仮面ライダーリバイス暴太郎戦隊ドンブラザーズ機界戦隊ゼンカイジャーウルトラマン

特撮ホビー誌2月『仮面ライダーリバイス』『機界戦隊ゼンカイジャー』『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』『ウルトラマントリガー』新情報

『仮面ライダーリバイス』『機界戦隊ゼンカイジャー』『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』『ウルトラマントリガー』などの新情報やおもちゃ情報。

1月24日発売「フィギュア王 No.288」、1月25日発売「月刊ホビージャパン2022年3月号」が予約開始になりましたので。2022年1月下旬発売 特撮&ホビー雑誌情報をまとめておきます。

てれびくん&テレマガの次号は、2月26日頃発売予定の「てれびくん 2022年4月号」と「テレビマガジン 2022年4・5月号」なので、両誌とも1月発売はありません。


テレビマガジン 2022年 02 月号 [雑誌]

最新情報はてれびくん・テレビマガジンの増刊号に載るかもなので、まとめてみました。

フィギュア王No.288

2022年1月24日(月)発売予定:フィギュア王No.288

SICファンさんコメント情報より

【次号予告】 1/24(月)発売 288号 ¥1,200
・スパイダーマン by ホットトイズ
 ソニー・ピクチャーズ&マーベル・スタジオが贈る全世界待望の最新映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の公開を記念し、ホットトイズのスパイダーマンを大特集! 日本公開と同時開催となる期間限定イベントのレポートをはじめ、最新情報やヴェノムを含む注目の新作アイテムをご紹介!

特撮ホビー誌1月『仮面ライダーリバイス』リバイ&バイス更にパワーアップ!新スーパー戦隊が誕生!ゼンカイジャー!トリガー最終決戦!

(SICファンさん、ありがとうございます!)

月刊ホビージャパン2022年3月号

2022年12月25日(火)発売:月刊ホビージャパン2022年3月号

【巻頭特集】模型の新表現~和の美で究める粋塗装~
2022年を迎えて初の塗装特集は温故知新な「模型の新表現」。日本画や漆塗りなど、和の伝統芸術にまつわる技法の応用と新解釈をはじめ、第24回全日本オラザク選手権で見出された塗装法をピックアップ。
ひと塗りひと塗り手間をかける、流行りの“時短”とは対極の製作工程。7人のモデラーによる粋でいなせな塗装法をお届けします。

【第2特集】太田垣康男メカニクス(仮)
第2特集は、ハードなストーリー展開と独自の解釈に基づくメカデザインが魅力の太田垣康男氏の作品をフィーチャー。
ついに単行本化もされたフルカラーコミック『Get truth 太陽の牙ダグラム』の特装版同梱キットの作例をいち早くお届けするのに加え、
連載10周年を迎えた、言わずと知れた人気作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』から、イオとダリルの二大モビルスーツをフルスクラッチで立体化!
ロマンとリアリティーの同居する太田垣メカの魅力をたっぷりお楽しみください!

【注目連載】
●週末でつくるガンプラ凄技テクニック
●ノモ研 野本憲一モデリング研究所
●Tony’sヒロインワークス
●月刊工具 模型の入り口はいつの時代も工具から。

てれびくん・テレビマガジン 増刊号

最新情報がもしかしたら載るかも??な2/26までに発売予定の増刊号まとめです。
(詳細が明らかになったら個別ページにて記事公開予定です)

<てれびくん増刊号>

●「仮面ライダーリバイス 悪魔もビックリ☆スクープ号」が2月ごろ発売予定
付録は特製はんこのVOL.2

●「機界戦隊ゼンカイジャー×暴太郎戦隊ドンブラザーズ 奇蹟のWヒーローファンブック」が2月14日ごろ発売予定
2大スーパー戦隊スクープが盛り沢山の奇跡の一冊!
付録はドンモモタロウ超なりきりDXセット&爆走出陣!エンヤライドン

<テレビマガジン増刊号>

●「ウルトラヒーローとあそぼう!レジェンド2022」が2月18日ごろ発売予定
付録はソフビヒーロー ウルトラセブン レッドクリアVer.

「ウルトラヒーローと あそぼう! レジェンド 2022」が2/18発売!特別付録ソフビヒーロー ウルトラセブン レッドクリアVer.付き!

Comment

  1. わんちゃん05 より:

    :テレビマカジン、またしても4.5月の合併号、毎月、刊行できないのは、寂しいな。

  2. わんちゃん05 より:

    :フィギュア王no.288 映画スパイダーマン好きな人なら。歴代コスチューム図鑑有り! :次号は、ウルトラマントリガー特集(早っ!)、重甲ビーファイター特集みたいです。(ビーファイターの方を大特集して欲しい!)

