仮面ライダーギーツ暴太郎戦隊ドンブラザーズウルトラマン

特撮ホビー誌1月『仮面ライダーギーツ』強敵出現でギーツがパワーアップ!『ドンブラザーズ』&後番組新戦隊!『デッカー』スフィアとの戦いクライマックス!

(12月26日追記)
12月26日は「てれびくん 2023年2・3月号」「テレビマガジン 2023年2・3月号」が発売!
どちらも付録が豪華!!
「てれびくん 2023年2・3月号」「テレビマガジン 2023年2・3月号」
新戦隊『王様戦隊キングオージャー』たっぷり特集されています。

(12月10日記事公開)
12月21日発売「月刊ホビージャパン2023年2月号」、12月26日発売「てれびくん 2023年2・3月号」「テレビマガジン 2023年2・3月号」、12月27日発売「フィギュア王No.299」、12月28日発売「宇宙船vol.179」が予約開始になりましたので。2022年12月下旬発売 特撮&ホビー雑誌情報をまとめておきます。

月刊ホビージャパン2023年2月号

2022年12月21日(木)発売:月刊ホビージャパン2023年2月号

【巻頭特集】
MOBILE SUIT GUNDAM SEED 20th ANNIVERSARY
SEEDの軌跡

2002年のTV放送開始から20年、今再び『機動戦士ガンダムSEED』に大きな波が押し寄せています。
2021年に新プロジェクト「GUNDAM SEED PROJECT ignited」が発表され、上海にはフリーダムガンダム立像が建造。新公式外伝ガンダムSEED MSVとしてコミック『機動戦士ガンダムSEED ECLIPSE』の連載がスタート。
ガンプラ面でも、FULL MECHANICSフリーダムガンダムやENTRY GRADEストライクガンダムをはじめ、『ガンダムSEED』関連キットが数多くラインナップを重ね、2022年を締めくくる超大物キットとして先日「MGEXストライクフリーダムガンダム」が発売となりました。
さらに、現在劇場作品が制作進行中ということで、多くのファンが期待を募らせています。
本特集では、改めて『ガンダムSEED』の20年を振り返り、“マイスター”木村直貴によるMGEXストライクフリーダムガンダムの徹底製作作例を筆頭に、今立体で見たいシリーズ登場MSを作例で見せていきます。
 戦火の大地に甦れ、ガンダム!!

てれびくん 2023年2・3月号

2022年12月26日(月)発売予定:てれびくん 2023年2・3月号

<付録>
●仮面ライダーギーツ:ホンモノ付録「DX Vバックルレイズバックル」
・別売りの「変身ベルト DXデザイアドライバー」にセットして押すと龍騎の変身なりきり音声が流れ龍騎フォームに変身!
・龍騎のベルトがレイズバックルのボタンになっている
・回転ギミックでボタンが回る!
超人気レジェンドライダー・仮面ライダー龍騎のパワーを秘めたレイズバックルは他では手に入らない激レア付録!

仮面ライダーギーツ「DXVバックルレイズバックル」が付録!12/26発売「てれびくん2・3月号」が予約開始!龍騎の変身音声&龍騎フォームに変身!

●仮面ライダーギーツ:レアカード「仮面ライダーギーツ マグナムブーストフォーム」
●爆発的付録:タローマンなりきりお面

次号予告 - 小学館「てれびくん」
小学館が発行する日本一の月刊ヒーロー雑誌、それが「てれびくん」だ!!最新号のふろくや見どころの解説、次号の予告も配信中!!てれびくん増刊号や関連絵本の紹介もあるよ!

<予告>
●仮面ライダーギーツ:激熱ニュースが盛り沢山!
●2023年スーパー戦隊:最新ヒーローニュースも見逃せない!新スーパー戦隊、次号登場!
●暴太郎戦隊ドンブラザーズ:激熱ニュースが盛り沢山!
●ウルトラマンデッカー:激熱ニュースが盛り沢山!

テレビマガジン 2023年2・3月号

2022年12月26日(月)発売予定:テレビマガジン 2023年2・3月号

<付録>
●仮面ライダーギーツ:ここでしか手に入らない「デザイアドライバー型ウォッチ」
・マグナムバックル&ビーストバックル付き!
・マグナムバックルをセット!ビーストバックルをセット!回転!
<予告>
●仮面ライダーギーツ:さらなる強敵出現でギーツがパワーアップ!
●暴太郎戦隊ドンブラザーズ:オミコシパワーで完全無敵の鬼退治!
●ウルトラマンデッカー:スフィアとの戦いクライマックス!

フィギュア王No.299

2022年12月27日(火)発売予定:フィギュア王No.299

【特集:ゾイド40周年】
●日本でメカ生体ZOIDSが誕生して、来年で40周年。
●歴代主人公機のデザインとギミックをリファインする新シリーズ「40th anniversary ZOIDS」やBANDAI SPIRITS×タカラトミーの「超合金シリーズ」が発売されるなど、今なお拡がり続けるゾイドワールドを大特集!!
●初代テレビアニメ『ゾイド-ZOIDS-』から最新作まで続くシリーズの魅力にフィギュア王が迫ります!!

●大人気特撮の最新情報も
●『仮面ライダーギーツ』
●『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』
●『ウルトラマンデッカー』
●世代を超えて愛される大人気特撮も好評連載中!

※メインの特集は変更となる可能性があります。
※詳細 ホビーサーチ:フィギュア王 No.299

宇宙船vol.179

2022年12月28日(水)発売予定:宇宙船vol.179

特撮誌「宇宙船」2023年新年号!!

