仮面ライダーゴースト 第12話【壮絶!男の覚悟!】

シェアする

仮面ライダーゴーストも、2016年最後の放送に相応しい第一部を締める内容でしたね!!!

スポンサーリンク

第12話『壮絶!男の覚悟!』

99日目に向かって

いつも騒がしい御成とアカリだから、今回のしんみりした表情が凄く刺さります・・・。
意外にマイナス思考の御成。 すぐ泣くのでもらい泣きしちゃうじゃないですか(;△;)
お正月が来て、記念写真を撮ったり、餅つきしたり、滝に打たれたり
98日目の夜は、見ていて辛かったですね・・・。
シブヤとナリタは倒れるまでアイコン探してるし。アカリは徹夜で研究続けて。結果は出なかったけど、みんなタケルのために自分の出来ることをやってた!!!
最初はオロオロしてたタケルでしたが。一番冷静だった気がします。
全てを受け入れる覚悟が出来てた!! 立派ですぞ!!
諸田監督がよくやる海側から砂浜を撮る描写。
99日目に遂にタケルが消えた・・・(;△;)

父子

最後の夜の枕元に父が現れたのは何だったのかな?あの世(?)でも、タケルと父が再会。
「15人の英雄の心を 未来へと繋げ」と父がタケルの中に!!
闘魂ブースト魂は、映画同様、父さん魂でもあるのですね~!!
おっちゃんは龍のことを知ってる様子だったな。

タケル復活!

眼魔スペリオルからやられっぱなしで、マコトもヤバくなったところに。タケル復活!!!
超喜ぶ御成ww アカリも嬉しそう~!!!
闘魂ブースト魂、超強い!!!
闘魂ブースト魂
あんなに強く感じた眼魔スペリオルがへにゃっとしてる
そして遂にジャベルのアイコンが消滅!!! ジャベルがこんなに早くやられるとは( ̄▽ ̄;)!!

マコトとアラン

アラン「妹を死なせたくないなら私が何とかしてやったのに」
マコト「それじゃダメ」
妹復活の裏にはまだ何かあるようですね・・・。
マコトは裏切り者となるようで、「次回会うときは敵だ」とアランから言われてましたが。
アランは友のままでいたかったようですよね。マコトが変わったのはタケルのせいと、タケルに怒りをぶつけたそうでしたな。
アランがジャベルから英雄アイコンを2個受け取り、「兄上に会いに行ってくる」と眼魔の世界へ!!!

タケルとマコト

マコトに「一緒に眼魂と戦わないか?」と誘ったのに
マコトは「けじめをつけなければならないことがある」と
一緒にいては、迷惑がかかるとでも思ってるのでしょうかね?? ダブル変身がまた見たいです!!

タケルの99日

生き返ったと思ったタケルは、再度99日後に消えることに(・・;)
アイコンはタケルの8個とマコトの3個。アランが持って行った2個と、あと2個は今のところ行方不明ですよね。 まずはその2個をゲットしなければ!!!
そして、父が言った言葉の意味を理解して未来に繋げなければ!!
更新しました 仮面ライダーゴースト:放映リスト

次回 第13話『豪快!自由な男!』

ゴーストはゴエモン殿を使うようですね~!!
倒した眼魔が蘇ってる!! ジャベルも蘇るのかな??(^^)
仮面ライダーゴースト 闘魂装填 DXサングラスラッシャー

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. SICファン より:

    正月の記念写真も餅つきも滝行も、この回だったのですね。まるで最後の思い出のような記念写真を撮ったのは、(おそらくは年賀状を配達に来ていた)小野寺さん。こうしてレギュラー陣も全員顔を見せ、死を受け入れたと思われるタケルがアカリを「原子物理学の夜明け展」でのデートに誘うところはとても切なく、アカリ・御成・ナリタ・シブヤのタケルへの思いは最後まで熱く悲しみは深かった。よい仲間です。
    タケルの成仏のシーンはオープニングと重なっていましたね。波が引くと白い羽は溶けるように消え去っていて。「オレ、命、燃やしきれたかな?」というタケルの問いに、御成が泣きながら「できましたとも! できましたとも!!」と答えるところ、御成の思いに泣けました。マコトも「オレが皆を守る。タケルの思いを未来へ繋いでみせる!」と強敵ジャベルに命懸けで立ち向かい、アカリと御成を助けようとする。これだけでもタケルの99日間に意味があった=命を燃やしきれた証ではないかと思いました。これまでの眼魂事件の渦中となった人々やカノンとマコトのように、自分が命を燃やすことで、他人の命を救い他人の心(魂)も救うことができる。おそらくはいずれ世界を救うこともできるのでしょう。
    タケルの99日間での成長ぶり、自分の命よりも他人の命を優先した姿を見て、龍も確信したのでしょうね。おそらくは生前、もしかすると死後の世界からでも自分がやろうとしていた重大な何かをやり遂げられるのは息子しかいないと。アカリは「龍さんは死んでなかったのかしら?」と言っていましたが、おっちゃんの反応を見ても、復活の可能性か死後の世界での魂の自由と引き換えにタケルの余命を延ばしたように思えます。「壮絶!男の覚悟!」の「壮絶!」は闘魂ブースト魂の強さで「男の覚悟!」はタケルの覚悟なのかもしれませんが、龍の払った犠牲が「壮絶!男の覚悟!」だったのかもしれないとも思っています。幽霊としてこの世にとどまることのできる日数は、自分の魂を「オレ眼魂」に保存して99日、自分の代わりに父の魂を「闘魂ブースト眼魂」に込めることでプラス99日、ということでしょう。ジャベルすら一蹴する闘魂ブースト魂の強さは、龍のゴーストハンターとしての実力が反映されているのでしょうか。「闘魂」や眼魂音声「一発闘魂!」の「一発」は、龍役の西村和彦さん出演のCM「ファイト!一発!」のイメージからかも、とふと思いました。
    「15人の英雄の心を繋ぎ、未来へと導け」という龍の言葉から、タケルが15眼魂全部乗せフォームの力を得て命も復活し、その代りに眼魔世界の事情も明らかになって世界の存亡に関わる何かに立ち向かうようになる2クール末の姿が、脳裏に浮かびました。
    「汚点はすべて消す」というジャベルの行動をみると、この人、今まで挫折知らずのエリート人生を歩んできたのだろうな、と思えます。一度敗北すると、精神的に不安定になって暴走してしまうのでしょうね。眼魂が壊れましたが、これでもう眼魔スペリオルには変身できなくなったのでしょうか。だとすると余計に暴走してしまいそう。アランにとってマコトは大切な存在なのですね。「けじめをつけなきゃならないことがある」と言うマコトは、「けじめをつける」ことでフーディーニ魂開眼!となるのか? 一方シブヤは、二昔前のライダーガールズばりに人質&操られ役が板についてきて、いいキャラになってきています。
    次回、プラネット眼魔の力によるのか、復活してパワーアップしたのか、刀眼魔に羽が生えてゴエモン魂と斬り合っていたように見えました。サブタイトルと予告での土佐弁の連発から判断すると、リョウマ眼魂が発見されそうです。少年ジャンプの「ワン・ピース」でネコマムシの旦那が(紙の上ですが)見事な土佐弁を喋っていて、何か土佐弁が目につく・耳につく今日この頃です。この様子だと、ゴエモン→リョウマ→フーディーニ→ネクロムと、新年1月の放送も目を離す暇がなさそう。来年もバッチリ見なくては。