  3. SICファン より:

    F王、発売されました。巻頭特集は予告どおり『スパイダーマン by ホットトイズ』。予告どおりだと次号はトリガーのグッズコレクション!
    【リバイス】
    ・2/06 第21話 (タイトル未定) 毛利亘宏、坂本浩一
    ・2/13 第22話 (タイトル未定) 木下半太、柴﨑貴行
    ・2/20 第23話 (タイトル未定) 木下半太、柴﨑貴行
    ・2/27 第24話 (タイトル未定) 毛利亘宏、上堀内佳寿也
    ・新生デッドマンズの暗躍に加えて別の組織も登場し、事態は混迷を極めていく。信頼すべきフェニックスにも何やら裏がある様子で……。
    【オーズ 復活のコアメダル】毛利亘宏、田﨑竜太 公開:3/12、発売:8/24、劇場先行発売版はポストカード付きBD+DVD ¥7,150
    ・古代王 仮面ライダーオーズ(声:谷 昌樹):800年前、錬金術師に動物の力を持つコアメダルを作らせた張本人。当時のヨーロッパ某国の強欲な王が変身した姿。メダルの力に呑み込まれ石化していたが、2021年に突如復活。4体のグリードを復活させ、殺戮により世界を混乱に陥れる。ひび割れた赤銅色のマスクと金のローブが特徴。鴻上ファウンデーションが開発した現代の武装であるメダジャリバーも使いこなす。
    ・古代オーズが次々と人類を粛清し崩壊してしまった世界では、一部の人間がレジスタンスとして抵抗を続けていたが勝敗は明らかだった。その時、完全体として復活した他の4体とは異なり、アンクが腕だけで復活する。誰が何の目的でどうやってアンクを復活させたのか?
    ・仮面ライダーゴーダ:人造コアメダルから誕生したグリード「ゴーダ」が、ゴーダムカデ×ゴーダハチ×ゴーダアリの3メダルとオーズドライバーで変身した姿。胸部のオーラングサークルにはウヴァ、メズール、ガメル、カザリの頭部が渦を巻くかのような円環となって描かれている。その正体は古代オーズやアンクすら知らない。「どちらにせよ、お前らの結末は決まっている」
    ・仮面ライダーバースX:後藤は仮面ライダーバースに変身、一方、伊達はバースバスターで応戦していたが、古代オーズの猛攻に次第に追い詰められていく…。後藤慎太郎は、鴻上ファウンデーションが開発したバースドライバーXと人造のエビ×カニ×サソリの3メダルによって、仮面ライダーバースXに変身する。人造ながらもコンボ完成により、変身時はバースドライバーも初めて歌を歌う。右腕に出現する専用武器からエネルギー弾の発射が可能。「見切り発車で行きます」
    ・仮面ライダーオーズ タジャドルコンボエタニティ:オーズドライバーとタカ×クジャク×コンドルの3つのエタニティメダルで変身した姿。左腕には「タジャニティスピナー」を装備し、エタニティスキャンによりスキャニングチャージを発動。
    ・ストーリーのコアは「人間の欲望」。
    【ゼンカイジャー】
    ・2/06 第46話 (タイトル未定) 香村純子、加藤弘之
    ・2/13 第47話 (タイトル未定) 香村純子、中澤祥次郎
    ・2/20 第48話 (タイトル未定) 香村純子、中澤祥次郎
    ・2/27 第49話(最終話) (タイトル未定) 香村純子、中澤祥次郎
    ・ラストに向けて全力全開で突っ走る介人たちの前に現れたのは、なんと誰もが口にする超越的存在の……って誰!?
    【スーパー戦隊ロボTOY列伝】
    ・ACT-12 DX METAL APPEND ゼンカイオー ジュラガオーン ¥16,500 2/26
     DX玩具をベースにパーツ交換・パーツ追加・スーツを再現した塗装により超合金化した新商品。
    【ウルトラマントリガー】
    ・怪獣大図鑑:邪神メガロゾーア(第一形態)、邪神メガロゾーア(第二形態)
    【ウルトラマンクロニクルD】
    ・ 1/29 第1話 「出番だ!ウルトラマン」
     デバンとマルゥルがMCとなり、ダイナとトリガーを中心にニュージェネレーションヒーローズを紹介。
    ・ 2/ 5 第2話 「タイプチェンジヒーロー」
     ティガ、ダイナ、トリガーなどウルトラヒーローの様々なタイプチェンジをフィーチャー。
    ・ 2/12 第3話 「帰ってきた!ハネジロー」
     『帰ってきた!ハネジロー』ダイジェスト版。
    ・ 2/19 第4話 「親愛なる仲間たち」
     マルゥル、セブンガー、ペガ、ハネジローといった頼れる仲間たちにフォーカス。
    ・ 2/26 第5話 「悪?のウルトラマン」
     闇の巨人・ティガダークとトリガーダーク、凶悪なる巨人・イーヴィルティガを大特集。
    【UGF 運命の衝突】
    ・究極生命体アブソリュートティターン(声:安元洋貴):各アブソリューティアンが備えるチートな特殊能力、ティターンは果たして?
    ・幻影宇宙女王ギナ・スペクター(声:七瀬彩夏):突然の復活には理由があり…
    ・ウルトラマンレグロス:『大いなる陰謀』のラストに登場した囚われの戦士。コスモ幻獣拳の使い手。
    ・ウルトラマンゼアス、ナイス、ボーイ:コメディリリーフ的な役割で登場。
    【フィギュア・玩具など】
    《バンダイ》
    ・重甲ビーファイター ビーコマンダー COMPLETE EDITION 価格未定 プレバンにて2/3より予約受付開始。