2023年新年号となる「宇宙船vol.179」は大好評放送中の『仮面ライダーギーツ』、そして12月23日公開の『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIE バトルロワイヤル』を大特集!
キャスト、スタッフインタビュー、そして最新仮面ライダーの特写を掲載します!!
そして特撮界を激震させた『仮面ライダーBLACK SUN』より仮面ライダーBLACK SUN、仮面ライダーSHADOWMOONの特写を掲載!
大人のための特写を堪能ください。
さらにクライマックスに突入する『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』、『ウルトラマンデッカー』も大特集!

Comment

  1. わんちゃん05 より:

    こんにちは!フィギュア王299を見てきました。特集は、ゾイド40周年でした。特撮で、めぼしい記事ありません。次号の特集は、デッカーみたいです!

  2. 匿名 より:

    コマンドとパワービルド出てそれら二つを超える中間形態は?

  3. SICファン より:

    遅くなりましたが月末発売の月刊誌から。皆さま、良いお年をお迎えください。まずはF王299号からです。巻頭特集はZOIDS。
    【ライブ&エビル&デモンズ】(毛利亘宏、坂本浩一)
    「ブルーバード」所属の大二は、テロ組織「アリコーン」殲滅に動いていた。自らが囚われることでアリコーンのアジトを突き止めたヒロミは、無事に救出された後、異質な雰囲気に変貌しており、やがて少女誘拐容疑で指名手配されてしまう。一方、大二の前には超人「ヒューマンミュータント」が出現する。
    さくらは、ヒロミ指名手配の真相究明に、夏木探偵事務所を開設した花(助手:玉置)に協力を仰ぐ。
    黒いボディに白く骨の形が浮かび上がったかのような謎の怪人と、ライブマーベラス&エビルマーベラス、インペリアルデモンズが戦う。
    留美(演:芹沢 凛):アリコーンに誘拐されていた少女、ヒロミと逃避行を繰り広げることになる。ムラマサ(演:小松準弥):ヒロミと同じ顔を持つ人物?。
    染井俊一郎(演:伊万里 有):アリコーンのリーダー。マリコ(演:松田リマ):ヒューマンミュータントとして超人的な能力を発揮するアリコーンのメンバー。市村景孝(演:高橋良輔):遺伝子工学研究所の研究者、人類の肉体を若返らせるプログラムを開発した天才で、ヒロミもその恩恵を受ける。
    【ギーツ】
    ・ 1/08 第17話 「乖離Ⅰ:ようこそ!新しいシーズンへ!」 高橋悠也、中澤祥次郎
    ・ 1/15 第18話 「乖離Ⅱ:ブラボー!ジャマーボール対決!」 高橋悠也、杉原輝昭
    ・ 1/22 第19話 (タイトル未定) 高橋悠也、杉原輝昭
    ・ 1/29 第20話 (タイトル未定) 高橋悠也、山口恭平
    【ドンブラザーズ】
    ・ 1/08 ドン43話 「トキかけナゾかけ」 井上敏樹、田﨑竜太
    ・ 1/15 ドン44話 「しろバレ、くろバレ」 井上敏樹、田﨑竜太
    ・ 1/22 ドン45話 「カカむらガガむら」 井上敏樹、加藤弘之
    ・ 1/29 ドン46話 「なつみのよのゆめ」 井上敏樹、加藤弘之
    【キングオージャー】
    ・プロデューサー:大森敬仁(東映)、脚本:高野水登(『賭ケグルイ』『真犯人フラグ』)、監督:上堀内佳寿也
    【ウルトラマンデッカー】
    ・1/07 特別総集編 「立ち上がれデッカー」  足木淳一郎、 村上裕介
     スフィアの総攻撃を前に、TPU技術部特務第3課のホッタは大慌て! ウルトラマンを信じるマルゥルは10年前の地球の危機に思いを巡らせる。
    ・1/14 第24話 「夢の果て」  根元歳三、 武居正能
     地球の崩壊を阻止するため、スフィアオベリスクの破壊に乗り出すGUTS-SELECTとTPUだが、そこにテラフェイザーが立ち塞がる。
    ・1/21 第25話 「彼方の光」  根元歳三、 武居正能
     最終話。スフィアによる地球消滅の危機が迫る中、満身創痍のGUTS-SELECTはマザースフィアザウルスに向けて最後の作戦を発動する。
    【フィギュア・玩具など】
    《バンダイ》
    ・ムービーモンスターシリーズ 『シン・仮面ライダー』各¥1,980 ①仮面ライダー(コートver.) 発売中、②仮面ライダー 3/18、③仮面ライダー2号 3/18、④仮面ライダー2号(コートver.) 3/25
