『仮面ライダージオウ』第34話あらすじ。ソウゴと京介が共闘ツトムを救え!ついに仮面ライダー響鬼が登場!変身者は…!?

『仮面ライダージオウ』第34話は響鬼編の後編!ついに仮面ライダー響鬼が登場ですね!!

スポンサーリンク

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

ウォズ(^〇^)

響鬼を襲名できなかった“ただの鬼”京介はなぜ”響鬼”とウソをついていたのか?

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

京介は響鬼を襲名できなかった“ただの鬼”なのに、”響鬼”とウソをついたのか?

京介(中村優一)は響鬼ではなく、響鬼を襲名できなかった“ただの鬼”だった。なぜ京介はそんなウソをついたのか? ソウゴ(奥野壮)の同級生だったツトム(野田理人)が師匠と慕っていたのは京介ではないのか? しかし、京介は頑なに答えようとはしない。

弟子のツトムにも”ヒビキ”と呼ばせていたようですし。何かわけがあるのか??
ヒビキ(日高仁志)さんはどうしちゃったんでしょうかね??

響鬼を襲名する前にツトムを弟子にしてしまう

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

ソウゴらは仕方なくトドロキ(川口真五)のもとへ。そのトドロキによると、京介は響鬼を襲名しようと、響鬼のもとで修行は積んでいたらしい。だが響鬼を襲名する前にツトムを弟子にしてしまったとか。

襲名前に弟子を取ると、襲名できなくなるということ??

ツトムを救え!ソウゴと京介が共闘へ!

「俺は師匠のヒビキさんのようにはなれなかった」

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

「頑張ればできないことなんてない」

アナザー響鬼となってしまったツトムを助けたいという思いはソウゴも京介も同じ。ソウゴは京介を説得、二人でツトムを助けようと約束すると、アナザー響鬼の元へ駆けつける。ソウゴとともに真正面からツトムを助けようと思いを告白する京介。その時京介にある異変が起こり…!?

テレ朝公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/

ツトムを救いたいという京介の思いがアナザー響鬼となったツトムに届くのか??

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

「京介にある異変が起こり」とは、京介が響鬼ライドウォッチを手にするのでしょうか?

ウォズは我が魔王の誕生日を祝うことで頭がいっぱい

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

「祝え!我が魔王の生誕の日を」

引き続き、ウォズは我が魔王の誕生日を祝うことで頭がいっぱいの様子ですね。

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

ケーキが大きくなってる!!(^^)

仮面ライダー響鬼が登場!

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

仮面ライダー響鬼がついに登場!

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

「ヒビキさん」

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

「あんたがヒビキだったんだ」

予告の「ヒビキさん」は、最初は京介が言ったと思いましたが、ツトムが京介のことを「ヒビキさん」と言ったようにも聞こえますね…。

もし、京介が響鬼ライドウォッチを手にしたとしたら、それが響鬼と認められたことになって、京介が仮面ライダー響鬼になるのかなぁ?? 「響鬼」=「きょうき」ならOKですかね。

『仮面ライダージオウ』元号が替わるタイミングで「響鬼編」なのは「世代交代」がテーマだから!師匠から弟子へ、平成から令和へ

『仮面ライダージオウ』第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」あらすじ&予告

でも、ヒビキさんのサプライズ登場も諦めきれず…複雑な思いで妄想中です…。

仮面ライダージオウ DX響鬼ライドウォッチ
仮面ライダージオウ DX響鬼ライドウォッチ
2018年10月13日発売 | ¥ 1,620 | JANコード:4549660298502 | 販売元:バンダイ(BANDAI)

コメント

  1. 匿名 より:

    ビデオ録画していれば字幕で誰が言ってるか分かりますよ。確かに声だけきくと誰が言ってるのかわからないですよね。それに響鬼をキョウキと呼びますか?これならキから始まるし、キリヤキョウスケでも大丈夫ですね。

  2. 匿名 より:

    響鬼に変身するのは京介だと思います。平成から令和へ。師匠から弟子へですからね。