    ・ウルトラ怪獣シリーズEX イーヴィルトリガー ¥660 3/5、ウルトラ怪獣シリーズDX ①邪神メガロゾーア(第一形態)¥3,080 発売中、②邪神メガロゾーア(第二形態)¥3,850 発売中
    《BANDAI SPIRITS》
    ★S.H.Figuarts 真骨彫製法 ウルトラマン 価格・発売日 2月上旬公開予 Cタイプ。スペシウム光線・ウルトラスラッシュエフェクトパーツ、付属。
     インタビュー:古谷 敏(ウルトラマンSA)
    ・S.H.Figuarts 仮面ライダーエビル 価格・発売日未定
    ・バンプレスト 仮面ライダーリバイス 仮面ライダーリバイ フィギュア 2月予、仮面ライダーバイス フィギュア 3月予
    《タカラトミーアーツ》
    ・トランスフォーマー スタジオシリーズ ①SS-82 スウィープ ¥5,500 6月下 ②SS-83 ブローン ¥3,520 6月下 ③SS-84 ホイルジャック ¥3,520 6月下
    《メディコム・トイ》
    ・MAFEX T-800 (The Terminator Ver.) ¥9,680 11月予 頭部はノーマル、サングラス、ダメージドの3種、銃器5種、付属。
    ・MAFEX NIGHTWING (BATMAN:HUSH Ver.) ¥9,680 11月予 頭部2種(ノーマル、怒り顔)付属、一対のエスクリマ・スティックは、手持ち&背部マウントが可能な通常の形状のものと、2本がロープでつながった状態、手の中で回転している状態のエフェクトが付属。
    ・IRON MAN HAJIME SORAYAMA Metropolis Variant Ver. ¥327,800 3月予 空山 基によるMetropolis Variantカバー版のフルダイキャスト・フルメッキ・LED内蔵のスタチュー。
    《海洋堂》
    ・CHARACTER CLASSICS ウルトラマンティガグリッター ゴールド塗装の中国市場向け商品。
    ・スーパー戦闘 純烈ジャー イベント限定版 ¥27,500 素顔ヴァージョンのソフビ。2/6のワンフェス2022冬の海洋堂ブースを皮切りとしてのイベント限定販売。
    《コトブキヤ》
    ・MARVEL美少女 ウルヴァリン(ローラ・キニー) X-FORCE版 ¥15,400 6月予
    《グッドスマイルカンパニー》
    ・メカスマ MODEROID パワーローダー ¥9,500 7月予 『エイリアン2』より。エレン・リプリー付属。
    ・商品企画担当者対談:田中ヒロ×高木義弘
    《CCP》 
    ・1/6 特撮シリーズ 双頭怪獣パンドン ハイグレードVer. ¥12,100+送料・手数料¥1,100 1/31まで予約中・8月以降発送予
    ・F王×CCP 1/6 特撮シリーズ ウルトラマンティガ グリッターVer. ゴールドメッキ仕様 次号で誌上?販売予
    《プライム1スタジオ》
    ・ミュージアムマスターライン 『ザ・バットマン』バットマン スペシャルアートエディション ¥181,390 23/4~7月予 リミテッドバージョンにはファブリック素材のマントや交換用パーツが付属。
    ・ミュージアムマスターライン 『バットマン:ハッシュ』バットマン “バットケイブ”バージョン ブラック版 ¥165,649 発売中 国内ではプライム1スタジオオンラインショップ限定。
    《豆魚雷》 
    ・アルティメット 7インチ アクションフィギュア 『ロボコップ』バトルダメージ ロボコップ アレックス・マーフィー with ドッキングステーション ¥13,200 5月予
    ・7インチ アクションフィギュア 『ユニバーサルモンスター』ミイラ再生 The Mummy イムホテップ ブラック&ホワイト ver. ¥7,150 6月予
    《地球防衛軍秘密基地》ワンフェス2022[冬]会場販売 
    ・『帰ってきたウルトラマン』シリーズ 宇宙怪獣ベムスター ¥25,300
    ・『マグマ大使』シリーズ ①宇宙怪獣モグネス ¥16,500 ②宇宙怪獣ストップゴン ¥16,500 ③宇宙怪獣バドラ ¥17,600 ④宇宙怪獣テラバーデン ¥17,600
    ・侵略者コレクション 各¥13,200 無彩色胸像 ①ロボット長官 ②シャドー星人 ③フック星人 ④宇宙猿人ゴリ
    《ツブラヤストア》
    ・大怪獣シリーズ ウルトラマン(Cタイプ)登場ポーズver.2 ツブラヤオンライン限定版 ¥16,500 受注〆:2/28
    ・座談会「大怪獣シリーズのひみつ」:エクスプラス 岡本Gee/廣田晋之介/梅次 潤 × 円谷プロダクション 藤田 浩
    【映画紹介】
    ・『ゴーストバスターズ/アフターライフ』『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』『ウエスト・サイド・ストーリー』『ゴッドファーザー50周年記念上映』
    【次号予告】 2/26(土)発売 289号 ¥1,200
    ・ウルトラグッズコレクション ウルトラマントリガー
    ・配信&劇場公開直前 ウルトラマントリガー エピソードZ
    ・ビーコマンダー COMPLETE EDITION 発売記念 重甲ビーファイター