    ・ウルトラアクションフィギュアシリーズ ①ウルトラマン(シン・ウルトラマン)エネルギー消耗時ver. ¥2,200 発売中、②にせウルトラマン(シン・ウルトラマン) ¥2,750 1/14、③ウルトラマン(シン・ウルトラマン)降着時ver. ¥2,750 1/14、④メフィラス(シン・ウルトラマン) ¥3,520 1/14
    ・ウルトラ怪獣シリーズ 各¥770 発売中 ①188 スフィアジオモス、②189 チャンドラー
    ・ウルトラ怪獣DX マザースフィアザウルス ¥3,850 発売中
    《タカラトミーアーツ》
    ・トランスフォーマーレガシー ①TL-27 スラッグ ¥1,980 23/5月下予、②TL-28 スラージ ¥1,980 23/5月下予、③TL-29 サウンドブラスター ¥1,980 23/5月下予、④TL-30 スクラップフック ¥3,850 23/5月下予
    《メディコム・トイ》
    ・MAFEX MANDALORIAN Ver.2.0 ¥10,780 23/12月予 素顔頭部、グローグー(可動、バッグインの2種)、各種武器&エフェクトパーツ、付属。
    ・MAFEX BOBA FETT (Recovered Armor) ¥10,780 23/12月予 素顔頭部、各種武器&エフェクトパーツ、付属。
    《CCP》 
    ・1/6 特撮シリーズ 凶悪宇宙人 ザラブ星人 ¥17,600(別途送料:¥1,100) 予約受付中、23/11月発送予
    《エヴォリューショントイ》 
    ・HAF 『恐竜戦隊コセイドン』人間大砲コセイダー ¥11,880 4月予
    《ツブラヤストア》 
    ・CoolProps ULTRAMAN C-TYPE SUIT SIZE BUST REPRICA ¥300,000(送料別) 受注〆:4/9 1/1胸像・発光ギミックあり 彩色:ダミーヘッドデザインズ、監修:M1号 西村祐次×品田冬樹
    ・ハンサムタロウエム 空想科学特撮モデルシリーズ ウルトラマン(Aタイプ) ツブラヤストアONLINE限定版 ¥16,900 受注〆:1/31、4月末発送予 造形:セキケンジ
    《プライム1スタジオ》
    ・ミュージアムマスターライン 『バットマン(コミック)』バットマン “Detective Comics #1000 Cover Art” (Concept Design By Jason Fabok) ブルーバージョン ¥239,690 12~3月予 プライム1スタジオ10周年限定カラー、頭部4種、胸部エンブレム2種。
    ・ミュージアムマスターライン 『バットマンリターンズ』キャットウーマン ボーナス版 ¥207,790 24/2~5月予 ボーナス特典:黒猫ミスキティ。
    ・ミュージアムマスターライン 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』サイドスワイプ DX ボーナス版 ¥223,190 24/2~5月予 両腕はガンとブレードの2種、両目と胸部はLEDで発光、ボーナス特典:ロゴプレート。
    ・レガシーミュージアムコレクション 『ジュラシック・ワールド:新たなる支配者』ブルー&ベータ ボーナス版 1/6 ¥174,790 24/2~5月予 オンラインストア限定ボーナス特典:ロゴスタンド。 
    《プラッツ》 
    ・EXO-6 1/6 ハイパーリアリスティック アクション フィギュア 『スタートレック:劇場版』ジェームズ・T・カーク提督 ¥52,800 1月予
    ・EXO-6 1/6 ハイパーリアリスティック アクション フィギュア 『スタートレック:エンタープライズ』アンドリア帝国防衛軍 司令官 シレック・シュラン将軍 ¥52,800 4月予
    ・アトランティス 1/8 ロン・チェイニー・ジュニア ①狼男 グロー・イン・ザ・ダーク ②ミイラ男 グロー・イン・ザ・ダーク 各¥9,130 1月予 プラモデル。
    《threezero》 
    ・フィグゼロ 12インチ 『シン・ウルトラマン』ゾーフィ ¥23,100 9月予
    ・フィグゼロ 1/6 アニメ『ULTRAMAN』シーズン2 アダド(Anime Version) ¥25,300 6月予
    【映画紹介】
    ・『モリコーネ 映画が恋した音楽家』『カンフースタントマン 龍虎武師』『非常宣言』『ヒトラーのための虐殺会議』
    【次号予告】 1/26(木)発売 300号 ¥1,250予
    ・ウルトラグッズコレクション ウルトラマンデッカー

