『風都探偵』第40話「超人r 3/黒き街の番人」裏風都に突入!新ドーパント・リアクターが登場!ブラキオサウルスの正体が判明!

11月5日発売スピリッツ49号に、『風都探偵』第40話「超人r 3/黒き街の番人」が掲載されました。

スポンサーリンク

『風都探偵』第40話「超人r 3/黒き街の番人」

裏風都に突入する翔太郎とフィリップと照井竜!
仮面ライダーWに変身したあとフィリップの体はどうするんだろう?と心配していましたが…。探偵事務所内で変身完了したのでフィリップの体だけは残ることになり、一安心(^^)

裏風都で分かったことは

●パスポートのようなカードを「ビゼル」と言う。

●行方不明の蘭堂廉太郎は裏風都に潜り込み、今も逃げ隠れている。

●サングラスの男の名前は「二階堂 守」。仕事は裏風都のエネルギー管理&番人。
なんと!メモリはブラキオサウルスではなく「リアクター」。
しかも、ドライバーを授かっておらず体に直挿し。メモリもビゼルもシルバーランクだった!!

それでもかなりの強者!

サブタイトル「超人r」は「リアクター」なのですね。

となると

ブラキオサウルスの正体は謎の少年・秀夫!!!
ときめに「ここはあなたのホームじゃないですか」「会いたかったですよ」という秀夫。

いやぁ こっちがブラキオサウルスだったとは!!ドライバー使いなので幹部クラス。そしてときめを知っている。

いいところで終わり、次が早く読みたいですが。
次話は11月26日(月)発売のスピリッツ52号に掲載されます。2週も休み…待ち遠しいです

風都探偵 (4) (ビッグコミックス)
風都探偵 (4) (ビッグコミックス)
2018年10月30日発売 |  | JANコード:9784098600755 | 出版社:小学館 | ページ数:224

コメント