  4. SICファン より:

    ジャックの口から語られるある男の身の上は郷秀樹のそれに似た悲劇。思い切り遅くなりましたが、25日発売だったHJ 3月号からです。こんなに月刊誌が少ない月は初めて。月マガまで日が空いてしまいます。
    【キャラクターモデルほか】
    ・ZOMODELS レジンキット K.I.S.(Kaiju Imagination Series) ゴジラ 1984 原型製作:RYO(ねんど星人) 塗装:伊原源造
    ・アス工房 レジンキット 原型製作:浅川 洋 ①ミイラ怪人 ミイラ人間 ②怪奇植物 スフラン デザイン画版、怪奇植物 スフラン 観葉植物版
    ・サンダーバード最新作上映記念企画第3弾 サンダーバード秘密基地を大型ディオラマで再現する
     ノンスケールスクラッチビルド サンダーバード秘密基地 (ディオラマ製作・文:コジマ大隊長)
    ・[コモリプロジェクト]「怪獣社長 上方を行く」小森陽一(構成・写真:土井眞一):大阪芸術大学 芸術学部映像学科の客員教授でもある小森氏、ミステリー作家今村昌弘氏を招いての講義。翌日は宮脇センムの案内で門真市の海洋堂ホビーランドを訪問。
    【フィギュア・玩具など】
    《プラッツ》
    ・1/6 ハイパーリアリスティックアクションフィギュア 『スタートレック:TOS“イオン嵐の恐怖”』鏡像世界のMr.スポック ¥38,500 3月予
    【ULTRAMAN SUIT ANOTHER UNIVERSE】(STORY:長谷川圭一、設定協力:谷崎あきら)
    ・8U -英雄- 編 第二十七話 ブギーマンの夜 後編(ZERO SUIT 製作:只野☆慶)
     カリフォルニア州で発生した、真夜中の子供部屋に伝説の怪物ブギーマンが現れ子供を何処かへと連れ去る事件、5件目の事件の発生を防いだ薩摩次郎とデュナミスト、レネ・アンダーソン。「ジロー君がお化け嫌いだったお陰で、ようやく謎が解けた」、次郎の背後で聞き覚えがある声がした。振り向いた次郎の目の前には、人を食ったような笑みを浮かべた巨躯の男が立っていた。ジャックは、次郎に礼を言いに、そしてレネ・アンダーソンに会いに来たのだと言った。次郎からダダ漏れだった心の声を読んでいたレネは、自分に右手を差し出したジャックに「初めまして。ものすごく怪しいマッチョマン」と言って握手した。
     三人は、次の事件を防ぐためにシボレー・コルヴェアで移動する。次郎がブギーマンの精神攻撃によって体験させられたシチュエーションによる恐怖の感情が引き起こした波動、それこそがこれまでのブギーマン事件、さらにはその前のルート89事件で観測されていた波動と同じであることを、ゼロとブギーマンとの戦いを南カルフォルニア支部ソーカルでモニタリングしていたジャックは発見したのだった。ジャックは、異星人はその波動エネルギーを収集することを目的としており、あえて人間の恐怖を煽るため次々と都市伝説を模した事件を起こしているのだと結論付けた。ジャックに促され、レネは自分が見た次の事件の様子を話す。今度は大勢の子供たちが一度にブギーマンに攫われるのだと。次の事件の発生まで時間があるので寄り道をすると言ってハイウェイを脇道へと外れるジャック。
     二時間後、三人は小さな港町モロペイに到着した。沖合にはお椀を伏せたような大きな岩、ネイティブアメリカンの嘗ての聖地・モロロックがある。海沿いの道を暫く進むと、モロロックを遠くに望む桟橋の上でシャドーボクシングをしている一人の男が見えた。「よお。どうだい。調子は?」ジャックはまるで旧知の仲のように東光太郎に声を掛ける。自分たちと共に戦うことを勧誘するジャックと、それをかたくなに断る光太郎との押し問答が続く。何度も断ったはずだという光太郎に対し、ジャックは「以前とはちょいと事情が違う」と言って、「こいつらがいる」「お前にはこいつらの力が必要だと思うぜ。そうだろ?」と次郎とレネを指す。その意味を問う光太郎に「決まってるだろ。お前の目的を果たす為だよ」とジャック。「余計なお世話だ。俺には誰の助けもいらない」と吐き捨てて立ち去ろうとする光太郎を、次郎が、光太郎が異星人に親友を殺され復讐をしようとしていることを知っていると言って呼び止める。次郎は、ゼロスーツに宿る戦士の魂を「俺の相棒」と呼び、その相棒も光太郎と同じであり、光太郎の仇を見つけるのを手伝いたいと訴える。光太郎は、仇はその場で自分で殺したことを絞り出すように伝える。レネは光太郎の心が震えたのを感じ、光太郎の思いを代わりに口にする「怒りは……消えることが無かった」。光太郎は、親友デイブの仇を打った後も異星人を倒せば倒すほど異星人への怒りや憎しみが燃え上がっていた、それはお前らにどうこうできない問題だ、と感情を一気に吐き出して叫ぶ。「ああ、そうだろうな。お前の復讐は永遠に終わることはない」「何故だかわかるか? いや、もうお前は気づいている。……だろう」とジャックが静かに言う。ジャックは続けて、俺の知り合いの話だと言って、ある男の身の上を語り始める。