  4. SICファン より:

    発売日としては一番早い、HJ 2月号からです。
    【キャラクターモデルほか】
    ◆BANDAI SPIRITS ノンスケールプラスチックキット “Figure-rise Standard” ウルトラマンゼロ ¥3,300 発売中 (製作・文:えめす@ifrit)
    ◆レインボウエッグ レジンキット キーラ対サイゴ ¥35,200 発売中 原型:橋本 智(痛快娯楽劇場)
    ◆ZO MODELS レジンキット K.I.S ゴジラ 1999 ¥77,000 発売中 原型:福田浩史(KUDAFU_ROOM)
    ◆エクスプラス ノンスケールプラスチックキット サイクロプス ¥5,995 発売中 (製作・文:山田卓司)
    ◆[コモリプロジェクト]小森陽一(撮影・構成:土井眞一)「宇宙人4+怪獣12&アンノウン2」:2022年に製作したキット。ダークロン、ボーグ星人、宇宙仮面、バルタン星人(三代目)+パゴス、ギタギタンガ、ホー、アイアンロックス、クモンガ、恐竜戦車、ギマイラ、テレスドン(再生)、ブラックキング、カネゴン、ゴモラ、ニセ・ウルトラセブン&悪魔ッ子、地底人。
    ◆[SMP In! Formation!!]SMP 忍者戦隊カクレンジャー ニンジャマン 無彩色試作品の写真多数掲載。
    ◆[超合金の魂(SPIRITS)]
     ・超合金 宇宙刑事ギャバン&サイバリアン、宇宙刑事シャリバン&モトシャリアン、シャイダー
     ・超合金魂 GX-103 MFS-3 3式機龍 工場サンプル最速レビュー
    ◆[戦隊ロボFLASH!!]ドンブラザーズ玩具のキーマンたちが語る一年の挑戦!!(バンダイ・寺野 彰氏とプレックス・山本 輝氏に聞く今年の合体玩具)
    【帰ってきた宇宙船H.S.S.】
    ・ギーツ×リバイス MOVIE バトルロワイアル
    【洋画情報】(「SF MOVIEハイスピードNEWS!!」より)
    ・MCU版『ブレイド』について。『ブレイド』から『デッドプール3』『ファンタスティック・フォー』~『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』が玉突きで上映延期、スケジュール変更のためバッサム・ターリクが監督を降板したが、後任がフランス出身のヤン・ドマンジュ、脚本はマイケル・スターバリーと決まり、来年から撮影開始とのこと。主演はマーシャラ・アリ(『ムーンライト』『グリーンブック』でアカデミー助演男優賞2回受章)、他にデルロイ・リンドー、アーロン・ピエール(『クリプトン』)も出演。24/9/6、全米公開。
    ・MCU版スーサイドスクワッド的なストーリーの『サンダーボルツ』に登場するキャラクターが決定。『インクレディブル・ハルク』より「サンダーボルト」ことロス将軍(ウィリアム・ハート死去のためハリソン・フォードが演じる)、『ブラック・ウィドウ』よりレッド・ガーディアン、エレーナ・ベロワ、タスクマスター、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』よりUSエージェント、『アントマン&ワスプ』よりゴースト、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』&『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエヴァー』よりヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ伯爵夫人(通称ヴァル)。
    ・ソニーによるアニメ『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』では6つのユニバースが描かれるが、その6つが全く異なる作風のアニメーションになるとのこと。
    ・ソニー版『スパイダーマン』の初の配信実写ドラマは、『シルク:スパイダー・ソサエティ』。韓国系アメリカ人女子シンディ・ムーンがクモに噛まれて超能力を身につける。製作:フィル・ロード&クリス・ミラー(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ショーランナー(現場責任者):アンジェラ・カーン(『ウォーキング・デッド』)、製作総指揮:エイミー・パスカル(『スパイダーマン』『ヴェノム』等)。
    【次号 3月号】1/25(水)発売。¥1,320。

  5. SICファン より:

    TVくん2月号のサマリです。
    【仮面ライダーギーツ】
    《仮面ライダーギーツ》
    ・パワードビルダーバックル&ギカントバックルを入手。パワードビルダーバックルにより怪力形態となる。
