。隆起に気を取られていると、地面に埋まっていた戦闘員の片手の残骸が、突然意思があるかのように動き、一人の隊員の足首を握り潰そうとした。慌てて引き剥がし、手の残骸を銃撃する隊員たち。その間に、戦闘員の残骸が集まり再構成され肉体を再生していく。クイーンのカードを媒介して奇岩山ピラミッドを操縦していたジェネラルシャドウは、奇岩山が急に自動操縦に切り替わったことを感じる。マシーン大元帥が大首領に解放された力によってデルザー軍団の要塞である奇岩山と同化したのだった。ジェネラルシャドウに「まずは侵入者共を駆除してやるとするか」と豪語するマシーン大元帥/奇岩山だったが、「また別の何かが来る…」と奇岩山内に起きた異変も伝える。デルザー戦闘員の残骸から造り出された、ZXや大首領に似たコマンドロイドの軽装タイプのような戦闘員の群れが、奇岩山内のSPIRITS隊員を襲い始める。その時戦闘員らの背後に時空魔法陣が出現、そこから伸びた手が戦闘員の頭部を掴み次から次へと超高圧電流で焼いていく。そして時空魔法陣の中からストロンガーとそれに続いてSPIRITSヘリ2号機が現れる。着地し変身を解除した城 茂は、風見の問いかけに「へっ…村雨のヤロウが先に帰ってろってよ…」と答える。
    ・次号、センターカラー。
    ★特装版の電子書籍化決定。詳報次号。