     その男は天涯孤独で他人を信じちゃいなかった。生きるのに必要なのは己の力だけ。喧嘩三昧の日々の中、危うく命を落としそうになった時、偶然ある日系人の兄妹と出会い助けられた。そして生まれて初めて人の優しさに触れ、やがて本当の家族のように付き合うようになった。元々はル・マンのテストドライバーだった兄は事故で足を悪くして今は自動車修理工場を営んでいた。その男は工場を手伝い、自分もル・マンに出たいという夢を持つようになった。そしていつしか妹とは恋人同士となり、夢に向かって精一杯に生きて、小さい幸せも噛みしめていた。そんな細やかな日々は、兄妹が異星人に殺されたことで呆気なく打ち砕かれた。その男は怒りに燃え、血を吐くような日々の中で大切な人たちを奪った異星人を必死に探した。そして一年後、仇の異星人を探し出し、追い詰め、殺した。だが……その男の怒りは消えることが無かった。自問自答し、男は気づく。その怒りは自分自身に向けられたものだったことに。実はその男は知っていた。兄と慕った男と心から愛した恋人が死んだのは、全て自分のせいだと。自分の浅はかで愚かな行動のせいで二人は異星人に狙われ殺されたのだ。だがその事実を認めたくなくて復讐という感情でずっと誤魔化してきた。だから復讐を終えた時、その逃れられない現実と向き合うしかなかった。だからその男は決して消えることのない後悔と贖罪を抱えながら……今も自分が生きる理由を……その答えを探しているそうだ。
     無言でジャックの話を聞いていた光太郎は拳を強く握りしめていた。それがジャック本人の話なのかを確かめようとする次郎の言葉を「俺じゃねーよ」とすかさず遮ったジャックは、無言の光太郎をジッと見つめながら「もっと大きなものの為に戦え」と言うと何かを手渡し、その場を立ち去った。ジャックの後を追う次郎とレネ。レネは優しい笑顔で「待ってるから」と言い残す。一人残された光太郎の手には星のような形をしたバッジが握られていた。紅いセンターストーンの嵌まったベゼルの周囲に一回り大きいプラチナのリングとそれに内接するデルタ型のウイング。その各辺からリングの外まで突出するスパイクが三本。そのうちの一本が長くそれぞれにサテライトストーンが配置されている。透視に相当する視力を得ている光太郎には、それが超精密電子デバイスであることが知れた。
     次郎たちはレネが未来視した次の事件の発生場所の風景に一致する、サンタモニカの海沿いにある遊園地に到着していた。既に日は暮れている。ジャックは国防省権限で遊園地の営業を停止させ観客を退避させたが、ホラーハウスに入った数人の子供が戻っていなかった。ジャック、次郎、レネはホラーハウスの中に入り、薄暗い迷路の中を進むが、大きな鉄門が出現し行き止まりとなる。「この先に子供たちがいる」とレネ。ジャックが無造作な前蹴りで扉を粉砕する。地下へと続く階段を降りると広大な地下空間が広がっており、「助けて」「怖いよ」という子供たちの微かな声が聞こえる。目をこらすと、中央に屹立する不気味な柱から巨大な蜘蛛の巣が張り巡らされ、そこに多くの子供たちが捕らえられているのが見え、その中にはこれまでの事件の被害者の顔もあった。次郎が子供を助けようとすると、その腕を切り落とすべく大鎌が振り下ろされ、次郎は辛うじてそれを避ける。人間の体より細い柱の陰から、大鎌を鉈を大鋏を手にしたブギーマンが次々と現れる。ジャックが、次いで次郎がスーツを装着する。退避を命じられたレネだが、ベレッタPx4を取り出し子供たちを救出しようとする。その時複数のブギーマンたちが折り重なるように密集して身を絡み合わせ、鋏を逆さにしたような頭部を持つ、一体の巨大な集合体と化した。それを見たレネがハンドガンに再びセイフティをかけて収納し引き下がる。後にギランボと名付けられることになるブギーマン集合体は、子供たちを背にすることでウルトラマンの火器による攻撃を封じながら、ピッケルのように尖った右手の先を大鎌や鉈に変形させて攻撃してくる。しかも、ブギーマンがクローゼットから出入りしていた能力のためか、広がる闇の先は異次元につながっているようで全く様子がつかめず、この地下空間ではエネルギー消費も著しかった。思考が鈍る次郎にゼロスーツがレネがしきりに上を指していることを伝える。