    →仮面ライダーギーツ パワードビルダーブーストフォーム、仮面ライダーギーツ パワードビルダーフォーム
    ・ギガントバックルの3種のバックルから1種を選んでパワードビルダーバックルにセットすることで3種の強力な武器(「ギガントハンマー」「ギガントブラスター」「ギガントソード」)を出現させることができる。
    ・武器を召喚できるウェポンバックルは他にも存在。新バックル×パワードビルダーバックルにより、マグナムシューター40Xも出現させることができる。
    《新仮面ライダー》
    ・仮面ライダーロポ:水色のオオカミのマスク。身軽。ゾンビフォーム、ニンジャフォーム等を使用。
    ・仮面ライダーナッジスパロウ:茶色のスズメのマスク。頭脳派。モンスターフォーム等を使用。
    《その他》
    ・ギロリ消滅。ゲームマスターはチラミに交代。
    ・ジーン:ギーツのサポーター、ケケラー:プレイヤーの前に見せる姿はカエルの人形だが… タイクーンのサポーター。
    《次号予告》
    ・ギーツが最新パワーアップ!?
    【暴太郎戦隊ドンブラザーズ】
    ・未来のドンムラサメと未来のオニシスターが出現。未来のドンムラサメにはゴールドの模様があり専用バイクを操る。未来のオニシスターはオミコシフェニックスを使いこなす。
    ・脳人の監察官・ソノシ、再び登場。
    ・翼、夏見を取り戻すために獣人と戦う。猫、鶴より強いペンギンの獣人も出現。獣人との最終決戦に。
    【王様戦隊キングオージャー】ムシキングということでしょうか。
    《キングオージャー共通》
    ・チキュー:キングオージャー5人がいる星。5つの大陸がありそれぞれに王国がある。5人のキングオージャーはそれぞれの王国の王であり、星全体を脅かす巨大な悪が出現した時、力を合わせて戦う。
    ・オージャカリバー:2000年前、5人の英雄が悪のバグナラクを倒した剣。5王国の王が一振りずつを代々継承している。刃と柄との接合部に5種の昆虫のスイッチがあり、各国王は自分の昆虫のスイッチをオンにすることで「王鎧武装」しキングオージャーとなる。
    ・キングズウェポン:それぞれの戦闘スタイルに応じて武器に変形する楯。
    《各キングオージャー》
    ①クワガタオージャー(赤×クワガタムシ)「オレが世界を支配する」
    :炎のような激しさで戦い弱者を助ける、闘士漲る赤の王。キングズウェポンは「剣モード」(大剣)に変形させ二刀流で戦う。王を名乗っているが本当は…?
    ②トンボオージャー(青×トンボ)「オレがテッペン! 頭が高けえんだよ!!」
    :誰よりも負けん気が強く、国民にとても好かれている青の王。戦いでは絶対にあきらめない強い心を持つ。キングズウェポンは「銃モード」で使用する。
    ③カマキリオージャー(黄×カマキリ)「ただわがままに我が道を行く!!」
    :普段はわがままだが、人の命を救う時には自分を犠牲にすることを厭わない黄色の女王。華麗な身のこなしで戦う。キングズウェポンは「鎌モード」で使用する。
    ④パピオンオージャー(紫×チョウ)「お前はここで裁かれる!!」
    :中立でどんな時にも冷静さを失わない、紫の王。悪は容赦しない。キングズウェポンは光の矢を放つ「弓モード」で使用する。
    ⑤ハチオージャー(黒×ハチ)「国を守るために手段は選ばぬ!!」
    :いつも明るい黒の王。平和な世界を守るためならば、手段を選ばない。予測できない立ち回りで敵を翻弄する。キングズウェポンは「爪モード」で使用する。
    《巨大ロボ》
    ・シュゴッド:チキューの守護神たる虫型の巨大なメカ生命体。キングオージャーそれぞれが乗り込むシュゴッドの他にも存在する。
    ・キングオージャー:王の5体のシュゴッドと複数のサブシュゴットが合体することで生まれるシュゴットの王。
     頭部~太腿:ゴッドクワガタ、右足:ゴッドカマキリ、左足:ゴッドハチ、背の翼:ゴッドトンボ、剣の柄:ゴッドパピオン
     ゴッドクモ×2→胸当て&腰のバックル、ゴッドテントウ×2→右手&左手、ゴッドアント→剣
    《次号予告》
    ・キングオージャー、ぶち抜きスクープ。
    【ウルトラマンデッカー】
    ・味方となったテラフェイザーと共にマザースフィアザウルスと戦うデッカーの下にウルトラマントリガーも出現。
    【ウルトラマンデッカー最終章 旅立ちの彼方へ…】
    ・ウルトラマンデッカーがウルトラマンコスモススペースコロナモードに成ったかのようなシルバーにパープルの新ウルトラマンが登場。
    《次号予告》
    ・ウルトラ最新特報!!
    【次号】4月号 2/28頃 ¥1,280予

  6. SICファン より:

    U船(vol.179 2023・冬号)からです。
    【巻頭折込ポスター】 表:仮面ライダーギーツ コマンドフォーム ジェットモード vs 仮面ライダータイクーン コマンドフォーム キャノンモード 裏:仮面ライダーBLACK SUN & 仮面ライダーSHADOWMOON
    【ディテール・オブ・ヒーローズ 第60回】(巻頭)
    ・仮面ライダータイクーン コマンドフォーム キャノンモード +レイジングソード
    ・仮面ライダーギーツ コマンドフォーム ジェットモード +コマンドツインバックル
    ・仮面ライダーギーツ フィーバーマグナムフォーム +フィーバースロットバックル
    ・仮面ライダーナーゴ フィーバービートフォーム
    ・仮面ライダーナーゴ ビートフォーム +ナーゴIDコア、ビートバックル、ビートアックス
    ・仮面ライダーナーゴ アームドクロー +クローバックル
    ・仮面ライダーナーゴ エントリーフォーム
    ・仮面ライダーパンクジャック フィーバーモンスターフォーム
    ・仮面ライダーグレア +ヴィジョンドライバー
    ・仮面ライダーシーカー パワードビルダーフォーム +シーカーIDコア、パワードビルダーバックル、ギガントバックル、ギガントハンマー、ギガントブラスター、ギガントソード
    【仮面ライダーギーツ】
    ・仮面ライダーナッジスパロウ(SA:蔦宗正人):クイズ王の五十鈴大智(演:後藤 大)が変身するスズメのライダー。知能指数ナンバーワンと呼ばれ、頭脳プレイを得意とする。
    ・仮面ライダーロポ:アスリートの我那覇 冴(演:小貫莉奈)が変身するオオカミのライダー。
    ・チラミ(演:山崎樹範):ギロリに代わる新たなゲームマスター。ギロリとは真逆で常にテンションが高く、不思議な口調で喋る。
    ・ジーン(演:鈴木 福):デザイアグランプリを観戦する謎の少年。
    ・ニラム(演:北村 諒)、サマス(演:安田聖愛):デザイアグランプリのプロデューサーとその秘書。ニラムは「リアル」を重んじ、ルールに反したギロリを失脚させた。
    ・アルキメデル(演:春海四方):ジャマトを育成する謎の男。ゲームマスターともつながっている。
    ・インタビュー:佐藤瑠雅、星野夢奈、高橋悠也
    【ギーツ×リバイス MOVIE バトルロワイアル】
    ・仮面ライダーシーカー(SA:小森拓真)
    ・対談:前田拳太郎×簡 秀吉
    【仮面ライダーアウトサイダーズ ep.1】(内田裕基、柴﨑貴行)
    ・銀行強盗を繰り返していた浅倉 威には弟を思う彼なりの理由があった。その浅倉に仮面ライダーオーディンが接触。仮面ライダーディエンドも浅倉の前に現れる。サバイブ(無限)のカードを手にする仮面ライダー王蛇。戦いの裏には財団Xの幹部エコル(演:古谷大和)が潜んでいた。
    【仮面ライダーライブ&エビル&デモンズ】
    ・アリコーンが誘拐した少女・瑠美に隠された秘密、アリコーンの目的、ムラマサの正体が明かされる!
    【仮面ライダーBLACK SUN】キャラクター造形の世界
    [特写]・ブラックサン(黒殿様飛蝗怪人)
        ・シャドームーン(銀殿様飛蝗怪人)
        ・仮面ライダーBLACK SUN
        ・仮面ライダーSHADOWMOON
    ・『仮面ライダーBLACK』怪人デザインの世界 生物モチーフの本質に挑んだ、原作者・石ノ森章太郎の端的な回答。
     → 個人的には、石ノ森特撮の怪人としては、石ノ森の画風までの立体化に成功している『仮面ライダーBLACK』が一つの頂点だと思っています…
    【その他石ノ森特撮】
    ・《名作SF 3Dモデル・ワールド》第59回 1/26スケール ミニミニサイドマシン(ポピー)
    【DETAILE OF SUPER SENTAI】(巻中)
    ・ソノイ +一級剣バロンソード、脳人シールド
    ・ソノニ +二重弓コンドルアロー
    ・ソノザ +三刃槍カゲスピア
    ・ソノシは、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ特写写真集』2023年夏頃発売決定!! の予告として…
    【ドンブラザーズ】
    ・ソノシ変身体(SA:斉藤謙也)
    ・インタビュー・対談・鼎談:駒木根葵汰×樋口幸平、村瀬 歩(ドンムラサメVA)、白倉伸一郎×松浦大悟×湊 陽祐、フワリ(『俺こそオンリーワン』作曲)
      プロデューサー鼎談より:脳人はソノイ、ソノニ、ソノザ、ソノシ、…とどんどん交代していく予定だったが、三人の演技がよくて固定となったとのこと。
      また「ドンブラザーズ」としてはハッピーエンドになっているはずとのこと。
    【ハリケンジャー 20th Anniversary】
    ・江戸時代、ハリケンジャー、ゴウライジャーの先祖にあたる疾風流、迅雷流の忍者たちの前に、宇宙忍者ジャカンジャ「ウラ七本槍」のオイランダ、アウンジャ(四の槍)が現れ、世界を滅ぼすという「天翔石」を奪おうとする。「天翔石」を持つのは迅雷流の二人が護衛する照姫(演:羽瀬川なぎ)。日向おぼろが開発した次元を超える装置により現代のハリケンジャーとゴウライジャーがタイムスリップしてくる。現代のおぼろの助手に雲母坂萌瑠(演:木村葉月)。江戸時代の忍風館館長・日向無限斎(演:西田 健)は当然ハムスターに非ず。
    【アバレンジャー 20th Anniversary】(荒川稔久、木村ひさし)
    【キングオージャー】
    ・プロデューサー:大森敬仁(東映)、脚本:高野水登(『賭ケグルイ』『真犯人フラグ』『仮面ライダーゼロワン』23&24話)、監督:上堀内佳寿也