次郎とジャックが上方を見上げた瞬間、轟音があがり天井が砕け、巨大なグリッパーの付いた金属アームが現れてギランボを掴み上げた。破れた天井の上に、星空を背景に300メートルはあろうかという銀色の巨大な飛行船が浮かんでいた。「スカイハンターがなんだってここに!?」と驚くジャック。赤い火の玉が飛行船から金属アームを駆け下り、子供たちを絡め取っている蜘蛛の巣を焼き払う。落下する子供たちは三人がかりで抱き留めた。炎の超人と化した光太郎にジャックは「けどその身体じゃ、チビ共に火傷させちまうな」と声をかける。怒り狂ったギランボが自分を拘束していたグリッパーを押し広げて自由を取り戻し咆哮をあげる。おもむろに光太郎が口を開いた、「俺は異星人と戦う。この子たちを守る為に。ウルトラマンとして!」。炎の超人の手がバッジをかざす。赤と銀のTARO SUITが転送され、燃え上がる全身を包む。「光太郎……」「光はいらない。ただのタロウだ」
     天井が破られ、異次元に通じエネルギーを浪費させていた空間は崩壊していた。JACK, ZERO, TARO 三人のウルトラマンの反撃が始まる。タロウスーツは、防護や強化ではなく抑制に特化した規格外装備だが、余剰熱は拳や足刀をブーストするように炎を噴き出し的確に攻撃に転用されるのだった。ジャックは腕部収納式収縮ソードで、ゼロはゼロランスで応戦していた。「いいねェ、それ。借りるよ」とゼロからランスを取り上げたジャックは、穂先ではなく石突を前方に向けて途方もない腕力で投擲し、ギランボを床に縫い付けた。動きの止まったギランボの顔面にタロウが手のひらを当てる。ボン!タロウスーツの後頭部の排炎ダクトから2メートルもの炎が噴き上がる。その時には、床に突き立つ逆さのゼロランスのみを残し、ギランボは消し炭と化していた。
     「お見事、お見事」拍手をしながら、二人のSPを引き連れた黒人紳士が近付いてきた。「アルバート、てめェ!」とスーツを解除したジャックが食ってかかる。科特隊米国支部責任者のアルバート・ウェイアンズが「おやおや大尉、えらくご機嫌斜めじゃないか」と返すと、「大尉はよせ、とっくに軍は除隊してる!それより何のつもりだ」とジャック。科特隊は米国では即応部隊W.I.N.R.がロサンゼルス郊外に拠点を持ち、ジャックらと別れた後の光太郎と接触、ここまで送り届けたのだった。大型飛行船スカイハンターはホラーハウスの焼け跡上空に係留され、降下した医療チームが子供たちを検査していた。MATと科特隊はそれぞれの思惑があるようだった。
     夜が明ける。子供たちと親が抱き合い喜ぶ姿を見詰める一同。スカイハンターは既に撤収している。「ありがとう。助かったよ」と握手を求めるジャックに「アンタの為に戦ったんじゃない」と言ってその場を立ち去る光太郎。「たく、素直じゃねーな」とジャック。朝食をねだるレネに、うまいビールが飲める店に行くかと答えるジャック。ジャック、レネ、光太郎と新しい仲間ができたことがとても嬉しい薩摩次郎だった。
    ・「ジード」風の ULTRAMAN SUIT を作ってみた ULTRAMAN SUIT (GEED IMAGE Ver.) (製作・文:只野☆慶)
     BANDAI SPIRITS ノンスケールプラスチックキット “Figure-rise Standard” ULTRAMAN [B TYPE] use
    【洋画情報】(「SF MOVIEハイスピードNEWS!!」より)
    ・世界的には『ブラックウィドウ』を超える大ヒットとなったことを受け、『シャン・チー』の続編製作が正式決定。一作目のデスティン・ダニエル・クレットンが監督・脚本を続投、同監督はディズニープラスのMCUドラマシリーズにも参加していくとのこと。
    ・ソニーの『ヴェノム』、三作目の製作が正式決定。
    ・『ワンダーウーマン3』がDCシリーズの公開ライナップに正式に加わる。パティ・ジェンキンス監督が、『スター・ウォーズ:ローグ・スコードロン』が「創造性の相違」のため無期限延期となり、ガル・ガドット主演だった『クレオパトラ』も監督降板(プロデューサーとしては残る)となったため、製作の目途がたった模様。
    ・『DUNE/デューン 砂の惑星』の監督を務めたドゥニ・ヴィルヌーヴ、アーサー・C・クラークの小説『宇宙のランデブー』の映画化を手掛ける。製作は『ブレードランナー2049』のアルコン・エンターテイメント。プロデューサーにはモーガン・フリーマン。
    ・フィリップ・K・ディックの小説『ヴァルカンの鉄槌』の映画化企画を、『ハンガーゲーム』のフランシス・ローレンス監督が進めているとのこと。
    【次号 2022年4月号】2/25(金)発売。¥1,100。

  5. わんちゃん05 より:

    :ネコパブさんのEAシリーズ、最新号、2/3に発売です。今回は、ガイキングです。(新旧シリーズ。)何か、”未公開の設定資料が満載!”みたいな事が、書いてありましたが、値段が、ほぼ4000円します。:そりゃ、ガイキングのファンの人は、値段を気にせず、購入するかもしれませんが、出版業界の書籍売り上げ減が、影響しているのかもしれませんが、サラッと値上げか…。前回のEAシリーズ、”帰ってきたウルトラマン第2版”の値段が、2953円とみると、約1000円も、Upですか…。ネコさん、ちょっと、やめてよ‼(結局、EAシリーズ、ウルトラマンAは、刊行しないんだな…。)→そんな気がする❗

  6. SICファン より:

    【月マガ】2022年3月号より。
    ・新仮面ライダーSPIRITS(連載第146話):
    異次元を彷徨うZXによって体内の竜の活動を抑えられた本郷が復活、旧1号に変身して2号と並び、阿修羅谷にて大首領と対峙する。それを側方から見守るライダーマン。大首領が2号に問いかける「お前もカメンライダー1号か」、2号が答える「ワリィ、あれウソ。俺は2号、そしてこいつが1号さ」。大首領の肉体の複製の完成形であるZXに至るための試作品の始まりであった1号とそれに次ぐ2号、変化に乏しい2体が並ぶことを試作としての無駄だと言い捨てる大首領、「人間共はそういう無駄で邪魔なその様を」「ダブる…だのと呼ぶのだろう?」 オーロラの下で並び立ちファイティングポーズをとる、始まりのダブルライダー:旧1号&2号。
    「へっ… 無駄で…邪魔かどうか 試してもらおうじゃねぇか」と2号、その時には既に氷の地面を蹴って猛ダッシュしている。ひび割れる氷面。何の合図もないのに全く同じタイミングで駆け出している1号。迫る1号と2号の間をさらなる猛スピードで駆け抜ける大首領。その勢いにはねとばされ錐もみ回転する1号と2号、逆立ち状態で落下しながら頭上に伸ばした手で地面をひっかいて回転を止め、どうにか正立着地する。ゆっくりと振り向く大首領の胸の破壊が進んでいることがわかるが、振り向ききった瞬間には既に1号と2号との間にいる大首領。瞬時に反応する1号と2号だが、あっという間に後ろに回る大首領に、相打ちになる直前でパンチの手を止める。大首領は1号の体内に竜の存在を感じるが、竜が自分の呼びかけに答えない理由がわからない。戦闘を続ける1号&2号と大首領。自分が見ている映像を送信するライダーマン、「本郷さんが…帰ってきました。…………見えてますか」。「……ええ」、旧1号の姿を見て口元に微かな喜びを隠せない緑川ルリ子。
    衛星軌道上のスカイライダーとスーパー1にも1号復活が伝わる。ISS内で倒れていた、成り行きで地上から同行した女性研究員ミシェルは意識を取り戻すが、銀河王に作り出されたサドンダスの群れが徘徊する中、銀河王/サドンダスはスーパー1によるジャミングによって自分を感知できないことを知らないミシェルは死んだフリを続ける。そのことに気付くシャトル内のセルゲイとジェラルド。異次元を漂うZXの断片は銀河王の前にも姿を現していた。彼=JUDO(大首領)ではなかったが彼と同質の力が潜在していたZX、そのZXまで現世に出現するのであれば支配の神が二つになると悩み始める銀河王。