    ・古の昔から伝わる言い伝えのとおり、地底から異形の軍団バグナラクが出現。キングオージャーは、虫型機械生命体シュゴッドと共に立ち上がる。
    ①クワガタオージャー:シュゴッドが宿る最強国・シュゴッダム国の王を自称する男。
    ②トンボオージャー:最先端のテクノロジーを誇るIT大国・ンコンバの国王。
    ③カマキリオージャー:芸術と医療の国・イシャバーナの女王。
    ④パピオンオージャー:氷雪に閉ざされた国・ゴッカンを治める王。
    ⑤ハチオージャー:農業国・トウフを統治する殿様。
    ・オージャカリバー:王は王者の剣オージャカリバーによりそれぞれの国のシュゴッドと交信し国を守り続けている。
    ・キングズウェポン:5種の武器に変形する楯。
    ・キングオージャー:虫型機械生命体シュゴッドが合体して完成する、選ばれた英雄たちと共に戦う巨神。
    【メタルヒーロー】
    ・《SUPER MODE OF TOEI METAL SPIRIT》(のなか・つよし) 第19回「スーパーソルドーザー」(『特急司令ソルブレイン』より):ソルドーザー専用パワードユニット
    【ウルトラマンデッカー】
    ・テラフェイザーとの激闘が続く中、スフィアバリアが消滅。火星で戦っていたケンゴも地球に現れる。そこにスフィアジオモスが発生させたワームホールから出現したマザースフィアザウルスが地球に襲来する。マザースフィアが怪獣化した姿だと推測されるマザースフィアザウルスは、デッカー&トリガーの攻撃をものともせず、胸のコアや全身の結晶体から放つビームで圧倒的な攻撃を見せるばかりか、時空を超えてエタニティコアのエネルギーを吸収することでさらなる強大化を図る。
    ・鼎談・インタビュー:松本大輝×大地伸永×村山優香、谷口賢志
    【ウルトラマンデッカー最終章 旅立ちの彼方へ…】
    ・ある日、クリオシティに怪音が響き渡り、人が次々に昏倒するという事件が発生。調査に向かったGUTS-SELECTは、武装した異星人集団の襲撃を受けるが、颯爽と現れた美女・ディナス(演:中村加弥乃)が特殊な力で異星人を一掃してしまう。ディナスは、全宇宙支配を目論むプロフェッサー・ギベルスによって地球が狙われていることを告げる。
    ・プロフェッサー・ギベルス(VA:中尾隆聖):全宇宙の支配者を名乗る悪の科学者。新異星人。実験要塞艇ゾルガウスを拠点とし強化改造を施した混成異星人部隊を従えている。
    ・銀河皇獣 ギガロガイザ:今回の最強の敵となると思われる新怪獣。
    ・クリオシティでGUTS-SELECTを襲撃した異星人:クカラッチ星人、ゼラン星人、ガルメス人、ペダン星人
    ・ナースデッセイ号に侵入した異星人部隊:サーペント星人、グローザ星系人、シャプレー星人
    ・その他、ゴース星人、バド星人も。
    【ウルトラマンレグロス】(足木淳一郎、坂本浩一)
    ・レグロス達が修練に励むコスモ幻獣拳の総本山・D60に、L77星を滅ぼしたマグマ星人の魔の手が迫る。
    ・マグマ侵略軍提督 ヴァルカン(VA:黒田崇矢):身に宿した邪気を猛毒に変えて戦う「マグマ毒手拳」の使い手。エンペラ星人の鎧を模して造らせた強靭な甲冑を纏う。
    ・マグマ地獄兄妹 ユラブ(VA:外島孝一):ヴァルカン配下でマグマ星人の雑兵を指揮するマグマ星人。マグマサーベルを愛用する。
    ・マグマ地獄兄妹 ラバ(VA:香川芽生):ユラブの妹。マグマ侵略軍の副隊長。2本の短剣を武器にアクロバティックに敵を切り刻む。
    【グリッドマンユニバース】
    ・キャラクターの新コスチュームビジュアル紹介。
    ・総集編は、『SSSS.GRIDMAN』1/20、『SSSS.DYNAZENON』3/10 劇場公開。
    【フェス・ゴジラ3 ガイガン来襲】
    ・『ゴジラ・フェス2022』で上映された短編。
    ・新造されたガイガンスーツの紹介。
    ・「各シーンを振り返って」(監督/絵コンテ/編集:中川和博)&撮影メイキング。
    【その他東宝怪獣】
    ・追悼・大森一樹  新時代のゴジラで、平成特撮を切り拓いた巨匠
    【その他ウルトラ/円谷】
    ・原口智生の夢のかけら(PROP GRAFFITI):第55回 猿(ゴリラ族)(『SFドラマ 猿の軍団』(1974))
    【その他特撮関連】
    ・『TAROMAN 岡本太郎式特撮活劇』徹底解剖 「タローマンのひみつ!!」、特撮美術:石井那王貴インタビュー
    ・小高恵美28年ぶりの出演映画『HOSHI 35』
    ・Netflixで『GAMERA -Rebirth-』世界配信決定。
    【作品紹介】
    ・新作特撮映画紹介(海外作品):『シャザム!~神々の怒り~』『アントマン&ワスプ:クアントマニア』『ベネデッタ』『ハロウィン THE END』『戦慄のリンク』『呪呪呪/死者をあやつるもの』
    ・海外映像作品ソフト紹介:『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』、『スター・トレック:ピカード』シーズン2 BD-BOX、『タイムボム 爆弾解除、ミスしたら即死。』、『クリーン ある殺し屋の献身』
    【フィギュア・玩具など】
    《バンダイ》
    ・ゴジラ・ストア限定 ムービーモンスターシリーズ ガイガンレクス(ゴジラVSガイガンレクス) ¥4,180 発売中
    《BANDAI SPIRITS》
    ・バンプレスト ウルトラマンギンガ 英雄勇像 ウルトラマンギンガ(全1種) 1月予
    ・バンプレスト ウルトラマンリブット 英雄勇像 ウルトラマンリブット(全1種) 2月予
    ・バンプレスト ウルトラマンティガ 英雄勇像 ウルトラマンティガ(パワータイプ&ティガトルネード) 2月予
    【次号】 vol.180 4/1 発売予定。