    ウィーンの様子を確認するが、先方はなお交戦中で交信できない。ギリギリの状況の中ライダーシンドローム実行のためにコンソールに向かい続けるルリ子とアンリには鬼気迫る雰囲気が漂っている。その背後では大首領出現に伴うバダンシンドロームに似た異変により倒れた科学者がまた一人心肺停止に至る。恐怖と絶望の中、ルリ子とアンリの背を見詰める科学者たち。
    空飛ぶ奇岩山ピラミッドの中で次々と生み出される軽装コンバットロイドのような戦闘員と交戦を続けるSPIRITS 10分隊と風見志郎。風見の変身可能となるまではあと10分。ジェネラルシャドウが奇岩山の中枢を離れている今こそ、奇岩山のコントロールを制圧するチャンスではないかと提案するウェイ・ペイに対し、今、奇岩山と戦闘員たちを操っているのはマシーン大元帥であることを看破していた風見はその意見を却下する。
    奇岩山ピラミッドの表面、つるんとした風貌となったマシーン大元帥の腰から上が岩の先端から現れている。奇岩山表面を神出鬼没のマシーン大元帥に不意をつかれ重傷を負ったアマゾンにとどめをさすべく襲いかかる戦闘員達を、ガードラングのおかげでマシーン大元帥の一撃が重傷には至らなかったXがライドルホイップで切り捨てる。マシーン大元帥は奇岩山と同化しており、目に見えているマシーン大元帥のボディを破壊しても効果はない。奇岩山をプラントとして自らの細胞を分け与え下部を作るように戦闘員を増産していると看破するXだったが、その力をどこから得ているかは想像がつかなかった。空を舞って待機しているジャングラーがアマゾンに向かって何かを吐き出す。その様子を背で感じたXは、アマゾンに背を向けたまま確認する、「使うのかアマゾン」。使いたくなかったが今のマシーン大元帥は強過ぎる、とギギの腕輪にガガの腕輪をセットするアマゾン。しかし超エネルギーが発動しない。うろたえるアマゾンをマシーン大元帥の額のビームが狙い撃つ。それを庇いライドルバリアでビームを弾くX。とまどうアマゾンにXは、古代インカの超エネルギーが地球の持つ力を利用していたのならば、大首領降臨による地球規模の大異変が影響しているのかもしれないと語る。Xとアマゾンに襲いかかる戦闘員の群れ。岩から現れているマシーン大元帥の半身、その頭部の左右の瞳が独立して様々な方向を見ているかのように動く。
    ウィーン。佐久間本部長自身が戦闘強化服を装着しマシーン大元帥戦闘員と交戦しているSPIRITS部隊。ライフルの弾が切れる佐久間、SPIRITSの特殊装甲車はドラム缶大の爆薬で爆破される。個々に散開するSPIRITS隊員だが、佐久間達が戦闘している間に、カール博士は女性隊員が背負って戦場を脱出していたのだった。しかし佐久間も合流地点で落ち合うまでは交信もできない。
    カール博士の意識が戻れば何らかの反応があるはず、それまでにクリアすべきが条件がある、と緑川ルリ子。その一つはV3の復活、風見志郎が変身可能となるまでには間もなく7分を切る。もう一つはスーパー1のファイブハンド、せめてレーダーハンドの奪還、とアンリ。
    二人の神の存在に思考ループに陥っている銀河王を、スーパー1を抱いたスカイライダーが襲う。避けたはずなのになぜかスーパー1に吸い寄せられるように動かされ、スーパー1のキックを頭部に受けてしまう銀河王。ヒビの入った頭部をスーパー1から奪ったエレキハンドで押さえるが、スーパー1の額のヘッドシグナルとエレキハンドが呼応するかのように明滅する。