  7. SICファン より:

    【月マガ】2023年2月号より。『新・仮面ライダーSPIRITS』34巻 通常版&特装版、3月発売。
    ・新仮面ライダーSPIRITS(連載第157話)
    徐々にではあるが確実に、空中に浮かぶ大首領の背から全身が出現しつつあるZX。「良さん!!」と思わず近づいていくルミ。その手を引っ張って避難を促す石倉五郎だったが、奇岩山から落下し氷原に刺さっている巨大な岩から手が伸び、五郎の腕を掴む。その手に繋がるコマンドロイドもどきの奇岩山戦闘員の頭部や胴が岩から生み出される。その奇岩山戦闘員のもう一方の手が五郎の頭部を襲う。さらにあっという間に生み出される奇岩山戦闘員の群れ。ルミが思わず目を瞑る。次の瞬間、五郎はZXから預かっている電磁ナイフを抜き、三体の戦闘員の腕を斬り落としていた。「ちぃ」と残念がるマシーン大元帥本体。しかし残る戦闘員の群れが五郎に襲いかかる。
    阿修羅谷上空を飛行するSPIRITSのヘリでは、立花藤兵衛が仮面ライダー達や10分隊との交信を試みているが、仮面ライダー達には一向に繋がらない。奇岩山で戦闘中の10分隊とは連絡がつく。戦闘続行中、負傷者多数、奇岩山は崩れていく一方、乗っていたヘリは飛行不可能という状況は伝わる。また、マシーン大元帥の力が分散したためか、奇岩山の敵は攻撃が雑になっているようだという報告も入る。そこに結城丈二からの通信が割り込んでくる。他の仮面ライダーは恐らくエネルギー切れで通信さえままならないのだろうとのこと。一方、結城は、保護していた滝の回収を依頼すると、生身であるために動けることを活かして一人戦線に復帰すると宣言する。明らかに作戦がある模様だが、その内容は伝えず再変身する結城。
    石倉五郎とルミを襲う戦闘員の群れを排除したのは、変形前のバイクで駆け付けた本郷 猛と一文字隼人だった。「へっ…遅えよ、猛兄ちゃん、隼人兄ちゃん」と五郎、「すまん」と本郷、「ワリ」と一文字。戦闘員を蹴り倒し投げ飛ばす本郷と一文字だったが、一文字がふらついて倒れそうになり、本郷がそれを抱き止める。その本郷もまた倒れそうになる。そんな二人を見て、「まあここは一つ、なんてえの? 世代交代的な? 俺の時代的な!?」と興奮気味に電磁ナイフを振り回す五郎。
    SPIRITSのヘリは、風見志郎、神 敬介、アマゾン、城 茂を回収する。基地内に侵入した戦闘員をラストバタリオンの怪物群で迎撃していたビクトルはアマゾンの無事を聞き安心する。緑川ルリ子の護衛を赤心少林拳黒沼流の拳士達に任せ、自ら小銃を持って兵を率い避難所の援護へと向かうアンリ。避難所内では、元・少年仮面ライダー隊員達が戦況を報告し合いながら、避難民を落ち着かせ、隊員の人数配置を適切に融通しながら脱出の準備をさせていた。SPIRITS隊員達が銃撃を止めて後退すると同時に、義経の指示により赤心少林拳黒沼流の拳士が前線に出る。ライダーガールズも、老人の杖をフェンシングの剣に見立てたマリと素手のミチが戦闘員に挑むが牽制にはなるものの倒すまでには至らない。そこに、駒沢オリンピック公園の避難所で本郷が襲撃された時に大立ち回りを演じた、元・少年仮面ライダー隊の曽我部が、やはり背負ったポン菓子機を作動させて戦闘員を牽制する。
    何よりも良のことが気になるルミは、また光が増した上空のZXに気を取られているうちに、戦闘員に包囲されてしまっていた。しかし、奇岩山戦闘員全軍の動きが一斉に鈍くなる。
    奇岩山内部、マシーン大元帥が融合している奇岩山のコアを、再生カニロイドに移植されている秀が操る再生バダン怪人が攻撃していた。再生クモロイドの腕と再生カメレオロイドの槍に貫かれているマシーン大元帥コア。さらに再生トカゲロイドもいる。再生カニロイドは相変わらず再生ドクガロイドが抱えて飛行しており、マシーン大元帥が弱体化していたことに内心、安心していた秀だった。そこに上から真逆さまに落ちてくるかのように出現したジェネラル・シャドウが、再生ドクガロイドの両の翼を腕ごと斬り落とす。再生ドクガロイドが吐き出した毒をマントで防ぐジェネラル・シャドウ。そこを再生トカゲロイドが吐く火炎が襲うが、ジェネラル・シャドウは二枚のカードを巨大化させたシールドでそれを防ぎ、二枚のカードの隙間からシャドウ剣を振るって再生トカゲロイドを縦に両断する。落下し地を歩く再生カニロイド、一人で全バダン怪人を操る秀は再生ドクガロイドと爆散した再生トカゲロイドのダメージがフィードバックされ、かなり辛そうではあるが、痩せ我慢を張る。シャドウはマシーン大元帥に対し、奇岩山の防衛は自分に任せ、攻撃に専念するように言う。「その忠誠心、大首領も嘸や喜んで下さるだろう…」と答えるとシャドウに従うマシーン大元帥。その言葉に「… さあ…どうかな」と返すシャドウ。そこに迫る再生クモロイドと再生カメレオロイド。秀が二体に促した注意は間に合わず、トラップにかかった二体は床から飛び出した無数の巨大な針に全身を串刺しにされると床が蕾のように二体を完全に包み込み電撃で焼き尽くした。その全てのダメージがフィードバックされた再生カニロイドは肉体が破裂してしまう。気を失い、手も足もないカプセルのまま床に転がる秀の頭部。「フン…… 強力な同調(シンクロ)が徒になるとは考えなかったのか…… 捨て身か…か、所詮クズの考えよ」とカプセルの上から剣で秀に止めを刺そうとするシャドウに、両腕と翼を失っている再生ドクガロイドが近づいてくる。その胴を横一文字に斬り離すシャドウ。その死骸は秀のカプセルの上に毒鱗粉をぶちまける。自分の毒で融け死ぬと思い、秀から興味を失ったシャドウは、ジョーカーのカードを取り出しそれを奇岩山のコアと接続する。
    SPIRITSのヘリは4人ライダーに加え滝隊長も回収する。急に活動を停止した奇岩山戦闘員だったが、ジェネラル・シャドウのカードを介した操作によって、帯電したかのようにスパークを始める。空中の奇岩山の山肌に浮かぶ人の顔を形をしたレリーフの目に当たる窪みにもスパークが走る。地上に倒れている全戦闘員のスパークが激しくなる。全ての戦闘員を誘導体として、奇岩山全体から凄まじいエネルギーが放たれる。ルミも死を覚悟し思わず目を閉じる。しかし、奇岩山全体から放たれた落雷のような凄まじいエネルギーは、下方のSPIRITS基地ではなく、空中に浮遊するZXのかざした右手に全て向かい、地上には到達しなかった。「良さん」と叫ぶルミ。「のろまめ…… 何をやっている…」と何者かがZXに呼びかける。その時、SPRITS基地の建物の上方の一角を破り、空中に飛び出したものがあった。それは、再生タイガーロイドが乗るヘルダイバーとそれにタンデムする髪の長いマントの男に見えた。